モンハン アイス ボーン クラッチ クロー。 【アイスボーン】クラッチクローでぼぼ確実にぶっ飛ばす方法!画像で記載しているので分かり易いと思います。

『モンハンワールド:アイスボーン』はどれを買えばいい? 違いや値段を解説するタイプ別購入ガイド

モンハン アイス ボーン クラッチ クロー

クラッチ中に 「クラッチクロー」の使い方の一つとして「クラッチ中武器攻撃」があり、これはクラッチクローから武器攻撃へと派生できるアクションです。 この武器攻撃には、攻撃した部位の肉質を柔らかくする効果があり、攻撃も弾かれにくくなるため、硬い部位や部位破壊を狙う場合に有効です。 また、「クラッチ中武器攻撃」には武器種ごとに異なる特殊効果もあります。 詳しくは下記をご覧ください。 ダメージを与えやすくなるチャンスがより生み出せるだろう。 また、わずかだがモンスターに傷をつける効果もある。 ぶっ飛ばしたモンスターが壁や障害物にぶつかるとダウンを取ることができます。 同時にぶつけた部位へダメージを与えたり、傷がついている部位に対してさらに追加のダメージを与えたりと効果が豊富です。 装衣を着てから使うと成功しやすい 「不動の装衣」は、一定時間ダメージのリアクションが無くなる装衣です。 「クラッチクロー」中にモンスターが暴れて振りほどかれる事例が多いため、成功させたい時は「不動の装衣」や「転身の装衣」を予め装備しておきましょう。 また、ボタン入力からの反応遅延がある為、トレーニングエリアなどで練習しておきましょう。 攻略ガイド• イベント情報• HOT• HOT• 装備情報• おすすめ・最強装備• その他の装備情報• スキル情報• モンスター情報• 新モンスター攻略• クエスト情報• ストーリー進行• 素材・アイテム情報• マップ情報• アイスボーンマップ• MHWのマップ• ピックアップ情報•

次の

【MHWアイスボーン】トレーニングエリアの行き方と肉質【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハン アイス ボーン クラッチ クロー

クラッチクロー まずスリンガーは前作からもあったアクションで、武器をしまっている時にL2で構えてR2で「石ころ」や「投げナイフ」などを装着してスリンガー弾として発射できる武器です。 クラッチクローを大型モンスターに当てる事でしがみつく事ができ、そこから様々な攻撃を繰り出す事が可能です。 クラッチ中の基本とコマンド ・クラッチ中は常にスタミナが消費されていく スタミナが尽きるとクラッチが解除されて疲労状態になります。 武器攻撃に成功するとモンスターに傷をつけてその部分の肉質を柔らかくする事が可能です。 また、片手剣、双剣、太刀、ガンランス、操虫棍、弓、ライトボウガンは傷をつけにくいですが、武器攻撃後にスリンガー弾を落とさせる場合があり、これを利用してスリンガー弾を素早く補充する事もできます。 ただし、プレイしてみた感じだとクラッチ攻撃を繰り返すとスリンガー弾を落としにくくなるようです。 ・ 〇でクロー攻撃 頭部にクラッチ中にクロー攻撃を行ってモンスターの向きを変えられます。 怒り状態のモンスターには無効です。 また、クロー攻撃後はモンスターから降りません。 ・R2でスリンガー全弾発射 装備しているスリンガー弾を全て消費して 全弾発射する事ができます。 頭部にクラッチ中にヒットさせる事でモンスターを向いている方向にぶっ飛ばす事ができ、ぶっ飛ばしたモンスターが壁に当たった場合は転倒させる事が可能です。 こちらも怒り状態のモンスターには無効です。 クラッチクローは全武器種で使用可能で、 武器によってはクラッチクローを利用した新アクションが追加されています。 また、弓やライトボウガンなどでは抜刀中もスリンガー照準に切り替える事ができます。 クラッチ中に敵の突進などがあると逆にダメージを受けてしまうので注意が必要ですが、色々試した印象だとクラッチクロー自体はかなり便利だと思います。 私は過去作では大剣派でしたが、MHWからは弓を使用していて弓の新アクションではスリンガー弾を全て発射して強力な攻撃を行える「竜の千々矢」も追加されているため、アイスボーンからはスリンガー弾を集めるのが癖になりそうです。 意識すると石ころや木の実などのスリンガー弾はそこら辺で採取できるのでストレス無く集められそうですし。

次の

アイスボーン クラッチクローの使い方とぶっ飛ばし【モンハンワールド】

モンハン アイス ボーン クラッチ クロー

なお筆者は下手っぴなので変な部位に張り付いてしまいます クラッチクローの使用方法 基本的にはL2ボタンを押したまま、右スティックでモンスターに照準を合わせ、〇ボタンで使用します。 これにより、 いつでも好きなタイミングでモンスターに張り付くことが可能になりました。 また抜刀中でも使用できるため、コンボ攻撃に組み込むことができますが、モーションや使用方法は各武器によって異なります。 例えばランスなら、カウンター突きの構えからカウンタークローに派生といった感じですね。 モンスターに傷をつけて肉質を変化させよう クラッチクローで最も有効な点はズバリ、 モンスターの肉質の軟化にあります。 簡単に言えば、 狙った部位を柔らかくできるってことですね。 これにより攻撃がはじかれにくくなり、与えるダメージが上昇します。 上記の画像のように、軟化した部位のダメージ表記は四つの点で囲まれています。 効果は1分半ほど持続。 傷をつけるには? まず軟化させたい部位にクラッチクローを当てます。 武器によって傷のつけやすさは異なりますが、ランスの場合は2回ほど攻撃しただけで傷がつきました。 傷をつけやすい武器は下記の通り。 実際にバフバロの「角」で検証してみましょう。 少し見にくいですが、 傷をつける前は19ダメージです。 これではダメージ効率が悪いですよね。 そして角に傷をつけた後のダメージがこれです。 37ダメージ!約2倍ですね 笑 これはすごい・・・ 部位破壊にもかなり役立つと思います。 スリンガー全弾発射でモンスターをぶっ飛ばせ! クラッチクローでモンスターに張り付いている状態でR2ボタンを押すと、 モンスターが向いている方向に吹き飛ばすことが可能です。 スリンガーの弾を所持していることが条件ですが、 上手く壁に激突させることができればモンスターが転倒するので、大きな隙が作れます。 怒り状態のモンスターには効きません。 モンスターの向きをコントロールしよう まずクラッチクローでモンスターの頭部に張り付きます、その状態で〇ボタンでクロー攻撃。 これによりモンスターの向きをコントロールできます。 上手く壁の方に誘導できたら、スリンガー全弾発射で吹き飛ばし転倒させるチャンスです。 怒り状態のモンスターには効きません。 なかなか魅力的なクラッチクローですが、 必要以上に多用するとかえって討伐タイムが伸びてしまうかもしれませんね。 使い方次第ではありますが、 やはり肉質軟化が一番メリットが大きいと思いました。

次の