かみ さま に あいたい あらすじ。 「かみさまは小学5年生」の著者すみれちゃんは本物の神様かもしれない

「かみさまにあいたい」読書感想文の書き方の例文【3作品】

かみ さま に あいたい あらすじ

著者:北森ちえ 絵:森川泉 国土社 小学五年生の海は、運動神経抜群、サッカーが大好きな少年です。 市の選抜メンバーとして、さらなる飛躍を志していた海でしたが、練習試合でのケガがもとで、サッカーをするのが怖くなってしまいます。 長い治療のせいで、サッカーが下手になってしまった自分を、チームメイトたちに見られたくないと思ってしまうのです。 そんな海が、夏休みを利用して、いとこの舟がいる呉の町へ出かけます。 そこには、なっちゃんという、大学受験で浪人中の若い海の叔母さんがいて、海と舟に勉強を教えてくれるのですが、本人は、まったく受験勉強をしようとはしません。 難関大学の医学部を目指していた、成績優秀な人であったはずが、どうして? しだいに明らかになっていく、なっちゃんの秘密。 海は、生きることに悩んでいるのが、自分たち子どもだけではないことに気づいていきます。 作品の随所で登場する「ナツネコ」が、読者を海と彼を取り巻く人々の心の旅にいざないます。 作中で文章になっているわけではありませんが、自分の未来に戸惑う少年たちの姿が、旧日本海軍の母港であった呉を舞台に描かれることで、未来を選べなかった太平洋戦争当時の若者と現代の若者との対比を行間に読み取ることができます。 物語の後半で、海と舟は、「ナツネコ」が住みかにしている防空壕へ、なっちゃんが子どものころに忘れてきた宝物を探しにでかけます。 ところが、そこで思わぬハプニングに巻き込まれて、生きるか死ぬかの大変なことに・・・。 「才能があるかないかなんて、関係ない。 中略 ・・・才能がないのがわかってしまうのが怖い、なんていうのは、他人の目を気にしているだけのことなんじゃね・・・」 なっちゃんの言葉が、サッカーから逃げようとしていた海のわだかまりを溶かしていくラストに、著者からの子どもたちへのエールが込められています。 夢を追い求めることの大切さがさわやかに伝わってくる、この夏いちばんのお勧めの一書。 平成29年度静岡県夏休み推薦図書。 第35回静岡県なつやすみ読書感想画コンクール指定図書。

次の

感想文の書き方【かみさまにあいたい/中学年向け課題図書】

かみ さま に あいたい あらすじ

もくじ• 現代の少年が主人公の身近で、親近感のわく設定で読みやすいと思います。 身近な人との死別や、働く親との関係などが含まれて、自分の体験を重ねるたり 共感したり、感想は書きやすいと思います。 余韻を残して物語はおわり、想像や推測だけで感想をまとめることになります。 動物好きなお子さんはわくわくと楽しく読むことができると思います。 外国の農場の物語なので、読んでいくとわかりづらい部分もあるかもしれません。 物語が少し長いので読むのは大変ですが、感想を書くのは楽だと思います。 なぜなら・・・だからです。 「なるほど!」「おもしろい!」とは思えますし、読むのは楽です。 文字数は少なく、読むのはカンタンですが感想文を書くのは大変です。 登場人物や場面、セリフなどもありませんので、共感や反発等の感想もないです。 歴史や自然についての情報があれば、「はじめて知った」と言う感じで 書くことができますが、そう言った詳しい情報もありません。 スロー写真、瞬間の写真を見てどう感じたか、どう思ったかを書くだけです。 今回の推薦図書で1、2を争うほどの「読むのはラク、書くのは大変」な本です。 後半の解説の部分はむずかしいと感じたら、読まなくても大丈夫です。 共感もしやすいと思うので感想文は書きやすいと思ます。 子ぶたのトリュフは赤毛のアンやトムソーヤ等が好きなお子さんには向いています。 動物好き、冒険好き、いたずら好きなお子さんはワクワクと読みすすめられると思います。 課題図書の中に必ずある理系の本が2冊あります。 科学、物理的なしゅんかん図鑑と 自然、昆虫、生物系のハチごはんです。 どちらも情報は少なめですが、想像力を働かせて 感想文を書くことができますし、ノンフィクションの課題図書が多いことはいいことだと思います。

次の

感想文の書き方【かみさまにあいたい/中学年向け課題図書】

かみ さま に あいたい あらすじ

内容紹介 大好きだったおばあちゃんに嘘をついたまま、永遠の別れをむかえてしまった主人公の雄一。 教室で、先生の指示には従わず、反抗的な態度で、クラスメートからも敬遠されている竜也。 そんな二人が、成長していくストーリーです。 竜也はシングルマザーの母と二人暮らしをしており、看護師をしている。 誕生日の夜、一人ぼっちでこたつで寝てしまいます。 夜中、ふと気がつくと自分の頭をやさしくなでる女の神様が。 その神様にもう一度会いたいと願います。 雄一は、認知症になったおばあちゃんを柔道の試合に招待しなかったことや、そのあと、柔道を辞めたことを悔やみ続けています。 おばあちゃんが言っていた「強くてまっすぐな男」になりたいと願っています。 そんな二人が、神様との交信を試みる・・・ (「BOOK」データベースより) 大好きなおばあちゃんにうそをついたまま、永遠の別れをむかえてしまった雄一。 ひょんなことから、同級生の竜也といっしょに、「神さま」との交信を試みることになるが…。 心の傷を抱えた少年たちのひみつの友情と成長の物語。 詳細な「あらすじ」はこちら! 学校などの教育機関が与える課題図書は 「教育的成果」を期待してのものです。 そのため、 教育機関からの読書感想文を書くにあたっては「どのような学びを得ることができたか」を感じ取れる感想文にすることが大切です。 つまり、教育機関が与える課題図書に対する感想文は・・ 読書感想文・用紙と字数のルール その他の詳細 原稿用紙を使用し、縦書きで自筆してください。 原稿用紙の大きさ、字詰に規定はありません。 文字数については下記のとおりです。 改行のための空白か所は字数として数えます。 この物語は二人の少年の孤独に対する受け取り方と、その心の状態が、どのように生活の中で態度として表れたかを伝える内容なのだと感じました。 僕がとても違和感を感じたのは、竜也が雄一に「神様がいると思うか」と質問したところです。 僕にとってその質問は「サンタクロースはいると思うか」という質問と同じようなものだからです。 雄一も竜也も悩みや不安を抱えている少年でしたが、竜也の方は考え方や他人への態度の表れ方が、とても屈折していて、誰か心の支えになる人がいないと、変な大人になりそうな気がしました。 というのも、実は、僕のおじさんが若いころ、竜也と同じように神様がいるとかいないとかを真剣に考えたことが理由で、大学をやめてしまった人だったからです。 そのため親戚中からいろいろ質問攻めにされたり、怒られたりして何年も家に戻ってこれなくなったからです。 僕と同じぐらいの子供で、そんな考え方をする人がいるのか、とても不思議に思い、やはり本の中のストーリーだなと思ったのです。 母親が忙しくて遊んでもらえない竜也の寂しさは分かります。 でも「神様は女で、やさしそうで一緒にいるだけでほっとする、幸せな感じ」という妄想で心を癒しているというのは、かなり心が病んでいる状態だと思うし、母親は看護師さんなのに、なぜそういう子供の気持ちが分からないでいるのか理解できませんでした。 竜也に比べ、雄一の悩みはどちらかというと、まだ救いようがあるものだと思いました。 認知症のおばあちゃんとの割り切れない分かれ方をした事実がありましたが、そうであっても、神様にお願いをする際「強くてまっすぐな男になれますように」という現実的なお願いにできていたからです。 僕はこの本を読んで、子供が不幸になるのは、家族との関係の中に原因があることが多いのだと感じました。 雄一と竜也もそうでしたが、子供の気持ちを察してあげないといけないのは先生や友達より、まずは家族なのだと思いました。 特に、この本の中で僕がガッカリした人は、竜也のお母さんです。 看護師の仕事はとても尊敬できる仕事だと思うし、忙しいのも分かります。 僕の親戚にも病院で働いている人がいますので、看護師さんの仕事は大変なことをよく聞かされています。 でも、竜也が周りに八つ当たりしたり、神様の妄想をしたりしているようでは、お母さんの立派さと、竜也のダメさで、プラスマイナスがゼロになるようなものだと思うからです。 また、この本の中で、ナンシーはとてもいいアドバイスをしてくれたなと感心しました。 雄一も竜也もナンシーの考え方のアドバイスがなかったら、良い方向にはいかなかったと思ったはずだからです。 ナンシーのアドバイスを聞いて思ったことは、人間は「理由付け」や「考え方」が発見できれば、心は安心できるようになるということです。 また、自分だけで考えているとよい考えはなかなかでないものですが、そういう場合はだれかに相談してみることが有効なのかもしれないと思いました。 僕も困ったときに頼れるナンシーのような人がいればいいなと思いした。 (1284文字) 「かみさまにあいたい」を読んで この夏、僕は課題図書の4冊すべてを読んでみました。 というより、お父さんが4冊とも買ってきたので読まないと叱らせそうなので、全部読むしかありませんでした。 4冊読んだ結果「子ぶたのトリュフ」と「かみさまにあいたい」のどちらかで感想文を書こうと思ったのですが、この「かみさまにあいたい」の方が、印象深いエピソードがあったので、この本で感想文を書こうと思いました。 この本は、同級生の雄一と竜也の心の問題をあつかったストーリーで、雄一は、おばあちゃんに嘘をついたままおばあちゃんが死んでしまったことへの後悔、竜也はお母さんが忙しくて相手をしてくれない寂しさからの周囲とトラブルばかり起こしていたのですが、それらの悩みを徐々に受け入れていけるようになるというものでした。 主人公は、雄一らしいのですが、竜也も主人公といってもいいぐらい、この物語の中では重要な存在です。 僕がこの本を読んで感じたことは、雄一と竜也の性格の違いです。 同級生で、同じように悩みをもっている二人でしたが、辛さに対する態度の表れ方が、あたかも比較して考えてもらいたいかのように、違っていたのです。 雄一は、おとなしく、自分の中でウジウジ考えこむタイプであり、竜也は他人と喧嘩してしまうような行動に表れてしまうタイプといった感じです。 この二人の性格の違いを見ていて、僕は、心の悩みを外に出す竜也の性格は、ものすごく損だなと思いました。 それは、もし大人になっても、そういう性格が抜けずに、周囲とトラブルばかり起こしていたなら、いつかは警察に逮捕されるような人間になってしまうかもしれないと思ったからです。 それに比べ、雄一は、優柔不断でどちらかというと内向的な性格のため、他人に危害を加えるタイプではないため、悪いほうに進んでいっても世の中に迷惑をかける人にはならないと思ったからです。 また、この本を読んで、考えさせられたことは、僕にも雄一と同じように、おばあちゃんがいるのですが、まだ認知症になるような年齢ではないのですが、もし雄一のおばあちゃんぐらいになったとき、認知症になったらどんな接し方をすればいいか考えさせられたのです。 ひょっとしたら雄一とおなじように、友達には見せないようにするかもしれないし、雄一とおなじように、体裁のいい嘘をついてしまうかもしれないと思ったのです。 そのため、おばあちゃんが元気なうちに、思い出をたくさん作っておこうと思いました。 竜也のお母さんは忙しい人ですが、竜也に問題があるのは、そのためなので、自分のお母さんが竜也と同じように忙しい人でなくて良かったと思いました。 そう考えると、僕は竜也より恵まれているんだと思い、のんきでいられることに感謝しないといけないと反省させられました。 この本を読んで発見したことは、本の中の登場人物で、不幸な人や苦しんでいる人が出てきた時は、自分と比較して読むことの大切さです。 自分の恵まれている点に感謝すること、そして、その恵まれている状態はひょっとすると、いつかなくなってしまうかもしれないという危機感を持ちながら生活することが大切なのだと思いました。 (1285文字) こちらのブログにも1200文字用の感想文の例があります。 子供に感想文を書かせる際に意識すべきことは「読書を嫌いにさせないことの配慮」です。 感想文の課題が理由で「読書嫌い」になるお子さんも多いからです。 その点は特に重要です。 小学校中学年 「子ぶたのトリュフ」(さ・え・ら書房) 著者:ヘレン・ピータース・文 エリー・スノードン・絵 もりうちすみこ・訳 本体価格:1,400円 ページ数:208ページ ISBN978-4-378-01524-8 内容紹介 お母さんぶたのおっぱいもすえなかった赤ちゃんぶたは、ジャスミンのけんめいな世話で命をとりとめる。 そしてあらしの夜、かしこい子ぶたに成長したトリュフは、行方不明になったモルモットを、においをたよりに追いかける。 内容(「BOOK」データベースより) ジャスミンに命をすくわれた子ぶたのトリュフ。 こんどはジャスミンを助けるために大かつやく! 農場を舞台にした、少女と子ぶたの心あたたまる物語。 「そうだったのか!しゅんかん図鑑」 (小学館) 著者:伊知地国夫・写真 本体価格:1,300円 ページ数:44ページ ISBN978-4-09-726777-5 内容紹介 肉眼で見えぬ瞬間を切り「撮った」写真絵本 ふだん何気なく見ているものを、 その瞬間でストップ! 撮影してみました。 消える! なんだろう? はじける! なんだろう? しずむ! 沸かす! 投げても! 打っても! 煙が上がる! せんこう花火の火花 蚊とり線香の煙 驚き連続の写真絵本です。 めくるとページが2倍になる造本で、より驚き度もアップ! きっと自然科学への興味が湧いてきます。 【編集担当からのおすすめ情報】 思いもかけぬ映像に、 ただ驚きの連続の撮影現場。 なんて火花にも発見あり。 こんな写真絵本を学生時代に見ていたら、 物理の授業も楽しかっただろうなと思えます。 幼いうちに是非! もちろん、大人になってから見ても、かなり楽しめます。 内容(「BOOK」データベースより) しゅんかんの世界へようこそ! ふだんなにげなく見ているものも、その一瞬を「ストップ! 切りとってみると…? 肉眼では見えないものが見えてくるから不思議です。 実際に見えるものとはちがう現象だったり、見えていたはずが、じつは残像だったり! なんだか、おもしろいな…と思うことこそ、科学への興味の第一歩。 まずは、しゅんかん画像をぞんぶんにお楽しみください! 「季節のごちそうハチごはん」(ほるぷ出版) 著者:横塚眞己人・写真と文 本体価格:1,500円 ページ数:41ページ ISBN978-4-593-56337-1 内容紹介 岐阜県の郷土料理のひとつに、「ヘボの甘露煮」というものがあります。 「ヘボ」とはこの地方の呼び名で、クロスズメバチという種類のハチです。 ハチを食べると聞くとおどろくかもしれませんが、むかしから、日本各地や世界中で、虫は食べられてきました。 日本の一部の地域では、今も、季節のごちそうとして虫を食べているのです。 いったい、どんなふうに虫を食べているのでしょうか。 内容(「BOOK」データベースより) 岐阜県などのある地域では、ハチの子を食べる習慣があります。 おどろくかもしれませんが、むかしから、世界中で虫は食べられてきました。 日本でも、季節のごちそうとして虫を食べているのです。 いったい、どんなふうに食べているのでしょうか。 関連記事&おすすめの記事•

次の