ドコモ 返金。 ご利用明細の確認|d払い

ドコモショップで店員のミスが原因なのに、こちらが損した分の...

ドコモ 返金

新型コロナウイルスの感染が拡大し、外出の自粛やテレワークの推進が求められているなか、購入してある定期券について、払い戻しは可能なのでしょうか。 返金額はいくらになるのでしょうか。 通学定期券、通勤定期券で異なります。 定期券の払い戻し 急ぐ必要はなし 緊急事態宣言が2020年4月7日(火)に政府から出されるなど、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出の自粛やテレワークの推進が求められています。 そうしたなか、すでに買ってある電車などの定期券はどうなるのか、払い戻し(返金)などはあるのか、JR東日本の場合を例にまとめました。 なお例外や、おおよそは同様でも鉄道会社により対応が異なる場合などが考えられるため、詳細は利用している鉄道会社などのウェブサイトを確認してください。 なお、今回の事態による払い戻しは、緊急事態宣言によるその措置期間の最終日翌日から1年以内であれば、行うことが可能(JR東日本の場合)。 払い戻しを急ぐ必要はありません。 通学定期券(大学生等相当の通学定期券を除く)の場合 払い戻しは? 2020年2月28日(金)に文部科学省より臨時休業の要請がなされたことなどから、特例により、2020年2月28日(金)以降の最終登校日を最終使用日とみなし、1か月単位で計算した額が払い戻されます(その通学定期券の有効期間に2020年2月28日〈金〉を含むものに限る)。 新幹線定期券「FREX パル」も対象です。 最終登校日以降、定期券の残り有効期間が1か月未満の場合 払い戻し額はありません。 最終登校日以降、定期券の残り有効期間が1か月以上ある場合 手数料220円で払い戻し可能。 額は残り有効期間によって変化します(払い戻し額がない場合もあり)。 通学定期券の払い戻しにおける注意点 2020年2月28日(金)以降にその通学定期券を使っていた場合(Suica定期券の場合はチャージでの利用も含む)、この特例は適用されないので注意が必要です。 また、緊急事態宣言により通学が制限されていること等が理由で、持っている通学証明書の有効期間が過ぎてしまった場合などにおいて、通学区間と在学の確認ができたら、証明書の有効期間延長がなされていると見なし、通学定期券を発売する措置もとられています。 大学・短大・専門学校などの通学定期券の場合 払い戻しは? 後述する通勤定期券と同様の扱いです。 通勤定期券の場合 払い戻しは? 緊急事態宣言が2020年4月7日(火)に出されたことを受け、2020年4月8日(水)以降にその定期券を使っていない場合、4月7日(火)に払い戻しの申請をしたものとして、1か月単位で計算した額が払い戻されます。 新幹線定期券「FREX」「FREX パル」も対象です。 4月8日以降に定期券を使っておらず、残り有効期間が1か月未満の場合 払い戻し額はありません。 4月8日以降に定期券を使っておらず、定期券の残り有効期間が1か月以上ある場合 手数料220円で払い戻し可能。 額は残り有効期間によって変化します(払い戻し額がない場合もあり)。 定期券の使用開始後7日以内の場合 日数分の定期券区間の往復普通運賃と、手数料220円を差し引いた額が払い戻されます。 たとえば、往復の普通運賃が300円で、使用開始日から5日が経過、定期券の額が1万円の場合、8280円の払い戻しです。 通勤定期券の払い戻しにおける注意点 2020年4月8日(水)以降にその通勤定期券を使用していた場合(Suica定期券の場合はチャージでの利用も含む)、その日に払い戻しの申請をしたと見なされます。 このため、たとえば2020年5月15日(金)までの通勤定期券を、2020年4月20日(月)に使用していた場合、払戻額はなくなるため注意が必要です。 関連記事.

次の

機種変更応援プログラム途中で解約・使わなかったら返金してもらえるの?|ドコモ・au・ソフトバンクiphone・スマホ最新・お得情報

ドコモ 返金

返金してもらえるケースまとめ 返金してもらえるケース• ガチャなどで虚偽記載があった場合• 排出確率が間違っていた場合• 誤操作による課金の場合 実際に虚偽記載や排出確率の間違いがあった場合は、返金申請が承認される場合が多いです。 1度目の返金申請であれば、審査にかかる時間が少ない場合があります。 返金してもらえないケース• 同一アカウントから2度目の返金申請の場合• 虚偽の理由を記載して返金申請した場合 2度目の返金申請は拒否される場合が多いです。 また、返金される場合でも、2度目は審査に時間がかかる場合があります。 iPhoneの課金を返金してもらう方法• マイアカウント画面を開く• 購入履歴を確認する• 「問題を報告する」ボタンをクリック• 返金を申請する 1. マイアカウント画面を開く iOSの返金申請は、PC版iTunesの「マイアカウント」画面から行います。 iPhoneやiPadなど、課金を行った端末からは返金できません。 メニューバーにある「アカウント」から「マイアカウントを表示」と移動し、アカウント情報画面へ移動しましょう。 購入履歴を確認する マイアカウント画面へ移動したら、購入履歴を確認します。 マイカウント画面の中ほどにある「購入履歴」にある「すべて見る」をクリックしましょう。 あなたのアカウントにおける、今までの購入・課金履歴を確認できる画面が表示されます。 「問題を報告する」ボタンをクリック 購入履歴にある、返金を行いたいアイテムに対応した「問題を報告する」ボタンをクリックします。 iOSにおける返金は、あくまで「誤って購入した」「アイテムの動作がおかしい」などといった、問題に対して行うものです。 課金の結果に満足できなかった、などの理由では返金できないので注意しましょう。 返金を申請する 「問題を報告する」ボタンをクリックすると、Appleへの問い合わせ画面へと移動します。 「問題を選択してください」とあるプルダウンメニューから、該当する返金理由を選択し、返金してほしい旨と併せて送信しましょう。 返金手続きが完了すると、AppleIDウォレット内に相当金額が返金されます。 文章は完結で良い 返金申請の際、理由を細かく説明する必要はありません。 「指紋認証により、誤って購入してしまいました。 お手数ですが、返金処理をお願いします。 」程度でも、問題なく返金されます。 Androidの課金を返金してもらう方法• アカウント情報画面を開く• 購入履歴を確認する• 払い戻しをタップ 1. アカウント情報画面を開く Android端末での返金は、Playストアのアカウント情報から行います。 GooglePlayストア内の左上にある三本線 ハンバーガーアイコン からメニュー画面を開き、「アカウント情報」をタップしましょう。 購入履歴を確認する アカウント情報画面にある、「購入履歴」ボタンより購入履歴を確認します。 払い戻しをタップ 購入履歴画面から、返金したいアイテムを選択して「払い戻し」をタップします。 アイテム購入後、2時間が経過すると「払い戻し」ボタンが消えてしまうので注意しましょう。 48時間以内ならパソコンで返金 購入から2時間以上経過してしまっても、パソコンであれば48時間まで返金申請を行えます。 GooglePlayの「払い戻しリクエスト」フォームから、返金したいアプリやアイテムを選択して申請しましょう。 アプリ課金を返金してもらえる理由 ストアの信頼や責任 運営企業がストアに陳列されるアプリを審査しているため、取り扱っているアプリに関する責任を負っています。 また、操作性などによって発生する誤操作も防ぐのは難しく、よほどのことがなければ返金申請が通る傾向にあります。 直接apkファイルをダウンロードした場合など、ストアを経由していない課金は返金できないので注意しましょう。 ストアにお金がプールされているため 課金したお金が、すぐにアプリ製作者へ支払われるわけではありません。 一度AppleやGoogleにプールされ、一定期間ごとにまとめて支払われるので、すぐに返金を行えば「買わなかった」ことにできます。 課金を返金してもらう際の注意点 必ず返金されるわけではない 返金申請を行っても、必ず返金されるわけではありません。 AppStoreの返金に「5~7日営業日以内」とあるように、返金申請後に審査があります。 明らかに意図的な課金でありながら、アイテムに問題が無い場合などには返金されない場合もあります。 サービス終了を理由にした返金は難しい 課金をしたゲームがサービス終了してしまった場合は、誰でも返金をしてほしいと思うと思います。 しかし、サービス終了時にゲーム運営が提示する払い戻しのお知らせに該当していなければ、返金されることはほぼないでしょう。 基本的に、1度課金したお金は戻ってこないものと考えて課金をするのがよさそうです。 返金申請は可能な限り迅速に 返金申請の期限 AppStore パソコン 90日 GooglePlay スマホ 2時間 パソコン 48時間 返金申請には、申請までの期限が設けられています。 アプリやアイテムに課金した後、時間が経過すればするほど返金してもらうのが難しくなります。 誤購入などを行ってしまったら、面倒臭がらずにすぐ返金申請を行うよう心がけましょう。 課金をお得にする方法 課金をする際には、課金額の一部がiTunesカードやアマゾンギフトカード等と交換できるポイントとして還元される「モッピー」を経由しましょう。 使い方はサイトを立ち上げて、サイト内からアプリの起動をし、アプリ内で課金をするだけなので非常に簡単です。 もちろん無料で簡単に登録できるので、使うメリットしかありません。 上場企業が運営しているので、安全性も信頼できます。

次の

ドコモ名義でフィッシング詐欺にあった話

ドコモ 返金

ドコモの機種変更応援プログラムはお得なプログラムなのでを加入している方は多いのですが、実際に使ってみたら今持っている機種が気に入ってしまって機種変更をしない方も多くいらっしゃいます。 そんな方が気になることいえば、『 ドコモの機種変更応援プログラムを途中で解約した場合・使わなかった場合返金してもらえる?』のかではないでしょうか。 結論を先にお伝えすると 機種変更応援プログラムに入ったものの 利用しなかった場合プログラム料はポイントとして返金されます。 ただし、他社への乗り換えてドコモを解約・プログラムを途中で解約した場合は無駄な積立になってしまうので注意しないといけません。 機種変更応援プログラムについての途中解約と使わなかったらは違います。 最後まで読んで機種変更応援プログラムについての疑問を解決して下さい。 Contents• ドコモの機種変更応援プログラムとは? 返金の前にドコモの機種変更応援プログラムについてしっかりわかると解約や返金についてわかりやすいのでまずは説明します。 【機種変更応援プログラムについて】 「機種変更応援プログラム」とは月額300円を一定期間支払うと、24ヶ月の割賦支払終了を待たずに最新の機種に機種変更できます。 規定期間以降25ヶ月目までに機種変更するとポイント(最大27,000円分)が還元されるサービスです。 このプログラムは対象機種を購入した時と同時に加入できます。 要するに 次の機種変更のための積立貯金みたいなものです。 貯金額よりも条件が合えば多くの割引が受けられるようになってますね。 ただ、先の話になるので、今の機種を2年以上使うかもしれないし、3年もしくは4年使う可能性があるかもしれないという方、何年先の機種変更になったとしても必ず還元されるようになってます。 例えば今の機種に愛着が湧いてしまい回収されたくなくなった場合、機種を手元に残しておきたい場合など、機種の回収という条件を満たせない場合があるかもしれません。 その際、プログラムに加入していた間に支払っていた最大24ヶ月分の料金は無駄になってしまうのでしょうか? 実は 無駄にはなりません。 ドコモでは 返金条件というのがあります。 返金条件とは 以下すべてを満たす場合、前月までに支払った月額料金を返金してくれます。 なのでプログラムを利用しなくても損をしないようになっています。 ただ、ドコモの中で機種変更をすることが返金条件となっているので、他社への乗り換えやドコモを解約してしまった場合は返金の対象外となってしまうため、無駄な積立貯金になってしまいます。 ドコモを使い続けるようであれば決して損はしません。 ドコモとしての回収条件は次の通りです。 ただ心配いりません。 プログラムは受けられないものの、返金対象となります。 つまり24か月目以降に機種変更しようとしたけど本体が故障してしまっている場合は、 9,000円分の割引は受けられないものの、7,200円分の積立した分は必ず還元されます。 なので、この場合は損にはならないようになっています。 機種変更応援プログラムを加入して途中解約・サービスの廃止をしてしまった場合 機種変更時に「機種変更応援プログラム」に加入したものの、月々の料金を抑えたいのでこのプログラム 途中解約、他社への乗り換えてドコモを解約すると返金されません。 なので、入ってすぐに解約なのか、長く支払ってからの解約かによって損をしてしまうので今までの支払額によって途中解約するか最後まで継続するか検討して下さい。 「還元条件」「返金条件」を確認してみるといずれも 本プログラムの継続・ドコモでの継続利用が条件になっている為、条件に満たなくなってしまい、無駄に月々支払っていたという結果になってしまいます。 ドコモ継続して使い続ける予定なのであればサービスの廃止は絶対にしない方がいいと思います。 ドコモの解約を検討している人は、そもそもこのプログラムに入らない方がいいかもしれません。 機種変更応援プログラムdポイント受取り方法 機種変更応援プログラのdポイントの受取方法は、機種変更場所によって違います。 ドコモオンラインショップで機種変更の場合 ドコモオンラインショップで機種変更をした場合は、 後日dポイントが付与されます。 後日のため機種変更をした端末代金から割引をされないのですが、dポイントはローソンやマクドナルドの加盟店で物を購入した時の割引きや毎月の使用料金から割引をしてもらうことができます。 下取り回収される機種は、郵送で下取りキッドが送られてくるためそれに入れて送り返すだけです。 まとめ 機種変更応援プログラムは2年を待たずに機種変更したい方にはすごくおすすめです。 ドコモの最新機種を機種変更しやすいように最大27,000円の割引が受けられます。 プログラム料の支払いは加入月から24ヶ月目までです。 25ヶ月目以降は自動で課金がストップされます。 プログラムに入ったものの利用しなかった場合でもプログラム料は7200円はポイントとして返金されます。 しかし このポイントを使えるのは、次回の機種変更時になるという点が注意点になります。 次回の機種変更の時に7,200円が割引になるからです。 だから、 他社への乗り換えやドコモを解約した場合お金としての返金ではないため無駄な積立になってしまいます。 ドコモ回線を辞めないなら損しないプログラムになっています。 最後にドコモの機種変更でお得に機種変更する方法を紹介します。 ドコモの機種変更をお得にするなら 機種変更ってどこでしても同じ金額でできると思っていませんか? 実は、いろいろ調べた結果違ったのです。 ドコモショップや家電量販店で機種変更すると 3000~10000円程度の頭金や事務手数料という謎のお金が取られます 頭金とはこのお金のことです。 これがドコモオンラインショップだと 無料なのです。 またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかりますがこれもドコモオンラインショップだと無料です。 なので 金銭的に5000~12000円程度もお得になります! だから、 お金が節約になるドコモオンラインショップがおすすめです。 節約したお金で新しいスマホのケースや保護シールを買って下さい。

次の