せきろう。 隻狼 (せきろ)とは【ピクシブ百科事典】

フロム新作『隻狼』公式サイトオープン!ストーリーやスクショ、スペック情報が公開!他、最新PVの反応まとめ【SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE】

せきろう

はじきは隻狼のバトルシステムであり、立ちはだかる敵を攻略していくうえで非常に重要な要素となっているので、はじきがどういうシステムなのか、どういう効果があるのかを、あらかじめ確認しておきましょう。 「弾き(はじき)」とは? 敵の攻撃を弾くこと 弾きとは、文字通り敵の攻撃を弾くことを意味します。 敵の攻撃に対してタイミングよくガードボタンを入力することで弾きとなります。 弾きに成功すると、爽快感のある金属音がするほか、飛び散る火花の演出がやや派手になるので、画面を見ていれば、弾きが出来ているかどうかがよく分かるかと思います。 練習の項目にも弾きについてのものがあるので、気になる方は練習をしてみると良いです。 高い体幹ダメージを与えられる 弾きでは、通常の攻撃では与えられないような高い体幹ダメージを与えることが出来ます。 体幹ダメージを与えることに関しては弾きが圧倒的に効率がよく、敵が連続して攻撃をしてくる技がある場合、より効率よく体幹ダメージを与えることが可能です。 その分、タイミングの見極めや連続的に弾きをしなければ行けないという、テクニックを要求されることもあります。 体幹ゲージの増加を少なく攻撃を防げる 弾きに成功することで得られるメリットは、敵へ高い体幹ダメージを与えることだけではありません。 こちらが受ける体幹ダメージを普通にガードするよりも少なくすることができるので、生存率やしぶとさに直接的に影響してきます。 弾くことで高い体幹ダメージを与えられること、受ける体幹ダメージを軽減できることを覚えて、戦闘に挑みましょう。 弾ける攻撃と弾けない攻撃がある 弾きは優秀な防御手段ですが、全ての攻撃を弾けるわけではありません。 いわゆる、危険攻撃(敵の攻撃時に画面に「危」と表示される攻撃)に関しては、弾くと言うことができなようになっているのです。 危険攻撃といっても種類は様々ありますが、そのどれも、弾きでは対応できません。 各種危険攻撃それぞれの、別の正しい対応をしなければいけないのです。 弾きが使えると生存率と攻略効率が高まる 弾きが使えるかどうか、弾きの正確さで、戦闘時における生存率やしぶとさ、そして敵の倒しやすさが格段に変化します。 弾きが出来ずにガードばかりをしていると、こちらは体勢を崩しやすくなしダメージを受ける機会が増え、相手にはダメージを与えられないという、防戦一方にすらならないこともザラにあります。 なので、弾きは時間をかけてでも練習して、戦闘に挑んでいきたいところです。

次の

SEKIRO(せきろう)【感想・ネットの評判】

せきろう

はじきは隻狼のバトルシステムであり、立ちはだかる敵を攻略していくうえで非常に重要な要素となっているので、はじきがどういうシステムなのか、どういう効果があるのかを、あらかじめ確認しておきましょう。 「弾き(はじき)」とは? 敵の攻撃を弾くこと 弾きとは、文字通り敵の攻撃を弾くことを意味します。 敵の攻撃に対してタイミングよくガードボタンを入力することで弾きとなります。 弾きに成功すると、爽快感のある金属音がするほか、飛び散る火花の演出がやや派手になるので、画面を見ていれば、弾きが出来ているかどうかがよく分かるかと思います。 練習の項目にも弾きについてのものがあるので、気になる方は練習をしてみると良いです。 高い体幹ダメージを与えられる 弾きでは、通常の攻撃では与えられないような高い体幹ダメージを与えることが出来ます。 体幹ダメージを与えることに関しては弾きが圧倒的に効率がよく、敵が連続して攻撃をしてくる技がある場合、より効率よく体幹ダメージを与えることが可能です。 その分、タイミングの見極めや連続的に弾きをしなければ行けないという、テクニックを要求されることもあります。 体幹ゲージの増加を少なく攻撃を防げる 弾きに成功することで得られるメリットは、敵へ高い体幹ダメージを与えることだけではありません。 こちらが受ける体幹ダメージを普通にガードするよりも少なくすることができるので、生存率やしぶとさに直接的に影響してきます。 弾くことで高い体幹ダメージを与えられること、受ける体幹ダメージを軽減できることを覚えて、戦闘に挑みましょう。 弾ける攻撃と弾けない攻撃がある 弾きは優秀な防御手段ですが、全ての攻撃を弾けるわけではありません。 いわゆる、危険攻撃(敵の攻撃時に画面に「危」と表示される攻撃)に関しては、弾くと言うことができなようになっているのです。 危険攻撃といっても種類は様々ありますが、そのどれも、弾きでは対応できません。 各種危険攻撃それぞれの、別の正しい対応をしなければいけないのです。 弾きが使えると生存率と攻略効率が高まる 弾きが使えるかどうか、弾きの正確さで、戦闘時における生存率やしぶとさ、そして敵の倒しやすさが格段に変化します。 弾きが出来ずにガードばかりをしていると、こちらは体勢を崩しやすくなしダメージを受ける機会が増え、相手にはダメージを与えられないという、防戦一方にすらならないこともザラにあります。 なので、弾きは時間をかけてでも練習して、戦闘に挑んでいきたいところです。

次の

【クリアした上で語る】SEKIRO(隻狼)の評価レビュー【死神ゲーです】

せきろう

はじきは隻狼のバトルシステムであり、立ちはだかる敵を攻略していくうえで非常に重要な要素となっているので、はじきがどういうシステムなのか、どういう効果があるのかを、あらかじめ確認しておきましょう。 「弾き(はじき)」とは? 敵の攻撃を弾くこと 弾きとは、文字通り敵の攻撃を弾くことを意味します。 敵の攻撃に対してタイミングよくガードボタンを入力することで弾きとなります。 弾きに成功すると、爽快感のある金属音がするほか、飛び散る火花の演出がやや派手になるので、画面を見ていれば、弾きが出来ているかどうかがよく分かるかと思います。 練習の項目にも弾きについてのものがあるので、気になる方は練習をしてみると良いです。 高い体幹ダメージを与えられる 弾きでは、通常の攻撃では与えられないような高い体幹ダメージを与えることが出来ます。 体幹ダメージを与えることに関しては弾きが圧倒的に効率がよく、敵が連続して攻撃をしてくる技がある場合、より効率よく体幹ダメージを与えることが可能です。 その分、タイミングの見極めや連続的に弾きをしなければ行けないという、テクニックを要求されることもあります。 体幹ゲージの増加を少なく攻撃を防げる 弾きに成功することで得られるメリットは、敵へ高い体幹ダメージを与えることだけではありません。 こちらが受ける体幹ダメージを普通にガードするよりも少なくすることができるので、生存率やしぶとさに直接的に影響してきます。 弾くことで高い体幹ダメージを与えられること、受ける体幹ダメージを軽減できることを覚えて、戦闘に挑みましょう。 弾ける攻撃と弾けない攻撃がある 弾きは優秀な防御手段ですが、全ての攻撃を弾けるわけではありません。 いわゆる、危険攻撃(敵の攻撃時に画面に「危」と表示される攻撃)に関しては、弾くと言うことができなようになっているのです。 危険攻撃といっても種類は様々ありますが、そのどれも、弾きでは対応できません。 各種危険攻撃それぞれの、別の正しい対応をしなければいけないのです。 弾きが使えると生存率と攻略効率が高まる 弾きが使えるかどうか、弾きの正確さで、戦闘時における生存率やしぶとさ、そして敵の倒しやすさが格段に変化します。 弾きが出来ずにガードばかりをしていると、こちらは体勢を崩しやすくなしダメージを受ける機会が増え、相手にはダメージを与えられないという、防戦一方にすらならないこともザラにあります。 なので、弾きは時間をかけてでも練習して、戦闘に挑んでいきたいところです。

次の