ジャン グラミング。 チームジャング

園歌と歴史

ジャン グラミング

グラミンカとは? 峰山高原リゾート「ホワイトピーク」の麓、閑静な集落の高台にある「グラミンカ」は、 古民家の良さを残しつつ、グランピング要素をプラスした一棟貸しの宿。 「普段の生活の中で思い描く『憧れ』を散りばめた古民家宿」がコンセプトで、日常では体験できないようなことをして、すてきな時間を過ごすことができます。 メインルーム「天空の間」から眺める絶景 中に入るとまず目に飛び込むのが、メインルーム「天空の間」の大きな窓からのぞく圧巻の風景。 雄大な自然を眺めていると、普段よりもゆっくりと時間が流れているように感じられ、まったり、のんびりと過ごせます。 窓の前にはウッドテーブルやソファ 現在作成中 を用意。 昼は山の景色を、夜は満天の星を望むことができるので、なかには一日中窓の前から離れないという人もいるそう。 スタッフ おすすめの時間帯は朝。 淹れたてのコーヒーの味が格別なものになるのだとか。 囲炉裏を囲んで夕食を 夕食では、ニジマスやシイタケなど神河町でとれた食材を囲炉裏でじっくりと焼いて味わえます。 土鍋で炊き上げるご飯は、お米の甘みがしっかりと引き出されていて、ふっくらとした食感。 食事の後片付けはスタッフにお任せを。 家事や仕事を頑張る人がここではゆっくりとくつろげるようにと、スタッフがサービスで行っています。 常設の野外バーベキュー場も 常設の野外バーベキュー場では、 持ち込んだ食材でバーベキューをすることができます。 たき火台も設置しているので、ゆらゆらと揺れる炎を見ながら、家族や友人と語らうのもいいかも。 ボーっと眺めているだけでもリラックスできそうですね。 また、室内には広々としたアイランドキッチンも。 みんなでワイワイと楽しく料理を作れます。 食器類は自由に使用OK。 大、小2つの風呂釜があるので、複数人で入ることも可能。 昔の人の生活に思いを馳せながら1日の疲れを癒やしてみては。 体が温まったら寝室へ。 「ホタルの間」 6畳 、「ススキの間」 6畳 、「サクラの間」 8畳 の3室を用意しています。 神河町は、夏になるとホタルが飛び交い、秋には砥峰高原のススキが黄金色に輝き、これからの季節は「桜華園」のサクラが見頃を迎えます。 各部屋の名前は、自然豊かな神河を象徴するものから名付けられています。 SNSで情報を発信すると朝食サービス 滞在中に「グラミンカ」での様子をSNSで発信するか、アンケートに答えると、 無料で朝食が付きます。 周辺のおすすめ観光スポット 姫路城 グラミンカ周辺には、2017年12月にオープンした峰山高原リゾート「ホワイトピーク」や約90ヘクタールにススキの草原が広がる西日本でも有数の「砥峰高原」などの観光スポットも。 竹田城跡 また、姫路市と朝来市の中間にあることから、姫路城を訪れた後、「グラミンカ」で一泊して、翌日は竹田城跡を満喫するプランもおすすめです。 内容は2018年3月6日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

次の

安田式体育遊び研究所とは

ジャン グラミング

ノーベル賞受賞したマイクロファイナンス機関 グラミン銀行は1983年、ムハマド・ユヌス氏がバングラデシュで創業した。 これまで金融サービスを受けられなかった、貧しい農民に少額融資を行い、生計の向上を支援する事業を始めた。 グラミン銀行のウェブサイトによれば、グラミンのマイクロファイナンス手法はいま、アメリカやカナダ、フランスといった先進国を含め世界58カ国に広がっているという。 ユヌス氏とグラミン銀行は2006年、ノーベル平和賞を受賞。 グラミン銀行のような少額融資を行う機関は、マイクロファイナンス機関と呼ばれている。 グラミン・アメリカが活動を始めたのは2008年のことだ。 金融サービスを受けられない人たちを対象に、貧困からの脱出を支援する。 財務官僚として、アフリカ開発銀行の理事、世界銀行の日本政府代表理事などを務めてきた菅さんは、グラミン・アメリカのモデルを日本に持ち込みたいと考え、2014年7月には著書『構想 グラミン日本』も出版している。 グラミン日本の設立準備を進める菅正広さん。 撮影:小島寛明 無担保でも貸し倒れが起きにくい仕組み グラミンの融資モデルには特徴がある。 とくに、無担保でもきちんと返済を続けてもらうため、さまざまな工夫が凝らされている。 融資を受けたい人は、5人1組の互助グループをつくる。 最初に、5人のうち2人が融資を受け、最初の2人の返済状況によって、残りの3人が融資を受けられるかが決まる。 この仕組みにより、5人の中で交流が生まれ、それぞれが事業や仕事に意欲を持って取り組み、励ましあって返済を続けていく関係が生まれる。 グループ内で返済できない人が出ても、他の人が返済する「連帯保証」の責任は負わない。 融資額の上限は少額からスタートし、返済がスムーズに続けば、融資可能額は徐々に引き上げられる。 グラミン日本では、上限20万円からのスタートを想定している。 融資を受ける際には事前に、お金との付き合い方、家計の見直し方などを学んでもらう勉強会への出席が義務付けられる。 融資を受けている間は週ごとに少額の返済を続け、毎週のミーティングへの参加が求められる。 融資の対象者は主に、貧困ライン以下で生活する人たちで、働く意欲、能力がある人。 「例えば、障がいのある人は働く能力がないと考えられがちだが、数学的な能力が高いとか、決まった作業を繰り返すのが得意とか、それぞれに特性がある。 そういった特性も大事にしていく」(菅さん)という。 小さな事業を始める、副業を始める、フリーランスとして自分で仕事を請け負う、就職に備えて学校で勉強するなど、所得を生む取り組みが融資の対象となる。 一方で、生活の資金には融資しない。 人間は簡単に貧困に陥ってしまう 日本ではシングルマザーの世帯を中心に、ひとり親世帯の貧困が深刻だ。 厚生労働省が実施した国民生活基礎調査では、貧困層の割合を把握する指標として可処分所得を採用しており、2015年の日本の貧困ラインは122万円。 相対貧困率は15. 6%となっている。 大人が1人の世帯については、2015年の調査で50. 1985年以降、ひとり親世帯の過半が貧困ラインを下回る状況は続いている。 菅さんは「生きていれば、配偶者との離別、死別、事故や病気などさまざまなアクシデントが起こる。 ちょっとしたことが重なれば、人間は弱いから簡単に貧困に陥ってしまう。 だから、貧困を自分の問題として捉える必要がある」と話す。 グラミン・アメリカも、女性の支援に力を入れている。 グラミン・アメリカによれば、10年間で約9万5千人を対象に、7. 6億ドルの融資実績を重ね、9万9750件の雇用を創出したという。 グラミン・アメリカで融資を受けた人が始めた屋台。 提供:菅正広さん 2017年2月、ユヌス氏が来日した際に、グラミン日本の設立について合意。 8月には、一般社団法人グラミン日本準備機構を設立した。 現在、7億円を目標に出資を募っている。 2018年夏の事業開始後、5年で黒字化を目指す。 日本で、貧困ラインを下回る水準で暮らす人が、20万円からはじめる少額融資をきっかけに、どうすれば持続可能な生業を持ち、暮らしていくことができるのか ——。 制度を設計するうえで議論すべき課題は多い。 菅さんは、就労支援・生活支援などの分野で活動するさまざまな団体と協業することで、実現したいと考えている。 「生活は困窮していても前向きに生きる人たちを、どう支えていくか。 日本の実態に合った仕組みを模索していく」 (文・小島寛明).

次の

園歌と歴史

ジャン グラミング

歴史 [ ] グラミン銀行の起源はチッタゴン大学教授であったムハマド・ユヌスが銀行サービスの提供を農村の貧困者に拡大し、融資システムを構築するための可能性について調査プロジェクトを立ち上げたことにさかのぼることができる。 銀行の創設者であるムハマド・ユヌスは、ので経済博士号を取得した。 1974年、バングラデシュで飢饉があった際、ユヌスは42の家族に総額27という小額の融資をした。 それは高金利のによる圧迫で、売り物のための小額の支出にも金貸しに頼らざるを得ないという負担を無くすためである。 ユヌスは、そのような(金利は年率20%近く、複利ではなく単利である。 利子の総額は元本を上回ることがない。 )小額融資を多くの人が利用できるようにすることで、バングラデシュのにはびこる貧困に対して良い影響を及ぼせると考えた。 グラミン銀行総裁、ムハマド・ユヌス ユヌスとにあるバングラデシュ大学の地方経済プロジェクト、貧困者向けの金融サービス拡大理論の実証調査として銀行は始められた。 1976年に、ジョブラ村を代表とする大学周辺の村が、グラミン銀行からサービスを受ける最初の地域となった。 銀行は成功し、プロジェクトはバングラデシュ中央銀行の支援もあって首都ダッカの北方にあるタンガイル県でも1979年に始められた。 銀行の成功は続き、バングラデシュの各地に広がるのにそれほど時間を必要としなかった。 1983年10月2日のバングラデシュの政令によって、プロジェクトは独立銀行になった。 1998年のバングラデシュ洪水で同行の返済率は打撃を被ったが、システムの改良によってその後数年のうちに回復した。 銀行は今日全域に拡大し続け、農村の貧困者に小規模ローンを提供している。 その成功を受け、40カ国以上で類似のプロジェクトがなされるようになり、世界銀行がグラミンタイプの金融計画を主導するようになった。 銀行は複数のドナーから資金提供を受けていたが、主要な提供者は時間とともに変化した。 初期には、非常に低い利率でドナー機関から資本の大半を提供されていた。 1990年代半ばには、バングラデシュ中央銀行から資本の大部分を得るようになった。 最近は、資金調達のために債券を発行している。 債券はバングラデシュ政府より保証、援助されているが、なお公定歩合を上回った利率で売られている。 グラミン銀行の特徴はそれが銀行の貧しい借り手によって所有されることである。 そのほとんどはである。 2009年5月現在、銀行の借り手は787万を越え、2003年の312万人から2倍以上となった。 その内97%が女性である。 銀行の成長は、カバーする村の数でも確認できる。 2009年5月現在、銀行のがある村は2003年の43,681村から、84,388村まで増え、2,556の支店に23,445人以上の従業員がいる。 銀行は総額約4515億8000万(約80億7000万ドル)を貸付、約4016億タカ(約71億6000万ドル)は返済されている。 2011年3月2日、バングラデシュ中央銀行は、銀行創設者であるムハマド・ユヌス総裁を解任したことを発表した が、権限がない為に、2016年現在も彼は総裁である(辞任もしていない)。 2018年(平成30年)には、日本ののとグラミン銀行のでのムハマド・ユヌスとの共同出資でとを減らす為のの会社()の yySA が創立をした。 2018年(平成30年)3月28日にはムハマド・ユヌス総裁が来日して吉本興業とのマイクロクレジットの事業を行うように協力をした。 他にムハマド・ユヌス総裁に似たキャラクター・が登場している。 システム [ ] 16の決意• 私たちはグラミン銀行の4つの原則に従い、私たちの人生のあらゆる歩みの中でこれを推進する:規律、団結、勇気、そして勤勉。 繁栄は家族のために。 私たちはあばら家には住まない。 まず第一に家を修繕し、新しい家を作るために働く。 私たちは一年を通して野菜をつくる。 私たちはそれらを豊富に食べ、余った分を売る。 私たちは耕作期にはなるべく多くの種をまく。 私たちは家族を増やしすぎないように計画する。 支出をおさえ、健康に気を遣う。 私たちは子供たちを教育し、子供たちの教育費を払えるよう保証する。 私たちはつねに子供と周囲の環境を清潔に保つ。 私たちは穴を掘ったトイレ pit-latrine をつくり、使う。 私たちは筒井戸から水を飲む。 もし井戸がない場合は、水を沸かすかを使う。 私たちは息子の結婚式で持参金をもらわず、娘の結婚式にも持参金を持っていかない。 私たちのグループは持参金の呪いから距離をおく。 私たちは幼年での婚姻をさせない。 私たちは不正なことをせず、また他人に不正なこともさせない。 私たちはより多くの収入を得るため、共同で大きな投資をする。 私たちはつねにお互いに助け合えるよう用意する。 もし誰かに困難があれば、私たちは全員で彼または彼女を助ける。 もしどこかのグループが破綻しそうだとわかったときは、私たちはそこへいって回復を手助けする。 私たちはすべての社会活動に共同で加わる。 グラミン銀行では、貧困層向けに事業資金を融資し、の質の向上を促す活動を行っている。 バングラデシュにおいては「16の決意」と呼ばれる価値観を広めている。 グラミン銀行の全ての支店で借り手は16の決意を暗唱し、守ることを誓う。 その結果、借り手は良い社会習慣を受け入れるようになる。 16の決意を採用するようになってから、ほとんど全ての借り手が学齢に達した子どもを入学させるようになった。 このような行動は社会の変化を促し、次世代の教育にもつながっている。 メンバーになるには、土地無しか、0. 5(2,023. 42821)未満の耕作地しかもっていないことが条件である。 銀行は顧客に対しを求めない代わりに、顧客5人による互助グループをつくることが条件として求められる。 これは、それぞれが他の4人のを助ける義務があるが、連帯責任や連帯保証ではなく、他のメンバーに本人に代わっての支払いのは生じない仕組みである。 しかし、実際にはしばしばグループのメンバーが返済できないメンバーの肩代わりをすることがある。 銀行はそのような行動をを重ねることの無いよう方針として是認している。 銀行と借り手の間には法的な文書のはなく、システムは信頼を基礎として機能している。 融資以外にも不慮の出来事が起こることに備え、緊急基金やグループ基金の形で定期的にすることをメンバーに求めている。 得られた利益の全額が時のためのにまわされる。 大規模商業銀行では女性が融資を受けることができず、グラミン銀行が女性に焦点を当てているため、借り手の97%が女性である。 グラミン銀行は、5000万人近くのバングラデシュの顧客の半数以上がから脱出し、学齢期の子どもは全て学校に通い、全ての世帯が一日三回食事をし、清潔な水を飲み、衛生的なトイレと雨漏りしない家を持ち、ローンを週に300タカ返せるようになっていると主張している。 ノーベル平和賞 [ ] グラミン銀行はバングラデシュ独立記念日賞をはじめとする多くの賞を受賞しているが、最も大きな業績は2006年10月13日にあった。 グラミン銀行と創設者のムハマド・ユヌスに2006年のノーベル平和賞が与えられた。 受賞理由は「底辺からの経済的および社会的発展の創造に対する努力」である。 グラミン銀行は、世界中で次々に生まれてきたマイクロクレジット分野の多くの組織のアイデアと事業モデルの源になっている。 代表としてモサマト・タスリマ・ベグム(92年に銀行からヤギを買うための約20ドルを借り、その後成功して取締役の1人となった)がで賞を受け取った。 グラミン銀行は、ノーベル平和賞を受賞した唯一のとなった。 の議長のオーレ・ダンボルト・ミョース教授は、グラミン銀行とムハマド・ユヌスに賞を与えることによって、世界との対話に関して、女性の見方に関して、そして、貧困との戦いに関して注意を向けることを望むと言及している。 ノーベル賞発表は、バングラデシュで熱狂とともに祝われた。 一部の批評家は、賞がを支持していると主張した。 評価及び問題点 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2008年1月) 世界銀行の研究ではマイクロクレジットは女性が財産の管理をすることでを持ち、意思決定能力が向上すると結論付けられたが、一部の経済学者からはマイクロクレジットと女性のエンパワーメントに直接の関係はないとする説もでている。 低金利融資とはいえ、は年率20%近くであり日本における系(が撤廃された場合の最大年率20%)と数値的には大差がないように見える。 しかしながらバングラデシュにおける貧困層向けの金利は年率100%、200%とも言われており、バングラデシュの(10. 3%(2005年度))を考えると低く抑えているといえる(の0. 6%(2006年度)、0. 8%(2007年度見通し))。 また、商業銀行とは違いグラミン銀行のローンはではなくである。 利子の総額は元本を上回ることがない。 戦うメンバープログラム [ ] 今までグラミン銀行は特徴であるグループ貸付によって、など社会から排除された貧困層をカバーできていない点を指摘する声があった。 2003年に、グラミン銀行は新しいプログラムを始めた。 それは伝統的なグループ貸付の手法ではなく、バングラデシュの乞食のみを対象としたものである。 このプログラムは今までよりも小規模なローンを乞食に貸し付ける。 既存のルールは適用されず、ローンは完全に無利子である。 返済期間は任意で長く設定できる。 さらに、借り手は無料でに入ることができる。 銀行は、借り手に物乞いをやめるよう強制しない。 借り手はを付けることで、グラミン銀行から融資を受けていることをアピールする。 ユヌスは著書でおよそ10万人以上が9500万タカを借り、6300万タカが返済されていると主張している。 一般社団法人・グラミン日本 [ ] ()9月18日に「・」を創立をした。 「貧困のない、誰もが活き活きと生きられる社会へ」の為に作られたマイクロクレジットの団体。 脚注 [ ]• Grameen Bank. 2017年9月10日閲覧。 Grameen Bank. 2011年9月10日閲覧。 Grameen Bank. 2011年9月10日閲覧。 Anand Giridharas and Keith Bradsher 2006年10月13日. 2006年10月13日閲覧。 Rahman, Aminur 2001. Women and Microcredit in Rural Bangladesh: Anthropological Study of Grameen Bank Lending. Boulder, Colorado: Westview Press. PDF. Journal of Development Economics Elsevier 60 1 : p 240. 2008年1月16日閲覧。. Grameen Communications 2009年. 2009年7月4日閲覧。 Sherraden, Margaret S. 1998. Community Economic Development and Social Work. Binghamton, New York: Haworth Press. 113—114. Ghista, Garda 2004年. ProutWorld. 2008年2月4日閲覧。 坪井ひろみ『グラミン銀行を知っていますか』東洋経済新報社、2006年、55頁。 Hossain, Mahabub 1988. Int Food Policy Res Inst IFPRI. 2008年1月16日閲覧。 Sinclair, Paul 2007年12月22日. One World One People. 2008年2月4日閲覧。 Khandker, Shahidur R. ; Baqui, M. 1995 [1995]. World Bank Publications. 2008年1月16日閲覧。 The Nobel Peace Prize for 2006 2006年10月13日. 2006年10月13日閲覧。 Agence France-Presse, Oslo 2006年12月11日. The Daily Star Bangladesh. Vol 5 Num 903. 2008年1月31日閲覧。 The Nobel Peace Prize for 2006. 2008年2月4日閲覧。 The Daily Star Bangladesh. 2006年10月15日. Vol 5 Num 850. 2008年2月4日閲覧。 ; Barker, Drucilla K. Pearl, Daniel; Phillips, Michael M. 2001年11月27日. The Wall Street Journal. 2008年2月4日閲覧。 佐藤寛『開発援助の社会学』世界思想社、2005年、164頁。 ムハマド・ユヌス『貧困のない世界を創る』猪熊弘子訳、早川書房、2008年、121頁。 関連項目 [ ]• (に創立した) 外部リンク [ ]• (英語) - 公式サイト• (英語) - 旧公式サイト• - 日本のグラミン銀行の一般社団法人の公式サイト•

次の