セルフ ヘア カラー おすすめ。 失敗しないセルフカラーの方法もご紹介!市販セルフヘアカラーおすすめランキング34選

初めてのセルフカラーでも失敗しない!簡単ヘアカラーのコツ♡

セルフ ヘア カラー おすすめ

市販のセルフカラーを選ぶポイント5つ 1. 乳液タイプか泡タイプかを決める 市販のヘアカラーには、 乳液タイプと 泡タイプのものが販売されています。 それぞれ特徴があり、どちらが自分に合っているのかを判断する必要があるので、これから解説します。 乳液タイプ 出典: 乳液タイプのヘアカラーは、水分を弾きやすい髪質や 染まりにくい髪質でも染まりやすいのが特徴です。 しかし、毛量や髪型によっては 均一に塗布することが難しいので、染まりやすいがムラになりやすいという特徴があります。 染まりにくい髪質の方は、乳液タイプを選ぶと良いでしょう。 泡タイプ 出典: 泡タイプのヘアカラーの一番の特徴は、 簡単にムラなく塗ることができるという点です。 しかし、染まりにくい髪質には向きません。 不器用さんで髪が染まりにくくない方は、泡タイプを選ぶと良いでしょう。 明るさ(トーン)を選ぶ 出典: ヘアカラーには明るさが記載されています。 数字で記載されているものは、地毛が5トーンくらいです。 地毛が少し明るくなる程度は、8トーンでこげ茶という感じです。 カラーチャートという表で明るい、暗いとざっくりとしか書かれていないものもあります。 その時は、仕上がり写真で判断するようにしてください。 もしそれでも判断できないようであれば、 求める明るさよりも気持ち暗めのカラー剤を選ぶのがおすすめ。 なぜなら、思っていたよりも明るい仕上がりになってしまった場合より、暗めに仕上がる方が大きな失敗にはならないからです。 失敗しない選び方は、求める明るさよりも気持ち暗めのカラー剤を選ぶこと。 色を選ぶ ヘアカラーの色を選ぶ時は、茶色系(ブラウン)、寒色系(アッシュ)、暖色系(レッド)でどれが良いのかを決めましょう。 茶色の場合は、明るくなるとベージュ、暗めだとブラウン。 寒色系の場合は、アッシュ、グレー(灰色)やオリーブ(緑)。 暖色系は、レッドやピンク、オレンジなどです。 この中から好きな色を選びましょう。 グレージュなどの色味は、グレー+ベージュという色の組み合わせ、ピンクアッシュは、ピンク+アッシュの組み合わせといった感じの意味合いで使われます。 量を確認する 出典: どの程度の量が入っているかを確認してから購入しましょう。 髪の長さや毛量に合わせて、 適量のヘアカラーを購入しておかなければ、塗っている途中で足りなくなるという失敗が起こります。 髪の量が多い人は必ず多めに購入しておきましょう。 トリートメントは付いているか 出典: ヘアカラーにトリートメントが付いてくるのかを必ず確認しましょう。 ほとんどのヘアカラーは、トリートメントが入っていると思いますが、もし入っていなければ必ず用意しておきましょう。 セルフカラーの後に、トリートメントをしないと 色の持ちが悪くなるだけでなく、 髪がダメージする原因にもなります。 必ずトリートメントをするようにしてください。 市販のセルフカラーおすすめ人気ランキング10選 10位:フレッシュライト ミルキーヘアカラー.

次の

【徹底比較】市販セルフヘアカラーのおすすめ人気ランキング11選

セルフ ヘア カラー おすすめ

市販のセルフヘアカラーで傷んでしまう原因は? 美容院で染める場合と、セルフヘアカラーで染める場合だと、痛みの違いは成分に大きく作用されます。 特にヘアカラー剤の• 過酸化水素水の濃度• アンモニアの成分が入ってるか• 放置する時間を厳守してるか この部分は注意しておきたいポイントです。 どういう成分なら痛みにくいのか 過酸化水素水の濃度が低ければ低いほど髪へのダメージは低いのですが、その分、髪への浸透力が弱まります。 逆に、美容院などで使用されるカラー剤と同じようにアンモニア水の成分が入っているものは、髪のダメージを逃してくれるので、 市販のヘアカラー剤はアンモニア水の成分が入っているものを選ぶといいでしょう。 セルフヘアカラー前後の違いもポイント ブリーチ剤で無理な脱色をしてカラーができる髪の状態なのか? また、カラー剤の放置時間を記載されてる以上に放置されていないか?なども髪の痛みを気にするべきポイントではあります。 また、ヘアカラー後にしっかりと洗い流してケアをしているか?も大きなポイントです。 ヘアマニュキアの方が痛みは少ないが ヘアマニュキアの方が、髪の表面に付着するものになるので、ダメージは低いです。 ただし、ヘアカラーとしての寿命が短いところがデメリットではあります。 ムラのないセルフヘアカラーは結局泡? 初心者でもムラなく綺麗に染めたい場合は、泡カラーを選択するのが無難でしょう。 しかし、 液体のものよりも染まりにくい性質がありますので注意しましょう。 しっかりとした色味を出したいなら乳液タイプを選択 液体をブラシで塗るタイプの方が、染まりやすい性質がありますので、自分で綺麗に塗るコツがあるのであれば、液体タイプの方が色味を出しやすいです。 綺麗にセルフヘアカラーを仕上げたいなら ヘアカラー前の前準備をしっかりとすることをオススメします! 市販のカラー剤に記載されている方法をきちんと読んで実行する方が無難でしょう。

次の

派手髪カラフル!ヘアマニキュアおすすめ人気ランキング♡赤・ピンク・青・紫でも美容院クオリティー

セルフ ヘア カラー おすすめ

流行りのベージュ系の髪色はどれ?モノシルおすすめ!• 大本命は透明感ある 『グレージュ』 特徴:グレーとベージュをミックスしたカラー 仕上がり:暗いイメージのグレーにベージュが加わることで、ツヤ感がアップして秋っぽさが出ます!• 白肌さんに似合う 『オレンジベージュ』 特徴:やや奇抜なオレンジカラーにナチュラルなベージュを加えたカラー 仕上がり:色白さんの透明感を引き立て、流行りの韓国メイクとの相性もバッチリです! これら大人気のベージュカラーを取り入れて、最新のヘアカラーを手に入れましょう! パーソナルカラーを活かせる髪色を選ぶ 「今の雰囲気を変えたいけど、どのカラーが良いか分からない…」 そんな人は、 "あなたのパーソナルカラー(イエベ・ブルベ)に合わせて髪色を選ぶ"のがおすすめです! 髪色を "暗めにしたいか"あるいは "明るめにしたいか"を決めた上で、以下の通り選びましょう。 2 ヘアカラーのタイプで選ぶ ヘアカラーには3種類のタイプがあるので、 特徴に合わせてあなたに合う商品を選びましょう! タイプによって "染めやすさ"や "使いやすさ"が異なりますよ。 以下の表をみて、あなたにおすすめのヘアカラータイプの目星をつけてみましょう! 泡タイプ 乳液タイプ クリームタイプ 特徴 泡を髪につけるだけで簡単に染められる 全体に伸ばしやすく、色ムラが出にくい 乳液よりも固めなので、髪への密着力が高く、しっかりと発色させやすい 注意点 しっかり泡立てないと、密着せず染まりにくい 液状でやわらかいため、垂れやすい 伸びづらく扱いにくいため、1人で使うとムラが出やすい おすすめな人 ヘアカラーを使い慣れていない人 毛量が多い人や髪が長い人 しっかりと発色させたい人やセルフカラー経験者 3 明るさ(トーン)に注目してヘアカラーを選ぶ ヘアカラーの色味やタイプが決まったら "どれくらい明るくするか"を考えて選びましょう! カラーの明るさを表す単位として『トーン』が使われており、一般的に 4トーンから16トーンの域がカラーリングで使われます。 数字が 大きくなるにつれて明るくなるので、イメージしやすいように以下にまとめてみました! ヘアカラーの明るさ(トーン)と選ぶ目安は?• 4トーン〜6トーン 明るさ:地毛として違和感なく受け入れられる明るさ 目安:就職活動やアルバイトなど、髪色でマイナスイメージを与えたくなければ、このくらいのトーンが良い• 7トーン〜9トーン 明るさ:適度なヘアカラーの明るさ。 一般的なブラウン 目安:規定が厳しくない職場であれば、問題なく使える• 10トーン〜16トーン 明るさ:かなり明るめのトーン。 商品のパッケージ等でしっかりと明るさ(トーン)を見てから選びましょう。 4 パッケージで容量を確認して選ぶ ヘアカラーは、製品の内容量もしっかりチェックしたうえで選びましょう! 一般的には、 1箱(1剤40〜50g・2剤40〜50g)でセミロングヘア(髪につく程度)まで染められます。 これよりも髪が長い人や、毛量が多い人は、一箱では足りず可能性があるので、2箱買うようにしましょう! 参考:カラー剤の1剤・2剤とは?• 1剤 髪の毛に色を入れる効果があります。 明るめ〜暗め、赤みや黄色みなど、髪色を左右するもので、さまざまな種類があります。 2剤 元々の髪の色を抜く作用があります。 濃度の違いはありますが、基本的には1種類で、1剤によって使い分ける必要もありません。 基本的には、1剤と2剤の量は割合は1対1で問題ありませんよ! モノシル選定!人気のヘアカラー40商品を比較・調査! モノシルでは購入した全40商品に対して、紹介した選び方を含む "4つの調査項目"で細かいチェックをしました。 さらに、正確な評価をするため、専用の機器を使った実験もおこなってヘアカラーを比較・調査しましたよ!• 明るめ• やや明るめ• やや暗め• 暗め カラー展開数 22色 総合評価 4. 明るめ• やや明るめ• やや暗め• 暗め カラー展開数 10色 総合評価 4. と思わせるほど、ハイクオリティな仕上がりでしたよ! なお、説明書にある "ブロッキング"や "乳化"をきちんと行うと、ムラなくキレイに染まります!• 明るめ• やや明るめ• やや暗め• 暗め カラー展開数 22色 総合評価 4. 38 染まりやすさ S 色持ちのよさ A 髪の傷みにくさ B 塗りやすさ S サロンで染めたような、透明感のあるうるおいカラーに! きめ細かい泡で髪がムラなく染まる、『Liese リーゼ 』の泡カラーシリーズ。 明るめ• やや明るめ• やや暗め• 暗め カラー展開数 10色 総合評価 4. 明るめ• やや明るめ• やや暗め• 暗め カラー展開数 5色 総合評価 3. 明るめ• やや明るめ• やや暗め• 暗め カラー展開数 18色 総合評価 3. 付属のアフタートリートメントを使うときは、なじませる時間を長めにした方がベターです!• 明るめ• やや明るめ• やや暗め• 暗め カラー展開数 10色 総合評価 3. 明るめ• やや明るめ• やや暗め• 暗め カラー展開数 7色 総合評価 4. 明るめ• やや明るめ• やや暗め• 暗め カラー展開数 10色 総合評価 3. 明るめ• やや明るめ• やや暗め• 暗め カラー展開数 3色 総合評価 3. 明るめ• やや明るめ• やや暗め• 暗め カラー展開数 7色 総合評価 3. カラーリング後は、市販のアフターカラートリートメントでしっかりコーティングすると色持ちがUPしますよ。

次の