ジクサー 250。 ネイキッド『ジクサー250』の走りって? 軽さでこんなにも印象が違う250ccのバイクも珍しい!?【SUZUKI GIXXER 250/試乗インプレ②】

スズキ「ジクサー250」扱いやすくてコスパも高い! 爽快な新型ネイキッドスポーツバイク【試乗インプレ・車両解説】(2020年)

ジクサー 250

東京モーターショー2019に出展され、「油冷エンジン復活」が二輪ファンの間で話題になったスズキ ジクサー250の国内販売が決定した。 発売日はネイキッドモデルのジクサー250が6月17日、フルカウリング装着のジクサーSF250がひと足早い4月24日発売だ。 いずれも日本国内仕様として、フロント周りの造作を変更し、新たにダンロップ製ラジアルタイヤを装着している。 そして、まず注目すべきはその価格である。 フルカウル版のジクサーSF250でも48万円! 表をご覧いただけば一目瞭然、2モデルとも税込みで40万円代と250ccロードモデルの最安値を更新しているのである。 このクラスでこれまで最も安かった同じくスズキのGSX250Rより、フルカウルのジクサーSF250が5万円以上、ネイキッドのジクサー250で約9万円も安いのである。 他社と比べても、同じ単気筒エンジンを搭載するホンダCB250Rより約12万円安い。 要は50万円を切る250ccという、スズキ得意の価格革命である(数値的には125〜150ccモデルの価格帯に入る)。 低価格の基本的な理由は、「コストのこなれた普遍的な材料と構造を用いて作り上げたスタンダードバイクだから」だろう。 あえて2気筒やDOHCといったハイメカを採用せずに、リーズナブルに仕上げられているわけだが、最高出力はホンダCB250Rとほぼ同等の26馬力。 車重はジクサー250で154kg、ジクサーSFで158kgと、他の2気筒モデルに比べると8〜10kg軽い。 (クラス最軽量のCB250Rより10kg重いが、その分価格が12万円安いと考えれば十分に納得がいくだろう) ジクサー250のカラーバリエーションは、マットプラチナシルバーメタリックNo. 2(黒)の2色を設定 同じくインド生産で2017年に国内導入され好評を博しているジクサー150のことを考えると、ジクサー250シリーズも性能とコストがバランスしたお買い得なパッケージであることは間違いないだろう。 高価な材料や技術を使い、250ccでありながら4気筒エンジンを搭載するカワサキZX-25Rのようなハイスペックモデルに魅力を感じるユーザーもいれば、普遍的な内容で求めやすい得やすい価格に 「こういうので良いんだよ」と魅力を感じるユーザーもいる。 実用性や経済性を重視するなら、このジクサー250シリーズは間違いなくクラスNo. 1モデルになるはずだ。 また、若年層やビギナーのエントリーモデルとしても、この価格は非常にありがたいはずだ。 ジクサーSF250のカラーバリエーションはマットプラチナシルバーメタリックNo. 2、マットブラックメタリックNo. 2、トリトンブルーメタリックの3色 ジクサー250に採用された、新たな「油冷エンジン」とは? さて、動力性能面はどうなのだろう。 エンジンのボアストロークは76. 9mmというショートストローク型で、最高出力発生回転数は9,000rpmだから、かなり元気に回るエンジンだと思われる。 とはいえ、このエンジンの大きな特徴的は新設計の「油冷エンジン」であることだ。 油冷自体はスズキの伝統的フィーチャーだが、このジクサー250シリーズのエンジンでは従来の冷却システムとは異なる考え方の「油冷」を採用している。 ジクサー250のオイルクーラー。 エンジン左側前方に設置されている。 フルカウルのジクサーSF250にも当然装備されているが、カウルに覆われて外観からは見えない この新しい油冷機構はSOCS(Suzuki Oil Cooling System)と呼ばれ、従来のSACS(Suzuki Advanced Cooling System)から、オイルを前面に訴求するネーミングとなった。 具体的なの違いはと言うと、SACSがシリンダーヘッド部へのオイル噴射を主に用いていた事に対して、SOCSは水冷エンジンのように燃焼室周りにオイルの循環するジャケットを設けて、より積極的にオイル冷却をする事にある。 車体左側に装着されたオイルクーラーには、ラジエターと同様に冷却ファンが設けられている。 この新たな油冷システム=SOCSの採用によって考えられるメリットは以下の通り。 エンジン重量低減:水冷同様にエンジンに冷却フィンがなく、使用量にもよるがオイルは冷却水よりも比重が軽い。 また、内径や材質次第だが、ラジエターホースよりオイルラインの方が基本的には軽い。 ちなみにエンジンには1200mlのエンジンオイル打刻があったが、発表されているエンジンオイル総容量は1800mlである。 騒音低減:シリンダーはオイルジャケットのある二重構造だから、メカノイズや燃焼騒音が抑制できる。 このため、エンジンの温度が運転早期に安定する。 これは高効率化に重要な要素で、燃焼温度の最適化・安定化は排出ガス規制をクリアするためには必須である。 このように、価格もエンジンも極めてスズキらしいと思えるジクサー250シリーズ、その走りの内容がどのようなものか期待が高まるばかりである。 9mm 圧縮比:10.

次の

SF インプレッション

ジクサー 250

東京モーターショー2019に出展され、「油冷エンジン復活」が二輪ファンの間で話題になったスズキ ジクサー250の国内販売が決定した。 発売日はネイキッドモデルのジクサー250が6月17日、フルカウリング装着のジクサーSF250がひと足早い4月24日発売だ。 いずれも日本国内仕様として、フロント周りの造作を変更し、新たにダンロップ製ラジアルタイヤを装着している。 そして、まず注目すべきはその価格である。 フルカウル版のジクサーSF250でも48万円! 表をご覧いただけば一目瞭然、2モデルとも税込みで40万円代と250ccロードモデルの最安値を更新しているのである。 このクラスでこれまで最も安かった同じくスズキのGSX250Rより、フルカウルのジクサーSF250が5万円以上、ネイキッドのジクサー250で約9万円も安いのである。 他社と比べても、同じ単気筒エンジンを搭載するホンダCB250Rより約12万円安い。 要は50万円を切る250ccという、スズキ得意の価格革命である(数値的には125〜150ccモデルの価格帯に入る)。 低価格の基本的な理由は、「コストのこなれた普遍的な材料と構造を用いて作り上げたスタンダードバイクだから」だろう。 あえて2気筒やDOHCといったハイメカを採用せずに、リーズナブルに仕上げられているわけだが、最高出力はホンダCB250Rとほぼ同等の26馬力。 車重はジクサー250で154kg、ジクサーSFで158kgと、他の2気筒モデルに比べると8〜10kg軽い。 (クラス最軽量のCB250Rより10kg重いが、その分価格が12万円安いと考えれば十分に納得がいくだろう) ジクサー250のカラーバリエーションは、マットプラチナシルバーメタリックNo. 2(黒)の2色を設定 同じくインド生産で2017年に国内導入され好評を博しているジクサー150のことを考えると、ジクサー250シリーズも性能とコストがバランスしたお買い得なパッケージであることは間違いないだろう。 高価な材料や技術を使い、250ccでありながら4気筒エンジンを搭載するカワサキZX-25Rのようなハイスペックモデルに魅力を感じるユーザーもいれば、普遍的な内容で求めやすい得やすい価格に 「こういうので良いんだよ」と魅力を感じるユーザーもいる。 実用性や経済性を重視するなら、このジクサー250シリーズは間違いなくクラスNo. 1モデルになるはずだ。 また、若年層やビギナーのエントリーモデルとしても、この価格は非常にありがたいはずだ。 ジクサーSF250のカラーバリエーションはマットプラチナシルバーメタリックNo. 2、マットブラックメタリックNo. 2、トリトンブルーメタリックの3色 ジクサー250に採用された、新たな「油冷エンジン」とは? さて、動力性能面はどうなのだろう。 エンジンのボアストロークは76. 9mmというショートストローク型で、最高出力発生回転数は9,000rpmだから、かなり元気に回るエンジンだと思われる。 とはいえ、このエンジンの大きな特徴的は新設計の「油冷エンジン」であることだ。 油冷自体はスズキの伝統的フィーチャーだが、このジクサー250シリーズのエンジンでは従来の冷却システムとは異なる考え方の「油冷」を採用している。 ジクサー250のオイルクーラー。 エンジン左側前方に設置されている。 フルカウルのジクサーSF250にも当然装備されているが、カウルに覆われて外観からは見えない この新しい油冷機構はSOCS(Suzuki Oil Cooling System)と呼ばれ、従来のSACS(Suzuki Advanced Cooling System)から、オイルを前面に訴求するネーミングとなった。 具体的なの違いはと言うと、SACSがシリンダーヘッド部へのオイル噴射を主に用いていた事に対して、SOCSは水冷エンジンのように燃焼室周りにオイルの循環するジャケットを設けて、より積極的にオイル冷却をする事にある。 車体左側に装着されたオイルクーラーには、ラジエターと同様に冷却ファンが設けられている。 この新たな油冷システム=SOCSの採用によって考えられるメリットは以下の通り。 エンジン重量低減:水冷同様にエンジンに冷却フィンがなく、使用量にもよるがオイルは冷却水よりも比重が軽い。 また、内径や材質次第だが、ラジエターホースよりオイルラインの方が基本的には軽い。 ちなみにエンジンには1200mlのエンジンオイル打刻があったが、発表されているエンジンオイル総容量は1800mlである。 騒音低減:シリンダーはオイルジャケットのある二重構造だから、メカノイズや燃焼騒音が抑制できる。 このため、エンジンの温度が運転早期に安定する。 これは高効率化に重要な要素で、燃焼温度の最適化・安定化は排出ガス規制をクリアするためには必須である。 このように、価格もエンジンも極めてスズキらしいと思えるジクサー250シリーズ、その走りの内容がどのようなものか期待が高まるばかりである。 9mm 圧縮比:10.

次の

スズキ新型ネイキッド『ジクサー250』とフルカウル『ジクサーSF250』って同じバイクなの? 250cの最高コスパはどっち?【SUZUKI GIXXER 250/試乗インプレ(1)】(webオートバイ)

ジクサー 250

スズキ株式会社は、スポーティーなデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えたジクサーシリーズに、エンジンオイルを冷却媒体として利用するスズキ独自の油冷エンジンを搭載した250ccロードスポーツバイクの 新型「ジクサーSF250」を4月24日より、 新型「ジクサー250」を6月17日より発売する。 スポーティーなフルカウルモデルの 新型「ジクサーSF250」は、前傾姿勢で重心を下げたデザインに、低く構えたシルエットや、大胆な面使いによる流れるようなキャラクターラインを採用し、スタイリングデザインに合わせ、一目で 「ジクサーSF250」と認識できるワイドなLEDヘッドランプを装備した。 洗練されたスタイリングのネイキッドモデルの 新型「ジクサー250」は、ヘッドランプからタンクまでの一体感や、ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザインに、カウルを車体中心に向けてコンパクトに凝縮したプロポーションを採用し、良好なハンドリングを実現するコンパクトで薄型のLEDヘッドランプを装備した。 両モデルともに力強い造形の燃料タンクに加え、前後二分割シートやスイングアームマウントリヤフェンダーを採用することで、スポーティーな印象とした。 燃焼効率を向上し、軽量化やフリクション低減を図ることで、高回転・高出力かつ優れた燃費性能を実現した。 「ジクサーSF250」、「ジクサー250」共通の主な特長 エンジン• 新開発の油冷249cm 3単気筒4バルブSOHCエンジン。 視認性の高いフルデジタル表示の液晶多機能メーター。 1)任意に設定したエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター 2)一目でギヤポジションがわかるギヤポジションインジケーター 3)便利な時計と切替式のオドメーター/ツイントリップメーター 4)オイル交換時期を知らせるオイルチェンジインジケーター• ワンプッシュでエンジン始動が可能なスズキイージースタートシステム。 インナーチューブ径41mmのフロントフォークと7段階プリロード調整式のリヤサスペンション。 前110、後150サイズのラジアルタイヤ。 「ジクサーSF250」の主な特長 車体• コンパクトなエンジンとフレームによる軽量な車両重量(装備重量158kg)。 セパレートハンドルによるスポーティーな乗車姿勢。 デザイン• 前傾姿勢で重心を下げたデザインのスポーティーなフルカウルモデル。 1)低く構えたシルエットや、大胆な面使いによる流れるようなキャラクターライン 2)スタイリングデザインに合わせたワイドで独自性のあるLEDヘッドランプ 3)ボリュームのあるタンクとスリムな前後二分割シートによる抑揚のあるデザイン 4)カウルと一体化したデザインのグラブバーやLEDテールランプ、スイングアームマウントリヤフェンダーによる、シャープでコンパクトなリヤ周り 5)ショートタイプのサイレンサーに2つの排気口を設けたデュアルタイプマフラー• 車体色は、銀「マットプラチナシルバーメタリックNo. 2」、青「トリトンブルーメタリック」、黒「マットブラックメタリックNo. 2」の3色を設定。 「ジクサー250」の主な特長 車体• コンパクトなエンジンとフレームによる軽量な車両重量(装備重量154kg)。 アップライトなハンドルによる快適な乗車姿勢。 デザイン• カウルを車体中心に向けてコンパクトに凝縮したプロポーションのネイキッドモデル。 1)力強い印象を与える、LEDヘッドランプ、シュラウド、タンクの一体感 2)良好なハンドリングを実現するコンパクトで薄型のLEDヘッドランプ 3)ボリュームのあるタンクとスリムな前後二分割シートによる抑揚のあるデザイン 4)カウルと一体化したデザインのグラブバーやLEDテールランプ、スイングアームマウントリヤフェンダーによる、シャープでコンパクトなリヤ周り 5)ショートタイプのサイレンサーに2つの排気口を設けたデュアルタイプマフラー• 車体色は、銀/黒「マットプラチナシルバーメタリックNo. 2/マットブラックメタリックNo. 2」、黒「マットブラックメタリックNo. 2」の2色を設定。

次の