赤ワイン つまみ。 ワインのおつまみをコンビニで!おすすめの組み合わせをご紹介

宅飲みやパーティーにピッタリ!赤ワインに合う絶品おつまみ16選

赤ワイン つまみ

枝豆:ネガティブな要素は出てこないけれど、どちらの風味も消しあっている感じ。 オリーブ:ワインの甘味を強く感じるようになる。 好みによって評価が分かれそう。 ミックスナッツ:ワインの果実味やナッツの香ばしさをストレートに感じられる。 合わせることでの変化はあまりないけれど、悪くはない。 イカフライ:甘味料の甘味や魚介の生臭みが強調されてよくない。 生ハム:ワインの甘味が際立って重い。 肉の旨味やスモーキーな香りはワインの風味と相性悪くない感じ。 ポテトチップス:お菓子とぶどうジュースという感じ。 お互いの要素をぼかし合っている。 柿の種:辛味をワインの果実味や甘味がうまくカバーしてくれる。 ワインが軽めで味わいがすぐに消えるので、しばらくすると辛味や香ばしさが戻ってくるのがちょっと面白い。 枝豆:ワインの根菜系を思わせる香りと枝豆の香りがほどよくマッチ。 ワインの果実味もしっかり感じられながら、カラメルのような香りも良いエッセンスに。 少し酸味が浮いて感じる。 オリーブ:ワインに鉄のような要素を感じるようになって重く感じる。 また酸味が浮いて感じられて、舌の上で刺激のように感じる。 ミックスナッツ:ワインの酸味とナッツのオイリーな味わいがミスマッチ。 どちらも粗く浮いて感じてしまって、合わせない方がよい。 イカフライ:味わいや舌触りが粗くなってしまう。 甘味と酸味が変に強調されて、香辛料や甘味料とも反応しているのか、違和感のある刺激を感じる。 生ハム:あまり反応しあわず、よくもなく悪くもなくといった感じ。 酸味が脂や塩味を流す感じで後味がすっきりする。 ポテトチップス:ワインの酸味、ジャガイモの土臭さが強調されて美味しくない。 ワインの果実味や風味を地味にしてしまう。 柿の種:合わせると、辛味と酸味、イチゴキャンディのような香りだけが残って、ワインが負けてしまっている。 【おつまみごとの結果】• 枝豆:ワインの緑の植物を思わせる香りと枝豆の青い香りがほどよく調和。 味わいもお互いに邪魔しないし、悪くない。 オリーブ:珍しく全員が「3」評価。 それほど変化はしないけれど、お互いの要素がしっかり感じられて、テクスチュアも合っていて悪くない。 ミックスナッツ:ネガティブな要素は出てこないけれど、ワインの特長が少しぼんやりして余韻が短くなる感じ。 イカフライ:変な苦味や魚介の風味を感じてしまって、後口に残る感じ。 完全にミスマッチ。 生ハム:生ハムの塩味や豚の旨味が、ワインの果実味、酸味、旨味、渋味などのそれぞれの味わいをよりくっきりと感じさせてくれる。 赤ワインのレベルを引き上げてくれる感じ。 ポテトチップス:どちらの特長も少し弱くなる感じで、合わせない方がおいしい。 少しピーマンのような青い野菜や土のような香りを感じるようになって違和感がある。 柿の種:辛味が強すぎてワインの果実味を消してしまう。 ワインの植物的な青い香りは少し強く感じる。 編集後記(やってみてわかったこと!! ) 【結局のところは??】 赤ワインとおつまみはあまり相性が良い組み合わせがない結果でした。 わざわざ購入してまで合わせたいと思うものは、重めの赤ワインと生ハムの組み合わせくらいでした。 白ワインでは評価が高かったですが、試したおつまみはビールに合いそうな定番おつまみを選んだので、比較的味わいや飲み口がビールに近い白ワインでは評価が高かったのかもしれません。 赤ワインにはもっと油脂や塩味を多く含んでいるものだったり、肉だと厚みが合ったりしたほうが相性が良くなりそうな印象でした。

次の

赤ワインに合うとっておきの贅沢おつまみ8選!

赤ワイン つまみ

枝豆:ネガティブな要素は出てこないけれど、どちらの風味も消しあっている感じ。 オリーブ:ワインの甘味を強く感じるようになる。 好みによって評価が分かれそう。 ミックスナッツ:ワインの果実味やナッツの香ばしさをストレートに感じられる。 合わせることでの変化はあまりないけれど、悪くはない。 イカフライ:甘味料の甘味や魚介の生臭みが強調されてよくない。 生ハム:ワインの甘味が際立って重い。 肉の旨味やスモーキーな香りはワインの風味と相性悪くない感じ。 ポテトチップス:お菓子とぶどうジュースという感じ。 お互いの要素をぼかし合っている。 柿の種:辛味をワインの果実味や甘味がうまくカバーしてくれる。 ワインが軽めで味わいがすぐに消えるので、しばらくすると辛味や香ばしさが戻ってくるのがちょっと面白い。 枝豆:ワインの根菜系を思わせる香りと枝豆の香りがほどよくマッチ。 ワインの果実味もしっかり感じられながら、カラメルのような香りも良いエッセンスに。 少し酸味が浮いて感じる。 オリーブ:ワインに鉄のような要素を感じるようになって重く感じる。 また酸味が浮いて感じられて、舌の上で刺激のように感じる。 ミックスナッツ:ワインの酸味とナッツのオイリーな味わいがミスマッチ。 どちらも粗く浮いて感じてしまって、合わせない方がよい。 イカフライ:味わいや舌触りが粗くなってしまう。 甘味と酸味が変に強調されて、香辛料や甘味料とも反応しているのか、違和感のある刺激を感じる。 生ハム:あまり反応しあわず、よくもなく悪くもなくといった感じ。 酸味が脂や塩味を流す感じで後味がすっきりする。 ポテトチップス:ワインの酸味、ジャガイモの土臭さが強調されて美味しくない。 ワインの果実味や風味を地味にしてしまう。 柿の種:合わせると、辛味と酸味、イチゴキャンディのような香りだけが残って、ワインが負けてしまっている。 【おつまみごとの結果】• 枝豆:ワインの緑の植物を思わせる香りと枝豆の青い香りがほどよく調和。 味わいもお互いに邪魔しないし、悪くない。 オリーブ:珍しく全員が「3」評価。 それほど変化はしないけれど、お互いの要素がしっかり感じられて、テクスチュアも合っていて悪くない。 ミックスナッツ:ネガティブな要素は出てこないけれど、ワインの特長が少しぼんやりして余韻が短くなる感じ。 イカフライ:変な苦味や魚介の風味を感じてしまって、後口に残る感じ。 完全にミスマッチ。 生ハム:生ハムの塩味や豚の旨味が、ワインの果実味、酸味、旨味、渋味などのそれぞれの味わいをよりくっきりと感じさせてくれる。 赤ワインのレベルを引き上げてくれる感じ。 ポテトチップス:どちらの特長も少し弱くなる感じで、合わせない方がおいしい。 少しピーマンのような青い野菜や土のような香りを感じるようになって違和感がある。 柿の種:辛味が強すぎてワインの果実味を消してしまう。 ワインの植物的な青い香りは少し強く感じる。 編集後記(やってみてわかったこと!! ) 【結局のところは??】 赤ワインとおつまみはあまり相性が良い組み合わせがない結果でした。 わざわざ購入してまで合わせたいと思うものは、重めの赤ワインと生ハムの組み合わせくらいでした。 白ワインでは評価が高かったですが、試したおつまみはビールに合いそうな定番おつまみを選んだので、比較的味わいや飲み口がビールに近い白ワインでは評価が高かったのかもしれません。 赤ワインにはもっと油脂や塩味を多く含んでいるものだったり、肉だと厚みが合ったりしたほうが相性が良くなりそうな印象でした。

次の

赤ワインに合うとっておきの贅沢おつまみ8選!

赤ワイン つまみ

ボディごとの合うおつまみ ボディとはワインの味わいや濃厚さ、重さなどを表現するワイン界の専門用語で「フルボディ」「ライトボディ」「ミディアムボディ」の3種類があります。 それぞれのボディによって合うおつまみは異なりますので、各ボディに合うおつまみを紹介していきます。 ・フルボディ 濃厚でコクのある、味が濃いおつまみが合います。 特に燻製系のおつまみであれば、赤ワインの熟成感との相性もばっちりです。 例:牡蠣の燻製、レバーペーストなど ・ライトボディ 濃厚なフルボディと違って軽い味わいのライトボディは、塩っ気が少なく、 さっぱりとした味わいのおつまみとの相性が抜群。 例:ドライフルーツ、生ハムなど ・ミディアムボディ フルボディとライトボディの中間に当たるライトボディの赤ワインは、 コクがほどよくある素材のおつまみがおすすめです。 例:チーズ、ピザ コンビニで手に入るおつまみ ・チーズ ライトボディからミディアムボディの赤ワインには、ゴーダチーズやチェダーチーズがおすすめです。 フルーティーな赤ワインを選ぶと良いですよ。 ・サラミ サラミは熟成の過程でうまみを凝縮させてしっかりとした味になりますが、ところどころに入る脂身がその口当たりを軽やかに仕上げてくれます。 合わせる赤ワインも軽やかなミディアムボディのものが、相性が良いです。 ・お菓子 お菓子と赤ワインの組み合わせはイメージがわきにくいかもしれませんが、実は相性が良いものもあります。 代表的なものは チョコレート。 チョコレートと赤ワインにはどちらもポリフェノールが存在しているという共通点があるので、相性が良いのです。 口溶けの良いチョコレートとなめらかな赤ワインはおすすめの組み合わせですよ。 ・フルーツ フルーツも赤ワインとの相性がイメージしにくいかもしれませんが、ここで紹介したいのは ドライフルーツ。 ドライフルーツの凝縮した果実味はライトボディやミディアムボディの赤ワインと好相性です。 ・缶詰 缶詰は長期保存が出来るように味付けがしっかりしているものが多いですよね。 フルボディの赤ワインと楽しむと、 缶詰の塩気がタンニンの渋さを和らげ、柔らかな印象にしてくれます。 ・肉まん 一口に肉まんといっても、その中には 豚肉、香味野菜、スパイス、基本となるスープ(中華スープ)などが含まれています。 色々な要素で構成されている肉まんには、ミディアムボディの赤ワインがバランス良く調和してくれます。 ・おでん コンビニの花形商品おでんも実は赤ワインと相性が良いものです。 黒くてしょう油の味がしっかりとした関東風おでんであれば、ミディアムボディからフルボディの赤ワインを合わせましょう。 だしの風味と薄口しょう油の競演が見事な関西風おでんであれば、ライトボディからミディアムボディの赤ワインがおすすめです。 ワインマーケットパーティで買えるおつまみ ワインマーケットパーティとは東京恵比寿にあるワインマートです。 世界各国のワインの他、ワインを楽しむための食品やおつまみなどが揃っており、日本ソムリエ協会認定のソムリエやワインアドバイザーが在籍。 おすすめのおつまみやワインを紹介してくれます。 ここではワインマーケットパーティで買える、おすすめのおつまみをご紹介します。 付属の器具で殻を割ると、香ばしいマカダミアナッツが食べられます。 赤ワインのおつまみにすれば、いつものワインがひと味変わりますよ。 ワインマーケットパーティでも 1位、2位を争う人気商品なのだそうです。 鮮やかなオレンジ色に 濃厚な味わいが特長です。 フルボディの赤ワインのおつまみにピッタリ。 購入はこちらから(外部サイトにリンクします) 野菜のおつまみとおすすめのワイン ・パリパリ! イージーピザ 春巻きの皮を重ねてピザ生地にする、超簡単ピザです。 家にある野菜でアレンジするのもおすすめです。 ・ほくほくスイートポテト風サラダ 甘みのあるさつまいもに、クリームチーズやドライフルーツを合わせました。 ベーコンの塩気と脂、粒マスタードの酸味が絶妙なおつまみです。 野菜のおつまみに合う赤ワインは、ライトボディ、ミディアムボディのものが多いですね。 野菜に合うワイン 野菜のおつまみにピッタリの赤ワインは、オーストラリアの定番ワインである [イエローテイル]のこちらの2本。 [イエローテイル]ピノ・ノワール(参考小売価格:税抜1,007円) ミディアムボディの赤ワイン。 ベリーの味わいたっぷりで、酸味は控えめです。 酸味や渋みが穏やかで バランスが良く、軽やかな味わいを野菜料理と楽しんでください。 購入はこちらから(外部サイトにリンクします) [イエローテイル]メルロー(参考小売価格:税抜1,007円) まろやかさと、ふかみのある味わいが楽しめる、ミディアムボディの赤ワイン。 甘い香りと果実の甘みが見事に調和しています。 ソフトでまろやかな飲み口は甘みのある野菜との相性が抜群です。 購入はこちらから(外部サイトにリンクします) 魚のおつまみとおすすめのワイン ・かつおの串揚げ 刺身やたたきが定番料理ですがワインに合わせて 洋風の串揚げにアレンジ。 赤身の魚には、赤ワインをセレクトして楽しんでみてください。 ・たことトマトのバジルバター炒め バジルの香りがたこの旨味を引き立てる一品。 バケットにのせて食べるのもおすすめの食べ方です。 魚のおつまみには、ミディアムボディの赤ワインがおすすめですよ。 魚に合うワイン 魚に合わせたいミディアムボディの赤ワインの中から、渋みが控えめでベリー系の酸味がさわやかなブドウ品種 ピノ・ノワールでつくられた、おすすめの2本をご紹介します。 ラブレ・ロワ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(参考小売価格:税抜2,450円) ピノ・ノワール種の繊細で高貴な香りと赤い果実のアロマを感じられるフランス ブルゴーニュのミディアムボディの赤ワイン。 タンニンが穏やかで、口当たりも柔らかいので、カツオのたたきなどの魚料理との相性はぴったりです。 購入はこちらから(外部サイトにリンクします) サンタ・リタ 120(シェント・べインテ)ピノ・ノワール(参考小売価格:税抜1,200円) チリのミディアムボディの赤ワイン。 上品なピノ・ノワールの特長を最大限に引き出したフルーティーな味わい。 深みがありつつ、重すぎないので、料理の味を邪魔しません。 魚本来の味わいを引き立てます。 購入はこちらから(外部サイトにリンクします) 肉のおつまみとおすすめのワイン ・フライパンローストビーフ 豪華な塊肉のお肉料理が手軽にフライパンで完成しちゃいます。 ・やわらかミートローフ ひき肉だねを型に入れてオーブンで焼くだけで、見た目も華やかなミートローフになります。 ハンバーグより手軽に作れちゃいます。 肉料理には赤ワインというイメージを持つ人が多いように、肉と赤ワインとの相性は抜群です。 お肉に合う赤ワイン 赤ワインの中でもお肉のおつまみに合わせたいのは、こちらの2本。 メッツァコロナ アンテッラ ピノ・ノワール(参考小売価格:税抜900円) ベリー系の豊かな果実味に、ほどよい酸味が 肉料理の後味をさっぱりとさせてくれます。 購入はこちらから(外部サイトにリンクします) べリンジャー カリフォルニア メルロー(参考小売価格:税抜1,200円) 凝縮された果実の味わいが、 お肉の旨味とマッチします。 ひき肉料理にピッタリ、アメリカ カリフォルニアのミディアムボディの赤ワインです。 まとめ 赤ワインに合うおつまみをたくさんご紹介しました。 素材や味付けによって、相性の良い赤ワインのタイプも変化します。 また、ちょっとひと手間を加えると、より一層ワインとの相性は増します。 赤ワインに合うレシピを知りたくなったら、サッポロビールHPを検索してみてください。 赤ワインと相性の良いおつまみのレパートリーが増えますよ。

次の