秦野市コロナ感染者。 新型コロナウイルス感染症について

患者の発生状況(1から24例目)

秦野市コロナ感染者

ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。 ご覧になる場合は30秒ほどお待ち下さい。

次の

【新型コロナ】神奈川県内で新たに16人が感染、経路不明は4人(カナロコ by 神奈川新聞)

秦野市コロナ感染者

人に感染する「コロナウイルス」は7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている「新型コロナウイルス」です。 このうち4種類のウイルスは、一般的な風邪の10~15%(流行期は35%)の原因となっており、多くは軽症です。 「新型コロナウイルス」は飛沫感染・接触感染を主としており、発熱、咳、重篤な肺炎などを引き起こします。 発病者の多くが軽症であるといわれていますが、高齢者や基礎疾患等を有する方においては重篤になる可能性があります。 風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、一人一人が手洗いや咳エチケットなどを実施することがとても重要です。 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。 咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介してほかの方にうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。 持病がある方、ご高齢の方はできるだけ人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 人込みの多い場所は避けてください。 屋内では、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすときは注意してください。 咳エチケット• 咳やくしゃみ症状のある方は、できる限り外出を控える。 やむを得ず外出する際はマスクを正しく着用する。 咳やくしゃみをする時は、ハンカチやティッシュで口と鼻をおおう。 鼻汁等を含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てる。 石鹸等で手をしっかり洗う。 マスクはノーズピースを鼻の形に合わせ、しっかりとあごまでおおう。 マスクを捨てる時はマスクの表面には触れず、ごみ箱に捨てた手はしっかりと洗う。 ハンカチマスクの作り方 マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果があります。 マスクが手に入らないときは、ハンカチやタオルなどを代用することで飛沫を防ぎましょう。 洗剤で洗えば再利用することができ、縫わずに簡単にできる「ハンカチマスク」の作り方についてご紹介します。 出典: 新型コロナウイルス感染者は、周囲の人にほとんど感染させないものの、一人の感染者から多くの人に感染が拡大したと疑われる事例が存在します。 また、一部地域で、小規模患者クラスター(感染経路が追えている数人から数十人規模の集団)が発生しています。 急激な感染拡大を防ぐための対策として、 換気が悪く、人が密集する場所に集まることは避けてください。 (出典:感染症対策専門家会議) 出典:首相官邸ホームページより 同居する家族に新型コロナウイルス感染の感染が疑われる場合には、以下の8点に注意しましょう。 感染者と他の同居者の部屋を別にする• 感染者の世話をする人はできるだけ限られた方一人で• できるだけ全員がマスクを着用する• こまめにうがい・手洗いをする• 日中はできるだけ換気をする• ドアノブや取っ手などの共用する部分は消毒する• 汚れたリネン、衣服を洗濯する• ごみは密閉して捨てる• お部屋等の消毒 手がよく触れるテーブル、ドアノブ、トイレなどは一日一回以上、消毒用アルコールで消毒しましょう。 体液や排せつ物による目に見える汚れがある場合は、消毒液(希釈した次亜塩素酸ナトリウム(漂白剤))に浸した使い捨てできるキッチンペーパー等で拭きましょう。 漂白剤を使用した場合、金属はさびてしまう可能性があるため、消毒液で拭いた後は水拭きしましょう。 消毒用アルコールも効果的です。 注:消毒液を使うときは、手袋を使用しましょう。 消毒液(次亜塩素酸ナトリウムの希釈液)の作り方 使用濃度 原液濃度 方法 使用目的 0. 1% 5% 500ミリリットルのペットボトル1本の水に原液10ミリリットル(ペットボトルのキャップ2杯) おう吐物、ふん便の処理時 0. 例えば、屋形船、スポーツジム、ライブハウス、展示商談会、懇親会等での発生が疑われるクラスターの発生が報告されています。 皆さんが、「3つの条件が重なった場所」を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。 高齢者や持病のある方など重症化リスクの高い皆様 新型コロナウイルスの国内ならびに海外での分析によっても高齢であれば比較的健康であっても感染し、重症化する可能性が高いことがわかっています。 また、持病にもさまざまなものがありますが、できるだけ良好なコントロールをしていただくようにし、また感染リスクを下げるような行動をお願いします。 また通常の予防接種も、感染症の複合にならないために重要です。 これまでは外出機会の多かった方におかれましても、今後は感染リスクを下げるよう注意をお願いします。 特に、共有の物品がある場所、不特定多数の人がいる場所などへの訪問は避けてください。 なお、外出機会を確保することは日々の健康を維持するためにも重要になります。 お一人や限られた人数での散歩などは感染リスクが低い行動です。 若者世代の皆様 若者世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは高くありません。 しかし、無症状又は症状が軽い方が、本人は気づかずに感染を広めてしまう事例が多くみられます。 このため、感染の広がりをできるだけ少なくするためには、改めて、3つの条件が同時に重なった場に近づくことを避けていただきますようにお願いします。 特に、オーバーシュート(爆発的患者急増)のリスクを高めるのが、「3つの条件が同時に重なる場」を避けにくい状況が生じやすい、「全国から不特定多数の人々が集まるイベント」であることもわかってきました。 イベントそのものがリスクの低い場で行われたとしても、イベントの前後で人々が交流する機会を制限できない場合には、急速な感染拡大のリスクを高めますので、十分に注意して行動してください。 また、ご自身が新型コロナウイルスに罹患した場合やその家族等が罹患した場合並びに発熱等の風邪症状がみられる場合には、ご自身の経過観察をご自宅で継続するとともに外出を避けるように徹底してください。 新型コロナウイルス感染症市民向け感染予防ハンドブック 東北医科薬科大学よりハンドブックが作成されましたので、感染症予防にご活用ください。 ハンドブックは令和2年2月現在の情報を元に作成されています。 新型コロナウイルス感染症の予防及び相談窓口ポスター 5月11日時点 感染症の予防に役立てていただくために、ポスターを作成しました。 新型コロナウイルス感染症に関する、神奈川県及び厚生労働省の相談窓口についても掲載していますのでご活用ください。

次の

【平塚市】平塚保健福祉事務所管内で新たに新型コロナウイルス感染者1名を確認(号外NET)

秦野市コロナ感染者

掲載日:2020年7月1日 発生状況 本県における新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況は以下のとおりです。 患者の概要(県内24例目) 2月28日、横浜市内在住の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内23例目) 2月28日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 1 年代: 70代 2 性別: 女性 3 居住地: 神奈川県鎌倉保健福祉事務所管内(鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町) 4 職業: 無職 5 症状、経過: 2月25日 県内医療機関Aへ定期受診、帰宅途中のJR大船駅で具合が悪くなり、医療機関Aへ緊急搬送され入院。 体温37. 8度 呼吸困難 肺炎症状あり 2月26日 医療機関Aから帰国者・接触者相談センターへ連絡あり。 PCR検査の検体を確保 2月27日 PCR検査結果陽性が判明 2月28日 県内医療機関Bへ午後転院 体温36. 3度で症状安定 6 行動歴: 2月28日現在調査中。 転院後、病状が悪化し重篤な状況 イ 本人の接触者について (ア)親族について• 同居の親族(2名)についてPCR検査の結果、当該発表の50代女性は陽性。 残りの1名は陰性• このほか、別居の親族(2名)が濃厚接触者と判明。 3月2日PCR検査を実施予定 (イ)鎌倉市消防職員(3名)、JR大船駅職員(6名)は全員陰性 患者の概要(県内21,22例目) 2月27日、相模原市内在住の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内20例目) 2月27日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 1 年代: 50代 2 性別: 男性 3 居住地: 神奈川県厚木保健福祉事務所管内(厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村) 4 職業: 会社員 5 症状、経過: 2月20日 県内医療機関Aを受診、体温37. 5度 頭痛、倦怠感、インフルエンザ陰性と診断 2月21日 県内医療機関Aを再診、体温38. 0度 胸部レントゲン異常なし、再度インフルエンザ陰性と診断 2月25日 県内医療機関A再々診、体温38. 0度 胸部CTを行い肺炎の所見があったため、医療機関から帰国者・接触者センターに連絡、同医療機関においてPCR検査の検体採取 2月26日 夜 PCR検査結果陽性が判明、県内医療機関Bに搬送し、入院 (2月27日時点の体調:熱37. 2度 頭痛、咳) 6 行動歴: 2月27日現在調査中。 渡航歴なし 患者の概要(県内19例目) 2月26日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 1 年代: 60代 2 性別: 男性 3 居住地: 神奈川県厚木保健福祉事務所管内(厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村) 4 職業: 会社員(JR東日本) (2月24日に相模原市で発表されたJR東日本職員の濃厚接触者の一人です。 ) 5 症状、経過: 2月25日 相模原市保健所が濃厚接触者としてPCR検査を実施 2月26日 PCR検査結果陽性が判明 県内医療機関に入院 (2月26日時点の体調:熱38. 渡航歴なし 患者の概要(県内18例目) 2月24日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 1 年代: 50代 2 性別: 男性 3 居住地: 神奈川県鎌倉保健福祉事務所管内(鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町) 4 職業: 会社員 5 症状、経過: 2月14日 発熱38. 0度 2月17日 県内医療機関A受診、インフルエンザ陰性と診断 2月19日 県内医療機関B受診、肺炎と診断されるが、咳や鼻汁がなかったことから、自宅療養となった。 2月23日 発熱と呼吸苦及び全身の倦怠感が強くなったため、本人から帰国者・接触者相談センターに連絡あり。 当該センターが、医療機関Bと調整し、医療機関Bを再診。 PCR検査の検体確保 入院可能な県内医療機関Cに転院、入院 2月24日 PCR検査結果陽性が判明 注意:医療機関A、B、Cは、これまでの県内発生事例の医療機関A、B、Cとは関係がありません。 6 行動歴: 2月24日現在調査中。 渡航歴なし 患者の概要(県内14,15,16,17例目) 2月22日、相模原市内在住の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内13例目) 2月21日、相模原市内在住の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 なお、本件については、相模原市が記者会見にて公表しています。 患者の概要(県内12例目) 2月21日、相模原市内の医療機関に入院中の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内11例目) 2月21日、横浜市内在住の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内10例目) 報道によると、2月20日、横浜市内で新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 なお、厚生労働省及び横浜市において、記者発表は行っておりません。 患者の概要(県内9例目) 2月20日、相模原市内の医療機関に入院中の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内8例目) 2月19日、相模原市内の医療機関に入院中の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内7例目) 2月19日、相模原市内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 この患者は、2月6日から当該医療機関に入院しています。 1 年代: 80代 2 性別: 男性 3 居住地: 神奈川県相模原市 4 症状、経過: 2月6日 吐血のため、当該医療機関に入院 内視鏡下でクリッピング術を実施し、経過観察 2月16日 微熱 2月17日 発熱、咳はないが、胸部エックス線写真より肺炎と診断 2月18日 呼吸機能が低下したため疑似症としてPCR検査を実施 PCR検査の結果が陽性であることが判明 2月19日 入院継続し、経過観察中 5 行動歴: 入院前は自宅療養により、外出はほとんどしていない。 渡航歴なし。 6 その他: 当該医療機関は、2月17日から外来・入院の受付を休止しています。 患者の概要(県内6例目) 2月18日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 1 年代: 60代 2 性別: 男性 3 居住地: 神奈川県横浜市 4 職業: タクシー運転手 5 症状、経過: 2月3日 発熱 2月5日 医療機関A受診、風邪と診断 2月8日 医療機関A再診、医療機関B紹介受診 2月10日 医療機関B再診 2月13日 医療機関B再診、入院、医療機関Cに転院 2月17日 PCR検査を実施 2月18日 PCR検査結果陽性が判明 注意:医療機関A、B、Cは、2月13日(県内2例目、4例目)の医療機関A、B、Cとは関係がありません。 6 行動歴: 2月18日現在調査中。 患者の概要(県内5例目) 2月17日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が報告されました。 この患者は、2例目の80代女性が2月1日に入院した相模原市内の医療機関の看護師です。 1 年代: 40代 2 性別: 女性 3 居住地: 神奈川県相模原市 4 症状、経過: 2月14日 発熱、医療機関Aを受診、夜間嘔吐 2月15日 軽快せず別の医療機関Bを受診し抗生剤治療、夜から下痢症状出現 新型コロナウイルス患者との濃厚接触者としてPCR検査を実施 2月16日 解熱、PCR検査の結果が陽性であることが判明 2月17日 医療機関Cへ入院の調整中 注意:医療機関A、B、Cは、2月13日(県内2例目)の医療機関A、B、Cとは関係がありません。 5 行動歴: 2月17日現在調査中。 本人からの申告によれば、80代女性が入院していた病院に2月1日から2月5日の間勤務。 勤務中はマスクを着用している。 2月15日以降は勤務していない。 また、渡航歴なし。 6 その他• 当該患者が勤務している病院は、2月17日から外来の受付を休止しています。 2月13日に記者発表した80代女性が通院・入院していた3か所の医療機関等で接触した接触者は61人、2月17日時点のPCR検査実施者は43人で、PCR検査の結果、陰性の人は42人でした。 その他の方については、検査実施を含めて健康観察を進めています。 陽性が判明したのは、2月17日時点では当該患者のみです。 患者の概要(県内4例目) 2月14日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が報告されました。 1 年代: 30代 2 性別: 男性 3 居住都道府県: 神奈川県 4 症状、経過: 2月10日 自治体職員であり、ダイヤモンドプリンセス号で陽性反応が出た患者を病院へ搬送。 (搬送時、ゴーグル・マスクはしっかりつけていたとのこと) 2月10日夜 発熱 2月11日 解熱 2月14日 帰国者・接触者外来を受診。 新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明。 入院予定で調整中。 5 行動歴: 2月14日現在調査中。 本人からの申告によれば、2月11日から13日まで勤務はしておらず、また渡航歴なし。 患者の概要(県内3例目) 2月13日、今般の新型コロナウイルスに関連し、県内で死亡症例がありました。 1 年代: 80代 2 性別: 女性 3 居住都道府県: 神奈川県 4 症状、経過: 1月22日 倦怠感を認めた。 1月25日 倦怠感や食欲不振が増悪 1月28日 県内の医療機関Aを受診し、経過観察の指示 2月1日 倦怠感が増悪。 肺炎の診断で県内の医療機関Bに入院 2月6日 呼吸状態が悪化し、県内の医療機関Cに転院 2月12日 呼吸状態が悪化。 検体を確保し、新型コロナウイルスのPCR検査を実施 2月13日 死亡確認。 その後、PCR検査の結果が陽性であることが判明 5 行動歴: 渡航歴なし 患者の概要(県内2例目) 2月11日、2月3日に横浜港に到着したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」については、海上において検疫を実施中ですが、これに対応した検疫官1名が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。 患者の概要(県内1例目) 1月15日に、県内に居住される方が、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。 なお1月24日時点で、当該患者の濃厚接触者についての健康観察調査は終了しました。

次の