なきにしもあらず 品詞分解。 和歌の品詞分解について

伊勢物語 東下り 解説その3

なきにしもあらず 品詞分解

【本文】 昔、男ありけり。 その男、身をえうなきものに思ひなして、「京には a あらじ。 」とて行きけり。 もとより友とする人一人二人して行きけり。 道知れ f る人もなくて、惑ひ行きけり。 三河の国、八橋といふ所にいたりぬ。 そこを八橋といひけるは、水行く川の蜘蛛手なれば、橋を八つ渡せるによりてなむ、八橋といひ g ける。 その沢にかきつばたいとおもしろく咲きたり。 それを見て、ある人いわく、「かきつばたといふ五文字を句の上に据ゑて、旅の心をよめ。 」と言ひければ、よめる。 A 唐衣 きつつなれ h に i し つましあれば はるばるきぬる 旅をしぞ思ふ とよめりければ、みな人、乾飯の上に涙落としてほとびにけり。 行き行きて、駿河の国にいたりぬ。 宇津の山にいたりて、わが入らむとする道はいと暗う細きに、蔦・楓は茂り、もの心細く、すずろなる目を見ることと思ふに、修行者会ひたり。 「かかる道はいかでか b いまする。 」と言ふを見れば、見し人なりけり。 B 駿河なる 宇津の山べのうつつにも 夢にも人に あはぬなり j けり 富士の山を見れば、五月のつごもりに、雪いと白う降れ k り。 C 時知らぬ 山は富士の嶺 いつとてか 鹿の子まだらに 雪の降るらむ その山は、ここにたとへば、比叡の山を二十ばかり重ね上げたらむほどして、なりは塩尻のやうになむありける。 なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との中に、いと大きなる川あり。 それをすみだ川といふ。 その川のほとりに c 群れゐて思ひやれば、限りなく遠くも来にけるかなとわび合へるに、渡し守、「はや舟に乗れ。 日も暮れぬ。 さる折しも、白き鳥の、嘴と脚と赤き、鴫の大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食ふ。 京には d 見えぬ鳥なれば、みな人見知らず。 渡し守に問ひければ、「これなむ都鳥。 」と言ふを聞きて、 D 名にし負はば いざこと問はむ 都鳥 わが思ふ人は ありや e なしやと とよめりければ、舟こぞりて泣きにけり。 【問題】 -問1- 次の古単語の現代語訳を書きなさい。 1 えうなきもの 2 おもしろし 3 すずろなり 4 いかで 5 わぶ -問2- 本文中a~eの用言の活用の種類、活用形を答えなさい。 a あら b いまする c 群れゐ d 見え e なし -問3- 本文中f~kの助動詞の意味と基本形、活用の種類を答えなさい。 説明せよ。 -問6- 平安時代の人々は、現代の考えとは違い、自分を想ってくれている相手の思いが夢に現れると考えられていた。 それを踏まえ、Bの歌に込められた男の気持ちはどのようなものであったか。 説明せよ。 -問7- A~Dの歌を通して、男の心情はどのように変化しているか。 冒頭の男の状態も踏まえ、その変化の様子を説明せよ。 【ヒント】 -問1- 古単語の意味は、どんなテストでも問われるものです。 覚えようと思うと覚えられないので、授業の前後などに音読をし、意味のわからない部分をその時に確認する、を繰り返すと、自然と文章の意味と連動して古単語が解るようになってきます。 -問2- a 特殊形。 b 特殊形 文末だけれど、活用形に注意。 c 「ゐ」を中心に考える。 d 「見る」ではなく、「見ゆ」が基本形。 e ク活用かシク活用かの違いは、「なる」を足して確認。 -問3- f さみしいの「り」ですが、意味を文脈から良く考える。 g 係助詞があるので、活用形に注意。 h 完了か、断定かを、上の接続の形で判別。 i サ変「す」の変形ではない。 j 意味に注意。 「ゐ」はどういう動作になるのか。 誰に、何を託すのか。 -問5- 旅を通して感じる心のことだけれど、この話の中での「旅」がそもそもどのようなものなのかを、考える。 まず、「無用のもの」と自分のことを想っているのならば、楽しい旅になることはない。 京での悲しい記憶を忘れるために、旅をしていることを考えれば、答は簡単。 -問6- 問題にヒントが隠れています。 平安時代は、夢に出たら、自分ではなく、相手が自分のことを想ってくれている証拠なので、男の夢に恋しい人が現れない、ということは……? -問7- Aの歌 まだ、和歌で遊ぶ余裕がある。 かきつばた、のお題 Bの歌 京に居る恋人を恨んでいる。 Cの歌 時の流れから切り離されている富士山に対する妬み。 自分の時間はとても辛いのに、という気持ち Dの歌 都にいた自分が、東国に。 東国に居る鳥が、「都」の名前を持っている。 妙な皮肉に、悲しみ、嘆いている。 ラストの悲しみ、嘆きに着目する。 -問6- 現実にはもう二度と会えないであろう、恋しい女性が夢にも出てきてくれないのは、きっと彼女はもう自分のことを恋い慕ってはおらず、自分のことを忘れてしまったのではないかという、女性の薄情な態度を恨めしく思う気持ち。 -問7- 男は自分を京には無用の者だと思い、別れた恋人を忘れたくて、自分が住む場所を求め、東に旅に出たが、最初は意気揚々と旅を続けていたけれど、道のりが予想以上に険しく、また、別れた女性から何一つ連絡が来ない事も含めて段々と寂しくなり、旅を続けることは京から離れることだと思えば思うほど、離れたくない気持ちがこみ上げ、不実な恋人に恨みすら抱いていたのに、今は目の前に居る都鳥に尋ねて欲しいと思うくらい、恋しい人に会いたくて堪らなくなっている。 定期テスト、頑張ってください。 ここまで読んで頂いてありがとうございました。

次の

「品詞分解,徒然草」に関するQ&A

なきにしもあらず 品詞分解

「なきにしもあらず」(無きにしも非ず)の意味とは? 意味は「ないわけではない」 「なきにしもあらず」は、「ないわけではない」「ないとは断言できない」という意味を持つ言葉。 あるとまでは断言できず、ないともはっきり断言することができないときに使う、遠回しに肯定をする言葉です。 「なきにしもあらず」の品詞分解 「なきにしもあらず」は複数の単語を合わせた連語となり、品詞分解をすると、「なき」「に」「し」「も」「あら」「ず」と分かれます。 「なき」は形容詞の「なし」、「に」は助動詞の「なり」、「あら」は動詞の「あり」が、それぞれ変化した単語です。 そのため「なきにしもあらず」は、「なし」ということが「非ず」であることが「必ずではない(=しも)」となり、「ないわけではない」という意味になります。 「なきにしもあらず」は二重否定の言葉 「なきにしもあらず」は、「なき」の後に「あらず」が続く「二重否定」の言葉。 「二重否定」とは、否定を二回繰り返すことで、遠回しに「肯定」を伝える言葉となります。 「なきにしもあらず」は、「ある」とも「ない」とも断言をせず、遠回しに「ある」と肯定している言葉です。 一方、遠回しな肯定ではなく、強い肯定を示す「二重否定」の言葉もあります。 たとえば「なきにあらず」という言葉。 遠回しではなく「ある」ことを強く肯定する言葉で「かならずある」という意味を含みます。 「なきにしもあらず」と似ているにも関わらず、異なる意味を持っているので、注意が必要です。 「なきにしもあらず」の使い方と例文 「なきにしもあらず」をビジネスで使うとき 「なきにしもあらず」は遠回しな表現となるため、ビジネスの場で使うときは注意が必要な言葉です。 たとえば、上司に「調査の結果成功する可能性はあるのか?」という問いかけられたとき、部下が「その可能性はなきにしもあらずです」と答えたとすればでどうでしょう?はっきりとした意見や意思表示ができない人、曖昧にごまかしている人というマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。 可能性があると断言できない場合には、「わずかな可能性があると思います」といったように、肯定の言葉を使った上で、使ううようにするのがよいでしょう。 ビジネスにおいては、気軽な意見交換の場などにとどめて使うことがおすすめです。 この場合にも、使いすぎると曖昧で回りくどい印象を与えることになってしまうので、注意が必要と言えます。 「なきにしもあらず」を使った例文• 試合は9回裏だが、最近のチームの調子から考えれば、大逆転する可能性がなきにしもあらずと言えるだろう。 失敗を恐れずにやってみないか?成功する可能性はなきにしもあらずだ。 君には言いづらいことだが、彼女が心変わりをする可能性はなきにしもあらずと思っているよ。 昨日の喧嘩について全く気にしていない様子に見えるが、実はまだ怒っているということもなきにしもあらずだ。 全然似ていないと思っていたが、やはり兄弟だなと思うことなきにしもあらずだ。 その提案に賛成はするが、課題がなきにしもあらずでは?• 先ほどは強く批判してしまったが、いざ自分がその立場になったときにどうするかと聞かれると、それはなきにしもあらずだ。 「太平記」で使われている「なきにしもあらず」 鎌倉時代の終わりから南北朝時代の中頃にかけての戦いの様子を記した物語「太平記」。 隠岐に流される後醍醐天皇に向け児島高徳が送った言葉の中には、「なきにしもあらず」を使った「天勾践を空しうする莫れ。 時范蠡無きにしも非ず」という一文があります。 「勾践(こうせん)」とは中国の春秋時代の王様、「范蠡(はんれい)」とは勾践の部下の名であり、天は勾践を殺してはいけない、いずれ来たるべきときには范蠡のように忠誠を尽くす部下が現れるかもしれない、との意味です。 「なきにしもあらず」の類語は? 「なきにしもあらず」の類語は「なくはない」「少しはある」 「なきにしもあらず」の類語は多くありますが、そのうちの2つを紹介します。 「なくはない」の意味 「なくはない」は、「なきにしもあらず」と同じ意味を持ちます。 あるともないとも断言しきれない「ないわけではない」ことを意味する言葉です。 「なきにしもあらず」同様に否定の言葉を重ねる二重否定の表現となっています。 「少しはある」の意味 「少しはある」は、「なきにしもあらず」に比べると、あることを少し強めたいときに使うのに適している言葉です。 曖昧さは残るものの、二重否定の言葉を使わないためマイナスの印象を与えにくく、回りくどい印象を薄めることができます。 「なきにしもあらず」を英語にすると? 英語表現は「cannot be denied」 「なきにしもあらず」を英語にする場合は、「否定する」の意味を持つ動詞「deny」を使った「cannot be denied」という表現を使うのが適切です。 「The possibility of 〇〇 cannot be denied. 」を訳すると「〇〇の可能性は捨てきれない」となり、「可能性はなきにしもあらず」と同じ意味となります。 まとめ 「ないわけではない」の意味を持つ「なきにしもあらず」。 可能性を否定しきれない場合において使うのに便利な言葉ですが、曖昧で遠回しな表現となるため、ビジネスにおいては、マイナスの印象を持たれないように注意をして使ってください。

次の

伊勢物語『東下り』品詞分解のみ(3)

なきにしもあらず 品詞分解

和歌(12) 時しらぬ山は富士の嶺いつとてか鹿の子まだらに雪のふるらむ その山は、ここにたとへば、比叡の山を 二十 はたちばかり重ねあげたらむほどして、なりは塩尻のやうになむありける。 なほ行き行きて、武蔵の国と下つ総の国との中にいと大きなる河あり。 それをすみだ河といふ。 その河のほとりにむれゐて、思ひやれば、限りなく遠くも来にけるかなとわびあへるに、 渡守 わたしもり、「はや船に乗れ、日も暮れぬ」といふに、乗りて渡らむとするに、皆人物わびしくて、京に思ふ人なきにしもあらず。 さる折しも、白き鳥の、はしとあしと赤き、鴫の大きさなる、水の上に遊びつつ 魚 いをを食ふ。 京には見えぬ鳥なれば、皆人見しらず。 渡守 わたしもりに問ひければ、「これなむ都鳥」といふを聞きて、 和歌(13) 名にしおはばいざ言問はむみやこどりわが思ふ人はありやなしやと とよめりければ、船こぞりて泣きにけり。 (現代訳) 昔、男がいた。 その男は、自身の身を無用のものと思い込んで、「京には住まない。 東国に住める場所を求めよう」と出発した。 以前からの友を一人二人と連れだって行った。 道を知っっている人もおらず、迷いながら行ったのであった。 三河の国の八橋という所に行き着いた。 そこを八橋というのは、水が流れる川筋が蜘蛛の手のように八方に分かれており、八つの橋をわたしたことから、八橋と言うのであった。 その沢のほとりの木陰に降りて腰を下ろし、 乾飯 かれいひを食べた。 その沢には、かきつばたがたいへん美しく咲いていた。 それを見てある人が言うには「 『 かきつばた』という五文字をそれぞれの句の頭において、旅の心を詠め」と言ったので、以下のように詠んだ。 和歌(10) からの着物をずっと着ていると身に馴染んでくるように、長年身近にいて親しんできた妻を都に置いてきたので、その都からはるばると遠くへやって来たなとしみじみと思う。 と詠んだので、同行した人は皆 乾飯 かれいひの上に涙を落としたので 乾飯 かれいひが涙でふやけてしまったのであった。 さらに先へ先へと行き、駿河の国に着いた。 宇津の山に行き着いて、自分が踏み入ろうとする道は、たいへん暗く細く蔦や楓が茂り、何となく心細く、とんでもない目に合うのではないかと思っているときに、修行者に出会った。 「どうしてこのような道をお通りなっていらっしゃる」と言うのを見れば、逢ったことのある人であった。 そこで、京に、あのお方の御ところにと、手紙を言付ける。 和歌(12) 時節を知らない山は、富士だ。 今を一体いつだと思って子鹿の背中のようにまだら模様に雪が降っているのだろうか。 その山(富士山)を京でたとえるならば、比叡山を二十ばかり重ね上げたほどのものであり、形は塩尻のようでした。 なおさらに先へ先へと行き、武蔵の国と下総の国との境に、たいそう大きな河がある。 その河をすみだ河という。 その河のほとりに集まって腰を下ろし、京の方に思いをやれば、限りなく遠くへ来たものであるなとわびしい思いでいると、 渡守 わたしもりが「はやく船に乗れ。 日が暮れてしまう」と言うので、船に乗って河を渡ろうとしたところ、人々が皆わびしく心細い気持ちになり、京に愛しく思う人がいないわけではない。 そんなときにちょうど、白い鳥の、くちばしと足が赤く、鴫くらいの大きさの鳥が水の上で遊びながら魚をとって食べていた。 京では見られない鳥なので、誰もその鳥の名を知らない。 渡守 わたしもりに聞いたところ「これこそが都鳥です」と言うのを聞いて、 和歌(13) 都鳥という名を持つならば、さあ問うてみよう。 わたしが愛しく思う人は、無事に過ごしているのか、どうかと。 と詠んだので、船の上にいる皆がこぞって泣いたのであった。 自身の身を無用のものと思い込んで そう思うに至った推測は諸説ありますが、この前に藤原 高子 たかいことの恋に破れた話が来ているので、シンプルに 高子 たかいことの恋模様が関係していると考えるのが一般的です。 和歌(10) 「 から衣 きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞ思ふ」 五、七、五、七、七の各句の頭に任意の五文字を据えて詠む、和歌でいう、いわゆる 折句という技法です。 「かきつばた」の折句を詠むのがメインなので、和歌自体としては、いまいち意味のとりにくいものになっています。

次の