早速 メール 目上。 「早速ですが」の意味と使い方・メールでの書き方・敬語

早い対応へのお礼メール|2つの敬語表現で好印象を獲得【例文あり】

早速 メール 目上

「早速」の意味と使うシーンを見てみよう 「早速」の意味 「早速」は「さっそく」と読みます。 副詞として動詞と一緒に使用すると「すぐに・ただちに〇〇する」など、対応が早い様子を示す言葉になります。 形容詞として名詞と一緒に使用すると、物事がすみやかである事、ものを指します。 「早速」をビジネスで使うシーンとは ビジネスでは「早速のご返信ありがとうございます」の、早速+返信(名詞)など形容詞としても、「早速拝見いたしました」の早速+拝見する(動詞「見る」の謙譲語)など副詞としても使用されます。 また、「早速ですが」の形としても使用され、主に会話や手紙で、前述の内容を受けて本文にスムーズに入る為の置き言葉としても使用されています。 「早速ですが」の会話・文書での使い所を知っておこう 「早速ですが」は会話でも使用OK 手紙の置き言葉としても使用される 「早速ですが」は、会話の文頭にも使用する事ができます。 例えば上司へ報告をする時や、会議の内容説明に移る際に「早速ですが、これから〇〇についてご報告・ご説明させていただきます」と付ける事により、スムーズに主題へと入る事ができます。 ただし、「早速ですが」を会話で多用するとしつこい印象を与えてしまう事があります。 会話で使用する時には場面だけでなく、頻度にも気を付けましょう。 ビジネス文書での「早速ですが」は控えた方が良い 会話での「早速ですが」は有効であることが分かりましたが、ビジネスシーンでの文書の場合はどうでしょうか。 「早速ですが」は、手紙の挨拶文からスムーズな本文への転換への置き言葉として使用されます。 けれども、メールに代表されるビジネス文書では、手紙とは異なり回りくどい挨拶などは使用せず、主題にすぐに入る事が多くなっています。 メールなどのビジネス文書は、読んですぐに要件が分かる様に能率を重視しているからです。 その為、メールなどのタイトルに「〇〇の件」、 本文は「お疲れ様です・いつもお世話になっております」などの簡単な挨拶の後にすぐに主題に入る為、「早速ですが」を使用する機会自体がないと言っても過言ではありません。 そのため、メールなどでは「早速ですが」の使用は控えた方が賢明です。 「早速ですが」の類義語を見てみよう 挨拶のみで置き言葉を置かない 文書の場合には、「お疲れ様です・いつもお世話になっております」などの挨拶の後に主文に入る事も少なくありません。 早速ですが、今回の会の目的についてご説明いたします」 「本日はお忙しい中お時間をいただきありがとうございます。 早速ですが、ご依頼いただいていたお見積もりをご提示させていただきます」 「先日は大変お世話になりました。 ところで、御社が発表される新サービスの件ですが…」 文書の場合 「いつもお世話になっております。 さて、先日お問い合わせいただいた〇〇の件につきましてご回答いたします」 「お疲れ様です。 本メール添付にて週報を提出いたします」(置き言葉なし).

次の

「早速ですが」の意味と使い方・メールでの書き方・敬語

早速 メール 目上

「早速ですが」は「さっそくですが」と読みます。 主にビジネスなどで会話やメール、手紙などの文書で使われる言葉です。 「早速」の意味は「すぐに」とか「ただちに」などの意味があります。 しかし、逆説を表す接続語の「ですが」がついていることから、「早速」以外の意味も加わります。 「早速ですが」には、「ただちにすることに相手の了承を得る」「(説明や挨拶を省いて)、ただちに話をすすめることをお許しください」などの意味があります。 では、実際の使い方をその場面ごとに見てみましょう。 「早速ですが」の使い方 「早速ですが」は日常会話よりは、ビジネスシーンで頻繁に使われます。 自社の商品やプランをクライアントにプレゼンする時や、メールのやり取りなどで使われます。 では、どのように使うのかを、まずはメールなどのツールごとに簡単に説明しましょう。 メール メールの文章のなかで、その本文の書き出しに「早速ですが」が使われます。 「メール」は、今やビジネスには欠かせないツールです。 電話やFAXよりメールの方が、伝達内容が確実に相手に届くこともメールが重宝される理由です。 メールにも、手紙同様その書き方に決まった手順があります。 特に、目上や上司、初めての取引先など丁寧な対応が必要な場合は、メールであってもこの手順を踏むべきです。 まず会社名や役職、相手の氏名、次に時候の挨拶、安否の挨拶、感謝の挨拶と続き、本題にはいります。 そして最後に結びの挨拶などを書きます。 しかし、商談などで何度もメールをやり取りするのに、いちいちこの手順を踏んでいては時間も手間もかかります。 そこで、この前文を省くために「早速ですが」を使います。 手紙 ビジネスにおいて文書を使う場合は、時間に余裕がある場合が多いので、「早速ですが」と使うよりも手順を踏んだ丁寧な文章の方がよいでしょう。 特に「ご挨拶」や「ご案内」など、また商談においても初めて相手に送る文書であれば、時候や感謝の挨拶などの手順を踏みます。 ただし、すでに何らかのやり取りがあり、その上で書類を送付したような場合なら、相手の氏名、感謝の挨拶程度で「早速ですが」と切り出して、いきなり要件に入って失礼にはなりません。 しかし、ビジネス以外の個人的な手紙の場合は「早速ですが」を使うことはあまりありません。 もし使う場合でも、時候の挨拶、安否の挨拶など、ある程度の前文は加えた方が印象がよいでしょう。 シーン別「早速ですが」の使い方 「早速ですが」は、ビジネスシーンで使用することが多い言葉です。 ビジネスシーンの中でも、商談、プレゼン、会議など様々な場面で使います。 商談 「早速ですが」はビジネスシーンで使うことが多い言葉です。 例えば、商談に取引先を訪問した時など、初めての訪問時には名刺交換などをしながら挨拶を交わし、ビジネスの話に持っていくタイミングを図るために世間話なども混ぜて、いわゆる「腹の探り合い」に多少の時間はかけることでしょう。 しかし、一旦商談に入れば、次からは軽い挨拶程度はするでしょうが、すぐさまビジネスの話に入ります。 その時に事項の挨拶や、相手への世辞、労い、また世間話などを省くために「早速ですが」と使います。 軽い挨拶のあと、「早速ですが、本題に入らせていただきます」と続きます。 商談にとっては「時は金なり」です。 会議 ビジネスシーでも、「早速ですが」を頻回に使うのは会議の場でしょう。 会議では時間を有効に使うことが求められます。 ですから、軽い自己紹介以外、一切の挨拶は不要です。 早速ですが、私から今期の実績報告をさせていただきます。 お手元の資料をご覧ください。 このように、自分の所属・氏名を告げたら「早速」本題に入ります。 会議の参加者全員が顔見知りである同じ部署内で開かれる会議などでは、この自己紹介さえ省いても構いません。 依頼 「早速ですが」は依頼をしたりされたりする場でも使用しますが、その立場により注意が必要です。 ビジネスシーンで商談、会議などやり取りを重ねる間に、相手に依頼されたり、逆に相手への依頼をしたりすることが多くあります。 依頼されている場合は「早速ですが、ご依頼の件」のひと言で、依頼された内容を再度長々と説明する必要がなくなり交渉がスピィーディーに進みます。 しかし、逆にこちらから依頼する場合は、その内容により「早速ですが」は使わず依頼内容の説明を繰り返す方が丁寧です。 「早速ですが、値引きのお願いの件」と伝えるよりは、「前回、御社よりご提示いただいた見積もりについてですが、単価をもう少しご譲歩いただけませんでしょうか」と話を進める方が印象が柔らかくなります。 「早速ですが」は敬語か 「早速ですが」は、会議や、商談で使いますが、メールやビジネス文書でも使うことがあります。 ここでは具体的にビジネスメールでの「早速ですが」を使った例文をご案内しましょう。 「早速ですが」例文 ビジネスメール メールは、その要件を相手に解りやすく伝えることが目的です。 ですから時候の挨拶や安否の挨拶などを省略することが、一概には失礼にあたるとは言えません。 目上の方や上司、それまで取り引きの無い会社に出す初めてのメール以外なら、時候・安否・感謝などの文頭の挨拶を「お世話になっております」の一言で代替えることが普通です。 そして、メールの用件に入る前に「早速ですが」を使用します。 その使用方法を例文でみてみましょう。 早速ですが、ご依頼いただきました、A商品の仕様書を送信いたします。 ご確認の上、是非ご検討いただけますよう何卒よろしくお願いいたします。 この様に、「早速ですが」を使うことで時候の挨拶などを一気に省いて、このメールの用件に入ることができます。 早速ですが表題の件 ビジネスメールや、ビジネス文書で「早速ですが表題の件」を使用することも多くあります。 前提として、メールであれば「件名」、文書であれば最初に書かれている文などが「表題」にあたります。 さきほどご紹介したビジネスメールの例文であれば、次のようになります。 早速ですが、表題の件送信いたします。 ご確認の上、ご検討いただけますよう何卒よろしくお願いいたします。 但し、メールの件名に「仕様書の件」など、メールの内容が表記されていることが条件です。 「早速ですが表題の件」を使用することで尚一層スピィーディーなやり取りになります。 「早速ですが」と「さて」の違い 「早速ですが」は、それまでの内容を切って、次の内容を始めるための「出だしの言葉」です。 このような出だしの言葉には他に「さて」があります。 「早速ですが」と「さて」の使用方法の違いを挙げてみます。 「早速ですが」は、最初の時候の挨拶、感謝や安否の挨拶などの前文を省略した場合に使います。 メールでもビジネス文書でも、商談の場でも同じように、「早速ですが」の言葉をきっかけにしていきなり本題に入ります。 「さて」は、「ところで」の意味で場面転換の場合に使う言葉ですから、「さて」と転換する前に何らかの文言が必要です。 前置きや前文があり、「さて」を使い、本題に入ります。 「早速ですが」と「さて」使い方 では、「早速ですが」と「さて」の使い方を具体的にご紹介しましょう。 「早速ですが、ご依頼のお見積もりを送信いたします。 」このように、「早速ですが」は直ぐに本題に入る場合に使います。 でも、同じように「さて、ご依頼のお見積もりを送信いたします。 」と「さて」を使うと何が「さて」なのかわかりません。 この場合は「御社におかれましては増々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 この度は、弊社の製品にご興味を持っていただき、心より感謝いたします。 また、先日は貴重なお時間を頂戴しありがとうございました。 さて、ご依頼いただきましたお見積もりが仕上がりましたので送信させていただきます。 (以下省略)」となります。 このように、同じ出だしの言葉であっても、「さて」を使う場合は、「さて」の前にある程度のボリュームのある、前置きの文章が必要です。 「早速ですが」の同義語 「早速」の同義語には「すぐさま」「至急」「ただちに」など多くの同義語がありますが、「早速ですが」と「ですが」付いた場合、前文を断ち切って、次の展開を始める言葉になります。 「早速ですが」の同義語としては、やはり「さて」「ところで」になるでしょう。 ただし、「さて」も「ところで」も場面転換の言葉になるので、転換するための前置きの文章が必要になります。 「早速ですが」と使うより、「ところで」は少しカジュアルな印象になるので、ビジネスパーソンと親しい関係であれば「ところで」を使ってもよいでしょう。 また「さて」は会話では使うことはあまりありません。 手紙、メールなどの文書で使用することの多い言葉です。 「早速ですが」は時短の言葉 「早速ですが」の使い方・例文・さてとの違い・同義語などをまとめてみました。 「早速ですが」は簡単に表現するなら、時間や手間を省略するための言葉です。 ですから、使用する場面は日常生活より、ビジネスシーンが多くなります。 商談や会議、その他ビジネスシーンで「早速ですが」が交渉開始の合図になっています。 この言葉で、ビジネスマンは「いよいよ本題だ」とばかりに身構えます。 今この瞬間も世界のあちらこちらで、「早速ですが」とビジネスが展開されています。 「早速ですが」は「Time is money・時は金なり」のビジネスにおいては時間を短縮するための常套句です。 上手に使いこなして、ビジネスを円滑に進めましょう。

次の

「早速のご返信」のビジネスの使い方|目上の人へのご連絡メールも

早速 メール 目上

まず最初に、「早速ですが」という言い回しがどのような言い回しなのか、基本的な意味や使い方について確認していきましょう。 「早速ですが」というフレーズは、意味や使い方を覚えると、会話やメール、手紙といった幅広い分野やシーンで使用できる、便利なフレーズです。 ぜひ、この機会に「早速ですが」の正しい意味や使い方を覚えるようにしましょう。 「早速ですが」の意味 最初に、「早速ですが」という言い回しには、どのような意味があるのか見ていきましょう。 「早速ですが」に含まれている「早速」という言葉の解釈について、以下のような解説があります。 すみやかなこと。 すぐ行うこと。 また、そのさま。 /すぐさま。 すぐに。 ただちに。 「goo辞書」に掲載されている上記の解説から、「早速」は、すぐに物事を始めたり、すみやかに行動に移したりすることを意味する言葉だと言えそうです。 また、「早速ですが」の「ですが」には、以下のような意味があると掲載されています。 「だが」の丁寧な言い方。 ですけれど。 上記の解説から、「ですが」という言葉は、「だけど」「だが」などを、丁寧に表現したものだと読み取れます。 「早速ですが」の使い方 「早速ですが」というフレーズの意味を理解したところで、どのように使えば良いのか、基本的な使い方についても考えていきましょう。 「早速ですが」という言い回しは、一般的には挨拶などの後に使われることが多く、本題に入る際の前置きとして使用されるケースが多いと考えられます。 「早速ですが、本題に入らせていただきます」といった使い方をする場合もあり、唐突に本題へ入ると不自然な印象になりそうな場合や、会話と会話の繋ぎが欲しかったりやワンクッションを入れたかったりする際に使用することが多い言い回しとなっています。 「早速ですが」のメールでの書き方 上記でも述べたように、「早速ですが」という言い回しは、ビジネスメールでも頻繁に使用されている言い回しとなっています。 そこで続いては、ビジネスメールにおける「早速ですが」の書き方や使い方について見ていきましょう。 メールでの「早速ですが」の使い方【1】早速ですが表題の件 「早速ですが」を使用した言い回しの中でも、ビジネスメールで特に使用されることが多い言い回しの1つに、「早速ですが表題の件」という言い回しが挙げられます。 ビジネスメールの場合は、件名を入力することは、基本的なマナーとなっています。 件名は、何に関するメールなのか、本文の内容はどのようになっているのかといったことがわかるような内容で記入するのが、一般的と言われています。 ですから、「早速ですが表題の件」という言い回しは、件名に関する内容に触れる際に使用する言い回しとなっています。 使用例としては、「早速ですが、表題の件についてお話しいたします」「早速ですが、表題の件について質問がございます」といった使い方があると考えられます。 メールでの「早速ですが」の使い方【2】:さて・それではの同義語 「早速ですが」という言い回しをビジネスメールで使用する際、「さて」「それでは」といった言葉の言い換え表現として使用されるケースもあります。 メールでは、挨拶をした後に本題へと話の内容を移すパターンが多くなっています。 しかし、「いつもお世話になっております。 〇〇の件は~」といったように、挨拶の後に本題に入ると、文章としても視覚的にも、唐突であったり不自然であったりといった印象を読み手に与えてしまう可能性があります。 「いつもお世話になっております。 早速ですが、〇〇の件は~」といったように、挨拶と本題の間に「早速ですが」という言葉を使用することで、読み手も話題が変わることに対して、心の準備をしやすくなります。 上記でも触れましたが、「早速ですが」という言い回しは、「早速だが」「早速だけど」といった言い回しと比較すると、丁寧な言い回しだと言えるでしょう。 しかし、日本語には敬語なども存在します。 「早速ですが」という言い回しを、上司や目上の人に対して敬意を払っている敬語へと言い換えたい場合、どのように表現すれば良いか考察していきます。 結論から言うと、「早速ですが」という言葉は、敬語として目上の人に使用しても、問題のないフレーズだと言えるでしょう。 上記でもご紹介したように、「ですが」という言葉は、「だが」「だけど」などの言葉を丁寧に表現した言葉となっています。 また、「早速ですが」の後に続く文章で敬語を使う場合、「早速でございますが」などの言い回しにすると、回りくどい印象を与えたり、文章が読みづらくなったりするケースもあります。 「早速ですが」の送付状における使い方 郵送で書類などを送る際、送付状も同封するのが一般的と言われています。 送付状とは、同封した物の種類や個数、送付者の宛先などを記載した書類のことです。 また、送付状には簡単な挨拶を記入することもあります。 送付状の挨拶などで、「早速ですが」という言葉を使うケースも、少なくありません。 そこで続いては、送付状で「早速ですが」を使用する場合の使い方について、考えていきます。 送付状の場合に限らず、「早速ですが」は挨拶から本題へと移る場合などに使われることが多い言い回しです。 ですから送付状では、「先日はお問い合わせいただき、有難うございました。 早速ですが、お問い合わせの件につきまして、関連資料をお送りいたします」といった形で使うことができると予想できます。 「早速ですが」の言い換え・類語 上記でもご紹介したように、「早速ですが」というフレーズは、会話でも文章でも使用することができるフレーズです。 ですから、メールだけでなく、手紙を作成する際にも使用することができます。 続いては、手紙で「早速ですが」という言い回しを使う場合の書き方や使い方について考察していきます。 「早速ですが」の手紙での書き方【1】:書き出し 手紙の場合、書き出しの一言目は、挨拶をするのが一般的です。 ですから、「早速ですが」を使用する場合は、挨拶の後に本題に入るタイミングに使用するケースが多いと考えられます。 まずは挨拶をして、その後に「早速ですが」を使用し、本題へと入っていくという流れが、一般的と言えるでしょう。 具体的な使用例としては、「時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 早速ですが、同封いたしました資料について、ご説明いたします」といった使い方ができると考えられます。 「早速ですが」の前に置くクッション言葉 「早速ですが」という言葉自体が、挨拶と本題を繋ぐクッション言葉としての役割を持つと言われています。 しかし、より自然な流れやナチュラルな雰囲気の会話や文章にしたい場合、「早速ですが」の前にさらにクッションとなる言葉を入れた方が良いという意見もあります。 そこで続いては、「早速ですが」の前に入れるクッション言葉についてご紹介していきます。 「早速ですが」という言葉の前に入れる言葉の中でも、多く使われているのが、「さて、早速ですが」「では、早速ですが」といった言い回しです。 「さて」や「では」といった言葉をクッションとして置くことで、よりあたたかな印象やナチュラルな印象になると言えそうです。 また、「それでは、早速ですが」といった言い回しもすることができるでしょう。 「早速ですが」はビジネス文書には向いていない いかがでしたでしょうか?今回は、「早速ですが」というフレーズをテーマにして、意味や使い方、使用例や言い換え表現などをご紹介しました。 「早速ですが」という言い回しは、ビジネスシーンでも頻繁に使われる表現の1つです。 会話やメール、手紙などで使用されることが多く、挨拶や前の文章と、本題などを繋ぐ役割として使われるフレーズとなっています。 「早速ですが」の一言を、挨拶と本題などの間に入れることで、文章がナチュラルになったり、唐突な印象をやわらげたりすることが可能になります。 一方で、効率や能率を重要視しているビジネス文書などで、「早速ですが」を使うのは、不向きだと言われています。 繋ぎの言葉などを加えることで、まとまりが悪くなったり、回りくどくなったりするためです。 この機会に「早速ですが」の意味や使い方、使いどころを覚えて、ワンランク上のコミュニケーションを取れるようにしておきましょう。

次の