琵琶湖 バス 釣り 現状。 琵琶湖でバス釣りの現状は釣れている?ウィードの攻め方次第では釣れる!

ブラックバス釣り おかっぱりポイント 琵琶湖・ダム・河川

琵琶湖 バス 釣り 現状

水温あがらず、季節の進行が遅れ気味か? 今回は朝一が勝負の場所から打ってみることに。 タイミングが有っていれば最低2キロ半~のバスが狙えるポイント。 しかし、タイミングを外すと全く反応が無いか、小さいバスがチョコチョコッと当たるだけのツンデレポイント。 基本的には初夏~秋にかけて釣りやすい場所なので、まだ始まっているのか微妙な所。 まずは先日購入したドライブカーリーのヘビキャロから始めてみる。 釣れる距離などもほとんど決まっていて、そこで食えばデカいし外れれば小バス。 後はウィードの生え具合により、場合によってはバイブレーションやシャッドテールワームで探った方が良い時もある。 沖にフルキャストし、とりあえずウィードエッジまでズル引き・・・・・。 時間的には悪くない感じだが、ボイルなどは皆無。 釣れる時はロクマルがボイルしていたりするんだけど、そのような気配は全くないので少し不安になる。 大体50mライン付近にエビ藻のエッジが有るようで、結構背丈が伸びてきているのでプラグは厳しそう。 段々明るさが増してくると、小鮎の群れが接岸。 結構数はいるが、相変わらず追われる気配は全くなくてのんびり泳いでいる。 エビ藻が生えていない沖側との境界だけに集中し、丁寧にウィードにシンカーを引っかけて誘う。 少しステイも入れつつ、ゆっくりゆすって誘いを掛けていると・・・・。 ヌーーンというアタリ!! 距離感的には悪くない場所なので、小さいサイズではないはず。 若干送り込ませてからフルパワーでアワセを入れ、ウィードにはいられない様に全力で巻き取り。 重さはそれでも1. 6kgくらいあるんじゃないかな。 ヤバいやつになってくると、45位でも2キロ付近までウエイトが乗ってくるからね 笑 狙いはこの親玉、タイミングさえ合っていればもっと大きいのが食ってくるはずなんだが。 やはりどこかリズムが有っていないんだろうな~。 そしてその後、日が昇ってくるとノーバイトのパターン。 これはいつもの決まりきった釣れ方なので問題はない。 少し移動し、次の場所を狙うことにします。 4mラインを打つが・・・ 次に移動してきたのは、水深4mラインが狙えるウィードフラット。 ここもエビ藻が生えてくると結構面白い釣りができる場所。 北湖は景色が良く、釣りをする以外にもボーっとしているだけで幸せになれる。 当然釣り人など誰もおらず、ポイントは貸し切りである。 時間的にはまだチャンスがある場所。 ここもヘビキャロの遠投で広範囲を探り、魚の群れに当てていくイメージかな。 1キャスト毎に若干立ち位置を変え、少しずつ探る場所をずらして釣りをしていきます。 このポイントもベイトフィッシュの姿はあるものの、バスの姿はない。 思ったよりも水温が低いらしく、ネオプレーンのウェーダーでちょうど良さげである。 釣りを開始し、30分ほどはノーバイト。 ちょっとヤバいかな~と思った時、ようやくモゾモゾッとアタリ・・・・。 あまり大きそうな感じではないが、ビューティフルなバスをゲットする。 南湖のバスとはやはり違うコンディション。 すると、結果は素直に帰ってくるのがこの釣り。 若干サイズアップしたが、50はない。 アフタースポーンのバスらしく、若干細いな。 2キロちょっと欠けるくらいだね。 ここで連発! と行きたいところですが、群れが去ってしまったためかアタリが止まる。 朝の時間帯は終わった感が出ているので、とりあえず今回の北湖探索は終了。 車に戻り、琵琶湖を南下して様子を見てみることにします。 ショアラインから魚が消えた南湖 ポイントを大きく移動し、南湖の回遊系のバスを狙います。 しかし、思ったよりも減水が進んでおり状況としては良くない感じ。 毎年雨の多い時期になると、琵琶湖は基準水位を下げるんですね。 この時、下げ始めて魚がそれに適応するまでの間、バスは沖合いに落ちていくことが多いのだ・・・・。 となると、ボートではよく釣れるのに岸からの釣果が落ちやすくなるんです。 雨が降った後という事で濁りが有るのが幸いですが、 水温が上がっていないらしくひんやりとした感覚。 ウィードも若干伸びてきているものの、それでも例年よりは少ないかなぁ・・・・。 ここもとりあえずヘビキャロをメインに、ライトテキサスなんかも混ぜてサーチ。 良い感じのエビ藻、カナダ藻の新芽もあり多少の期待が持てるが・・・・・。 当たらねぇ。 これ、やっちゃったな。 かなりヤバい展開の予感がするので、少し早めに見切りを付けて移動! ツンデレの琵琶湖に撃沈!! こうなってくると、水深が少しでもあるポイントの方が有望になる可能性が高まる。 ポイントを移動して釣りをするが・・・・・ ギルすら全くアタリ無し!!! それなりに移動を繰り返し、回遊バスを狙おうと試みたがこれまで酷い琵琶湖も今まであまりない。 そういうレベルで釣れないのだ。 何人かのアングラーと話をしてみたが、 「今日は全くダメ」という方が10割 笑 唯一、岸際のカバーを打っている方が居つきのバスを釣ったのは目撃したが・・・。 こうなってしまうと、居つきのバスをワームやラバージグで狙えば魚自体は釣れる。 が、居つきのバスを狙ってもウェイトの乗ったコンディションの良い個体は出ないし、琵琶湖らしい釣りじゃないからなぁ。 そういう釣りは野池でやればいいと割り切っているので。 結局、移動を繰り返しつつ5時間ほど釣りをしたが完全ノーバイト 笑 昼過ぎになり、これ以上やっても無駄感が半端ないのですぐに見切って帰宅することにしました。 次に琵琶湖に行くのが怖くなってきたぞ! どうしようかなぁ。

次の

バス釣り

琵琶湖 バス 釣り 現状

福島バス釣りポイント 猪苗代湖について 猪苗代湖は、琵琶湖、霞ケ浦、サロマ湖に次いで日本で第 4 位の規模を誇る湖です。 バスフィッシングがブームになってからも、この湖がアングラーの注目を集めることはありませんでした。 理由はいくつかありますが、もともとが酸性湖であるために、魚の棲息に適していなかったというのが主な理由です。 非常に透明度が高く、水深 5m 程度ならば、その湖底もはっきりと見えます。 しかし、湖底をのぞいてみても生き物の姿はあまり確認できませんでした。 ところが 90 年代の後半から、ワカサギやウグイなどが増えてきました。 湖全体のイメージが変わってきたことにともない、ルアーゲームの湖として脚光を浴びはじめました。 いわゆる日本でも遅咲きのルアーフィールドです。 バスのフィールドとして開花してからまだ日が浅いために、情報は非常に少ないのが現状です。 逆にいえば、まだまだ未知なる湖であるがゆえに、開拓していける面白さを秘めています。 今回ここで紹介するポイントは、まだ短い歴史のなかでも、特に実績を残しているポイントです。 ひょっとすると、紹介するポイント以外に、まだ発見されないで残っているポイントがあるかもしれません。 にわかにバスアングラーが集まりはじめて、地元の人々とのトラブルも発生しています。 マナーをくれぐれも守るように心がけてください。 猪苗代湖では、入漁料 800 円が必要です。 福島バス釣りポイント 猪苗代湖の攻略法は!? 情報の少ない湖です。 どこどこのポイントで 50cm 以上のスモールが釣れたなどという噂は流れてくるのですが、正確な情報はあ まり確認されていません。 実績を挙げているルアーの情報もほとんどないのが現状です。 ただし、猪苗代湖に釣行を重ねているアングラーの話では、どんなルアーでも釣れるとのことです。 プレッシャーの低いレイクだけに、まずは教科書通りの攻め方とルアーのセレクトが通用するフィールドであることだけは 確かなようです。 釣れるルアーも自分で探し出してみてください。 沖合にはブレイクラインやゴロ夕岩があるので、遠投のできるルアーで狙ってみると、面白い釣りが期待できます。 7 月ころから実績が上がってくるポイントなので、ぜひチェックしてみましょう。 東側から中央にかけてアシが密生し、その西側にはリリーパッドがたくさん生えています。 プロテクトエリアなので、終日、波が穏やかです。 ぜひフローターでの釣りをおすすめします。 バスの実績も多々ありますが、超ビッグサイズのライギョのヒットも報告されています。 リリーパッドか生えている時期は、ライギョ用のヘビータックルとフロッグを用意していくと面白いでしょう。 バスはこのエリアに散っているような状態であり、特定のピンポイントを狙うというアプローチではありません。 広く手返しよく攻めるのがここで釣果を上げる常套手段です。 移動しながら広い範囲をチェックしていきましょう。 足場があまりよくないので、歩行のときは注意してください。 条件次第ではトップウォーターでもよく釣れます。

次の

琵琶湖ウェーディング釣行 減水に苦戦の展開

琵琶湖 バス 釣り 現状

スポンサーリンク 外来魚回収ボックスにバスは実際に捨てらていた! 私が中を確認したのは、長浜港に設置してあった回収ボックスです。 サイズはコンビニのゴミ箱って感じでした! 蓋を開けて入れれるような作りになってます。 中が見えないようになってたので、もしグロかったり臭かったらどうしようとドキドキしながら中を覗くと。。。 なので、釣り人の数の割にはあまり捨てられてないのかなという印象でした。 回収してる人のことも考えてゴミを捨てるのはやめましょうね。 それにしても、さっきのバスちゃんを捨てたのはバス釣りの人なのか違う魚を釣ってた人なのかは、捨てる瞬間を見てないのでわからず終いです。 でも、 食べもしない動物を死なせてしまうのは、誰でも気分は良くないと思います。 では、なんで外来魚を入れるボックスが必要なのか? その理由を調べて考えてみました! スポンサーリンク 外来魚回収ボックスはなんで必要? 琵琶湖は、ブラックバスやブルーギルなどの外来魚のリリースを禁止しています。 なぜ、リリースがだめなのかというと琵琶湖の生態系を守る為です。 外来魚は、琵琶湖に昔から生殖している魚や生物を食べてしまい大繁殖しました。 琵琶湖に生殖している魚を漁することで暮らしてきた漁師たちの生活に大きく影響し、問題になったそうです。 実際に、ブルーギルやバスのお腹から琵琶湖にもともといた魚の稚魚が大量に見つかったことも。 釣ったバスをリリースができないということは、釣った人が個人で処理をしなければいけません。 でも、持って帰って処理するのが嫌な人は、そのままリリースしてしまうかその場でゴミとして捨ててしまうかと思います。 リリース禁止なのにリリースされては困りますし、その場でゴミとして捨てられると、景観もよくないですし何より臭いがしますよね。 そういったいろんな環境問題を考えて外来魚回収ボックスを設置されたのだとわたしは思います。 その中には生きたままの状態で回収されるいけすタイプも設置されています。 わたしは、人間の都合で琵琶湖に放流されたバスちゃんなのに、増えすぎたからといって駆除されるのはかわいそうだと思ってしまいます。 全国各地から琵琶湖にバス釣りに来る人はいるし、琵琶湖まわりの観光にも貢献してる部分もあるんじゃないかとも思うんですよね。 でも、それは釣りをするわたしたちの意見であって、実際に暮らしている人からするとマナーが悪いとかこころよく思ってない人もいるかもしれません。 琵琶湖で漁をしてずっと生活している人たちにとっては、迷惑な存在の魚にしか代わりはないですし、かわいそうとばかりは言ってられないですよね。 まとめ 琵琶湖の外来魚回収ボックスについて書きましたがいかがでしたか? ブラックバス釣りが好きな私にはとっては、あの箱の存在は複雑に思う部分はあります。 でも、琵琶湖の魚のことやその魚を獲って生活している人を考えるとかわいそうだけでは済まない問題だとも思います。 外来魚回収ボックスについて思うことは人それぞれあると思います。 でも、一つだけ言えることは 琵琶湖は釣り禁止ではないということ! (一部は禁止区域もあると思いますが。。 ) 釣りができることに感謝しながら、地元の人も釣り人も気持ち良く過ごせる環境であってほしいですね! もやもやした感じのまとめになりましたが、今回はこれで終わろうと思います。 釣りを行う行為というのは、人の本能であり自由なものです。 まりっぺさんの言われる通り、琵琶湖での釣りを法律で禁止されるものではありません。 ただし、ルアーフィッシングで人気のあるバスやギルは特定外来種として指定されており、 飼育、保管、移動が原則禁止されている魚です。 よって生体を輸入、販売、譲渡することは出来ません。 バス・ギルの生息を認めている水域は、漁業権のある水域だけであり、それ以外は全て居てもらって困る水域なのです。 また、リリースに関して都道府県で違いはありますが、滋賀県琵琶湖の場合は条例でリリースが禁止されています。 これは合法であり、釣り人は守らなければなりません。 よって可哀想との感情とは関係がなく、ボックスに入れていただくか、絞めて食材とするか、剥製にして楽しむくらいしかないのでしょう。 私には外来魚を肥料にするのが有効利用なのかはわかりませんが、その土地のルールがあるのなら、それに従うのが正しいと思っています。 バスは食用とし国が持ち込みしました。 放流以上に氾濫などで各地に広がりをしたのかと考えます。 バスの特定外来種指定も現都知事の独断で指定されました。 漁協には外来種などの影響もあり取れ高が減ったと言う理由で既に国からお金が落ちてます。 そんなお金が落ちてるのに なぜ追加で駆除の費用も入れるのでしょう?駆除するなら落ちたお金で駆除でいいのでは? 外来種が悪と言う考えがまず間違いです。 護岸整備などで環境が変わった今、外来種を撲滅しても100年前に戻りません。 共存を考え税金を使うべきだと思います。 マナーの悪い方も居ますが一括りで叩く人は理解ができません。

次の