今平成何年度。 【みんなの知識 ちょっと便利帳】明治何年? 大正何年? 昭和何年? 平成何年? 令和何年?

今年と今年度の違いとは?年度の期間は目的によって異なるって本当?

今平成何年度

2019年4月1日。 ついに新元号の発表がありました。 新元号は令和 れいわ !。 5月1日から実施です。 平成の時代も4月30日までとなり、5月1日から令和の時代となります。 新しい元号も決まり何だか待ち遠しいのですが、ふと気になることがあります。 5月1日から令和元年なのでしょうか?令和1年なのでしょうか? 令和元年とか令和1年どちらでもいいのでしょうか? また併せて平成31年4月30日まで平成はわかるのですが、年度に表記すれば今年は令和元年度(令和1年度)なのでしょうか?それとも平成31年度なのでしょうか? 今はまだ平成だからいいのですが、間もなく令和になります。 年の括りは1か月ごとなので平成31年4月の次は令和元年(令和1年)5月となり問題はないのですが、年度にすると4月から3月までの1年の括りで考えるならば、今年度は令和元年度(令和1年度)?それとも平成31年度なのでしょうか? この記事では• 今年度は令和元年度? 平成31年度? についてまとめてみました。

次の

「令和元年度」と「平成31年度」期間はいつからいつまで?どちらが正しい?

今平成何年度

2019. 17 カテゴリ: 新元号が「令和」に決まりました。 来月5月1日から新元号に切り替わります。 年度 さて、年度とは 暦年とは別に、特定の目的のために規定された1年間の区切り方です。 会社の事業年度も「特定の目的のために規定された1年間の区切り方」です。 年齢を重ねるとこうなりやすい(笑) ウチの子供は元号が「令和」に切り替わると「あぁ平成生まれって言われるんだな、ヤダな」と言っていました。 私も2元号前生まれの「明治生まれ」というと隔世の感があったのですが、自分自身が2元号前の「昭和生まれ」に該当してみると、人生って早いなぁとしみじみと思います。 このため「平成元年度」が一般的でしたが、今回の元号切り替えはどうなのでしょう? について 「元号を改める政令(平成31年政令第143号)」 及び「改元に伴う元号による年表示の取扱いについて」によると 〇改元日前までに作成した文書において、改元日以降、「平成」の表示が残っていても、有効であること 〇改元日以降に作成する文書には、「令和」を用いること。 やむを得ず「平成」の表示が残る場合でも有効であるが、混乱を避けるため、訂正等を行うこと 〇元号を改める政令の公布日から施行日前までに作成し公にする文書には、「平成」を用いること とあるので、 5月1日以降の記載は全て「令和元年」になります。 年度については、 一般的な4月1日~3月31日の年度は予算年度呼称に従うのが通例なので、 〇国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降 は、当年度全体を通じて「令和元年度」とし、これに伴い、当年度 予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては「令和元年度予算」と表示するものとする。 に従い、 全て令和元年度で統一され、 2019年4月1日~30日の平成期間も令和元年度に含まれることになります。 会社の事業年度が4月1日~3月31日ではない場合の呼称は、会社独自の判断で選択になります。 それはそれでややこしいですね。

次の

卒業年度早見表

今平成何年度

「令和元年度」はいつから? 新元号「令和」の発表があった 平成4月1日から、平成31年度になりました。 今月から新社会人になる人や、小学校・中学校・高校・大学に入学する人は、 平成31年度入社や 平成31年度入学になりますよね。 でも、5月から元号は令和に変ります。 年度というのは、4月1日から3月31日までのことを指しますよね。 とすると、平成31年度は令和2年の3月31日に終わるのか?と思いましたが、違いました。 どうやら 令和元年度は 令和に変わる5月1日から令和2年の3月31日までをいうそうです。 国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降 は、当年度全体を通じて「令和元年度」とし、これに伴い、当年度 予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては「令 和元年度予算」と表示するものとする。 引用: 原則、 改元日以降は当年度全体を通じて「令和元年度」とし、と書いてあります。 ですので、平成31年度は平成31年4月31日で終了し、5月1日から令和元年度になります。 でもこの表記ですと、 平成31年度はなくなるのかな、という印象を受けます。 どちらかに統一してもらわないと、公的な書類作成のときなど困りますよね。 元号の変わる年というのは、いろいろとトラブルが起きそうです。 「令和元年度」の卒業式はどうなる? 平成31年度が、平成31年4月31日で終了ということはわかりましたが、平成31年度の入学式があるなら平成31年度の卒業式もあるはずですよね。 でも、5月1日からは令和に変ります。 平成31年度の卒業式は、どこに行ってしまうのでしょうか。 本来なら、 平成31年度の卒業式は平成32年の3月に行われます。 でも、平成32年はなくて、令和2年の3月になっています。 令和2年の3月に平成31年度の卒業式・・・はないですよね。 令和元年度卒業式、になります。 ということで、 平成31年度の卒業式は存在しないことになりますね。 なんだか、変な感じです。 「平成31年度入学式」の年の卒業式は「令和元年度卒業式」。 もしくは、令和元年度(平成31年度)卒業式という表記になるのかもしれません。 元号が変わるタイミングによって、年度に影響があるんですね。 あまり考えたことがありませんでした。 でも、今回のように年度の途中で元号を変えると、なんだかごちゃごちゃしませんか。 元号を変えるのは4月がいいのではないかな、と思いました。 今年度ってずーっと平成31年度? 途中から令和元年度になるの? 個人的見解は平成31年度だけど、2日目の職場なんで沈黙を保った😂 — さすけ lovelysasuke 新年度早々書類に悩まされる。 一応、作るべき書類はほぼ公文書。 年度頭、起案が多くて困る。 さて、今年は 平成31年度 なのか 令和元年度 なのか だが、年度切替が4月1日であっても、令和元年は5月1日からだし… 皆言うことバラバラなので、統一しろ。 いっそ西暦一択でお願いしたい。 ?ってなってる。 — k-43 kwhrkym みなさん、やっぱり混乱しています。 それはそうですよね。 私も「いろいろどうなるの?」と思いました。 元号を発表する際には、年度がどうなるか、公的書類にはどう記入するべきなのか、ということも併せてわかりやすく発表してほしいですね。 まとめ 今日は、令和元年度はあるのか、平成31年度の卒業式はどうなるのか、について調べてみました。 令和元年度は5月1日からになるそうです。 そして平成31年度はとても短く、1ヶ月でその名前は終わりを告げました。 また、平成31年度の卒業式は令和元年度卒業式になります。 もしくは、令和元年度(平成31年度)卒業式、ですね。 なんだか、頭がごちゃごちゃします! ですので、元号を変えるのなら4月が良いのではないか、と思いました。 本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!.

次の