ノートン 360 プレミアム。 ダウンロードとインストール

「ノートン360」と「ノートンセキュリティ」の違いと、「ノートン360」へのアップグレード方法│やじり鳥

ノートン 360 プレミアム

ノートン360の自動延長サービスとは? ノートンの自動延長サービスとは、製品の有効期間が終了する前に自動的に有効期間を延長する更新サービスです。 これを申し込んでおくと、うっかり「有効期間が切れていた」という事態を避けることができ、インストールしているPCやスマホなどの端末を手間なく安全な状態に継続的に保つことができるというものです。 製品の代金についても、登録してある クレジットカードから自動的に引き落としされる仕組みになっています。 有効期間が3年版を使っている、うっかり者の私にとっては、とてもありがたいサービスだと思い、申し込んでいました。 「ノートンストア自動延長サービス」のメールが届きました 「ノートンストア自動延長サービス」のメールが届いたので、内容を確認したところ、代金の引き落としが、翌々日になっており、自動延長代金が、「10,980円 税抜き 」となっていました。 また、この自動延長で購入した製品の有効期間は1年間となっており、1年後には、また自動延長の扱いになるようになっていました。 さらにまた、自動延長サービスの利用特典として、3つの保険が付いているということなのですが、私はこの保険に、ほとんど魅力は感じませんでした。 端末5台分とは言え、1年間で、「10,980円 税抜き 」は、とても高いので、他の選択肢はないものかと、すぐにサポートに問い合わせてみました。 料金は、継続延長より、新規購入の方が安い? すると、意外なことがわかってきました。 ノートン360プレミアムは5台分または、10台分の端末にソフトをインストールして使うことができる商品で、「1年版」、「2年版」、「3年版」のバリエーションから選択して購入することができます。 以下は5台分のノートンストアの新規購入の場合の価格表です。 また、さらに、2019年12月19日から2020年1月15日まで、1年版に限り、「期間限定 1,000円 OFFクーポン」が使え、その間だと、ダウンロード1年版は、5,480円(税抜き)で購入できるようです。 666・・・ 約4,827円(税抜き)になります。 もちろん、新規で購入すると、プロダクトキーが変わり、端末を再設定する手間がかかるのかもしれません。 そういった手間が面倒な人で、かつ、自動延長の1年版「10,980円(税抜き)」の価格が妥当だと感じる方にとっては、自動延長サービスの利用も有りなのかもしれません。 ちなみに、3台版の「ノートン360デラックス」には、パッケージ版もあるようですので、一般の通販ショップや家電量販店などの価格を調べてみると良いかもしれません。 自動延長を停止するには? 私の場合は、有効期間の残日数が37日のとき、自動延長のメールが届きました。 しかし、このメールに書かれていた、自動延長停止の手続きの期限は、メールが届いた翌日になっていました。 さらに、この自動延長の停止手続きをしなかった場合は、メールが届いた翌々日には、1年間の有効期間の自動延長の製品の代金である、「12,078円」が引き落とされてしまいます。 早い話が、メールが届いたらすぐに、自動延長の停止の手続きを申し込まないと間に合わないということになります。 全てのユーザーに、このスケジュールでメールが届くかどうかは、私には、わからないですが・・ 自動延長を停止したら かんたん延長サービスのメールが届きました 自動延長を停止した数日後に「期限切れまであと30日」として、「かんたん延長サービス」の案内のメールが届きました。 しかも、2020年1月15日までは、キャンペーン期間として、90日間の有効期間の延長が付いてくるようです。 でも、価格が3年延長で 「21,960円 税抜き 」 と、私にとっては、とても高価なものです。 そこで、「お客様へおすすめ商品」ではなく、同じWebページにあった、「ご利用中の製品を延長する」というタブをクリックしてみると、「ノートン360プレミアム 3年5台版」の料金が、 「18,980円 税抜き 」 となっており、こちらも2020年1月15日まではキャンペーンとして90日間の有効期間の延長がついているようです。 しかも、自動延長の特典として、3つの保険までついているというのです。 でも、ノートンストアの「ノートン360プレミアム」の新規購入の価格(下の表)を見ると、この「かんたん延長サービス」も私にとっては、あまり魅力的とは言えないのです。 シマンテックストアには、以下のような注意書きが、掲載されていました。 ・お客様のサブスクリプションは購入が完了した時点 またはお支払いが受領された時点 から開始します。 ノートン製品による保護を行うには、各デバイスでダウンロードとインストールを実行するか、登録を完了する必要があります。 ・シマンテックストアから直接購入した場合は、継続契約に加入したことになります。 最初の有効期間が終了すると、自動的に有効期間が延長されます。 つまり、シマンテックストアから購入する場合は、あまり早く購入してしまうと、 サブスクリプションの有効期間が重複してしまい、結果として有効期間が短くなってまうみたいです。 サポートに連絡しなければ、2つのライセンスの紐づけの確認がなされないので、自動的に統合されるということはないだろうと推測されます。 また、ノートンストアには、 更新時期が近づきますとご案内をお送りいたしますので 自動延長前に内容をご確認いただくことができます。 また、自動延長サービスはご購入後にいつでも停止することが可能です。 という注意書きが掲載されていました。 つまり、新規で購入した場合でも自動的に継続契約に加入したことになり、 ユーザーが自動延長の停止を申し出ない限り、また自動延長の扱いになってしまうということのようです。 ありがたいことに?、2重、3重のセーフティネットで、ユーザーが自動延長のサービスを受けられるようになっているようです。 まとめ 携帯電話の契約では、自動更新でそのまま使っていると、新規で契約するより大幅に料金が高くなってしまうという事が良くあります。 今回の件も、携帯電話の契約の自動更新と、似ているところがあります。 私の感覚では、「リピートして購入するユーザーは、少し優遇されるはずだから、新規購入より若干安くなっているだろう」と思い込んでいました。 しかし、昨今では、この感覚は通用しないみたいです。 「自動延長」とか「自動更新」とか「かんたん延長」というと、つい内容の確認やチェックが甘くなってしまいがちですが、そういう時ほど、よほど注意が必要なようです。 有効期限が近づいてくる前に、あらかじめ「自動延長」になっていないか、今一度、確認した方がいいかもしれません。 ノートンの製品自体は、長らく使っていますが、動作も軽いし、何ら不満はないのですけれど・・.

次の

ノートン 360

ノートン 360 プレミアム

ノートン360の自動延長サービスとは? ノートンの自動延長サービスとは、製品の有効期間が終了する前に自動的に有効期間を延長する更新サービスです。 これを申し込んでおくと、うっかり「有効期間が切れていた」という事態を避けることができ、インストールしているPCやスマホなどの端末を手間なく安全な状態に継続的に保つことができるというものです。 製品の代金についても、登録してある クレジットカードから自動的に引き落としされる仕組みになっています。 有効期間が3年版を使っている、うっかり者の私にとっては、とてもありがたいサービスだと思い、申し込んでいました。 「ノートンストア自動延長サービス」のメールが届きました 「ノートンストア自動延長サービス」のメールが届いたので、内容を確認したところ、代金の引き落としが、翌々日になっており、自動延長代金が、「10,980円 税抜き 」となっていました。 また、この自動延長で購入した製品の有効期間は1年間となっており、1年後には、また自動延長の扱いになるようになっていました。 さらにまた、自動延長サービスの利用特典として、3つの保険が付いているということなのですが、私はこの保険に、ほとんど魅力は感じませんでした。 端末5台分とは言え、1年間で、「10,980円 税抜き 」は、とても高いので、他の選択肢はないものかと、すぐにサポートに問い合わせてみました。 料金は、継続延長より、新規購入の方が安い? すると、意外なことがわかってきました。 ノートン360プレミアムは5台分または、10台分の端末にソフトをインストールして使うことができる商品で、「1年版」、「2年版」、「3年版」のバリエーションから選択して購入することができます。 以下は5台分のノートンストアの新規購入の場合の価格表です。 また、さらに、2019年12月19日から2020年1月15日まで、1年版に限り、「期間限定 1,000円 OFFクーポン」が使え、その間だと、ダウンロード1年版は、5,480円(税抜き)で購入できるようです。 666・・・ 約4,827円(税抜き)になります。 もちろん、新規で購入すると、プロダクトキーが変わり、端末を再設定する手間がかかるのかもしれません。 そういった手間が面倒な人で、かつ、自動延長の1年版「10,980円(税抜き)」の価格が妥当だと感じる方にとっては、自動延長サービスの利用も有りなのかもしれません。 ちなみに、3台版の「ノートン360デラックス」には、パッケージ版もあるようですので、一般の通販ショップや家電量販店などの価格を調べてみると良いかもしれません。 自動延長を停止するには? 私の場合は、有効期間の残日数が37日のとき、自動延長のメールが届きました。 しかし、このメールに書かれていた、自動延長停止の手続きの期限は、メールが届いた翌日になっていました。 さらに、この自動延長の停止手続きをしなかった場合は、メールが届いた翌々日には、1年間の有効期間の自動延長の製品の代金である、「12,078円」が引き落とされてしまいます。 早い話が、メールが届いたらすぐに、自動延長の停止の手続きを申し込まないと間に合わないということになります。 全てのユーザーに、このスケジュールでメールが届くかどうかは、私には、わからないですが・・ 自動延長を停止したら かんたん延長サービスのメールが届きました 自動延長を停止した数日後に「期限切れまであと30日」として、「かんたん延長サービス」の案内のメールが届きました。 しかも、2020年1月15日までは、キャンペーン期間として、90日間の有効期間の延長が付いてくるようです。 でも、価格が3年延長で 「21,960円 税抜き 」 と、私にとっては、とても高価なものです。 そこで、「お客様へおすすめ商品」ではなく、同じWebページにあった、「ご利用中の製品を延長する」というタブをクリックしてみると、「ノートン360プレミアム 3年5台版」の料金が、 「18,980円 税抜き 」 となっており、こちらも2020年1月15日まではキャンペーンとして90日間の有効期間の延長がついているようです。 しかも、自動延長の特典として、3つの保険までついているというのです。 でも、ノートンストアの「ノートン360プレミアム」の新規購入の価格(下の表)を見ると、この「かんたん延長サービス」も私にとっては、あまり魅力的とは言えないのです。 シマンテックストアには、以下のような注意書きが、掲載されていました。 ・お客様のサブスクリプションは購入が完了した時点 またはお支払いが受領された時点 から開始します。 ノートン製品による保護を行うには、各デバイスでダウンロードとインストールを実行するか、登録を完了する必要があります。 ・シマンテックストアから直接購入した場合は、継続契約に加入したことになります。 最初の有効期間が終了すると、自動的に有効期間が延長されます。 つまり、シマンテックストアから購入する場合は、あまり早く購入してしまうと、 サブスクリプションの有効期間が重複してしまい、結果として有効期間が短くなってまうみたいです。 サポートに連絡しなければ、2つのライセンスの紐づけの確認がなされないので、自動的に統合されるということはないだろうと推測されます。 また、ノートンストアには、 更新時期が近づきますとご案内をお送りいたしますので 自動延長前に内容をご確認いただくことができます。 また、自動延長サービスはご購入後にいつでも停止することが可能です。 という注意書きが掲載されていました。 つまり、新規で購入した場合でも自動的に継続契約に加入したことになり、 ユーザーが自動延長の停止を申し出ない限り、また自動延長の扱いになってしまうということのようです。 ありがたいことに?、2重、3重のセーフティネットで、ユーザーが自動延長のサービスを受けられるようになっているようです。 まとめ 携帯電話の契約では、自動更新でそのまま使っていると、新規で契約するより大幅に料金が高くなってしまうという事が良くあります。 今回の件も、携帯電話の契約の自動更新と、似ているところがあります。 私の感覚では、「リピートして購入するユーザーは、少し優遇されるはずだから、新規購入より若干安くなっているだろう」と思い込んでいました。 しかし、昨今では、この感覚は通用しないみたいです。 「自動延長」とか「自動更新」とか「かんたん延長」というと、つい内容の確認やチェックが甘くなってしまいがちですが、そういう時ほど、よほど注意が必要なようです。 有効期限が近づいてくる前に、あらかじめ「自動延長」になっていないか、今一度、確認した方がいいかもしれません。 ノートンの製品自体は、長らく使っていますが、動作も軽いし、何ら不満はないのですけれど・・.

次の

ノートン360の「自動延長」と「かんたん延長」には要注意!?

ノートン 360 プレミアム

Webサイトにて、ノートン 360 プレミアムに以下の記述があります。 しかし、無印、I、II、III の違いについては、検索しても見つかりませんでした。 ノートン チャットサポートに問い合わせたところ、以下の回答でした。 ・機能については同じ ・違いはデバイス数、バックアップサイズ ノートン 360 デバイス数 バックアップサイズ 無印、I 5 50GB II 10 75GB III 20 750GB 製品比較表には2つのプレミアムが記載されているが、同じ名称 I、IIの記述なし なのでよくわからない。 from youfo• この記載がどこにあるのかわかりませんが、修正漏れがあったり、古いページが残ったままだったり Google検索なのでヒットする ということがあります。 結論としては、 現在の製品仕様は上記かと。 ・1年版~3年版 ・上限5台、50GB 上記のURL リンク をクリック、 [今すぐ購入] をクリックすると、お客様のショッピングカート 画面が表示されます。 [製品ラインナップ] をクリックすると、 最下位に オフィス向けノートン 360 プレミアム が表示されます。 の記述があります。 私の場合は、ノートン 360 プレミアム、ノートン 360 プレミアム II と表示されます。 違いは、利用可能オンラインストレージ容量が50GB、75GB です。

次の