丸山 草刈 機。 乗用草刈機:果樹関連機材|株式会社丸山製作所

【楽天市場】マルヤマ BIGM 刈払機 < BDC3650Li> 丸山製作所 36V 5.0Ah 軽量 バッテリ 草刈り機 刈払機 草刈機 家庭菜園 充電式 草刈機 分割式 ハイパワー 軽量 新商品 静か 静音 排気ガスゼロ 逆回転機能付き ナイロンカッター付き:丸山製作所

丸山 草刈 機

無負荷運転時最長約320分使用可能です。 エンジン刈払機の25cc相当のパワーがございます。 付属品としてチップソーだけではなくナイロンコードも一緒に付属しています。 エンジン刈払機と同様のアクセサリが使用可能です。 シャフト部分が中央で分割できるようになっています。 そのため乗用車にもラクラク積込可能です。 収納の際にも場所をとらずに保管できます。 組立も簡単設計となっています。 ハンドルを取り付け、メインシャフトをつなぐだけ。 どなたでも簡単に組みたてを行うことが可能です。 水際にも強い設計です。 刈払機の先端にモーターがついていないため雨上がりや朝露のある草にたいしてもご使用可能です。 重量のあるモーターを後ろにレイアウトすることでバランスよく作業性にも優れています。 バランスが良いため長時間使用する場合、疲れにくい設計となっております。

次の

【楽天市場】マルヤマ BIGM 刈払機 < BDC3650Li> 丸山製作所 36V 5.0Ah 軽量 バッテリ 草刈り機 刈払機 草刈機 家庭菜園 充電式 草刈機 分割式 ハイパワー 軽量 新商品 静か 静音 排気ガスゼロ 逆回転機能付き ナイロンカッター付き:丸山製作所

丸山 草刈 機

ここ数年エンジン絶不調の草刈機、共立AT203G。 すでに使い物にならないほどエンストするので結局26ccのハイパワーマシンを買ってしまったのだが、2台あるとチップソーとナイロンコードで使い分けできて便利かもなんて思っていたので、捨てずに倉庫に眠っていた。 わけだが、ホームセンターで何気に草刈機コーナーをのぞいたら、他社のダイヤフラムが売っていたので、つい合いそうな気がして買ってしまった。 それがこのブツ、900円くらい。 「ウォルプロ用」と書いてあるが何の意味か分からないw 草刈機用ダイヤフラム で、早速家帰ってキャブを外す。 草刈機 共立AT203G キャブレター 2本のネジを外せばダイヤフラムが外せる。 完璧にベコベコして硬くなっている。 草刈機 共立AT203Gのダイヤフラム ん? 微妙にネジ穴の位置が違うな? ダイヤフラムの径は合ってそうだ。 共立AT203Gのダイヤフラムとウォルプロ用ダイヤフラム比較 それより、真ん中の突起の高さがぜんぜん違うので、取り付けるとなんか違和感を感じる。 削るかどうか迷ったが、裏側が同じくらいの高さなのでとりあえず裏で取り付けてしまった。 (この記事を書いているときに思ったが、磨耗するものでこれで正常だったのだろうか?後日検証してみよう) ダイヤフラムの取り付け キャブレターに組みつけてみた。 いろんな耳がはみ出ている・・・。 草刈機に組み付けてガソリン入れてエンジン始動・・・。 か、かかりました!刃が回らないレベルの低回転で5分以上暖機してもアイドリングは安定。 アクセルを開けると低域から高回転までスムーズに回り、どの回転域でも自在にキープ出来た。 実際に15分くらい草刈ってみたが(枯れ草だけど)嬉しくなるほど調子いい。 10年以上前に買ったマシンだが、現役復帰してくれた。 (捨てなくて良かった・・・) やっぱりダイヤフラムだったのか? 、ダイヤフラムの新品と古いのを比べると硬さがぜんぜん違う。 新品は完全にゴム状でしなやか。 古いのは下敷きのようにベコベコ音がするほど。 これからはガソリン入れたまま放置しないようにするからね。 追記(2009/4/21) 1ヶ月経ってエンジンをかけようとしたらまたエンジンがかからなくなっていた。 またシリンダの中にガソリンが大量に入りこんでいるので、キャブを外せばエンジンがかかる(ガス欠ですぐ止まるが)。 エアクリーナーのカバーを外すとキャブの中央の穴が見える(2番目の写真)のだが、プライマリポンプをプシュプシュ押すとその真ん中の穴にガソリンが流れ込んでいき、それが止まらない。 またダイヤフラム不良の症状だ。 1ヶ月前のダイヤフラムでうまくいったのはどういうわけか分からないが、やはりダイヤフラムの真ん中の突起の高さが高すぎて振幅出来ず、スイッチ?を押しっぱなしの状態のようだ。 そこでヤスリで突起を半分くらい削ってみた。 アルミなのですぐ削れる。 削り粉が残らないようにブレーキクリーナーでよく洗浄する。 すると今度はエンジン絶好調となった。 社外ダイヤフラムを使う場合、真ん中の突起の高さは調整する必要があるようだ・・・。 みなさん、ダイヤフラムで社外品を使う冒険はやめましょう!w キャブパーツを通販で買う jinjinさんからの情報 ダイヤフラムなど キャブレター部品はここであつかっていますよ。 値段も安く送料も定額で良心的なので 私はここをよく利用しています。 (2011年8月9日追記) こんちにわ! 最近草刈機械が、調子悪く(エンジンは、始動するが高回転になるとエンジンが止まる)プラグ、キャブ、フィルターと分解して点検したが変わらずでした・・・マフラー外しカーボンも掃除しましたそれでもあまり変わらずでした・・もう新しいのを、買おうと思い新しい草刈り機械を、買いました・・・ゼノアの26ccを、買いました結構高い買い物してしまった。 ・・・調子の悪いホームセンターで買った共立のAT203Gこのホームページもっと早くわかれば新しい機械買わずに済みました・・・自分の機械もAT203Gです、ダイヤフラム交換したら治りました絶好調です・・・ああ・・・もっと早くこのHP知っていれば新しい草刈り機械買わずに済んだのに・・おかげで参考になりました。 先日のGW中に、そろそろ草刈の季節だな。 と思い、購入後十数年のラーニーBR19のエンジン始動。 始動は調子いいが何度やっても1? 2分ですぐにエンジンが止まり、よく見るとプライマリポンプに亀裂が・・・そういえば最後に使ったときもなんだかよく止まった。 修理するためにネット検索してたらこのブログに到着しました。 いま、プライマリーポンプの破損を応急修理して、試してみようと思います。 これで直ったら、プライマリーポンプを注文しようと思いますが、ダイヤフラムも確認してみようと思います。 でも、買い換えてもいいのかな?15000円位で新品もあるし・・ 使用年数は長いけど、時間にすれば50時間くらいですが、使用後エンジン概観が染み出したオイル(燃料?)で黒く汚れるし、ガスケットもだめなのかな? このページを見て、初めていろんな構造がわかりました。 ) パパさんは、私の草刈機のこの症状、どう見ますか? papaさん、こんばんは。 返信ありがとうございます。 エンジンに自信がないので、キャブの分解はしていません。 数年前1度取り外して、灯油で洗浄はしました。 分解すると、必ずシール類の交換が必須になってくると思いますが、メーカーに頼んで調達すると、コストがかかるので、とりあえずお金をかけずに直す方法を模索しております。 部品に何千円もかけるのなら新品購入費用に当てたほうがいいかと思いまして。 もし、他にもアドバイスありましたらブログでこれ以上のやり取りはと思いまして、メルアドを記入いたしましたので、ご指導お願いします。 私もパパさんと同じで、とりあえず、自力で何でもやってます。 よかったら私のブログも寄ってやってください。 さて、草刈機ですが私的にはやはりキャブは一番メンテどころと思っています。 ブレーキクリーナーという長いスプレー缶が300円くらいで売っていますのでこれでばらした部品を洗いながら小さい穴の貫通を確認していきます。 (本当はキャブクリーナーのほうがガム状になった汚れが落とせるのでそっちがいいですが値段が高いです) シールは毎回交換が原則ですがたかが草刈機ですので、目視で劣化していなければそのまま使っています。 (注文してもシール類は安いですけどね) でも普段はガソリンを使い切ってから保管するようにし、ダイヤフラムを取り替えて以降分解せず快調に動いています。 買ってから10年経っているなら劣化しやすいダイヤフラムは定期交換のつもりで必ず交換すべきだと思いますよ。 書き込みですが遠慮なさらず使ってやってください。 コメントと称した掲示板ですから 😉 DIYパパさん、こんにちは。 ブログ訪問していただき、ありがとうございます。 草刈機の応急修理も無事完了し、現在、プライマリポンプを注文しています。 ブログアップしていますので、ご覧ください。 clubohk. 私のブログは登録した方でなければコメントできませんが、バナーのポストからコメントいただければコピーしてupしますので、よかったらコメントしてください。 ではまた、お互いさまざまなDIYで器用貧乏に・・・なりたくないです。 初めて投稿させていただきます。 私は子供の頃から、なぜかエンジンが大好きで困ったもんです。 捨ててある動噴や草刈り機を見つけると、つい拾ったり貰ったりして修理して、エンジンが調子よく完動した時は、 まさに、感動です。 先週の土曜日に近くの農家から丸山の背負い型の刈り払い機の修理を依頼されました。 燃料が漏れるとのことで、見るとポンプのパンクでした。 交換すると一発始動。 が、しかしです。 一旦停止させると、あとは 沈黙。 一晩おくと始動しますが、やはり結果は同じです。 これは内部しかない。 しかし型が古いので適合するリペアがありません。 こうなりゃネットで探すしかない。 結論はそっくり交換です。 私の判断、診断が正しいか確認のため ちょっと覗かせて頂きました。 紹介されていたサイトに、ありました。 早速発注しました。 なんと発注後3時間19 分で発送したとの連絡がありました。 とても役にちました。 パパさんありがとう。 Yパパサンこんにちわ!私もパパサン同様「器用貧乏」と言われながら、近所の農機具屋の廃機置場にあった、大凡20年超の小松ブランドの刈払機をもらいうけ、タダでは悪いのでプラグ1本を同店で購入して帰宅、後日ホームセンターでアクセルワイヤーを入手し組付けてプラグ交換しただけで、エンジン始動。 その後、約7? 8年使用して不調のまま3年放置、このGWに時間もあったので、意を決し再度修理に着手しました。 とりあえず混合ガソリンを用意してキャブレターの全分解、4層からなるダイヤフラム他を見ながら燃料経路を解読、ダイヤフラム以外の部品を交換しました。 ありがとうごさいます。 凄く参考になりました。 お互いに参考になる意見交換できたら良いですね!今後ともよろしくお願いします! はじめまして 友達の丸山草刈り機TK23Lの燃料フィルターが完全に詰まっていたのと、プライマーが破れていたので、エアクリーナーと共に交換。 所がいくら頑張っても掛からず、ダイヤフラムは少しシワがあったけど、大丈夫かな?と思い バラしたら簡単に破れました。 (硬化していたから?) メーカーに電話したら部品番号をFAXするから、と言うので番号を教えました。 近くのコメリで草刈り機の部品が無いか探していたら、メーカーから「FAXが通じませんね、今コメリでしたらコメリにFAXしますから」と電話有り。 値段が1250円! 高いけどメーカーは親切ですね。 プラグを外して火花を点検したら、火花が出ていないような…。 メーカーに訊いたら「スパークは強く無いから見えないかも? スパーク音も多分聞こえ無いでしょう」と言うアドバイスを頂きました。 頑張ってみます。

次の

自走草刈機:刈払機・自走草刈機|株式会社丸山製作所

丸山 草刈 機

広告 故障の主な原因は使い方とメンテナンス 草刈機の故障の原因は主にその使い方とメンテナンスの方法にあります。 つまり、普段の草刈機の使い方が悪いとか、メンテナンスをしなかったとかで、故障して使えないことがよくあります。 草刈機の保管場所が悪い場合も故障の原因になります。 万一故障した場合は、下記の手順に従って点検してみてください。 エンジンがうまく掛からない時の対処方法 修理方法 ガソリンエンジンが掛からない主な原因は、燃料系統と点火系統と吸気系統と排気系統のどれかの場合が多くあります。 そのどれが悪いのかの診断ができれば大抵の場合修理できます。 次のようにして診断します。 燃料を間違えてはエンジンが掛かりません。 2サイクルなら混合燃料 混合比に注意 を使います。 4サイクルなら普通のガソリンを使います。 あまりにも古いガソリンは使わない方が良いでしょう。 ガソリンを吸い過ぎていないか、またはガソリンが薄過ぎないかを点検します。 点火プラグを外して見ればわかります。 点火プラグの濡れ具合を点検します。 点火プラグのギャップ 通常0. 点火プラグのギャップの修正や掃除をします。 エンジンの回転を遅くして使うと、点火プラグの温度が低くなり、点火プラグにカーボンが付着する場合があります。 エンジンはある程度以上の回転で使いましょう。 点火プラグの火花が正常な場合でエンジンが掛からない時は、キャブレター 気化器 の調子が悪い場合があります。 その場合はキャブレターの分解掃除 主にメインジェット部 をします。 キャブレタークリーナーを使うと細かい部分の掃除が簡単にできます。 吸気部のエアクリーナーが詰まっていないか、スポンジが劣化していないか点検します。 マフラーが詰まってもエンジンは掛からないものです。 マフラーが詰まっていないかも点検しましょう。 草刈り機 刈払機 の修理 プライミングボデーの交換 長年草刈機を使っているとゴム製品でできた部品が劣化してきます。 この写真は、気化器 キャブレター を分解してエンジンの燃料を最初に送る 楽天 プライマーポンプ、プライミングポンプ のゴム プライミングボデー、Priming Body を交換できる状態にしたものです。 プライミングボデーはこの写真の中央の下の透明なゴムのような材質でできています。 この状態からプラスネジを4本外せばプライミングボディを簡単に交換することができます。 エンジンを掛ける前に、ここを数回押して気化器に燃料 混合油 を送り込みます。 プライミングボディが破れると全くポンプの役目をしなくなり、エンジンが掛かりません。 まず、気化器やエアクリーナーも外します プライミングボディを交換するには、燃料タンクが邪魔になって外れませんので、先に気化器 キャブレター を外します。 この写真はまず気化器のエアクリーナーカバーを外したところです。 この写真の上部のネジ2本を六角レンチで外して気化器を取り出します。 そして上の写真のような状態にしてプライミングボデーを交換します。 このプライミングボディは機種が違っても共通に使える場合が多いようです。 草刈機の部品は楽天でも買えます。 ダイアフラムの故障 燃料を送るダイアフラムポンプの部品が壊れてもエンジンは掛かりません。 ダイヤフラム・メタリング(ダイヤフラム・メイン)が硬化してベコベコになったり、シワができていることがあります。 この場合は、ダイヤフラム・メタリングを交換します。 キャブレタークリーナーで掃除しながら作業を慎重に行ないます。 燃料を使い切ってから収納するくせにしていたら、このような故障は少ないようです。 草刈機は燃料を使い切ってから収納しましょう。 草刈り機 刈払機 の修理 マフラーの掃除 草刈り機のメンテナンスを怠りなくしていれば、そう故障することはないのですが、今回、草刈り機の調子が悪くなり自分で修理しました。 草刈り中に突然エンジン音に変化があり、回転を上げているのに出力が出なくなりました。 エンジンを止めてよく見ると、マフラー 消音器 の排気口に何か詰まっていました。 エンジンカバーを外して、マフラーを外して掃除をしました。 マフラーの中にカーボンの塊がいくつもありました。 マフラーの出口が小さいのでこれでは詰まって当然です。 また、長年保管していた草刈機のマフラーに土蜂が巣を作ったりすることがよくあります。 ちょっとしたことですが、よく観察すると簡単に修理できることがあります。

次の