生理 前 歯 が 痛い。 毎月生理前になると、奥歯がズキズキしてきます…

PMS(月経前症候群)と歯痛

生理 前 歯 が 痛い

月経前症候群(PMS)が発症する直接の原因は不明ですが、女性ホルモンのひとつである 黄体ホルモン(プロゲステロン)が関係しているのは確かとされています。 黄体ホルモンは、子宮内膜を厚くして妊娠しやすい体を作るホルモンです。 排卵後の黄体期に多く分泌され、妊娠に備えて、食欲を増したり、基礎体温を上げたり、体の水分の排出を抑えたりするなど、体の中でいろいろな現象を誘発します。 妊娠が成立しないと、黄体ホルモンの分泌は急激に減り、不要になった子宮内膜を体の外に排出する月経が起こります。 この 黄体ホルモンの増減が、体に何らかの作用をして、むくみや張り、頭痛などのさまざまな症状を引き起こしていると考えられています。 症状に応じて薬を処方される場合もあります。 イライラが強い場合は精神安定薬、むくみには利尿薬、頭痛などの痛みには鎮痛薬などです。 漢方薬も効果が認められ、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、抑肝散(よくかんさん)などが使われます。 また、西洋ハーブのひとつであるチェストベリーも効果が認められ、要指導医薬品として購入することができます。 これらの治療で改善しない場合は、 低用量経口避妊薬(EP配合剤)によるホルモン療法を行います。 いわゆるピルですので、毎日規則正しく飲まないと、かえってホルモンバランスを崩してしまうので注意が必要です。 また、高血圧や肥満のある人、喫煙している人などは、まれに血栓ができやすくなる危険性が高まるので、使用できない場合もあります。 のみ始めに吐き気や乳房の張り、頭痛などの副作用が現れることがありますが、通常は継続するうちにおさまります。 副作用がつらい場合は、自己判断で中止せず医師に相談してください。 うつ症状がある場合は、抗うつ薬を生理前の短期間に限って使うこともあります。 副作用について眠気が出る場合がありますが、重大な副作用は報告されていません。 また、抗うつ薬はずっと飲んでいるイメージがありますが、PMSの治療時に使い場合は月経前の短期間だけに使用します。

次の

生理前に起きる歯茎、歯の不調の原因・対処法は?口臭と女性ホルモンの関係とは

生理 前 歯 が 痛い

これにはズバリ、女性ホルモンが関係しています。 まず生理の時期が近づいてくると、女性の身体は妊娠しやすくなるために黄体ホルモンの分泌が盛んになります。 すると生理前は基礎体温での高温期を迎え、寝る時でもなかなか体温が下がらず身体がだるい状態が続くんですよね。 そのための寝不足や疲れから身体の免疫力が低下し、もともとあった炎症が強く感じられたり、外気中の雑菌に感染しやすくなります。 口の中は外の空気が直接入ってきますから、特に雑菌が繁殖しやすくなり、また免疫力が低下した生理前や生理中は虫歯や歯肉炎が起きやすいんですね。 さらに生理になる直前から、「プロスタグランジン」という物質が多く分泌されるようになります。 このプロスタグランジンは発痛増強物質、つまり痛みを強くする作用があるので、下腹部痛などの生理痛の原因になります。 同時に歯痛の原因物質でもあるため、分泌量が多いと歯の痛みが強くなることもあるんですね~。 あ~、、やだやだ -"- 生理前の歯痛を解消したい時 まずは痛み止め、つまり鎮痛剤ですね。 痛み止めは痛みをコントロールする有効な手段なので、痛みが強いときは我慢せず飲んだ方がいいでしょう。 月経前症候群が原因での歯痛の場合は、他にも不調を抱えている場合が多いので、痛みを我慢しているとさらにイライラがひどくなりますからね。 さて鎮痛剤もたくさん市販されていますから、即効性のあるもので、なるべく胃に優しいものを選びましょう。 鎮痛剤には頭痛、生理痛、歯痛など全般に効き目がありますが、薬剤師に相談すると特に症状に合わせたものを紹介してくれますよ。 また、ツボでも痛み対策もおすすめです。 歯痛の痛み止めツボは二つあると言われています。 手のツボで、「合谷(ごうこく)」と足のツボで「陥谷(かんこく)」があります。 はい、予防はできますよ。 まずは普段からの虫歯ケアですね。 誤解のないように説明しますが、生理前に虫歯や歯肉炎になるのではなく、もともともっているものが痛みを増すと理解してください。 また銀歯などをかぶせている人は、内部で虫歯が進行している可能性もあります。 ですから日頃のケアと、虫歯があるようなら早めに歯医者で治療しておくのが最も効果的な対策です。 虫歯がなくても最近は歯茎の炎症や歯周病なども多いし、生理前や生理中は口臭がひどくなる人も少なくないんですよ。 げ~!!これって女性には相当ショックですよね。 なので、生理前に限らず定期的な歯科通いは大切です。 冷たいものがしみる知覚過敏など、ほおってはいませんか?ちょっとした違和感がお口のトラブルになるので必ずチェックしましょうね。 私は世の中で一番恐ろしい場所と思っているのが歯科医院ですが(笑)、半年に1回は歯茎チェックと歯垢クリーニングをしてもらってますよ。 また歯磨きを丁寧に行うことは鉄則!ということで、歯痛の予防対策としては、普段からの虫歯、歯茎ケア、そして痛みが出たら、鎮痛剤、ツボといった対処方で乗り切っていきましょう。 歯痛の原因、月経前症候群を軽減する ツボや鎮痛剤など以外に、生理前の歯痛の原因になっている月経前症候群そのものを軽減するのもとっても効果的です。 ただ月経前症候群は個人差があり症状や程度も様々です。 ひどい場合は、婦人科の病院で相談や治療を行う場合もありますが、そこまでではない場合は、生活の中で自分でできる予防法もあります。 最近は月経前症候群に専用のサプリメントが人気で、身体に負担がなく手頃に飲みやすいという点でも多くの女性に支持されているようですね。 漢方も身体に負担がなく体質改善には効果があるとされていますが、中には苦くてちょっと飲みにくいという感想もよく聞きます。 その点、サプリメントは飲みやすく、また体調やホルモンバランスを整える天然成分や嬉しいことに美容成分も含まれていることが多いです。 サプリメントの天然成分はハーブであったり、生薬であったり、安心できる素材なので安心ですよね。 試してみるのもいいかも! 歯痛を根本から予防する為に必要な成分は 生理前はどうしても免疫力が低下すると説明しましたよね。 なのでこの免疫力も普段からアップさせる生活を心掛けると歯痛の対策になるということです。 そこで注目なのが腸内環境です!免疫細胞は腸内で作られるので、ぜひとも腸内環境を整えましょう。 まずは食べ物です。 免疫力アップには、ヨーグルトや乳酸菌飲料などの「ビフィズス菌」や「乳酸菌」を含む食品が欠かせません。 そして嬉しいことに、先ほど紹介した月経前症候群を軽減するサプリメントには、この「乳酸菌」をたっぷり配合したものもあるんですよ。 乳酸菌や味噌に含まれる麹菌などは腸内細菌が増やす働きがあるのでとっても効果的です。 逆に腸内細菌を減らす可能性がある食品が、保存料や着色料などの食品添加物が多い食品です。 生理前に限らず、普段の食生活から意識して腸内環境を整え免疫力をアップさせることで、健康な身体になり、そうすると気持ちも元気になり、月経前症候群の症状も改善が見られるかもしれませんね。 スポンサーリンク.

次の

生理中に歯が痛くなるホントの原因とは?

生理 前 歯 が 痛い

これにはズバリ、女性ホルモンが関係しています。 まず生理の時期が近づいてくると、女性の身体は妊娠しやすくなるために黄体ホルモンの分泌が盛んになります。 すると生理前は基礎体温での高温期を迎え、寝る時でもなかなか体温が下がらず身体がだるい状態が続くんですよね。 そのための寝不足や疲れから身体の免疫力が低下し、もともとあった炎症が強く感じられたり、外気中の雑菌に感染しやすくなります。 口の中は外の空気が直接入ってきますから、特に雑菌が繁殖しやすくなり、また免疫力が低下した生理前や生理中は虫歯や歯肉炎が起きやすいんですね。 さらに生理になる直前から、「プロスタグランジン」という物質が多く分泌されるようになります。 このプロスタグランジンは発痛増強物質、つまり痛みを強くする作用があるので、下腹部痛などの生理痛の原因になります。 同時に歯痛の原因物質でもあるため、分泌量が多いと歯の痛みが強くなることもあるんですね~。 あ~、、やだやだ -"- 生理前の歯痛を解消したい時 まずは痛み止め、つまり鎮痛剤ですね。 痛み止めは痛みをコントロールする有効な手段なので、痛みが強いときは我慢せず飲んだ方がいいでしょう。 月経前症候群が原因での歯痛の場合は、他にも不調を抱えている場合が多いので、痛みを我慢しているとさらにイライラがひどくなりますからね。 さて鎮痛剤もたくさん市販されていますから、即効性のあるもので、なるべく胃に優しいものを選びましょう。 鎮痛剤には頭痛、生理痛、歯痛など全般に効き目がありますが、薬剤師に相談すると特に症状に合わせたものを紹介してくれますよ。 また、ツボでも痛み対策もおすすめです。 歯痛の痛み止めツボは二つあると言われています。 手のツボで、「合谷(ごうこく)」と足のツボで「陥谷(かんこく)」があります。 はい、予防はできますよ。 まずは普段からの虫歯ケアですね。 誤解のないように説明しますが、生理前に虫歯や歯肉炎になるのではなく、もともともっているものが痛みを増すと理解してください。 また銀歯などをかぶせている人は、内部で虫歯が進行している可能性もあります。 ですから日頃のケアと、虫歯があるようなら早めに歯医者で治療しておくのが最も効果的な対策です。 虫歯がなくても最近は歯茎の炎症や歯周病なども多いし、生理前や生理中は口臭がひどくなる人も少なくないんですよ。 げ~!!これって女性には相当ショックですよね。 なので、生理前に限らず定期的な歯科通いは大切です。 冷たいものがしみる知覚過敏など、ほおってはいませんか?ちょっとした違和感がお口のトラブルになるので必ずチェックしましょうね。 私は世の中で一番恐ろしい場所と思っているのが歯科医院ですが(笑)、半年に1回は歯茎チェックと歯垢クリーニングをしてもらってますよ。 また歯磨きを丁寧に行うことは鉄則!ということで、歯痛の予防対策としては、普段からの虫歯、歯茎ケア、そして痛みが出たら、鎮痛剤、ツボといった対処方で乗り切っていきましょう。 歯痛の原因、月経前症候群を軽減する ツボや鎮痛剤など以外に、生理前の歯痛の原因になっている月経前症候群そのものを軽減するのもとっても効果的です。 ただ月経前症候群は個人差があり症状や程度も様々です。 ひどい場合は、婦人科の病院で相談や治療を行う場合もありますが、そこまでではない場合は、生活の中で自分でできる予防法もあります。 最近は月経前症候群に専用のサプリメントが人気で、身体に負担がなく手頃に飲みやすいという点でも多くの女性に支持されているようですね。 漢方も身体に負担がなく体質改善には効果があるとされていますが、中には苦くてちょっと飲みにくいという感想もよく聞きます。 その点、サプリメントは飲みやすく、また体調やホルモンバランスを整える天然成分や嬉しいことに美容成分も含まれていることが多いです。 サプリメントの天然成分はハーブであったり、生薬であったり、安心できる素材なので安心ですよね。 試してみるのもいいかも! 歯痛を根本から予防する為に必要な成分は 生理前はどうしても免疫力が低下すると説明しましたよね。 なのでこの免疫力も普段からアップさせる生活を心掛けると歯痛の対策になるということです。 そこで注目なのが腸内環境です!免疫細胞は腸内で作られるので、ぜひとも腸内環境を整えましょう。 まずは食べ物です。 免疫力アップには、ヨーグルトや乳酸菌飲料などの「ビフィズス菌」や「乳酸菌」を含む食品が欠かせません。 そして嬉しいことに、先ほど紹介した月経前症候群を軽減するサプリメントには、この「乳酸菌」をたっぷり配合したものもあるんですよ。 乳酸菌や味噌に含まれる麹菌などは腸内細菌が増やす働きがあるのでとっても効果的です。 逆に腸内細菌を減らす可能性がある食品が、保存料や着色料などの食品添加物が多い食品です。 生理前に限らず、普段の食生活から意識して腸内環境を整え免疫力をアップさせることで、健康な身体になり、そうすると気持ちも元気になり、月経前症候群の症状も改善が見られるかもしれませんね。 スポンサーリンク.

次の