傷病 手当 金 退職 後 国保。 退職後に傷病手当金の支給を受けることは可能か?

傷病手当金(国民健康保険に加入後)について。

傷病 手当 金 退職 後 国保

長野・W生 [ お答え ] 保険料と傷病手当金の額と、両方を検討する必要があります。 まず、保険料ですが、国民健康保険料は過去1年の収入がベースになります。 任意継続被保険者になれば、退職時の標準報酬月額と28万円のどちらか低い方の額が新しい標準報酬月額となり、保険料算定のベースとなります。 任意継続被保険者の保険料は予想が付きますが、国民健康保険料の額は市区町村に尋ねてみるとよいでしょう。 次に、傷病手当金ですが、以前は国民健康保険に転換する方が一般に有利といわれていました。 あなたは、現在、傷病手当金を受給中とのことですが、以前は、2通りの選択肢がありました。 第1は、健康保険の資格を喪失し(つまり、国民健康保険に加入し)、資格喪失後の継続給付として傷病手当金を受ける方法です。 ただし、資格喪失日の前日まで、1年以上被保険者だったことが要件となっています。 第2は、任意継続被保険者となって、傷病手当金を受け続ける方法です。 ただし、この方法を採ると、任意継続被保険者となった後の標準報酬月額が傷病手当金の算定ベースとなります。 退職前の標準報酬月額がいくら高くても、任意継続被保険者の標準報酬月額は28万円がマックスです。 ですから、退職前と比べて、傷病手当金がダウンしてしまう人が少なくありませんでした。 しかし、現在、任意継続被保険者の傷病手当金は廃止されてしまいました。 国民健康保険の被保険者になろうと、任意継続被保険者になろうと、どちらも資格喪失後の継続給付の規定に従った傷病手当金を受け取ることになります。 「健康保険法等改正に関するQ&A」(平18・8.18厚生労働省保険局保険課事務連絡)によると、新しい仕組みによる傷病手当金は次のとおりとなっています。 「(任意継続被保険者の傷病手当金廃止に伴い)、任意継続被保険者の標準報酬月額は、傷病手当金の計算には使用されない。 したがって、退職後に継続給付により傷病手当金を支給をする場合には、強制被保険者の資格喪失時の標準報酬月額に基づき計算することになる」。 結果として、国民健康保険の被保険者、任意継続被保険者、どちらを選択しても退職後に受け取る傷病手当金の額に違いはありません。

次の

傷病手当金(国民健康保険に加入後)について。

傷病 手当 金 退職 後 国保

平成31年03月08日 Q1:被保険者が、病気やケガで仕事を休んでいます。 健康保険から給付がありますか? A1:以下の条件をすべて満たすときは、「傷病手当金」をうけることができます。 被保険者のみが対象です。 業務外の病気やケガで療養中であること。 業務上や通勤途中での病気やケガは労働災害保険の給付対象となりますので、労働基準監督署にご相談ください。 なお、美容整形手術など健康保険の給付対象とならない治療のための療養は除きます。 療養のための労務不能であること。 労務不能とは、被保険者が今まで従事している業務ができない状態のことで、労務不能であるか否かは、医師の意見及び被保険者の業務内容やその他の諸条件を考慮して判断します。 4日以上仕事を休んでいること。 療養のために仕事を休み始めた日から連続した3日間(待期期間)を除いて、4日目から支給対象です。 給与の支払いがないこと。 ただし、給与が一部だけ支給されている場合は、傷病手当金から給与支給分を減額して支給されます。 ア 支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額 イ 標準報酬月額の平均額 ・28万円:支給開始日が平成31年3月31日までの方 ・30万円:支給開始日が平成31年4月1日以降の方 傷病手当金の申請期間の初日の属する月までの12ヵ月間に、勤務先が変更した場合もしくは、定年再雇用等で被保険者証の番号が変更した場合、または退職後に任意継続被保険者になった場合は、下記の添付書類が必要です。 ただし、全国健康保険協会に加入していた場合に限ります。 なお、傷病手当金の額より少ない給与が支払われているときは、その差額をお支払いします。 Q3:傷病手当金はいつまで受けられますか? A3:同一の傷病について、支給を開始した日から最長1年6ヵ月間です。 (暦のうえで計算した期間であって、実際に受給した期間ではありません。 例えば、復職し受給していない期間があっても、受給開始日から1年6ヵ月後に受給期間が満了します。 ) Q4:傷病手当金と出産手当金の両方が受給できる場合は、どうなりますか? A4:両方を受給できる期間は、出産手当金のみ支給されます。 ただし、傷病手当金と出産手当金は、その支給日額が異なる場合がありますので、出産手当金の額が傷病手当金の額よりも少ない場合には、傷病手当金を請求することにより、出産手当金との差額が支給されます。 Q5:会社を長期間休むことになりました。 どのようなサイクルで申請するのがよいですか? A5:傷病手当金の申請は、給与の支払い有無について事業主の証明が必要になりますので、1ヵ月単位で給与の締切日ごとに申請されることをお勧めします。 Q6:傷病手当金を受給していましたが、会社を退職することになりました。 退職後の期間についても傷病手当金を申請できますか? A6:次の2点を満たしている場合に退職後も引き続き残りの期間について傷病手当金を受けることができます。 (資格喪失後の継続給付)• 被保険者の資格喪失をした日の前日(退職日)までに継続して1年以上の被保険者期間 (健康保険任意継続の被保険者期間を除く)があること。 資格喪失時に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること。 なお、退職日に出勤したときは、継続給付を受ける条件を満たさないために資格喪失後(退職日の翌日)以降の傷病手当金はお支払いできません。 ただし、年金額の360分の1が傷病手当金の日額より低いときは、差額が支給されます。

次の

国民健康保険でも傷病手当金はもらえる?退職後も傷病手当金をもらうには?

傷病 手当 金 退職 後 国保

健康保険・傷病手当金とは? 軽いケガや病気であれば会社を休む必要はありませんし、休んだとしても数日で済みます。 その休んだ日も、未消化の有給休暇を使って、働いた状態と同じにすることも可能です。 しかし、ケガや病気の程度が酷くて働けない場合は、長期に渡り会社を休まなければならず、給料が支払われないために生活が困窮してしまいます。 そこで、私傷病による療養のために労働できず、その間の給料の全部または一部が支払われない場合は、『傷病手当金』として所得保障を受けられるのです。 この『傷病手当金』ですが、健康保険、共済組合制度にはありますが、国民健康保険では任意給付となっており、ほとんどの自治体が行っておりませんので、自営業者の方は各自で確認してください。 また、健康保険であっても、任意継続被保険者と特例退職被保険者はその対象から外れます。 プライベートなケガや病気による療養のための休業であること• 働けないこと• 労働不能の日が連続して3日間あること• 給料の全部または一部が出ないこと 『傷病手当金』は被保険者期間を問わないので、入社してすぐに私傷病で労働不能となっても支給を受けられます。 そして、条件を満たせば、うつ病でも受給可能です。 注意が必要なのは上記3で、労働できない連続した最初の3日間を 待期期間と言い、この期間がないと『傷病手当金』の支給を受けられません。 待機期間ではなく、待期期間です。 例えば、2日間休んだ後に1日働いた場合は、待期期間はまた最初からスタートして連続3日間を達成する必要があります。 なお、この待期期間については、会社から給料をもらっていても問題ありません。 傷病手当金の支給額・支給期間 『傷病手当金』の支給額の計算方法は、健康保険と共済組合制度で、下記の通り異なります。 3日間の待期期間が完成した後、 4日目から1年6ヶ月間、支給を受けることが可能です。 例えば、22等級の報酬月額290,000~310,000円は、標準報酬日額10,000円となり、『傷病手当金』はその3分の2である6,667円となります。 標準報酬日額は、平成28年4月から50等級に変更されましたが、すべて掲載するのは困難なため、知りたい方は検索してください。 休業期間中に給料が支給される場合、『傷病手当金』は支給されません。 ただし、支給された給料が標準報酬日額の3分の2以下であれば、その差額が支給されます• 同一の傷病により『障害厚生年金』または『障害手当金』が支給されるときは、1年6ヶ月未満でも『傷病手当金』の支給が打ち切られます。 ただし、『傷病手当金』の額が多い時は、その差額分が支給されます• 労災保険の『休業補償給付』を受けている時は、『傷病手当金』は支給されません。 ただし、その差額が支給されることがあります 傷病手当金の手続き 『傷病手当金』の支給手続きに必要な書類は、『 傷病手当金支給申請書』と『 事業主の証明書』、『 医師または歯科医師の意見書』です。 会社等を通じて保険者に提出してください。 退職後の傷病手当金 『傷病手当金』の支給を受ける時は、私傷病で働けない状態なので、当然、仕事を辞めることを考える人もいるでしょう。 その時、退職後も『傷病手当金』をもらえるのかどうか疑問に思う方が多いはずです。 『傷病手当金』は、被保険者期間を問わないので、上記条件を満たせば入社直後の私傷病でも支給対象となります。 しかし、退職後に継続して『傷病手当金』の支給を受けるためには、次の条件2つを満たさなければなりません。

次の