三国志 14 シナリオ。 三国志12攻略サイト シナリオ

「三國志14」,新機能「史実武将編集」と追加シナリオ「潼関の戦い」を含んだ追加DLC第2弾が3月19日に配信。10%オフセールがSteamで実施中

三国志 14 シナリオ

三国志ゲームの中でも大人気であるシナリオ 「三顧の礼・劉備上級プレイ」をしてみました。 宿敵・曹操との戦において負けを重ねてきた劉備。 旗揚げしてから早二十年と過ぎたが未だに自分の地盤を持たず劉表の下で居候のまま。 そんな劉備も齢が五十近くとなり、 もはや漢室忠興の夢さえ諦めかけていた頃のシナリオです。 その後、 臥龍・諸葛孔明を仲間に加えた劉備がこれから先で史実通りのような飛躍の時を迎える事が果たして出来るのであろうか・・・? それでは、早速プレイしていこうと思います。 その兵士数合わせて約 3万5千程。 対する劉備は、 1万しかおりません。 そこでまず最初にやるべき事は・・・。 後は、支援で劉封の 軍制改革(部隊・都市の士気上限が上昇)も選択すると尚良いですね。 募兵と訓練担当を決める 召募特性(募兵数が増える)を持つ劉封を募兵担当、 訓練特性(訓練度の上げ幅が増える)を持つ関平、もしくは陳到を訓練担当に任命します。 倒すのは曹仁から 関羽・張飛・趙雲にそれぞれ3千ずつの兵を持たせ魚鱗の陣形で統一します。 そして、 商陽(新野からやや左上)にある府まで出陣させて迎撃させます。 夏侯惇の出陣元である許昌は少し遠いので曹仁らを撃破した後に迎撃しても間に合います。 ちなみに、 かなりの確率で一騎打ちが発生するのでそれを利用してバンバン敵将を捕縛しつつ、敵の負傷兵を吸収していく事が重要となります。 是が非でも捕縛して味方に加えたい人材達。 曹操軍からおびただしい数の負傷兵を頂く事となりますからね。 ただ、 商人が中々訪れないのが新野という国。 なので普段からお金をあまり使わないように貯蓄(曹操からの捕虜返還なども利用)していって根気よく商人の到来を待ちましょう。 兵糧の購入が安いのは、7月の夏から秋にかけてです。 空白地 新野の割と近くに上庸と呼ばれる空白地がゲーム開始時にありますが、進出はほぼ不可能です。 曹操もしくは張魯がすぐに奪ってしまうので。 また、 同盟国である劉表の国をまたいで遥か遠くにある益州の永安なんかも空白地ですがそちらもほぼ不可能です。 よって、 空白地への進出や曹操から逃げる脱兎のような計画は諦めましょう! 三顧の礼イベントを起こす なんといっても一番の目玉となるのが 臥龍・諸葛亮との対面です。 劉備・関羽・張飛が出陣しているとイベントが発生しないのでイベントを起こす際は、 曹操からの進撃を防いだ後にしましょう。 「徐庶去る」というイベントもありますが、徐庶を残す事も可能ですし徐庶が残っても三顧の礼イベントを発生させる事は出来ますので特に心配は要りません。 というのは、このイベントを起こさないと 曹操の手が届いていない南方にある荊州への進出が難しくなるからです。 荊州の劉表とは同盟関係にあるので勢力の切り崩しが難しく、仮に劉表と敵対してしまうと南方にも強力な敵対勢力が発生してしまいますのでゲームを続行する事自体がほぼ不可能となってしまいます。 なので、 三顧の礼イベントを起こして諸葛亮を仲間に加える事が出来たら、荊州分裂イベントの発生条件である208年7月上旬以降までひたすら曹操からの進撃を防ぎ続ける必要があります。 そして、 無事荊州分裂イベントを起こす事が出来たら江夏の国を得る事ができ、襄陽が曹操の支配下、江陵が空白地となって南方への活路が開く事となるのです。 今回は、以上となります。

次の

『三國志14』史実武将を編集できる武将編集機能&追加シナリオ“潼関の戦い”が3月19日に配信。中国語音声追加などの無料アップデートも実施

三国志 14 シナリオ

三国志13攻略サイト シナリオ 三国志13の攻略サイト。 単なるデータ集とは一味違う実践的な攻略法を掲載。 シナリオ 各シナリオの概要をご紹介します。 無印版のシナリオ 184年2月「黄巾の乱」 張角を教祖とする黄巾族が漢王朝に対し反乱を起こした場面。 190年1月「反董卓連合」 皇帝を廃した董卓に対し、袁紹を中心とした諸国で連合を組んだ場面。 195年1月「群雄割拠」 董卓暗殺後のシナリオ。 曹操、呂布、劉備を中心とした戦いが始まる。 198年1月「呂布討伐戦」 初回封入特典 徐州を奪った呂布を曹操・劉備の連合軍が攻める。 200年2月「官渡の戦い」 曹操が中原を制した場面。 これから曹操と袁紹の戦いが始まる。 207年9月「三顧の礼」 曹操が袁家を滅亡させた場面。 次の戦場は劉備のいる荊州。 208年8月「赤壁の戦い」 初回封入特典 劉蒴を降伏させた曹操が劉備と孫権に狙いを定めた場面のシナリオ。 214年6月「益州平定」 劉備が蜀と荊州を治め、天下が三分された場面。 219年7月「軍神包囲網」 追加シナリオ 荊州の関羽に曹操と孫権が攻めかかる場面。 仮想シナリオ「英雄集結」 シナリオクリアで開放 時代を超えて、全ての武将が登場する仮想シナリオ。 仮想シナリオ「英雄十三傑」 初回封入特典 主要な13人の英雄が覇を競う仮想シナリオ。 仮想シナリオ「魔王帰還」 追加シナリオ 董卓が再起し、諸侯による反董卓連合が再結成される。 仮想シナリオ「漢室三分戦」 追加シナリオ 董卓暗殺の混乱時に献帝が落命し、3人が皇帝を自称する。 無印版の最初から入っているシナリオは6本です。 初回封入特典を期間後に追加する場合は有料で、1本につき286円+税がかかります。 パワーアップキットの追加シナリオ 195年7月「小覇王勇躍」 袁術に兵を借りた孫策が独立する場面のシナリオ。 211年7月「潼関の戦い」 馬騰を殺された馬超が曹操に復讐戦を挑む場面のシナリオ。 223年「五路侵攻戦」 初回封入特典 劉備の死後、各国が蜀に攻め入る場面のシナリオ。 227年1月「出師の表」 諸葛亮が北伐を決行する場面のシナリオ。 仮想シナリオ「華容道の変」 赤壁の戦いで曹操が死亡した場合を想定した仮想シナリオ。 仮想シナリオ「姜維北伐」 初回封入特典 諸葛亮の死後に姜維が北伐を開始する仮想シナリオ。 仮想シナリオ「四夷六国」 初回封入特典 漢民族と異民族が戦う仮想シナリオ。 漢民族の君主は劉備。 最近の三国志シリーズには遅い年代がなかったのですが、三国志13パワーアップキットには遅い年代も登場します。 個人的には、諸葛亮没後のシナリオも用意して欲しいです。 withパワーアップキットにないシナリオ 198年1月「呂布討伐戦」 徐州を奪った呂布を曹操・劉備の連合軍が攻める。 208年8月「赤壁の戦い」 劉蒴を降伏させた曹操が劉備と孫権に狙いを定めた場面のシナリオ。 219年7月「軍神包囲網」 追加シナリオ 荊州の関羽に曹操と孫権が攻めかかる場面。 仮想シナリオ「英雄十三傑」 主要な13人の英雄が覇を競う仮想シナリオ。 仮想シナリオ「魔王帰還」 董卓が再起し、諸侯による反董卓連合が再結成される。 仮想シナリオ「漢室三分戦」 董卓暗殺の混乱時に献帝が落命し、3人が皇帝を自称する。 三国志13無印版の追加シナリオは、三国志13 with パワーアップキットを買っても入っていません。 三国志13無印版を購入し、その時にダウンロードしたシナリオは、三国志13 with パワーアップキットでも無料でダウンロードし直すことができます。 「軍神包囲網」は追加シナリオとして再配信されました。

次の

三国志12攻略サイト シナリオ

三国志 14 シナリオ

三国志13攻略サイト シナリオ 三国志13の攻略サイト。 単なるデータ集とは一味違う実践的な攻略法を掲載。 シナリオ 各シナリオの概要をご紹介します。 無印版のシナリオ 184年2月「黄巾の乱」 張角を教祖とする黄巾族が漢王朝に対し反乱を起こした場面。 190年1月「反董卓連合」 皇帝を廃した董卓に対し、袁紹を中心とした諸国で連合を組んだ場面。 195年1月「群雄割拠」 董卓暗殺後のシナリオ。 曹操、呂布、劉備を中心とした戦いが始まる。 198年1月「呂布討伐戦」 初回封入特典 徐州を奪った呂布を曹操・劉備の連合軍が攻める。 200年2月「官渡の戦い」 曹操が中原を制した場面。 これから曹操と袁紹の戦いが始まる。 207年9月「三顧の礼」 曹操が袁家を滅亡させた場面。 次の戦場は劉備のいる荊州。 208年8月「赤壁の戦い」 初回封入特典 劉蒴を降伏させた曹操が劉備と孫権に狙いを定めた場面のシナリオ。 214年6月「益州平定」 劉備が蜀と荊州を治め、天下が三分された場面。 219年7月「軍神包囲網」 追加シナリオ 荊州の関羽に曹操と孫権が攻めかかる場面。 仮想シナリオ「英雄集結」 シナリオクリアで開放 時代を超えて、全ての武将が登場する仮想シナリオ。 仮想シナリオ「英雄十三傑」 初回封入特典 主要な13人の英雄が覇を競う仮想シナリオ。 仮想シナリオ「魔王帰還」 追加シナリオ 董卓が再起し、諸侯による反董卓連合が再結成される。 仮想シナリオ「漢室三分戦」 追加シナリオ 董卓暗殺の混乱時に献帝が落命し、3人が皇帝を自称する。 無印版の最初から入っているシナリオは6本です。 初回封入特典を期間後に追加する場合は有料で、1本につき286円+税がかかります。 パワーアップキットの追加シナリオ 195年7月「小覇王勇躍」 袁術に兵を借りた孫策が独立する場面のシナリオ。 211年7月「潼関の戦い」 馬騰を殺された馬超が曹操に復讐戦を挑む場面のシナリオ。 223年「五路侵攻戦」 初回封入特典 劉備の死後、各国が蜀に攻め入る場面のシナリオ。 227年1月「出師の表」 諸葛亮が北伐を決行する場面のシナリオ。 仮想シナリオ「華容道の変」 赤壁の戦いで曹操が死亡した場合を想定した仮想シナリオ。 仮想シナリオ「姜維北伐」 初回封入特典 諸葛亮の死後に姜維が北伐を開始する仮想シナリオ。 仮想シナリオ「四夷六国」 初回封入特典 漢民族と異民族が戦う仮想シナリオ。 漢民族の君主は劉備。 最近の三国志シリーズには遅い年代がなかったのですが、三国志13パワーアップキットには遅い年代も登場します。 個人的には、諸葛亮没後のシナリオも用意して欲しいです。 withパワーアップキットにないシナリオ 198年1月「呂布討伐戦」 徐州を奪った呂布を曹操・劉備の連合軍が攻める。 208年8月「赤壁の戦い」 劉蒴を降伏させた曹操が劉備と孫権に狙いを定めた場面のシナリオ。 219年7月「軍神包囲網」 追加シナリオ 荊州の関羽に曹操と孫権が攻めかかる場面。 仮想シナリオ「英雄十三傑」 主要な13人の英雄が覇を競う仮想シナリオ。 仮想シナリオ「魔王帰還」 董卓が再起し、諸侯による反董卓連合が再結成される。 仮想シナリオ「漢室三分戦」 董卓暗殺の混乱時に献帝が落命し、3人が皇帝を自称する。 三国志13無印版の追加シナリオは、三国志13 with パワーアップキットを買っても入っていません。 三国志13無印版を購入し、その時にダウンロードしたシナリオは、三国志13 with パワーアップキットでも無料でダウンロードし直すことができます。 「軍神包囲網」は追加シナリオとして再配信されました。

次の