えきねっと トク だ 値 ない。 お先にトクだ値取れない!売り切れ?座席数少ない?

えきねっとトクだ値 満席でも慌てるな!えきねっとトクだ値 満席

えきねっと トク だ 値 ない

えきねっとの使い方 会員登録とクレジットカードの登録が必須! まず、えきねっとでネットから切符の予約を行うためには• えきねっとの無料会員登録を行う• クレジットカード情報を登録する の、2つが必要になります。 最初に「」で会員登録を選択し、必要事項を記入して会員登録を完了しておく必要があります。 ただし、会員登録を行っただけでは切符の予約はできず、 事前にクレジットカードの登録も必要になります。 この点はえきねっとが使いづらいと言われる理由でもありますが、ともかくえきねっとの予約サービスを利用するなら クレジットカードの登録が必須です。 切符の予約方法 会員登録とクレジットカード登録が完了したら、トップページよりきっぷの予約、または乗り換え運賃検索から希望する列車の切符予約を行います。 個人的に初めてえきねっと予約を利用する人は、まず 乗り換え案内・運賃検索から切符の予約を行うことをオススメします。 乗り換え案内のページを開くと 出発駅・到着駅、日時を入力する画面がでるので、必要事項を入力して検索を選びましょう。 他の候補地を選択してくださいと出てきますが、そのままで良ければ再度検索を選びます。 検索をかけると各経路が表示されるので、目的の経路を見つけましょう。 もし、希望する経路が見つからない場合には記入した内容を変更して再度検索をかけます。 希望する経路が見つかったら、 「えきねっと空席照会申し込み」を選択しましょう。 次に希望する列車の中から、自由席や指定席、グリーン車といった座席の種類を選択します。 また、一部の新幹線は えきねっとトクだ値という割引が適用される列車もあります。 これは えきねっと予約限定の割引切符であり、通常料金よりも大幅に割引となる場合があります。 えきねっとを利用するのであれば、ぜひともえきねっとトクだ値も利用したいです。 ただし、トクだ値の切符は払い戻しや乗車変更等に いくつか制限があるので、 利用前にトクだ値切符の注意点を確認しておきましょう。 指定席やグリーン車を選択した場合には座席の番号を指定する画面に進むので、希望する座席を選択します。 「どの席でもかまわない」というのであれば無理に指定する必要はありません。 シートマップから選ぶを選択すれば空席の中から好きな座席を選択できるので、 座席を細かく指定したい場合にはシートマップから選びましょう。 座席の選択が終わったら、乗車券がいるのかどうかを選択しましょう。 えきねっとトクだ値の切符を選択した場合は、基本的に乗車券がセットになっています。 乗車券と特急券の違いについては「 」を参考に。 必要事項を入力したら申し込むボタンを押して次に進みます。 購入手続きの確認画面が表示されるので、選択した列車、日時、座席、えきねっと予約の注意事項などを確認します。 間違いがないなら「新規購入する」を選択すれば予約は完了となります。 帰りの列車や他に乗車する予定の列車があるのであれば、続けて申し込むの欄から予約を行いましょう。 新規購入が完了するとこのような画面となります。 メールでの通知はないので注意しましょう。 予約を行ったら切符を受け取る 予約が完了したら、実際に駅へ切符を受け取りに行きます。 切符の受け取りには えきねっとに登録したクレジットカードが必要になるので、忘れずに持って行きましょう。 なお、切符の受け取りができるのは基本的にJR東日本・北海道の各駅です。 名古屋や新大阪、博多といったJR東海・西日本の各駅では、えきねっとの切符を受け取れないので注意しましょう。 受け取りは駅の指定席券売機または窓口にて行います。 指定席券売機であれば窓口で並ぶ必要もないので、基本的に券売機で受け取った方が良いです。 指定席券売機に インターネット予約の受け取りという項目があるので、そこをタップしましょう。 えきねっとに登録しておいたクレジットカードを入れると、 自動的に予約した切符が表示されるので必要な切符を選択しましょう。 購入の確認ができたら、クレジットカードの暗証番号を入力することで切符の購入は完了です。 ちなみに、切符を受け取った時点で登録したクレジットカードに決済が行われます。 現金では購入できないので注意しましょう。 まとめ:最初は戸惑うがトクだ値切符は魅力的! えきねっとから切符を予約することに関しては• クレジットカードの登録が必要、現金購入不可• やたらと多い注意事項• 入力・選択する事項が多く予約までの手順が複雑 ということもあり、初めてネット予約をする人にとっては敷居が高いですが、一度覚えてしまえば非常に便利なサービスです。 わざわざ駅の指定席券売機やみどりの窓口に行かなくても 大抵の切符は予約できるので、頻繁にJRを利用するのであれば登録しておいて損はありません。 特に、 えきねっとトクだ値切符は割引率が非常に高いため、 トクだ値の割引切符を購入するためだけでも登録しておく価値はありますよ! 便利でお得なえきねっとを活用させて、切符の予約・購入を行いましょう! 以上、参考になれば幸いです。 <関連記事>.

次の

えきねっとで切符を予約する方法とその手順を分かりやすく解説!

えきねっと トク だ 値 ない

きっぷのお受取り 前 取消対象 お取扱い 指定券 お申込みの列車が運休となった場合 無手数料取消 運休列車以外(帰りの列車や乗継列車など)の列車がご不要となった場合 無手数料取消• えきねっとサポートセンターへのご連絡や駅へのお申し出は不要です。 きっぷのお受取り 後 お取扱い 乗車前 運休により旅行を取りやめる場合は、乗車券・特急券の全額をご返金します 下記2点をお持ちのうえ、みどりの窓口までお申し出ください。 お受取り済みのきっぷ• お申込み時点でご登録されているクレジットカード 乗車後 特急列車が到着時刻より2時間以上遅れた場合は、特急料金の全額をご返金します• 払いもどしするまできっぷは大切に保管してください。 手続き方法 きっぷのお受取り前 指定券 お申込みの列車が運休となった場合 「えきねっと」でお申込みの列車が運休となった場合は、当社で無手数料にて取消させていただきます。 えきねっとサポートセンターへのご連絡や駅係員へのお申し出は不要です。 指定券 運休列車以外(帰りの列車や乗継列車など)の列車のお申込みがご不要となった場合 列車の運休に伴い、運休列車以外(帰りの列車や乗継列車など)のお申込みを取消される場合は、「」までご連絡ください。 ご連絡がない場合は運休列車以外のお申込みは取消となりませんのでご注意ください。 (例 行きの列車が運休となったため、旅行そのものを中止し、帰りの列車の予約を取消したい場合)• お取扱い.

次の

「えきねっとトクだ値」の使い方、予約、受取、変更|新幹線旅行研究所

えきねっと トク だ 値 ない

出典: JR東日本が運営しているネットでキップが買えたりする「えきねっと」はご存じですか? 私は存在自体は知っていたのですが、全然使ったことはなかったです。 しかし、先日知人から 『「えきねっと」で新幹線のチケットを買うと安いよ。 グリーン車もお得に乗れるし。 』とか聞いて、新幹線に安く乗る方法はTYO位しか思いつかなかった人としては、心が動かされました。 ありがとう。 早速申し込んでみたら本当に安くなったので、記事を書いてみた次第です。 使える時は使った方が良いぞ、これは。 Loading... 乗ろうとしている新幹線が対象か確認しよう まず、最初に書いておきますが、全ての新幹線のキップが安くなるわけではありません。 対象の新幹線が限定されていますので確認しておきましょう。 新潟から東京間の上越新幹線のページは以下のリンクから。 割引率はなんと最大35% ここに「お先にトクだ値」というのと「えきねっとトクだ値」ってのがありますが、割引率が違います。 「お先にトクだ値」はなんと35%割引! 「えきねっとトクだ値」は15%割引! 35%って割引がかなり大きくてビックリしてしまいます。 申し込み期間は『乗車日の1ヶ月前(同日)の午前10時00分から13日前の午前1時40分まで』となっていますので、結構前から予約できるみたいですね。 35%割引はかなり魅力的なので、1ヶ月前の朝10時はかなりの争奪戦が予想されますね。 ギリギリ15日前に予約しようとした私の画面はこんな感じでした。 もうほとんどない状態…。 当然35%割引の所は残席なし…(汗)。 それでも15%割引のところが空いているので、選んで予約しました。 画面を見て、あれ?と思った方もいるかもしれません。 実はこの 「トクだ値」は指定席のみの販売なのです。 だから自由席の料金からが割り引かれるわけではないのです。 だったら結局高いのでは…と思いませんか? 特に15%割引だと…。 私は「 これはJR東日本の罠なのでは! 割引率をちらつかせて実は自由席より高い金額を払わせたいだけでは?」と思いました。 本当に安いのか確かめてみた なのでトクだ値の新幹線の指定席(15%割引)と通常の新幹線の自由席の金額を確認してみましたよ。 まずは新幹線の自由席の料金。 合計で9,760円です。 新幹線に乗る時はいつもこの料金を払っていましたよ。 つづいて新幹線の指定席でトクだ値の15%割引の料金。 合計で「8,720円」です。 というわけで 自由席より指定席の方が安い、ということがわかりました。 これで安心して予約できますね。 ちなみに35%割引の場合だとどうなのかを調べてみました。 まだ空いている月曜日の朝の新幹線の指定席です。 新幹線なら時間も短くて疲れないですから。 これは絶対にお得だと思うので、読んだ方はぜひご活用いただければ嬉しいです。 それでは。 そんなに早く行く必要はないのですが、ちょっと横浜を散策したかったので。 【注】画像の出典は全てからです。 またお申し込みはえきねっとなどへの登録が必要です。 カテゴリー• (0)• (1)• (0)• (1)• (3)• (1)• (3)• (45)• (151)• (33)• (47)• (53)• (30)• (11)• (1)• (25)• (24)• (1)• (24)• (19)• (90)• (3)• (12)• (3)• (1)• (1)• (31)• (114)• (1)• (8)• (15)• (17)• (4)• (12)• (6)• (23)• (7)• (2)• (1)• (51)• (2)• (52)• (3)• (26)• (28)• (23)• (3)• (6)• (10)• (3)• (5)• (4)• (3)• (1)• (2)• (6)• (7)• (76)• (7)• (22)• (83)• (26)• (9)• (26)• (41)• (11)• (2)• (1)• (2)• (1)• (17)• (48)• (17)• (12)• (17)• (31)• (5)• (4)• (1)• (13)• (47)• (1)• (8)• (6)• (17)• (34)• (1)• (1)• (6)• (3)• (8)• (19)• (4)• (3)• (9)• (9)• (34)• (7)• (17)• (6)• (9)• (1)• (2)• (3)• (25)• (1)• (13)• (4)• (6)• (7)• (40)• (1)• (9)• (18)• (4)• (8)• (21)• (34)• (8)• (1)• (6)• (6)• (92)• (2)• (2)• (1)• (1)• (7)• (5)• (0)• (27)• (6)• (1)• (1)• (3)• (2)• (61)• (1)• (1)• (2)• (77)• (4)• (3)• (1)• (1)• (12)• (45).

次の