ドラマ 教場。 木村拓哉と川口春奈が、西畑大吾の『教場』“鳥肌”エピソードにツッコミ 「今の大丈夫か?」「ではないですね」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ドラマ『教場』後編あらすじキャスト評価 俳優木村拓哉が大好きだ!

ドラマ 教場

本日1月5日に放送されるフジテレビ開局60周年特別企画スペシャルドラマ『教場』後編に、三浦貴大、伊藤健太郎、上白石萌歌、佐久間由衣、嘉島陸の5名が新たに出演する。 長岡弘樹による同名警察小説を映像化した本作は、主人公の冷徹な教官・風間公親を木村拓哉が演じ、警察学校を舞台に繰り広げられる様々な人間模様を描く。 前編では、木村演じる風間が受け持つことになったクラスの生徒役として、工藤阿須加、川口春奈、林遣都、葵わかな、井之脇海、西畑大吾、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平が出演した。 木村との共演は映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010年)以来の三浦は、本作の木村の印象を「現場に立っている木村さんの存在感は変わらず、キャスト・スタッフ含め全ての人を引っ張っていってくれるような、そんなオーラがありました」とコメント。 木村とは初共演となる伊藤は、一番好きなドラマが『プライド』で、その作品の演出を手掛けた中江功監督と主演の木村との共演を「お二人と一緒という事で本当に夢のようでした」と語った。 バラエティー番組では共演があるが、芝居では初共演となる上白石は、木村の印象を「風 間教官として教壇に佇むお姿はあまりに厳格で、殺気を感じてしまうほど」だったと言い、「木村さんの目の奥に宿る炎のようなものを間近で感じ、終始ヒリヒリしていました」と表現。 木村とは初共演となる佐久間は、「今でも全ての瞬間を思い出して鳥肌が蘇るほど、決して忘れる事が出来ない経験」と撮影を振り返った。 同じく木村とは初共演となった嘉島は、小さな頃から憧れていたという木村との共演を「感慨深く光栄」と表現しながら、「役に対する真摯な向き合い方がとても印象に残っていて勉強になりました」と話し、役者として学ぶことも多かったようだ。 前編では3名が退校となり、27名となった風間教場。 一方、宮坂らと距離を置く都築(味方良介)は、風間の過去について調べ、強行犯の刑事で切れ者と呼ばれていた事実にたどり着くが、右目の義眼についてはまだ真実にたどり着けないでいた。 また、対照的でありながらもいつも仲の良かった羽津希(川口春奈)と佑奈(富田望生)にも変化がおとずれる。 そして、風間への態度について宮坂と都築が口論になり、掴みあいになる騒動が起きる。 最後の特別授業として、山奥に連れていかれる生徒たちは、そこで課せられる課題をクリアしなければ卒業証書はもらえないと告げられ、それぞれの一夜を過ごす。 果たして、最後までふるい落とされずに生き残り、何人の生徒が卒業証書を手にすることができるのか。 コメント 三浦貴大 木村さんとの久々の共演、大変うれしかったです。 前回は数年前になりますが、現場に立っている木村さんの存在感は変わらず、キャスト・スタッフ含め全ての人を引っ張っていってくれるような、そんなオーラがありました。 私が出演させていただいた場面は、独特の雰囲気で普段の撮影現場とはまた違う緊張感があり、最初に足を踏み入れたそこは、まさに『教場』でした。 あれが撮影だったのかどうかも曖昧になる程、不思議な体験でした。 伊藤健太郎 今回『教場』に出演させていただきました伊藤健太郎です。 幼い頃よりずっと憧れの存在である木村さんとご一緒させていただけるという事でこのお話をいただいた時は、心の底からうれしかったのを覚えています。 実際の撮影では木村さんのアドリブで芝居場を作っていただき夢のような時間を過ごさせていただきました。 また中江監督は僕の一番好きなドラマを作られた方でもあるので、お二人と一緒という事で本当に夢のようでした。 そんな作品が僕自身、とても楽しみです。 皆さんも是非楽しみにしていただけたらと思います。 上白石萌歌 『教場』は情報が解禁された時から一視聴者として注目していた作品だったので、お話をいただいた時はとても驚きました。 いつかはと願っていた中江監督の作品に、こんなにも早く携わらせていただけるとは夢のようです。 木村拓哉さんとはBISTRO SMAPに出演させていただいた際にお会いしましたが、お芝居の現場でご一緒するのは初めてでした。 風間教官として教壇に佇むお姿はあまりに厳格で、殺気を感じてしまうほど。 でもその裏にある愛情も、同じくらい受け取りました。 木村さんの目の奥に宿る炎のようなものを間近で感じ、終始ヒリヒリしていました。 出演にあたり、敬礼の練習を実際にさせていただいたことも印象深いです。 周りのみなさんと息をそろえることや、まっすぐな背筋、精神を保つことの大変さを実感しました。 木村さんはじめ、すべてのキャスト、スタッフのみなさんで一つのものに同じ熱を注いでいる様が眩しかったです。 今回の出演でこれだけ多くのことを学ばせてくださったことに感謝しています。 佐久間由衣 木村拓哉さんと共演させていただくのは、今回が初めてになります。 その現場が『教場』という作品だった事、とても光栄に思います。 控え室で凄くご丁寧に挨拶して下さり、いざ現場に入られたら、そこには指先から足先まで圧倒的な風間教官のお姿がありました。 凍りつくような張り詰めた緊張感と、今でも全ての瞬間を思い出して鳥肌が蘇るほど、決して忘れる事が出来ない経験をさせていただきました。 木村拓哉さんの存在に打ちのめされ、何日もその感触が抜けない日々が続きました。 今回、オーディションに参加させていただきたい。 中江さんにお会いしたい。 と強くお願いして出演が叶ったので、念願の撮影でした。 皆様がもう既に作り上げられた世界観の中に、飛び込む緊張感はとてもリアルで面白かったです。 ここは日本なのか?と疑うほどの緊迫した空気の中で、一人楽しそうにニコニコしている中江監督のお姿が、とても印象的でした。 中江さんのアドバイスがあり、普段自分が求められる事が多い役柄とは少し違った女性になったかと思いますので、そこも楽しんで頂けましたら幸いです。 嘉島陸 『教場』の撮影現場は、木村拓哉さんをはじめ大先輩ばかりなので、貴重な現場に少しでも参加できたことがとてもうれしかったです。 連続ドラマの「HERO」を見てからカッコいい検事役をされていた木村さんに憧れを持っていたので、木村さんの作品に参加できたことは感慨深く光栄でした。 主演の木村さんは、撮影の合間も警察監修の方と打ち合わせをされていて、役に対する真摯(しんし)な向き合い方がとても印象に残っていて勉強になりました。 現場での木村さんは、教官として存在されていたので、常に緊張感をもった状態でいることができました。 中江監督とも初めてご一緒させていただきました。 短い時間でしたが監督から声をかけていただき、一人一人をしっかり見てくださっていることを実感できて、さらに身の引き締まる思いでした。 )、富田望生、味方良介、村井良大、佐藤仁美、和田正人、石田明(NON STYLE)、高橋ひとみ、三浦貴大、伊藤健太郎、上白石萌歌、佐久間由依、嘉島陸、筧利夫、光石研(友情出演)、大島優子、三浦翔平、小日向文世ほか 原作:長岡弘樹『教場』シリーズ(小学館) 脚本:君塚良一 演出:中江功 プロデュース:中江功、西坂瑞城、高石明彦(The icon) 制作協力:The icon 制作著作:フジテレビ c フジテレビ 公式サイト:.

次の

ドラマ視聴まとめ|Youtubeドラマ無料動画

ドラマ 教場

スポンサードリンク 「教場」キャスト生徒役一覧を紹介します!(メインキャスト編) ドラマ「教場」では警察学校で学ぶ生徒役がたくさん! 木村拓哉さんの演じる教官・風間公親の厳しい指導を受ける生徒役メンバーはどんな顔ぶれなのでしょうか? さっそく見ていきましょう! 工藤阿須加(28)(宮坂定役) フジテレビ 開局60周年記念ドラマ「教場」。 2020年新春、2夜連続放送! — 工藤阿須加 KudoAsuka0801 工藤阿須加さんはドラマ「理想の息子」でデビューした俳優さんです。 ちなみに お父さんは福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康さん! 確かにお顔が似ていますね^^ 今回、工藤さんが演じているのは宮坂定役。 宮坂は、以前小学校の教師をしていましたが、事故の際、警察官に助けられたことがきっかけで警察官を志しました。 教場現場の日常風景😊 — 【公式】「教場」60周年特別企画 kazamakyojo 川口春奈さんは菱沼羽津希役を演じます。 (写真左) 自信家な女性警察官役。 平田は警察官の親をもちますが、クラスでは落ちこぼれと称され、成績が芳しくない様子…。 林遣都さんは役どころによって全く違った一面を見せてくれる、演技派俳優。 今回は落ちこぼれ役ということですが、どんな演技を見せてくれるのか?気になりますね~! 葵わかな(21)(岸川沙織役) スタッフです。 皆さま をご覧下さりありがとうございました。 頼りない岸川がどのように悩み、考え、壁を乗り越え、成長していくのか? ついつい感情移入して応援したくなっちゃいますね。 instagram. ジャニーズJr. として活動するとともに、俳優としても活躍中です。 また、NHK連続テレビ小説に2度出演するなど、ジャニーズ事務所でも存在感を放っています。 このドラマでは、 人たらしな生徒・樫村卓実を演じます。 ドラマ「教場」では元レスリング選手の生徒・枝元佑奈を演じます。 やはり伊礼さんは憧れの人だ、ずっと惚れっぱなし。 (写真左) 恐らく「教場」がドラマ初出演です! 味方さんが演じるのは、成績優秀でポーカーフェイスな生徒・都築耀太。 instagram. ムードメーカーな人は、クラスに1人はいますよね^^ 警察学校という厳しさ溢れる場所において、クラスの雰囲気を良くする存在は必要不可欠! 石山のムードメーカーぶりに期待しましょう。 成績不振に悩む日下部ですが、警察官になろうと思ったきっかけが気になりますね! 大島優子(30)(楠本しのぶ役) Netflixオリジナル「ストレンジャーシングスシーズン3」のイベントに参加させていただきました!! 7月4日からON AIR。 あー楽しみでしょうがない。。。 最愛の人を亡くした過去をもつ楠本。 何か事件に巻き込まれたのでしょうか? もしかしたらそのことがきっかけで警察官を志したのかもしれませんね。 instagram. なんだか強そうな雰囲気ですね^^ 木村文哉(25) 木村拓哉さん主演フジテレビ開局60周年記念スペシャルドラマ「教場」(2020年新春、2夜連続放送)に出演します。 只今、絶賛撮影中で、木村拓哉さん演じる風間教官の厳しいながら愛のある指導を受け、一人前の警察官になるべく日々格闘中です! オンエアは少し先になりますがぜひお楽しみに。 木崎ゆりあ(23) フジテレビ60周年特別企画のドラマ「教場」に生徒の一員として出演させて頂きました。 北原帆夏(21) 暑いねー。 instagram. 松宮なつ(28) 昨日、ドラマ「教場」の撮影が オールアップしました。 皆さま本当に本当に お疲れ様でした! 可愛い花束と卒業証書をいただきました👏💐 放送はまだ先ですが楽しみにしていてください。

次の

木村拓哉と川口春奈が、西畑大吾の『教場』“鳥肌”エピソードにツッコミ 「今の大丈夫か?」「ではないですね」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ドラマ 教場

— 2020年 1月月4日午前6時17分PST 南原哲久(井之脇海)は、ガンマニア。 南原が銃を隠し持っていることを知った 宮坂定(工藤阿須加)は、彼に警察手帳を奪われてしまう。 楠本しのぶ(大島優子)が「宮坂さんが何か苦しんでいる」と風間に報告。 風間が「南原について教えてくれ」と言うと、しのぶは「一度 サバゲーに誘われました」と答えた。 風間はしのぶに 「人を傷つけたことがある者は人を守ることができる」と言った。 風間は、しのぶが沙織(葵わかな)を犯人と疑い、沙織から復讐されて足を怪我したことを評価しているのだ。 風間は、宮坂が警察手帳を持っていないことを見抜く。 警察手帳をなくした人間は、本来なら 即刻退校だ。 しかし風間は、元小学校教師の宮坂を「見どころがある」と評価して、ふるい落とさなかった。 その後、風間は宮坂と南原を「拳銃訓練所」に残す。 南原に銃の撃ち方をレクチャーするように命令すると、ガンマニアの南原は水を得た魚のようにペラペラしゃべり出す。 そんな南原に風間は「銃が好きなんだな。 宮坂がなくした物が何かわかるか? 」とズバリ切り込んできた。 風間は、南原がハンドメイド銃を作っていることも、週末に銃の暴発で怪我したことも見抜いていた。 南原の爪の間の汚れが、金属の錆止めの油であることも見抜いていた。 風間は南原の銃を目の前にぶら下げたが、南原は「おもちゃです」と言い張った。 しかし風間は銃を構えた! 南原は「腕が吹っ飛びますよ」と忠告するが「構わん!すでに右目は義眼だ」と風間。 風間は南原に銃を向けて「宮坂の手帖はどこだ? 」と追い掛け回して、南原は「音楽室です! 」と悲鳴を上げた。 遂に風間は的に向かって発砲した、ど真ん中だった。 当然ながら、南原は退校(いや、逮捕? 傲慢な菱沼は、 枝元佑奈(富田望生)を自分の引き立て役として出演させて手話をさせることにした。 そして「尊敬しています」の手話を「好きです」にしてもらった。 インタビュー後「枝元佑奈が可愛い」と話題になり、面白くない菱沼。 そして風間は、菱沼の「好きです」のメッセージを見破った。 風間に顎をクイッとされた菱沼はうっとり目を閉じるが、キスではなく退校届を突きつけられた。 風間が挙げた菱沼の問題点は以下の3つ。 ・行動が身勝手で謙虚さに欠ける。 ・容姿や外見ばかりに気を取られている。 ・仲間を尊敬できていない。 菱沼は「ママに知られたら警察にいられなくなりますよ」と言い返すが、風間は「かまわん」と去った。 その後、菱沼は枝元の反抗的な態度に驚く。 枝元は優秀さをいかんなく発揮して、菱沼の高慢ちきな鼻をへし折ることばかりやってくるのだ。 広報誌の表紙のモデルを決める投票が行われ、 なんと枝元が選ばれた! しかし風間は「残念だが枝元はモデルになれない。 来週教場を辞めるからだ」と言った。 実家の旅館で働いていたお兄さんが倒れたので、枝元が女将になることになったのだ。 投票をやり直した結果、菱沼がモデルに選ばれた。 菱沼は退校届を風間に提出した。 菱沼は、2度目の投票でも「枝元」の名前を書いていた。 枝元の実力を初めて認めて、白旗をあげたのだ。 菱沼の3番目の問題点「仲間を尊敬できていない」が解消されたため、 風間は退校届を返した。 枝元は、もう自分は警察官になれないから、菱沼にもっと真剣になってほしいからきつくあたっていたのだった。 菱沼はモチベーションをあげる方法として『褒められ日記』を付けることを枝元に教えた。 最期に菱沼と枝元は、抱き合って別れた。 その後、菱沼はもう一度インタビューの動画を見る。 枝元の黒目をアップにすると風間教官が写っていた、これこそが枝元が輝いていた理由だったのだ。 これから2週間は、 風間教官の特別授業となる。 4班に分かれることになり、 1班は、日下部(三浦翔平)、楠本(大島優子)、菱沼(川口春奈)、宮坂(工藤阿須加)、都築(味方良介)。 リーダーの都築以外は退校届を渡されているため、劣等生ばかりと言える。 1班は、山へ。 風間は5人に脳挫傷で亡くなった男性の遺体(マネキン)を見せて「徹底的に考え抜け。 遺族になったつもりで捜査にあたってほしい」と命令した。 5人は、遺留品や状況、怪我など徹底的に調べる。 翌朝、5人は風間に捜査結果を報告。 風間の答えは「 卒業検定は失格だ。 全員今日中に退校届を出すように」。 犯人像は正解だったのになぜ……? 失格だったのは、1班だけだった。 風間は5人に「新たに報告することはないか? 何か言い忘れたことは? 」と聞くが、5人は何も思い浮かばない。 風間は「このまま君たちを現場に送り出すと、私が迷惑する。 本気で悪いと思うなら退校届を出せ」と言い放つ。 都築の心の叫び 風間は都築に「なぜ警察学校に来た? 」と詰問する。 親父は、休みなく働いていた。 遊んでもらった記憶なんかない。 それでも自慢の親父だった。 でも不況が続いて、税金も払えなくなって、高利貸しから金を借りて、その利子も払えなくなった。 税理士が来て工場を差し押さえようとしたが、親父は「必ず払うから待ってくれ」と土下座までした。 家に入ると、高利貸しが「俺が先だ」と言って税理士ともめた。 親父はそれを止めたんだ! パトカーが来て警官は、何も聞かずに親父を連れて行った。 騒ぎを起こすな、役人に逆らうな。 親父は手を出していない!親父は悪くない! しかし都築は、警察を恨んでいたわけではなかった。 父親が「こんなことが許されていいのか!誰か助けてくれ!」と叫ぶのを聞いた都築は、苦しむ人を助ける警察官になろうと決意したのだ。 「君のような警察官を待っている人がたくさんいる」と風間。 菱沼は、風間が「どんな事件でも被害者は苦しんでいる。 遺族になったつもりで捜査にあたれ」と言ったことを思い出す。 そう、1班は被害者の苦しみを忘れて不合格だったのだ。 「それを忘れるな!苦しんでいる人の声に耳を傾けること、それが警察官の仕事だ!」と風間。 こうして1班は全員合格、卒業を認められた。 宮坂がクビにならなかった理由 宮坂は「どうして僕を辞めさせなかったんですか? 」と風間に聞く。 自分はあこがれだけで警察に入った軟弱者なのに。 風間:「今はどうだ? 」 宮坂:「今は警察官に甘えなど通用しないとわかりました」 風間:「それがわかっていればいい」 宮坂が「その花は? 」と花壇の花について尋ねると、風間は「この子は学校長がここから送り出して、私と組んで捜査をしていた。 まだ若かった」と答えた。 風間は、生徒たち一人ひとりに力強い言葉をかけた。 宮坂には「死ぬなよ」と言って目を潤ませた。 ・教場に来る前は、神奈川県警・捜査一課・強行犯の刑事。 ・怪物じみた切れ者と呼ばれていた。 ・観察力で、次々に犯人を捕まえた。 ・ しかし部下の刑事が重傷を負った。 ・風間の目もその時に負傷。 原作の風間は、捜査中に部下の平優羽子を守ったことで、犯人に千枚通しで目を刺されて義眼になりました。 しかしこのとき、平優羽子は重症を負っていません。 ということは、部下の重症とは原作にはないオリジナルの設定でしょうか? 劇中で、風間は幾度となく花壇の花(百日草)を見ています。 まさか、この下に元部下の遺体が埋まっている? 百日草の花言葉は『不在の友を思う』『遠い友を思う』『別れた友への想い』『絆』『古き良き時代』『いつまでも変わらぬ心』『幸福』『注意を怠るな』。 長く会えない友を思うという意味から、 今は亡き相棒をしのんでいるのだと思われます。 学校長・四方田秀雄(小日向文世)を憎んでいる? 陰ながら風間を支えますが、風間が生徒たちに厳しくするのは自分のせいだと思っています。 風間と四万田は生徒への教育方針で意見が大きく異なるようです。 四万田:「私を恨んでいますね、生徒に厳しいのはやはりこの子のことが」 (風間は何も答えず眼鏡を取って、目を押さえた) 宮坂が「その花は? 」と花壇の花について尋ねると、風間は「この子は学校長がここから送り出して、私と組んで捜査をしていた。 まだ若かった」と答えました。 「甘えは許されない」ということを徹底的に教えることで、いざという時でも判断力のある人間を育てたい一心なのではないでしょうか。 風間は卒業式で宮坂にだけ「死ぬなよ」と言っています。 宮坂に風間教官が最後に「死ぬなよ」って言ったのって、風間教官の亡くなった相棒に似てたからやんな絶対。 — まっこい makkoi10130 確かに宮坂は何度か死にかけているのでこの言葉は妥当なのですが、それ以上に風間は宮坂に思い入れが強いように見えます。 キムタクが前半以上にかっこいい! 前後編だけなんてもったいない。 もっともっと見たい! — mozu mozmo2 後編も眼光鋭くゾクゾクする 風間教官 — 赤紫 youremylove 後半も、キムタク演じる風間教官は、圧倒的観察眼で次々に生徒たちの闇を暴いていきます。 剣道着姿が渋すぎるし、菱沼や枝元が好きになるのも納得のかっこよさ。 前半以上に役が木村さんに馴染んできて、とにかく素晴らしかったです。 キムタクの声も素晴らしい キムタクって大きい声のイメージ一切無かったけど、腹から凄くデカい声が出せるのね。 舞台で鍛えた役者さんみたいな腹声。 大きい声のイメージが今までなかったので意外でしたが、教官役に説得力が出ました。 今回のキムタクは、本当にヤバすぎでした。 ワルい井之脇海が新鮮 脅しても教官は勘づいちゃうよ — けんと dorrama2 井之脇海くんは真面目かええ子かすっとぼけの役でしか見たくない。 あんなワルい海くんはイヤだ笑。 彼は犯罪者ってことか。 バレなければ警察官になってたかと思うと恐ろしい。 南原は「退校」というより「銃刀法違反で逮捕」だったのでしょうね~。 川口春奈の演技が沢尻エリカを思い出させる? 川口春奈が性格ブスな役を演じてる。 半沢直樹は父親の工場を救ってくれなかった銀行を恨んで、自分はそうならないと中小企業を助けるバンカーを目指した 都築くんは父親の工場を救ってくれなかった警察を恨んで、自分はそうならないと住民に寄り添える警察官を目指した 同じや — みつばちーな youmehe825 ずっと「警察が嫌い」「警察官に文句がある」と不穏な態度を取っていた都築。 本当に「なんで警察官になったの? 」って感じでしたが、やはり風間教官は全てお見通しでした。 都築の凄いところは、自分の父親に濡れ衣を着せた悪い警察官を恨むのではなく、自分がいい警察官になることで世の中の苦しむ人を助けようとしていること。 もう、泣いちゃいますよ……。 これって半沢直樹(堺雅人)と同じ考え方ですよね。 風間教官の優しさに感動!泣かされた! 風間教官褒めるところは褒めてくれるし、めちゃくちゃいい教官。 今どきの学校で起立礼が廃止されてる所が多いってこの前テレビで見たけど、やっぱり最低限の礼儀の一つとして教えて頂く側の生徒はするべきだと思うんだよなあ。 もう、厳しい教官が実はあたたかい人柄って……めっちゃ泣けるのですが! 厳しい部分も優しい部分も的確で、風間教官サイコー! 個人的に『3年A組』の柊一颯(菅田将暉)以上だと思いました。 この4人をこんなちょい役で使うとは、贅沢です。 それとも、これは続編への布石でしょうか? Twitterの評判も「絶賛」に次ぐ「絶賛」の嵐です。 「明日からも頑張ろう!」と本気で思えるドラマでした。 風間の過去についてまだはっきり明らかになっていないので、続編はあるのではないでしょうか? いや、是非ともやっていただきたい!.

次の