お言葉に甘えて 使い方。 男性心理って単純!好きな人に甘える方法【言葉編】

「人たらし」とは?意味や使い方を解説

お言葉に甘えて 使い方

「ご厚意」の意味とは? 「ご厚意」の読み方は「ごこうい」 「ご厚意」の読み方は「ごこうい」です。 「厚」は訓読みで「あつ(い)」とも読むため、「ごあつい」と読み間違えないよう注意しましょう。 「ご厚意」の意味は「思いやりの心」 「ご厚意」の意味は「思いやりの心」です。 接頭語の「御(ご)」を加えた丁寧な表現であるため、上司や取引先など目上の人へも使用できます。 自分から相手に対する「思いやり」ではなく、相手から自分に対する「思いやり」に「ご厚意」を使用しましょう。 「ご厚意」単体で使用されることはなく、「ご厚意」に対して感謝したり、「ご厚意」を断ったりと状況によって後に続く言葉は変わってきます。 「ご厚意」の使い方 「ご厚意」はビジネスシーンやメールに使える 「ご厚意」は丁寧な表現であるため、ビジネスなどかしこまったシーンやメールで使用できます。 とくにメールなど書き言葉として使用する場合、表情や声色が伝わらない分、話し言葉よりもさらに丁寧になるよう心掛けましょう。 「ご厚意に感謝します」は「厚意への感謝・お礼する状況」で使用 「ご厚意」の使い方の1つが「ご厚意に感謝します」です。 相手からもらった厚意に対して、感謝しお礼を言うシーンで使用できます。 例えば、「皆様からのご厚意に、深く感謝します」のように使用します。 メールで感謝をする場合、「感謝します」よりも「感謝いたします」や「感謝申し上げます」の方が丁寧であるため、言い換えてみましょう。 「ご厚意に甘えて」は「厚意を受け取る状況」で使用 「ご厚意に甘えて」は「厚意を受け取る状況」で使用できます。 「ご厚意」を使った例文• 多大なご厚意に賜りましたこと、感謝申し上げます• せっかくのご厚意を踏みにじることとなってしまい、誠に申し訳ございません• 皆様からの数多くのご厚意痛み入ります 「ご厚意」と類語「ご好意」との違い 「ご厚意」と「ご好意」の違いは「思いやりの行き先」にある 「ご厚意」の類語には「ご好意」が当てはまります。 「ご好意」とは「親切な気持ち」を意味する「好意」に、接頭語の「御(ご)」を加えた丁寧な表現です。 「思いやる心」を表す「ご厚意」と似た意味をもつ「ご好意」ですが、2つには違いがあります。 「ご厚意」は他人から自分に対する優しさを表し、自分から相手への優しさは「厚意」とは言いません。 対して、「ご好意」は他人から自分、自分から他人への優しさを表します。 誰から誰への優しさなのかによって、使い分ける必要があります。 「お心遣い」「ご配慮」も類語 「ご厚意」の類語には「お心遣い」や「ご配慮」も当てはまります。 「お心遣い」とは「その人のために色々と気を使うこと」を意味しており、「ご配慮」は「よい結果になるよう、心を配ること」を意味します。 「お心遣い」「ご配慮」も、接頭語が加えられた丁寧な表現であるため、目上の相手に対して使用可能です。 「ご厚意」の英語表現 「ご厚意」は英語で「Kindness」 「ご厚意」は英語で「Kindness」と表します。 「Kindness」は「親切」「優しさ」を意味する言葉で、使い方によって「親切な行為」という意味もあります。 例えば、「Thank you for kindness」という例文。 例文の場合、「あなたのご厚意に感謝します」という意味になります。 まとめ 「ご厚意」とは「思いやりの心」を意味する言葉で、「ご厚意に感謝します」や「せっかくのご厚意」などの使い方をします。 相手の厚意へ感謝するシーンや厚意を断るシーンで使用され、状況によっては「ご厚意」が「お金」を意味することもあります。 類語には「ご好意」が当てはまりますが、「誰から誰に向けた思いやりか」によって「ご厚意」と「ご好意」を使い分けましょう。

次の

「お言葉に甘えて」の意味と使い方・敬語・類語・例文|メール

お言葉に甘えて 使い方

スポンサーリンク 「厚かましい」の意味と使い方は? 最初に 「厚かましい」の詳しい意味を見ていきましょう。 「厚かましい」は 「厚い」という形容詞に 「かましい」という接尾語が連なった構成の言葉と考えられます。 転じて 程度が著しい、また態度に遠慮がないといった意味でも使われます。 「かましい」はその物事や状態に似ていることを示し、 「~のきらいがある」「~の傾向がみられる」という意味合いがあります。 ただ語源としては、「面の皮が厚い」の「厚皮(あつかわ)」が「あつかわしい」となり、「あつかましい」に転じたとの説もあります。 「厚かましい」は、 自分の行動が規範に照らしてみっともないのではないか、などと恥じ入る気持ちがないさまを表しますね。 また、こんな行動をとれば相手に迷惑になるかもしれない、といった心遣いがまったくなく、 自分勝手で無遠慮な様子を表します。 状況を分けて意義づければ、ある人の態度や様子が次のような場合に使われます。 また、その作法や礼儀が行き届いていないとき。 さらには、悪いと分かってある事をおこなっておきながら、何食わぬ顔で平然としている状態。 あるいはその人の身分や立場に合っていない、分をわきまえない状態です。 類語の形容詞としては 「図々(ずうずう)しい」、「ふてぶてしい」、「馴れ馴れしい」、「臆面もない」、「虫がいい」、「盗人たけだけしい」「図太い(ずぶとい)」「面の皮が厚い」などがあります。 形容動詞では 「厚顔な」「無遠慮な」「無神経な」「我が物顔な」などが挙げられます。 スポンサーリンク 「厚かましい」の例文としては次のようなものが挙げられます。 彼は何て厚かましい男だ。 厚かましいお願いで恐縮です。 お言葉に甘え、厚かましく頂戴します。 借金を返さずにまた金をくれとは、厚かましいにもほどがある。 たくさん契約を取ろうと思えば、多少厚かましいくらいじゃないとできないよ。 「図々しい」との違いや言い換え方は? 最後に 「厚かましい」と 「図々しい」との違いや言い換え方について見ていきましょう。 「図々しい」も「厚かましい」と意味合いは似ています。 他人に対しての横柄な、また恥知らずな態度や行動について使われる言葉です。 ちなみに「図々しい」は計画やたくらみを示す「図」という漢語から派生したという説があります。 また「図太い」から転じた形容表現との見方もあり、「図々」は当て字ではないか、との指摘もあります。 「図々しい」は「厚かましい」よりもややくだけた表現になります。 あらたまった場面では 「厚かましい」の方が使用には適切だといえるでしょう。 例えば人にものを頼む際に、謙遜する意味から、自分の無遠慮でぶしつけな態度をおわびしながら丁重に依頼する表現があります。 こうした場合は 「図々しいお願いですが、聞いていただけないでしょうか」よりも 「厚かましいお願いですが~」の方が丁寧な、よりへりくだった印象を与えます。 また「厚かましい」は自分自身の恥知らずさや無遠慮な態度を指すのに対し、「図々しい」は他人の都合や気持ちを顧みず、身勝手に振る舞う行動そのものを表すと言うこともできます。 この場合「図々しい」は、 「列に図々しく割り込む」「許可なく他人の席に図々しく座る」「どうぞと言われてもいないのに、家に図々しく上がり込む」といった用法となります。 一方で「厚かましい」は、丁寧な文脈に適していることから「失礼」と置き換えられる場合があります。 例えば「厚かましいお願いですが、これをお借りできませんか」は「失礼なお願いですが~」とも言えます。 また「彼は一見礼儀正しそうだが、実は厚かましい」も、後段を「実は失礼な男だ」と言い換えてもさほど意味上の違和感はありません。 まとめ どうでしたでしょうか? 「厚かましい」の 意味と使い方、そして「図々しい」との違いや言い換え方について詳しくご紹介しました。 似たような言葉でも使う場面や相手によっては表現方法を変えて相手に伝えないと失礼に当たる場合もありますから、本当に言葉というのは奥が深いなと思いますね。 「厚かましい」という表現方法について正しい認識で使えるよう参考にしてみてください。

次の

男性心理って単純!好きな人に甘える方法【言葉編】

お言葉に甘えて 使い方

「お言葉に甘えて」の類語として、「ご厚意に甘えて 」・「ご好意に甘えて」・「お気持ちに甘えて」 ・「 ご親切に甘えて 」・「 お情けに甘えて」 ・「 お心遣いに甘えて」などがあります。 どれも意味としては相手の親切・厚情を感謝しつつ受け入れる言葉として使います。 例えば「今晩我が家で夕食を一緒にどうかな」と誘われた場合に「それではご好意に甘えて」という言葉を「お言葉に甘えて」と同じ意味として使うことができます。 相手に促され謝意を表しつつ行う 『お言葉に甘えて、抱かせて頂きます。 』と小説のタイトルにもなっている「お言葉に甘えて」という言葉ですが、相手の言葉を進んで受け入れて「抱かせて頂きます」という官能的な言葉としても用いることができます。 『お言葉に甘えて、抱かせて頂きます。 』の内容は、ヒロインであるお嬢様を溺愛する執事の恋愛モノです。 誰かにお世話されているお嬢様が一人前になるために一人暮らしをはじめようとするのですが、専属の執事がついてくることで同棲生活がスタートします。 2人の関係が恋愛関係と進んでいくストーリーなので、お嬢様が執事に恋をし体を許すことで、執事が「お言葉に甘えて、抱かせて頂きます。 」と快く受け入れる展開が予想されます。 いただきます 「お言葉に甘えて」の例文として「恐縮ですが」という言葉を文章にプラスした使い方を紹介します。 すでに「お言葉に甘えて」という言葉自体で恐縮した様を伝えていますが、さらに恐縮している表現を強めるために「大変恐縮ですが、お言葉に甘えさせていただきます」という使い方があります。 「恐縮ですが」という言葉は、相手に対して悪い気持ち、申し訳なく思っている様子を表す言葉になります。 相手の好意に甘える意味では「お言葉に甘えて」と似ている部分がありますが、「恐縮ですが」は謝罪の気持ちを強く持っている様子がよくわかる言葉です。 失礼のないよう相手に遠慮している気持ちもしっかり伝えつつ、好意に甘える場面などでうまく使用していきましょう。 お休みをいただきます 「お言葉に甘えて」の意味と使い方・敬語・類語・例文について紹介していきましたが、理解できたでしょうか。 使い方などわかった方は、類語なども取り入れ、ビジネスシーンでどんどん活用してみましょう。 「お言葉に甘えて」という言葉は他人を信頼し頼ることができます。 また相手も頼ってもらえたことを嬉しく感じお互いの関係を良好にしていく鍵にもなるでしょう。 必要に応じて他人に甘えることは、壁を作らない意味でも人間関係をスムーズにしていきます。 ただ場合によっては、相手の様子や言葉の真意をよく観察し「お言葉に甘えて」を使いすぎないようにもしましょう。 あまりにも甘えすぎてしまうと「図々しい」という印象になります。 空気を読むのが苦手な方は一度遠慮して断るなど様子をみていく姿勢もプラスするようにしましょう。

次の