アーク ナイツ 昇進。 【アークナイツ】昇進2のおすすめ優先度|ノアのゲーム語り

【アークナイツ】上級者向け昇進素材の集め方【第五章】

アーク ナイツ 昇進

ホークビジョンのステルス無効もありがたい。 さらにカオスフレイムでSP回復が早まるため、普段はスキル2のイグニッションをメインで使い、一時的に大量の敵が出るステージではスキル3で瞬間火力を上げる等の運用ができます。 幻影は攻撃もブロックもできない。 また配置可能になる「鳥籠の幻影」を囮にして一時的に敵の遠距離攻撃を逸らすことができます。 味方全体に効果があるため、序盤に配置してしまえば数回多くスキルが回せる場面も。 ただし効果は 時間経過でSPが回復するスキルのみのため、自身の編成を確認しましょう。 ちなみチェンの素質は対象的に攻撃回復系・被撃攻撃系が対象になっています。 敵の出現が早いステージなどに。 メテオリーテ シラユキ どちらも昇進2で攻撃範囲が拡大。 共に範囲物理火力のため、好みでどちらかを早めに昇進2にしておくと良いかと思います。 ラップランド 素質「精神破壊」の効果「敵を攻撃時、敵の一部の特殊能力を1秒間無効化する」が5秒に延長されます。 5章のバクダンムシの爆発やクラッシャーのスタンを無効化できますが、昇進1 効果時間1秒 の場合自身の攻撃の合間に遠距離攻撃でバクダンムシが爆発……といった事故が起きることも。 単に広範囲攻撃・空中カバーとしても優秀ですので、シルバーアッシュがいない場合は優先度が上がります。 スキル「肉斬骨断」 HP1で耐える と合わせて使い勝手が向上、高い耐久力になります。

次の

【アークナイツ】ラップランドの評価とスキル

アーク ナイツ 昇進

前方と後方の味方を同時に回復したい特定の地形において非常に重宝する。 Point! ナイチンゲール以外だと、パフューマー等が同様の回復範囲を有しています。 後ろに届く代わりに、前方向の範囲はやや狭い点に注意しましょう。 スキル2で術ダメを吸収するバリアを貼れるが、特にスキル3の「聖域」が非常に強力で、 習得できれば素質と合わせて味方の術ダメを大幅に軽減できる。 ナイチンゲールの使い道 術攻撃の多い場所なら最優先で編成したい ナイチンゲールは 術攻撃に対して無類の強さを発揮する回復役。 術攻撃が多いことが分かっているなら最優先で編成してOK。 その際スキルは必ず2か3に設定しておこう。 習得していれば3がおすすめ 場所を問わず単純に優秀な範囲回復役として 単純に回復力の高い範囲回復役なので、 ステージを問わず活躍できる性能。 術攻撃が少ない場合はスキル1にすることと、前方向の範囲は他キャラに比べて狭い点には注意しよう。 ナイチンゲールの昇進効果・必要素材 昇進1の効果・必要素材• ステータス上限開放• スキルアーツシールド習得• 素質白き悪魔の加護開放• 攻撃範囲拡大 必要素材.

次の

【アークナイツ】上級者向け昇進素材の集め方【第五章】

アーク ナイツ 昇進

アークナイツをプレイ中の皆様こんにちは! 昇進2のキャラを増やしたい・・・! でもお金も素材も足りない・・・ そんな方おられませんか?筆者もその一人です。 特に、 D32鋼や ナノフレーク、 融合剤を作成するのがめちゃくちゃ大変ですよね。 どの作戦を回すのが一番いいのか、いちいち調べるのがめんどくさい。 そこで、大陸版のアークナイツのドロップ率を参考に、どの作戦を回すのが昇進素材獲得に一番効率がいいのかを調べてみました! 作戦で手に入るその他の素材も含めた効率を求めた記事が出来ました!! 2020年6月17日追記 第五章を周回できる人向けに、さらに効率の良い昇進素材集めの方法もこちらで紹介しております。 稀有ドロップ狙いと加工はどちらが効率的? 第三章や第四章では上級素材が稀有でドロップする場所があるので、そこで集めようと思った方はおられるのではないでしょうか。 そもそも「稀有」と表示されている場所はどれくらいの確率でドロップするのでしょう? また、 稀有のドロップで集めるのと中級・初級素材から加工していくのとでは、どちらのほうが消費理性に対する期待値が高いのか。 大陸版アークナイツでのデータを参考に比べてみたいと思います。 上級昇進素材をドロップするまでに必要な理性(期待値) まずは第三章・第四章で上級素材が直接稀有ドロップするときに必要な理性の期待値です。 一番右の欄がそれぞれの素材1個を手に入れるために消費する理性の期待値となっております。 素材名 作戦 消費理性 ドロップ率 必要作戦回数 期待値 必要合計理性 期待値 上級エステル 3-8 18 3. 初級や中級素材から加工して手に入れるのために必要な理性(期待値) ここからは初級・中級素材を狙って周回し、加工で上級素材を手に入れるのに必要な理性の期待値を各素材ごとに紹介いたします。 筆者が おすすめの周回場所を「推奨作戦」として表に入れていますので、周回の参考にして頂ければと思います。

次の