小式部内侍が大江山の歌の事 あらすじ。 十訓抄『大江山』問題(1)

十訓抄『大江山』わかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

小式部内侍が大江山の歌の事 あらすじ

優れた歌を百首集めた 『小倉百人一首』は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公家・歌人の 藤原定家(1162-1241)が選んだ私撰和歌集である。 藤原定家も藤和俊成の 『幽玄(ゆうげん)』の境地を更に突き詰めた 『有心(うしん)』を和歌に取り入れた傑出した歌人である。 『小倉百人一首』とは定家が宇都宮蓮生(宇都宮頼綱)の要請に応じて、京都嵯峨野(現・京都府京都市右京区嵯峨)にあった別荘・小倉山荘の襖の装飾のために色紙に書き付けたのが原型である。 小倉百人一首は13世紀初頭に成立したと考えられており、飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の順徳院までの優れた100人の歌を集めたこの百人一首は、『歌道の基礎知識の入門』や『色紙かるた(百人一首かるた)』としても親しまれている。 このウェブページでは、『60.小式部内侍 大江山~』の歌と現代語訳、簡単な解説を記しています。 一条天皇の中宮彰子に仕えて、若い時期から母親譲りの歌・文学の才能を開花させていたが、母・和泉式部よりも先に20代で早世してしまう悲劇に見舞われた。 この歌は、既に和歌の名人として有名だった和泉式部の娘が、64番作者の藤原定頼(ふじわらのさだより)から『どうせ母親から歌を代作して貰っているんだろう』と皮肉を言われた時に、即興で返した歌だと伝えられている。 母・和泉式部が藤原保昌(ふじわらのやすまさ)と再婚して丹後国に下向していた時に、平安京の都で歌合の会が開かれた。 その時、小式部内侍の側に代作をしてくれる母親がいないから、今回は良い歌を詠むことができないだろうという嫌味を言ってきたが、小式部内侍は当意即妙の反応でいくつもの掛詞(かけことば)を駆使して、母親への思いを込めたこの技巧性の高い和歌を見事に返したのである。 『大江山』は山城国と丹波国の境界にある山で、『いく野』は丹波国天田郡(現在の京都府福知山市)の『生野』と動詞の『行く』を掛け合わせている。 『天の橋立』は丹後国与謝郡(現在の京都府宮津市)にある日本三景のひとつに数えられる名所だが、小式部内侍は実際にその名所を訪れた事がなかったようである。 『ふみ』にも、『手紙の文(ふみ)』と『土地を踏み(ふみ)』の二つの意味が掛け合わせられている。 母親の和泉式部は、自分よりも早く死んだ娘を悼んで『和泉式部集 473』で以下の歌を詠んでいる。 などて君 むなしき空に 消えにけん あは雪だにも ふればふる世に.

次の

古典解説「小式部の大江山の歌」~気に食わない上司の撃退法~

小式部内侍が大江山の歌の事 あらすじ

小式部内侍が大江山の歌の事 ・ 縦書き、原文に助動詞の意味を付記 ・ (古文記事一覧)>ひと目でわかる ・ 下の画像クリックで次の画像に進む。 」と声をかけて、部屋の前を通り過ぎられたところ、 小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、 大江山から生野を通って行く道が遠いので、まだ天橋 立を訪れていないし、母からの便りも見ていません。 と歌を詠んだ。 思いがけず驚きあきれて、「これはどうしたことだ。 」とだけ言って、返歌することもできず、袖を引き放して逃げてしまわれた。 小式部は、この時から歌人としての世の評判が出て来るようになった。 [ 原文 ] 和泉式部、保昌が妻にて丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 小式部内侍、歌よみにとられてよみけるを、 定頼の中納言、たはぶれに小式部内侍に、「丹後へつかはしける人は参りにたりや。 」と言ひ入れて、局の前を過ぎられけるを、 小式部内侍、御簾よりなかば出でて、直衣の袖をひかへて、 大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず天橋立 とよみかけけり。 思はずにあさましくて、「こはいかに。 」とばかり言ひて、返しにも及ばず、袖をひきはなちて逃げられにけり。 小式部、これより歌よみの世おぼえ出で来にけり。 [ 品詞分解 ] ・ 和泉式部 … 名詞 ・ 保昌 … 名詞 ・ が … 格助詞 ・ 妻 … 名詞 ・ にて … 格助詞 ・ 丹後 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 下り … ラ行四段活用の動詞「下る」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ ほどに … 接続助詞 ・ 京 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 歌合 … 名詞 ・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ に … 接続助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 歌よみ … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ とら … ラ行四段活用の動詞「とる」の未然形 ・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ よみ … マ行四段活用の動詞「よむ」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 ・ 定頼 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 中納言 … 名詞 ・ たはぶれ … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 丹後 … 名詞 ・ へ … 格助詞 ・ つかはし … サ行四段活用の動詞「つかはす」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ 人 … 名詞 ・ は … 係助詞 ・ 参り … ラ行四段活用の動詞「参る」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形 ・ や … 係助詞 ・ と … 格助詞 ・ 言ひ入れ … ラ行下二段活用の動詞「言ひ入る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 局 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 前 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ 過ぎ … ガ行上二段活用の動詞「過ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 御簾 … 名詞 ・ より … 格助詞 ・ なかば … 名詞 ・ 出で … ダ行下二段活用の動詞「出づ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 直衣 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 袖 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ ひかへ … ハ行下二段活用の動詞「ひかふ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 大江山 … 名詞 ・ いくの … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 道 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 遠けれ … ク活用の形容詞「遠し」の已然形 ・ ば … 接続助詞 ・ まだ … 副詞 ・ ふみ … マ行四段活用の助動詞「ふむ」の連用形 ・ も … 係助詞 ・ み … マ行上一段活用の助動詞「みる」の未然形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形 ・ 天橋立 … 名詞 ・ と … 格助詞 ・ よみかけ … カ行下二段活用の助動詞「よみかく」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 ・ 思はずに … ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形 ・ あさましく … シク活用の形容詞「あさまし」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ こ … 代名詞 ・ は … 係助詞 ・ いかに … 副詞 ・ と … 格助詞 ・ ばかり … 副助詞 ・ 言ひ … ハ行四段活用の助動詞「言ふ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 返し … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ も … 係助詞 ・ 及ば … バ行四段活用の助動詞「及ぶ」の連用形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形 ・ 袖 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ ひきはなち … タ行四段活用の動詞「ひきはなつ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 逃げ … ガ行下二段活用の動詞「逃ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 ・ 小式部 … 名詞 ・ これ … 代名詞 ・ より … 格助詞 ・ 歌よみ … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 世おぼえ … 名詞 ・ 出で来 … カ行変格活用の動詞「出で来(く)」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved.

次の

十訓抄『大江山』問題(1)

小式部内侍が大江山の歌の事 あらすじ

小式部内侍が大江山の歌の事 ・ 縦書き、原文に助動詞の意味を付記 ・ (古文記事一覧)>ひと目でわかる ・ 下の画像クリックで次の画像に進む。 」と声をかけて、部屋の前を通り過ぎられたところ、 小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、 大江山から生野を通って行く道が遠いので、まだ天橋 立を訪れていないし、母からの便りも見ていません。 と歌を詠んだ。 思いがけず驚きあきれて、「これはどうしたことだ。 」とだけ言って、返歌することもできず、袖を引き放して逃げてしまわれた。 小式部は、この時から歌人としての世の評判が出て来るようになった。 [ 原文 ] 和泉式部、保昌が妻にて丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 小式部内侍、歌よみにとられてよみけるを、 定頼の中納言、たはぶれに小式部内侍に、「丹後へつかはしける人は参りにたりや。 」と言ひ入れて、局の前を過ぎられけるを、 小式部内侍、御簾よりなかば出でて、直衣の袖をひかへて、 大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず天橋立 とよみかけけり。 思はずにあさましくて、「こはいかに。 」とばかり言ひて、返しにも及ばず、袖をひきはなちて逃げられにけり。 小式部、これより歌よみの世おぼえ出で来にけり。 [ 品詞分解 ] ・ 和泉式部 … 名詞 ・ 保昌 … 名詞 ・ が … 格助詞 ・ 妻 … 名詞 ・ にて … 格助詞 ・ 丹後 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 下り … ラ行四段活用の動詞「下る」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ ほどに … 接続助詞 ・ 京 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 歌合 … 名詞 ・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ に … 接続助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 歌よみ … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ とら … ラ行四段活用の動詞「とる」の未然形 ・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ よみ … マ行四段活用の動詞「よむ」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 ・ 定頼 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 中納言 … 名詞 ・ たはぶれ … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 丹後 … 名詞 ・ へ … 格助詞 ・ つかはし … サ行四段活用の動詞「つかはす」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ 人 … 名詞 ・ は … 係助詞 ・ 参り … ラ行四段活用の動詞「参る」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形 ・ や … 係助詞 ・ と … 格助詞 ・ 言ひ入れ … ラ行下二段活用の動詞「言ひ入る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 局 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 前 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ 過ぎ … ガ行上二段活用の動詞「過ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 御簾 … 名詞 ・ より … 格助詞 ・ なかば … 名詞 ・ 出で … ダ行下二段活用の動詞「出づ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 直衣 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 袖 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ ひかへ … ハ行下二段活用の動詞「ひかふ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 大江山 … 名詞 ・ いくの … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 道 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 遠けれ … ク活用の形容詞「遠し」の已然形 ・ ば … 接続助詞 ・ まだ … 副詞 ・ ふみ … マ行四段活用の助動詞「ふむ」の連用形 ・ も … 係助詞 ・ み … マ行上一段活用の助動詞「みる」の未然形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形 ・ 天橋立 … 名詞 ・ と … 格助詞 ・ よみかけ … カ行下二段活用の助動詞「よみかく」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 ・ 思はずに … ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形 ・ あさましく … シク活用の形容詞「あさまし」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ こ … 代名詞 ・ は … 係助詞 ・ いかに … 副詞 ・ と … 格助詞 ・ ばかり … 副助詞 ・ 言ひ … ハ行四段活用の助動詞「言ふ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 返し … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ も … 係助詞 ・ 及ば … バ行四段活用の助動詞「及ぶ」の連用形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形 ・ 袖 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ ひきはなち … タ行四段活用の動詞「ひきはなつ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 逃げ … ガ行下二段活用の動詞「逃ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 ・ 小式部 … 名詞 ・ これ … 代名詞 ・ より … 格助詞 ・ 歌よみ … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 世おぼえ … 名詞 ・ 出で来 … カ行変格活用の動詞「出で来(く)」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved.

次の