さんちゃんのブログ。 はっちゃん日記

ミランダかあちゃんのスタイルレシピ・大人カジュアルとリメイク

さんちゃんのブログ

ここのところ私のブログに登場する機会が増えていますよね。 エレスタビシリーズの中での静電気除去抑制性能がずば抜けて良いんです。 静電気が悪さをする一番は、流体に影響を及ぼすというところです。 空気を管壁に引き寄せ境界層を作り、流れが悪い層を作るというという事ですね。 概ね、管断面積の20%が境界層です。 8で100%層流時と同じになるのです。 エアファンネルの最大口径と長さ、翼弦形状で内径の流量よりどれだけ多くの流量が得られるのかがコントロールできます。 ですからエアファンネル以降のパイプ部分でどれだけの境界層を抑える事がができるかが、充填される気体量に反映されてきます。 ビッグスロットルの加工云々というのがありますが、約6mm分の口径を境界層の生成で無駄にしているのです。 耐用期間は1年~2年です。 その症状とは・・・ エアコンON時やライト点灯時に、ミスファイアが発生して運転中にギクシャクしてしまうという症状。 特に中間的な加速時にその症状が出ると不快極まりないんですよね。 車速コントロールもやりづらいですしね。 一昨年、その症状に悩まされていて(当時のはもっと酷かった)最初はISCV(アイドルスピードコントロールバルブ)の異常と思い、その方向だけからしか対処法を考える事が出来なかったんです。 そして、ある時プラグコードを抜いた時に解った事。 プラグホール内が水没するくらいに雨水が溜まっていたんですね。 その時は唖然としましたよ。 そんな状態じゃ、綺麗な火花は飛びません。 ブーストの立ち上がり、ライトON、エアコンONの時等の電気エネルギーが必要な時に失火するようになるんです。 当時は、エアで全ての水気を飛ばしてインスタント的に解消させ、その後、全て点火系とISCVを新品に交換して絶好調~ そして、一年後の今また同じような症状・・・ まさかと思いながらも、プラグコードを抜いて確認。 溜まるほどの水は無い・・・? でも、とりあえず全ての気筒数分のプラグ穴からプラグコードを抜いてエアを吹く。 ついでにFORTEをイグニッションコイルとプラグコードの一分に塗布しました。 そして、ECUのケース周りにもFORTEを塗布。 そして、隣のAir Repair iQの薄い水垢ラインも気になりフクピカで軽く水垢ラインのある場所をなぞるように拭いて水垢ラインを除去。 今日は身体の疲れも限界なのでい、夕方からリラクゼーション店に行く予定だったので、ステラのテスト走行も兼ねて・・・ ちょっと寒かったけど、エアコンON、ライトONで走行。 絶好調~ 80Kmまでの加速力ならばプリウス、アクアは言うに及ばず、LEXUS-RX460hやクラウンRS-HVをも凌駕できる加速力を持つAir Repair2号機。 水平対向エンジンならばいざ知らず、ヘッドが真上に向いているエンジンで、ヘッドの上にインタークーラー。 風を効率よく入れるという事は走行中に雨水も大量に入るわけでして・・・滝汗 風を通さなければいけないから、インタークーラー下とエンジンヘッドの上にカバーを装着する訳にもいかずで、悩むところです。 今日のところは良好だったので、一応は効果ありという事で・・ 今日からはタクシー協会に出向いての講習を受けています。 協会の講習だから大したことない?ってたかを括っていたら大間違いで・・・ 二種免許だけではタクシーの乗務員にはなれなくて、国交省が定めたタクシー特措法に定められた講習会を終了しないと乗務員許可証がもらえないという仕組み。 おまけにH27以降は政令指定都市でのドライバーの講習会では法令、安全、地理、接客の試験に合格しないと許可証はもらえないという・・・ おまけに運転免許証とおなじで、タクシー協会により点数方式でペナルティが溜れば業務停止。 累積が多いと取り消されて欠格期間がつく。 国内Aライセンスから、国際競技ライセンス(今はRだけど取得した時はC)への上級申請要件をクリアするのには、2年かかったのだけれど、その時とは違うプレッシャーと大変さが半端ない。 競技ドライバーはあくまでも自分向き。 影響があるにしても、スポンサー様そしてファンの皆様、と車絡みという枠の中での話。 対してタクシードライバーって、公的なものでインフラの一つで、ドライバーは接客業でもあるということで世間一般という枠の中での話。 だから、かなり細かく業務についての定義付けがされていて、制約、ペナルティ、責務が国により定められているんです。 当然ながら、業務に対しても細かく決まり事があるので、それを守れないお客様に対しては降車を促したり乗車を拒否したりもできるのですよ(ありとあらゆる記録が取られています)。 ネットや週刊誌でのタクシードライバーでの悪評って本当なのかな?あれが本当ならば、自分の死活問題に関わる事だよ? 昼食は協会会館近くのあんかけスパ風のやつを食べたけれど、私の好きなあんかけスパの味じゃなくてがっかり。 チェーン店で並んで待つほど人気があるようだったけれど(UBER EATSの配達員も何回も来た)、私的には次はないな~ もう少し離れたCoCo壱にした方が良かったかも。 しかし、なんだな・・・今だけかもしれないけれど、車が楽しくなくなってきた。

次の

モーばあちゃんの自由帳

さんちゃんのブログ

昨日は、退院後1週間めのじいさんの受診に付き添った。 問診に先立って、血液検査とレントゲン検査を受ける。 慣れない大病院の外来で、順番取りの方法さえわからず、案内係に「どうしたらいいんですか?」と何度も聞きに行く。 今まで大病もせずに生きて来て、病院慣れしてない幸いを思うゆとりもなく、なさけないやら気後れやらで疲れっぱなし。 予約時間よりも50分遅れて、なつかしい?主治医に迎えられた時はほっとした。 気がかりだった血液検査の結果は、白血球数は正常範囲、CRP(炎症反応を示す価)も問題ない範囲とのこと。 「治ったということです」と言われて、(え?ほんとうですか?)と言いたくなった。 あと何か月間も、抗菌薬を飲み続けるのだと覚悟していた。 9月頃になっても、通院しているだろうなと思っていた。 退院してたった1週間で、もういいんですか!と心の中で繰り返す。 準備して行った「お父さんの療養生活メモ」を差し出したら、 「熱も出なかったですね」と安心した表情を見せてから、 「完食」の続く食事欄に目を通して「すごいですね」と言って下さった。 驚いたことに「もう、薬は出しません、いつまでも薬を飲んでいても仕方がないです」と、 退院の時に頂いた2週間分だけを飲めばいいと言われた。 次は1か月後、もう一度レントゲン検査をして「僕の外来は終わりにしましょう」とのこと。 主治医に対する第一印象は最悪だった。 「息子さんはどうしてこないのか」 「若い人でなければ」 3者面談でも「お年を召しておられるから」と、まるでボケばあさん扱い。 酷いと思ったけど、言われるままにしておいて、無事に退院の日を迎えることができた。 昨日は最後に「おかあさん、良かったですねえ、嬉しいでしょう、寂しくなくて」 と、笑顔で言われた。 この先生は、意地悪でも何でもなく、また年寄りを馬鹿にするわけでもなく、思ったことをそのままいう人なのだろう。 先生の目には、じいさんが家に帰れて、私が嬉しくてたまらなさそうに見えたのだろう。 検査結果の数字は良かったけれど、じいさんの病気が全快したわけではない。 じいさんは、ベッドから起きて立ち上がる時がいちばん大変そう。 家の中でも、腰を曲げ杖にすがって歩いている。 排泄についても、まだ完全に自立しているとは言えない。 じいさんの療養生活は、これからが大変と言う気がする 内服薬ではない「日にち薬」で少しずつ元気を取り戻して行くしかないと思う。 お励ましに感謝しています。 昨日も今日も、あまり雨が降らず、洗濯物が乾いてくれる。 これが何よりもうれしい。 ほんとうに長い梅雨になりそうで、うんざりする。 いよいよ明日は退院して初めての通院日。 じいさんの病状が良くなっているといいけれど。 いいえ、悪くさえなっていなければいいな、と思っている。 一つ治ればまた一つと、結局三つもの病気にかかってしまったから、望みは低めでいい。 主治医に見てもらいたいと思って、じいさんの7日間の生活メモを表にした。 内服の抗菌薬は、点滴と比べて効き目がなるいと聞かされているけれど、 「飲み薬さん、頑張ってね」と願っている。 昨夜、じいさんはよく眠っていた。 お陰で私もわりと眠れたし、今日は昼寝もできた。 昨日、髪を坊主刈りにしてから、じいさんが元気になったように見える。 顔も少し大きくなったような気がする。 (私の気のせいかな?) それでも、明日が怖い。 血液検査とレントゲンが待ち受けている。 お励ましに感謝しています。 昨夜は「おかあさん!」と2回起こされたので睡眠不足。 短い簡単ブログですませることに・・・ 朝ごはん前に20分間くらいトイレに籠っていた。 めでたくも、大きい方が出たらしかった。 10時前から、軒下にシャワー椅子を出して腰かけ、散髪をした。 入院の少し前に刈ったので、かなり長くなっていた。 全体を6ミリにカット、なるべく短時間で終える。 そのあと、洗面所に立って髭を剃っていた。 食事をしても、髭を剃っても、トイレに行っても、疲れるようだ。 まして床屋さん行きのまねをしたから、疲れが増したかな。 昼食前まで、ベッドで眠る。 今日は姉さん孫が公休で、私はものすごく助かる。 昼過ぎからワードで「お父さんの療養生活メモ」という下手くそな表を作成。 明後日の退院後第一回の検診の時に、主治医に見てもらうつもり。 ごじゃごじゃ説明するよりもいいかなと思う。 我が家の記録にもなるし。 じいさんがシャワーをすると言い出したので、ここまでに。 お励ましに感謝しています。 今日もまた雨、被災地の方々のご苦労を思う。 どんなにか大変な毎日を送っておられることか。 我が家も2級河川がすぐ近くを流れていて、とても他人事とは思われない。 昨日、じいさんは2か月ぶりくらいに、家のお風呂に浸かることができた。 誰もいない午後2時半、少なめにお湯を入れた浴槽で、じいさんは体の隅々まで洗っていたようだ。 滑って転ばないか心配だったけど、要らぬ世話は焼かないようにした。 最近使い始めた尿瓶が気に入ったようで、たびたびと声がかかる。 私の中学時代の友だちが、やはり自宅で夫さんの介護をしていて、尿瓶を使っていると聞いていたので我が家も準備してあった。 じいさんは、初めは尿瓶には無反応だったけど、急に使う気になったようだ。 尿路結石予防のための利尿薬を飲んでいるので、回数も量も多いのではないかと思う。 杖を突いて、トイレまで行くと汗をかくくらい身体が暑くなるようなので、あまりに頻繁だと体力を消耗すると思う。 友だちから得た情報は、本当にありがたい。 病院は忙しくて、とても尿瓶での排尿はさせてもらえないと思う。 自宅なればこそ「お~い!」と呼ばれて行くことができる。 (いま忙しいところなのに)と思う時も度々あるけれど、何食わぬ顔で「ハイハイハイ」と駆け付ける。 メールで交信していた入院中は「無理しないで」とか「二人で倒れたら大変だから」などと優しい言葉もかけてくれたけれど、今は私が元気で用事ができて当然と思っているようだ。 私は適当にサボるコツを身に付けたし、こうしてPCで気持ちを発散させたりしている。 ただ、困るのはこの悪天候。 洗濯物が一人分増えたし、エアコンと除湿乾燥機を併用して何とかしのいでいる。 お励ましに感謝しています。 じいさんが退院する少し前から、自分がひどく緊張しているのがわかる。 休もうと思い、しばらく体を横にしても疲れがとれない。 介護について、とまどうことが次々と現れる。 じいさんと自分は、これからどうなって行くのかという不安が広がる。 それでも、静かに考えると(ありがたいな)と思うことがいくつもある。 1、面会禁止の49日間の入院生活で、じいさんが認知症にならなかったこと。 2、退院前のわずかな期間のリハビリだったにもかかわらず、じいさんが杖歩行できるようになったこと。 3、じいさんが、家での3度の食事を残さず食べてくれること。 4、この私が、現在のところは何とか無事に、じいさんの世話ができること。 5、じいさんのわがままというか、自分中心で怒りっぽいことを、少し距離を置いて冷静に受け止めることができること。 以上のようなことは、自分たちの努力の結果得たものではないのは確かだ。 天から降って来た?一方的な恵みのような気がして、しみじみと感謝の思いに浸っている。 今日は若い者たちはみんな仕事に出かけた。 退院後はじめて、じいさんと二人だけで過ごす一日となる。 追記 先刻一つ進歩?がありました。 腰が痛いのに、何度もトイレに行っていたじいさんですが、尿瓶を使う気になってくれまして、成功しました。 ありがたいことが、また一つ増えたと言えます。 今日のじいさんは、落ち着いています。 よろしくお願いいたします。

次の

モーばあちゃんの自由帳

さんちゃんのブログ

皆さんこんにちは~雨でした・・・いつものスーパーでは無く駅前の大きな所に行ってみました。 連れ合いに車をだしてもらってね・・・車という管理にお金がかかるものを出しているのですから・・・私は普段車を使うことが無く・・・連れが山に行くのに必要であるわけで・・・ならばそれだけでお金を出すことは私にとってばかばかしい!利用しようよ・・・とことん!タクシーが許されないのであれば!ゆっくり買い物をしてきました。 食料品買い出しで1時間ちょっと・・・色々な食品が並ぶ・・・7000円の買い出しでした。 2週間は持ちそうですよ。 人生の中でゆっくり食材選びははじめて!すごく楽しかったです。 それではこの辺で~にほんブログ村ゆっくり食料買い出し! 皆さんこんにちは~6月の投句をしていなかったようで・・・前日先生からメールを頂き急遽メール送信・・・いかに自分がぼーっとしていたか・・・なんだか力が抜けちゃって今一しゃきっとしないな~そうですよね、酷い事されたのだから・・・おかしくなって正常か・・・今日は1日中パジャマで着替えもしなかったです。 ベットの上で過ごしていました。 途中歌を3~4曲・・・歌いました。 TV見て、俳句の雑誌を読んで・・・またうとうと眠る・・・食事は作って食べています。 作る気力が無い時はコンビニを利用しています。 無理はしない!自分の心の波と上手に向き合ってリラックス!それでもお庭に出て少し薔薇の病気になった葉をカットしたりもしました。 来週からはフルート持てるかな・・・肩の痛みは引いてきた・・・今週は週末にNHKの句会・・・気力落ちないと良いけ... 意識してベットで過ごす・・・.

次の