東電 解約。 東京電力の引越し手続きまとめ 解約・新規契約の手続き方法

東電⇒東京ガス⇒新電力※解約金・違約金が要るのはドコ?

東電 解約

Sponsored Link 引っ越しの際は ガスや 電気といった、ライフライン関係の対応が必要になってきますね。 今回は引っ越し時に役に立つ、 東京電力への契約・解約手続きについてのまとめです。 初めて引っ越しをする方も分かりやすいように、おおまかな契約・解約の流れに沿って内容を案内していきますね。 東京電力とのやりとりは基本的に 簡単な手順で行えます。 契約の申し込みや解約の手続きが比較的単純な仕組みになっているので、一度流れを把握してしまえば苦労することはそれほどないでしょう。 東京電力は手続き方法を基本的に三種類用意しています。 今回は各手続き手段別に、引っ越し時の契約・解約がどう進められるかで解説していきますので、自分に合うやり方を選んでご活用くださいね。 ・引越しで東京電力との手続き手段は何がある? ・引越しで東京電力の解約手続きの際に電話を利用する時の注意点。 ・引越しで東京電力と解約手続きのやりとりで気を付けることは? このような順番でまとめていきます。 Sponsored Link 引越しで東京電力との手続き手段は何がある? 東京電力は電気使用に関する手続きを インターネット、FAX、カスタマーセンターへの電話、以上の三つから受け付けています。 カスタマーセンターは居住先別に定められた番号がありますので、電話手続きの場合は 該当するカスタマーセンターの番号を事前に調べておきましょう。 東京電力解約手続き。 ネットサービス 東京電力はインターネット上で電気の使用開始や解約まで、全てが 24時間いつでも手続き可能なオンラインサービスを行なっています。 東京電力の運営している 「引越れんらく帳」というサイトがそのサービスになります。 基本的な使い方はまず「」にアクセスします。 その後サイトの手順に沿って、 お名前や引っ越し先、支払方法など必要情報を入力してください。 全ての入力が済んだら東京電力に電力を通してもらう依頼連絡が送信され、手続きが完了となります。 また併用できるサービスとして「」というサービスも実施されています。 こちらを使うことで、現在の電気代状況を確認したり、支払方法や利用プランをいつでも好きな時に確認・変更したりもできる、大変便利なサービスです。 【 ネットを使った解約手順】 ネットから解約の申し込みをする場合は、 引越れんらく帳から解約の項目を選んで進めるだけでOKです。 引越れんらく帳を通して東京電力側に連絡がいくので、忙しい引っ越し時でも スムーズに解約を終えることができます。 ただしまた東京電力を使う可能性がある場合は、解約ではなく 使用停止を選ぶこともできます。 こちらは 契約自体を解消はせず、電気の利用自体を止めておくものです。 契約は続行しつつ利用料を払う手間がないので、出張や単身赴任のようなケースには向いていますね。 便利で手軽なネットサービスですが、利用するにあたって 一つ必要なものがあります。 契約時に発行される、あなたの お客様番号がないとネットからの解約は行えないのです。 番号は検針票にも記載されますので、困った時の為に最新の検針票は保管しておくと安心ですね。 東京電力解約手続き。 カスタマーサポート ネットの扱いには自信がないという方は、 電話サービスによる東京電力のカスタマーサポートを活用しましょう。 カスタマーサポートを利用する場合は 名前や 住所が分かっていれば大丈夫なので、お客様番号が分からない時はこちらを活用するといいですね。 カスタマーサポートの連絡先は 地域別に分かれています。 自分の担当地域はなんという番号か、サービス利用前に確認は済ませておきましょう。 各カスタマーサポートの番号については東京電力のホームページから確認できます。 【 電話を使った解約方法】 電話を使う場合の利点は、 時間や準備に融通が効きやすいことです。 ネットやFAX利用の場合は、引っ越しの日にちが分かった時点でなるべく早めの申し込みが必要となりますが、電話であれば解約日が明日と直近でも、既に解約希望日を過ぎていたとしても対応可能です。 引っ越しに伴って前の家のメーターなどの電気設備を撤去する場合も、東京電力のカスタマーサポートに電話する必要があります。 大規模な引っ越しの場合や、不安点があるので慣れた方に頼りたいという人は カスタマーサポートを頼りましょう。 東京電力解約手続き。 FAXを使った申し込みも可 東京電力のホームページでは電気の使用開始・停止申し込みのための FAX書式を配布しております。 よりFAX用紙を入手できますので、ぜひご活用ください。 ただしFAXで行える手続きはあくまで 使用の開始と停止です。 契約の解除となると電話かネットを利用する必要があるので、こちらは電話と併用しながら利用することをお勧めします。 引越しで東京電力の解約手続きの際に電話を利用する時の注意点。 東京電力は利用者の数も多いため、 なかなか電話がつながりにくいという不便な面もあるようです。 基本的にはひたすら通話をしてつながるのを待つしかないのですが、少しでも繋がる可能性を上げるちょっとしたコツもあるので、そちらについてのまとめをここでは紹介していきます。 本社へ直接連絡してみる カスタマーサポートがダメな時に、 本社に連絡を入れて対応してもらったという人もいるようです。 引っ越しの日時が近づいているのに全然連絡がつかない、という方はこちらの手段を試してみるのもいいですね。 メッセージで繋がりやすいかを判断する 電話を掛けた際に応答用の 自動メッセージが流れると思いますが、その種類次第で現在カスタマーサポートに連絡が着きやすいかを判別できるようです。 呼び出し音の後に、 「こちらは東京電力です、ただいま電力が厳しい状況にあり…」と応答メッセージが戻ってくる場合は 繋がる可能性があるようです。 他のメッセージの場合は諦めて電話を切り、しばらく時間を置いてかけ直してみましょう。 上記の応答メッセージ後は音声ガイダンスに従って操作を進めてください。 しばらくするとつながるまで待機するよう案内が流れますので、20分程度電話を放置して繋がるまで待ち続けてみてください。 Sponsored Link 引越しで東京電力と解約手続きのやりとりで気を付けることは? 一番は引っ越しの日付がわかったら、できるだけ素早く東京電力に連絡を入れておくことです。 東京電力は引っ越し時の場合、 解約するまでの日数から電気代を割り出すようにしています。 つまり、 解約日の連絡が遅れると不要な電気代を支払うことになってしまうかもしれません。 特に電話でのやりとりで手続きを進めるつもりの方は、電話が少々つながりにくいことも考えて段取りを進めていきましょう。 電話であれば解約日を過ぎても対応を受け付けてくれますが、いらぬ金銭トラブルを招きたくないと思うならば 早めに対応してしまうのが一番ですね。 意外と手間が少ないことに驚かれる方もいるかもしれないですね。 特にネットサービスの 引越れんらく帳はサービスが充実しており、電気だけでなく ガスや水道、新聞まで契約・解約の対応が可能です。 カスタマーサポートもイレギュラーに強い対応姿勢なので、何か電気関係でトラブルが起きたとしても安心して活用できますね。 自分に合ったやり方で、つつがなく引っ越しの準備が進められるよう、ぜひ今回の記事を活用してくださいね。

次の

新電力との電気契約

東電 解約

旧東京電力は、持ち株会社の東京電力ホールディングスと、発電を担当する東京電力フュエルアンドパワー、送配電を担当する東京電力パワーグリッド、小売電力事業者の東京電力エナジーパートナーに分社化しました。 そのため、一般個人の電気の契約に関する窓口も、東京電力エナジーパートナーになります。 電力自由化以前の東京電力との契約も、東京電力エナジーパートナーに引き継がれています。 電力自由化って 長い間、一般家庭で電気の供給を受ける場合には、契約できる電力会社は地域ごとに決められていました。 しかし、2016年4月にはじまった電力自由化によって、一般家庭でも、複数の電力会社から選べるようになりました。 東京電力エナジーパートナーも、数多くある小売電力会社のひとつという位置づけになっています。 解約するために準備するものは 契約を特定できる情報を準備しましょう スムーズに解約するために、東京電力エナジーパートナーとの契約内容を特定できる情報をあらかじめ準備しましょう。 具体的には、下記のような情報が準備できているとスムーズに解約できるでしょう。 電気を利用している住所• 契約者名• お客さま番号• 供給地点特定番号• 現在の契約プラン これらの情報は、毎月の検針票に記載されていますが、見つからない場合も安心してください。 少々手間と時間はかかりますが、解約できないということはありません。 引っ越しなどで電気を解約する手続きは 電気を止める「使用停止手続き」が必要です 引っ越しなどで、東京電力の電気を解約したい場合は、電気を止める手続きが必要です。 東京電力エナジーパートナーでは、解約の手続きを ご使用停止と呼んでいます。 電気の停止は引っ越しによるものが多いので、引越し先が東京電力エナジーパートナーの提供エリアの場合は、電気の解約と、引っ越し先で利用開始申込みを同時に手続きすることもできます。 電気の解約はインターネットで申し込みできます 東京電力エナジーパートナーへの電気の解約手続きは、インターネットで申し込みできます。 インターネットなら、通常3営業日前まで解約の申込みができますが、日程が決まった時点で早めに申し込みしておきましょう。 電気の解約はカスタマーセンターへの電話でも申し込みできます 東京電力エナジーパートナーへの電気の解約手続きは、電話でもできます。 検針票に記載されているカスタマーセンターへ連絡しましょう。 とくに、解約希望日まで3営業日を切っている場合には、電話による受付のみになります。 引越しシーズンは電話が込み合ってかかりにくいので、可能な限りインターネットからの解約手続をオススメします。 東京電力を解約するときの注意点 ブレーカーを落とすだけでは解約になりません 引っ越しなどで電気を使用しなくなる場合は、かならず東京電力エナジーパートナーへの連絡が必要です。 ブレーカーを落とすだけでは契約が続いたままになり、電気料金が請求され続けることになりますので、注意しましょう。 料金プランによっては解約時に費用がかかります 電力自由化以降に始まった新料金プランで契約している場合、解約時に手数料がかかる場合があります。 新電力会社に切り替える場合は解約手続き不要です 東京電力エナジーパートナーから、新電力会社に切り替える場合、新電力会社へ切り替わるタイミングで自動解約になるので、解約手続きは不要です。 誤って解約してしまうと、乗り換えがうまくいかなくなることがあるので、気をつけましょう。 引っ越しは電気料金見直しのタイミング 東京電力エナジーパートナーの新料金プランや新電力会社も比較してみましょう 電力自由化により、東京電力エナジーパートナーも新しい料金プランを提供しています。 関東エリア以外でも、東京電力エナジーパートナーと契約することも可能です。 また、新電力会社も割安な料金プランや、ガスやインターネットとのセット割など、多彩な料金プランを提供しています。 引っ越しの機会に、電気料金の見直しをしてみる事をオススメします。

次の

東京電力を解約したい!解約方法・手数料・注意点まとめ

東電 解約

違約金等はかかりません。 引っ越しして「東京ガスの電気」が利用できない場合であっても、引っ越しせずに他の新電力へ乗り換えた場合であっても、解約金、違約金はかかりません。 一部の新電力会社の中には、解約金、違約金がかかるものもありますが、「東京ガスの電気」は不要なので安心ですね。 そのときに、東京電力に解約金や違約金を払う必要があるのか? 結論は、現在東京電力で何のプランを契約しているかによります。 解約金や違約金がかかる具体的プランは以下のとおりです。 期中解約金とは、「契約期間満了日から遡(さかのぼ)った2か月の間以外に解約する場合にかかる違約金」です。 スマホの契約でよくある「解約しばり」ですね。 解約事務手数料とは、「契約の解約時にかかる事務手数料」です。 プラン名 期中解約金 解約事務手数料 備考 プレミアムプラン(2年契約) 5000円 540円 引越し先でも引き続きプレミアムプランに加入する場合や、引越し先が東電のサービスエリア外でプレミアムプランに加入できない場合は、期中解約金不要 プレミアムプラン(1年契約) 3000円 540円 スタンダードX - 540円 - なお、「東京ガスの電気」に乗り換えても、東京電力への連絡は不要です。 これを機会に、是非「東京ガスの電気」に乗り換えましょう! 以上、「東京ガスの電気」に乗り換え際の解約金・違約金の有無について解説してきました。 まとめてみると• 「東京ガスの電気」に契約後解約しても、解約金、違約金はかかりません。 しかし、• 「東京ガスの電気」に乗り換える際は、東京電力のプランによっては、東京電力に解約金が必要な場合がある。 ですね。 「東京ガスの電気」自身は、解約金・違約金がかからなくて安心ですよ。 また、「東京ガスの電気」は、 料金が安くなることに加え、 還元率が1. 5%のパッチョポイントも貯まっておトクです。

次の