きめつの刃イラストしのぶ。 【楽天市場】鬼滅の刃 グッズ ぎゅぎゅっと 缶バッジ 炭治郎 善逸 胡蝶しのぶ カナヲ 鬼滅 ぎゅぎゅ ブリキ 缶バッチ フィギュア ベルハウス オリジナル きめつ アニメ:ファッション雑貨アリアット

『鬼滅の刃』女性キャラクターのイラスト集 禰豆子や胡蝶しのぶなどヒロインが集結!

きめつの刃イラストしのぶ

すると、すぐさま切り替え鬼を圧倒し蟲の呼吸で毒を流し込み勝利。 普段ののほほーんした優しい雰囲気のしのぶから、仲良くする気のないと分かった鬼に対して一気に刃を貫き、相手を苦しめる。 とてもカッコいいと思ったシーン。 那田蜘蛛山にて累の姉を毒殺し、その後刀を振りながら、ヒュンヒュン振りながら決私もあんなことしてみたい、とおもわされました。 とんでもない内容を、笑顔で鬼にいいながらも、きちんと亡くなった人が報われるように成敗するところ。 さらっとかわいい顔をして、毒を使える唯一の鬼なんですというところ。 しかし相手はあまりそのことを覚えていない様子。 その時今までニコニコと感情を押し殺していたしのぶから怒りが溢れ出ました。 初めて見せた素の表情と言ってもいいしのぶらしい一面にかっこいいと思いました。 上弦の弐の童麿と初めて会うシーンです。 しのぶの姉を殺した憎き鬼を初めて目の前にして怒るシーンです。 いつものおしとやかに微笑むしのぶとは違い見たこともない表情で怒りを表してるところ。 「つらいも何もあるものか。 私の姉を殺したのはお前だな?この羽織に見覚えはないか」と言うセリフがとてもかっこよくて印象的なシーンです。 姉から最期に伝えられた童磨の特徴と、雰囲気から姉を殺した鬼だと悟り、普段の優しいしのぶからは想像もできないような怒り狂った様子に変化し、ながらも姉のことを思いながら、体を切り刻まれ、肺に血が入り、圧倒されながらも、1人で立ち向かうしのぶがとてもカッコいい。 また、自身の体に毒を巡らせ、童磨にわざと自分自身を吸収させる。 そして倒す。 自分をも犠牲にしてまで、仲間、後輩、カナヲのために勝利にこだわるしのぶはとてもカッコ良い。 肺に血が入り満身創痍のしのぶの前に、姉であるカナエの幻影が現れます。 厳しくも泣きながら頑張れとカナエに励まされ立ち上がります。 そして童磨を滅する為、蟲の呼吸 蜈蚣ノ舞 百足蛇腹を打ち込みます。 技の描写もカッコいいですが、仇敵を滅する為決死の思いで立ち上がり技を放つ姿がカッコいいと思いました。 戦闘シーンでかっこいいシーンは沢山ありますが、この言葉は伏線となって後々継子であるカナヲが上弦の二と戦う最終局面に初めて意味が分かります。 ただの捨て台詞ではない所がグッときてかっこいいです。 ミステリアスな彼女の生き様そのものだと思います。 しかし、姉の仇である童磨に対しては毒が分解されてしまい破れてしまう。 残るカナヲと伊之助はどうなるのかハラハラする展開の中、突然起きた童磨の異変としのぶのしたり顔で一気に起死回生の雰囲気が盛り立てられる熱いシーンだと感じた。 自分の覚悟をカナヲに告げているその顔がすごく淡々としているのに青い炎が燃えているような瞳でグッときた。 自分は食われなければならないなんて本来なら涙混じりでもおかしくないのにカナヲが鈍らないために淡々と話す姿に惹かれました このシーンは戦いの場面ではありません。 継子であるカナオに自らが上弦の二の鬼を倒す最終手段として自分の身体の中に蓄え続けた藤の毒を致死量喰らわせることで、鬼を死へ導くことを語ります。 それは当然自殺行為、自らの身体をつかいオトリとなる行為です。 ですが、同時にほぼ確実に鬼に気が付かれることなく身体の中から鬼を蝕むことが出来ます。 其れを話すしのぶは謂わば「自らの最後の瞬間」となる遺書と同義のものをカナヲに語っていることになります。 ですがその表情はまったく恐れに震えることはありません。 ただ鬼を倒す強い意思を宿し、柱として自らの死に向かいあっています。 20歳にも満たない、また少女の域であるシノブの魂の強さがとても格好良いと思うシーンです。 目的を達成したことによる笑顔の罵声はかわいいを通り越してカッコイイなとおもいました。

次の

【鬼滅の刃アフレコ】カナヲがときめいて冨岡義勇さんモテモテ!?しのぶが嫉妬する!【きめつのやいば・栗花落カナヲ・アテレコ】

きめつの刃イラストしのぶ

他の鬼殺隊員が攻撃され、その鬼に後ろからしのぶが話しかけるのだが、「わぁ凄い。 手から糸が出るんですね」とか「今日は月が綺麗ですね」とか怒りの言葉ではなく、ふわふわとしたしのぶさんらしい口調で鬼に対してではあるが、ドキッとする独特な喋り口調がとても可愛い。 累の姉に会った時の戦闘前のシーン。 「こんばんわ。 今日は月が綺麗ですね。 」っておしとやかにふんわりと現れるシーンに可憐で美しくてなんて可愛いんだろうとみいってしまいました。 実際に累の姉がクモの糸を使っているところを後ろからスッと現れておしとやかに微笑みながら話しかけるシーンがとても可愛いと思いました。 ましてや、顔も可愛い、アニメでの声も可愛い、強い、面白い、そして年上のお姉さん。 最強スペックである。 これを可愛いと言わないでなんと言うのか。。 毒舌で可愛さの中に怖い一面も持つしのぶが屋根の上で修業をしていた炭治郎の隣に座り時折顔を近づけ、炭治郎に語りかけるシーンは思わず嫉妬してしまうほど可愛らしいシーンだからです。 また鋭い感覚を持つ炭治郎に、暗い過去を持つことを見破られてしまい少し悲しそうな表情をするシーンも魅力的です。 また笑顔がやっぱりかわいいです。 人の性格を読み取るのがうまいしのぶはそれぞれに合った方法でやる気を出させます。 ニコニコしながらも炭治郎との距離の近さや伊之助や善逸に対しての声かけなど見ていてこちらまで笑顔になります。 お母さん的目線で3人を見ているのがかわいいです。 笑顔が可愛い。 ニコニコと手を握って何気なく善逸を転がす姿がとても可愛い。 伊之助のモチベーションも、同じところであげているけど善逸の時の方が可愛いと思う。 彼女の持つ独特のミステリアスな雰囲気と垣間見える鬼に対する怒りからくる狂気が時に恐ろしく感じる事もありますが、この53話冒頭の健康チェックのシーンでは炭治郎に口を開けさせる為一緒にあーんとしている姿が、しのぶの素顔の一面が見えている感じがして可愛いです。 怪我をしているカナヲを見て伊之助がしのぶに怒られると焦っています。 しかししのぶは童磨に殺されてしまい、カナヲは悲痛な顔をします。 その表情からしのぶの死を悟る伊之助。 その際昔しのぶより怪我を治療をしてもらったことを思い出します。 傷口を勝手にいじらないよう指きりげんまんの約束をするしのぶも可愛いのですが、伊之助に対し微笑むしのぶがとても優しい表情なので可愛いと思いました。 そこで自ら鬼の頸を切れない代わりに全身に毒を流し捨て身の作戦をとる。 また炭治郎いわく「常に怒っている」というほど激しい復習の念に駆られたしのぶがようやくその悲願を達成し、天国で家族と一緒になり今度は心から笑えているのだろうと思った。 姉を含む家族を全員失ったしのぶは孤独で鬼と戦ってきた。 しかし上弦の弐、童磨に殺されてしまい、天国に旅立った。 ようやく、会えた家族にしのぶは駆け寄った。 ずっと1人で家族を思い続け戦ったしのぶを家族は優しく包み込み、しのぶはホッコリと微笑んだシーン。 いつものお姉さんという感じのしのぶとはギャップがあって子供のようで可愛かった。

次の

胡蝶しのぶが死亡?まだ生きているという説も?【鬼滅の刃(きめつのやいば)】

きめつの刃イラストしのぶ

すると、すぐさま切り替え鬼を圧倒し蟲の呼吸で毒を流し込み勝利。 普段ののほほーんした優しい雰囲気のしのぶから、仲良くする気のないと分かった鬼に対して一気に刃を貫き、相手を苦しめる。 とてもカッコいいと思ったシーン。 那田蜘蛛山にて累の姉を毒殺し、その後刀を振りながら、ヒュンヒュン振りながら決私もあんなことしてみたい、とおもわされました。 とんでもない内容を、笑顔で鬼にいいながらも、きちんと亡くなった人が報われるように成敗するところ。 さらっとかわいい顔をして、毒を使える唯一の鬼なんですというところ。 しかし相手はあまりそのことを覚えていない様子。 その時今までニコニコと感情を押し殺していたしのぶから怒りが溢れ出ました。 初めて見せた素の表情と言ってもいいしのぶらしい一面にかっこいいと思いました。 上弦の弐の童麿と初めて会うシーンです。 しのぶの姉を殺した憎き鬼を初めて目の前にして怒るシーンです。 いつものおしとやかに微笑むしのぶとは違い見たこともない表情で怒りを表してるところ。 「つらいも何もあるものか。 私の姉を殺したのはお前だな?この羽織に見覚えはないか」と言うセリフがとてもかっこよくて印象的なシーンです。 姉から最期に伝えられた童磨の特徴と、雰囲気から姉を殺した鬼だと悟り、普段の優しいしのぶからは想像もできないような怒り狂った様子に変化し、ながらも姉のことを思いながら、体を切り刻まれ、肺に血が入り、圧倒されながらも、1人で立ち向かうしのぶがとてもカッコいい。 また、自身の体に毒を巡らせ、童磨にわざと自分自身を吸収させる。 そして倒す。 自分をも犠牲にしてまで、仲間、後輩、カナヲのために勝利にこだわるしのぶはとてもカッコ良い。 肺に血が入り満身創痍のしのぶの前に、姉であるカナエの幻影が現れます。 厳しくも泣きながら頑張れとカナエに励まされ立ち上がります。 そして童磨を滅する為、蟲の呼吸 蜈蚣ノ舞 百足蛇腹を打ち込みます。 技の描写もカッコいいですが、仇敵を滅する為決死の思いで立ち上がり技を放つ姿がカッコいいと思いました。 戦闘シーンでかっこいいシーンは沢山ありますが、この言葉は伏線となって後々継子であるカナヲが上弦の二と戦う最終局面に初めて意味が分かります。 ただの捨て台詞ではない所がグッときてかっこいいです。 ミステリアスな彼女の生き様そのものだと思います。 しかし、姉の仇である童磨に対しては毒が分解されてしまい破れてしまう。 残るカナヲと伊之助はどうなるのかハラハラする展開の中、突然起きた童磨の異変としのぶのしたり顔で一気に起死回生の雰囲気が盛り立てられる熱いシーンだと感じた。 自分の覚悟をカナヲに告げているその顔がすごく淡々としているのに青い炎が燃えているような瞳でグッときた。 自分は食われなければならないなんて本来なら涙混じりでもおかしくないのにカナヲが鈍らないために淡々と話す姿に惹かれました このシーンは戦いの場面ではありません。 継子であるカナオに自らが上弦の二の鬼を倒す最終手段として自分の身体の中に蓄え続けた藤の毒を致死量喰らわせることで、鬼を死へ導くことを語ります。 それは当然自殺行為、自らの身体をつかいオトリとなる行為です。 ですが、同時にほぼ確実に鬼に気が付かれることなく身体の中から鬼を蝕むことが出来ます。 其れを話すしのぶは謂わば「自らの最後の瞬間」となる遺書と同義のものをカナヲに語っていることになります。 ですがその表情はまったく恐れに震えることはありません。 ただ鬼を倒す強い意思を宿し、柱として自らの死に向かいあっています。 20歳にも満たない、また少女の域であるシノブの魂の強さがとても格好良いと思うシーンです。 目的を達成したことによる笑顔の罵声はかわいいを通り越してカッコイイなとおもいました。

次の