餃子 の 皮 余り レシピ。 「餃子の皮」を使った絶品アレンジレシピ☆皮の余りを有効活用☆

余った餃子の皮のアレンジレシピ5選(お弁当・おかず等)

餃子 の 皮 余り レシピ

餃子の皮で人気アレンジなピザのレシピその1は、ハムとケチャップのピザの作り方です。 オーソドックスなピザなので、シンプルな味わいを楽しめます。 ハムとケチャップのピザの材料(8枚分)• 餃子の皮:8枚• マヨネーズ:適量• ケチャップ:適量• スライスハム:2〜3枚• 塩胡椒:適量• とろけるチーズ:適量 ハムとケチャップのピザの作り方• 1マヨネーズ、ケチャップ、塩胡椒を混ぜます。 2ハムを細かく切り分けます。 31と2を餃子の皮に乗せ、とろけるチーズを乗せます。 4オーブントースターで8〜10分焼いたら完成です。 ワインやビールにも合うので、おつまみ感覚で食べられます。 シーフードピザの材料(8枚分)• 餃子の皮:8枚• シーフードミックス:100g• チーズ;適量• トマトソース:適量 シーフードピザの作り方• 1餃子の皮にトマトソースを塗ります。 2玉ねぎをスライスし、シーフードミックスは解凍します。 31に2を乗せ、チーズを乗せます。 4オーブントースターで250度を目安に焼いて、チーズに焦げ目がつくまで焼いたら完成です。 デザート感覚で楽しめるので、おやつに最適です。 フルーツと生チョコのピザの材料(3個分)• 生チョコレート:1枚• スライスチーズ:1枚• 餃子の皮:3枚• 1キウイとバナナを薄めの輪切りにします。 2生チョコレートとスライスチーズを2mmの幅に切り分けます。 3餃子の皮の上に、1をのせます。 43の上に、スライスチーズと生チョコレーを網目状にのせていきます。 5オーブントースターで2分ほど加熱したら完成です。 餃子の皮が持つモチモチ感を引き出してくれるので、とっても美味しいアレンジレシピとなります。 もちもちラザニアの材料• 合挽肉:300g• 餃子の皮:20枚• 玉ねぎ:1個• ピーマン:1個• ミートソース:1缶• とろけるチーズ:適量 もちもちラザニアの作り方• 1ソースパンの中にひき肉、玉ねぎ、ピーマンを敷き詰めます。 2餃子の皮を10枚重ねて、ミートソース塗ります。 31〜2を材料が無くなるまで繰り返します。 4蓋をして中火で加熱します。 5カタカタしたら弱火で10分加熱します。 6出来上がったらとろけるチーズをのせて、余熱で溶かしたら完成です。 りんごの甘みとチーズの塩味が良いコントラストになります。 チーズアップルパイの材料(15個分)• りんご:2個• 餃子の皮:30枚• 上白糖:50g• レモン汁:大さじ2杯• 卵:1個• とろけるチーズ:2枚 チーズアップルパイの作り方• 1りんごの皮を剥き、芯を取ってサイコロ状に切ります。 2鍋に切り分けたりんごと上白糖とレモン汁を入れて中火で煮込み、フツフツしてきたら弱火にします。 3水分がなくなったら、広い皿に広げ、熱を取ります。 4粗熱をとる間、チーズを9等分に分け、卵を溶きます。 5餃子の皮の真ん中にチーズを置き、3を乗せます。 6あまりの皮の上に溶いた卵を塗り、餃子の皮を一枚乗せて、フォークで押さえます。 76をクッキングシートに乗せて、全体に卵を塗ります• 8トースターで焦げ目がつくまで焼き揚げたら完成です。 巻いて焼くだけの簡単レシピなので、手軽に調理できます。 一口噛めば、餃子の皮のパリパリ感と、チーズのトロトロ感と、ウインナーの肉汁が口の中に広がるので、一度に3つの美味しさを味わえます ウインナーチーズ巻きの材料(4個分)• 餃子の皮:4枚• ウインナー:4本• とろけるチーズ• サラダ油:少量 ウインナーチーズ巻きのレシピ• 1とろけるチーズを4等分にします。 2餃子の上に、チーズとウインナーを乗せて巻きます。 3加熱したフライパンに油を敷き、2の巻き終わりを下にして焼きます。 4きつね色に焼き上がった盛り付けて完成です。 揚げることにより、中はとろとろ、外はカリカリの美味しい料理となります。 ハムチーズ揚げの材料• 餃子の皮• スライスチーズ• スライスハム• 塩 ハムチーズ揚げの作り方• 2餃子の皮の真ん中に、1を交互に重ねます(4枚)• 3餃子の皮に軽く水でのり付けして、折りながら包みます。 5取り出したらパットに入れて、塩を軽く振ったら完成です。 チーズの他に餅やベーコンも加えて具たくさんなので、お子様も喜ばれます。 このレシピは動画でまとめられているので、作り方は動画でチェックしましょう。 チーズ入りカップグラタンの材料(12個分)• 餃子の皮:12枚• えび:8尾• じゃがいも:80g• ブロックベーコン:20g• 明太子:30g• 切り餅:50g• バター:20g• 薄力粉:20g• ミックスチーズ:20g• 黒胡椒(あらびき):適量• 包まずにそのまま使うスープなので、ワンタンスープのように召し上がれます。 餃子の皮を使ったスープの材料(2人前)• ごま油:大さじ1杯• ひき肉;100g• 水:600cc• 鶏ガラスープの素:大さじ1杯• お酒:大さじ1杯• 塩胡椒:適量• ニラ:3本• 餃子の皮:6枚 餃子の皮を使ったスープの作り方• 1鍋にごま油を入れて引き抜くを炒めます。 2水を入れて沸騰させたら、灰汁を取り、鶏がらスープ、お酒、醤油、塩胡椒を入れて味を調整します。 3ニラと餃子の皮を適量に切り分けます。 4ニラともやしを入れたら、餃子の皮を一枚ずつ混ぜながら入れます。 5器に盛り付けたら完成です。 一口入れたら熱々スープが流れ込む料理なので、暖かさが恋しい冬にオススメの一品です。 小籠包の材料(4人分)• 豚ひき肉:250g• 椎茸:2個• エビ:40g• ごま油:小さじ2杯• 餃子の皮:50枚• 水(ゼラチン用):300ml• ゼラチン:7g 小籠包の作り方• 1水50mlを沸騰させ、ゼラチンと鶏がらスープを入れたらよく混ぜ、残りの150mlも入れて冷蔵庫で冷やします。 2椎茸とエビをミジン切りにします。 3オイスターソース、ごま油、鶏がらスープを混ぜます。 4ひき肉をほぐして2と3を混ぜます。 51を細かく潰して4と混ぜます。 6蒸し器に5を入れたら、5分蒸します。 7火が通っていたら完成です。 こちらは卵を使用した、あっさり風味な中華スープです。 寒い日に飲むと温まります。 手作りワンタンスープの材料(2人前)• 餃子の皮:6枚• 乾燥わかめ:適量• 卵:1個• 水:400cc• スープの素:大さじ1杯• 塩胡椒:適量• ごま油:小さじ1杯 手作りワンタンスープの作り方• 1水を沸騰させたらスープの素を入れます。 2えのきと餃子の皮を適当な大きさに切り分けます。 32を1に入れて煮たら、乾燥わかめを入れ、溶いた卵を入れながらかき混ぜます。 4塩胡椒をごま油で味を整えたら完成です。 餃子の皮をうまく使うコツは? 詰め過ぎない 餃子の皮は意外に小さく、具材を多く乗せてしまうと取り出したときに溢れてしまいます。 そうならないためにも、少しずつ載せるようにしましょう。 また、一枚に多く乗せすぎると、他の具材が少なくてバランスが悪い量にになってしまいます。 1枚ごとに載せる分量は測るようにしましょう。 餃子の皮は様々な料理に使える! 餃子の皮は、アレンジ次第では女子会やホームパーティーに出せる料理に変身します。 何もないけど餃子の皮はあるという人は、ここで紹介したアレンジレシピを試してみましょう。 こちらの記事では、100均ショップで販売されている紙皿についてまとめられています。 紙皿は料理を取り分ける器として活躍してくれるので、こちらの記事を読んで、使えそうな紙皿を探してみましょう。

次の

餃子の日の献立|時短で作りたいときのおすすめ副菜レシピ

餃子 の 皮 余り レシピ

餃子の皮で人気アレンジなピザのレシピその1は、ハムとケチャップのピザの作り方です。 オーソドックスなピザなので、シンプルな味わいを楽しめます。 ハムとケチャップのピザの材料(8枚分)• 餃子の皮:8枚• マヨネーズ:適量• ケチャップ:適量• スライスハム:2〜3枚• 塩胡椒:適量• とろけるチーズ:適量 ハムとケチャップのピザの作り方• 1マヨネーズ、ケチャップ、塩胡椒を混ぜます。 2ハムを細かく切り分けます。 31と2を餃子の皮に乗せ、とろけるチーズを乗せます。 4オーブントースターで8〜10分焼いたら完成です。 ワインやビールにも合うので、おつまみ感覚で食べられます。 シーフードピザの材料(8枚分)• 餃子の皮:8枚• シーフードミックス:100g• チーズ;適量• トマトソース:適量 シーフードピザの作り方• 1餃子の皮にトマトソースを塗ります。 2玉ねぎをスライスし、シーフードミックスは解凍します。 31に2を乗せ、チーズを乗せます。 4オーブントースターで250度を目安に焼いて、チーズに焦げ目がつくまで焼いたら完成です。 デザート感覚で楽しめるので、おやつに最適です。 フルーツと生チョコのピザの材料(3個分)• 生チョコレート:1枚• スライスチーズ:1枚• 餃子の皮:3枚• 1キウイとバナナを薄めの輪切りにします。 2生チョコレートとスライスチーズを2mmの幅に切り分けます。 3餃子の皮の上に、1をのせます。 43の上に、スライスチーズと生チョコレーを網目状にのせていきます。 5オーブントースターで2分ほど加熱したら完成です。 餃子の皮が持つモチモチ感を引き出してくれるので、とっても美味しいアレンジレシピとなります。 もちもちラザニアの材料• 合挽肉:300g• 餃子の皮:20枚• 玉ねぎ:1個• ピーマン:1個• ミートソース:1缶• とろけるチーズ:適量 もちもちラザニアの作り方• 1ソースパンの中にひき肉、玉ねぎ、ピーマンを敷き詰めます。 2餃子の皮を10枚重ねて、ミートソース塗ります。 31〜2を材料が無くなるまで繰り返します。 4蓋をして中火で加熱します。 5カタカタしたら弱火で10分加熱します。 6出来上がったらとろけるチーズをのせて、余熱で溶かしたら完成です。 りんごの甘みとチーズの塩味が良いコントラストになります。 チーズアップルパイの材料(15個分)• りんご:2個• 餃子の皮:30枚• 上白糖:50g• レモン汁:大さじ2杯• 卵:1個• とろけるチーズ:2枚 チーズアップルパイの作り方• 1りんごの皮を剥き、芯を取ってサイコロ状に切ります。 2鍋に切り分けたりんごと上白糖とレモン汁を入れて中火で煮込み、フツフツしてきたら弱火にします。 3水分がなくなったら、広い皿に広げ、熱を取ります。 4粗熱をとる間、チーズを9等分に分け、卵を溶きます。 5餃子の皮の真ん中にチーズを置き、3を乗せます。 6あまりの皮の上に溶いた卵を塗り、餃子の皮を一枚乗せて、フォークで押さえます。 76をクッキングシートに乗せて、全体に卵を塗ります• 8トースターで焦げ目がつくまで焼き揚げたら完成です。 巻いて焼くだけの簡単レシピなので、手軽に調理できます。 一口噛めば、餃子の皮のパリパリ感と、チーズのトロトロ感と、ウインナーの肉汁が口の中に広がるので、一度に3つの美味しさを味わえます ウインナーチーズ巻きの材料(4個分)• 餃子の皮:4枚• ウインナー:4本• とろけるチーズ• サラダ油:少量 ウインナーチーズ巻きのレシピ• 1とろけるチーズを4等分にします。 2餃子の上に、チーズとウインナーを乗せて巻きます。 3加熱したフライパンに油を敷き、2の巻き終わりを下にして焼きます。 4きつね色に焼き上がった盛り付けて完成です。 揚げることにより、中はとろとろ、外はカリカリの美味しい料理となります。 ハムチーズ揚げの材料• 餃子の皮• スライスチーズ• スライスハム• 塩 ハムチーズ揚げの作り方• 2餃子の皮の真ん中に、1を交互に重ねます(4枚)• 3餃子の皮に軽く水でのり付けして、折りながら包みます。 5取り出したらパットに入れて、塩を軽く振ったら完成です。 チーズの他に餅やベーコンも加えて具たくさんなので、お子様も喜ばれます。 このレシピは動画でまとめられているので、作り方は動画でチェックしましょう。 チーズ入りカップグラタンの材料(12個分)• 餃子の皮:12枚• えび:8尾• じゃがいも:80g• ブロックベーコン:20g• 明太子:30g• 切り餅:50g• バター:20g• 薄力粉:20g• ミックスチーズ:20g• 黒胡椒(あらびき):適量• 包まずにそのまま使うスープなので、ワンタンスープのように召し上がれます。 餃子の皮を使ったスープの材料(2人前)• ごま油:大さじ1杯• ひき肉;100g• 水:600cc• 鶏ガラスープの素:大さじ1杯• お酒:大さじ1杯• 塩胡椒:適量• ニラ:3本• 餃子の皮:6枚 餃子の皮を使ったスープの作り方• 1鍋にごま油を入れて引き抜くを炒めます。 2水を入れて沸騰させたら、灰汁を取り、鶏がらスープ、お酒、醤油、塩胡椒を入れて味を調整します。 3ニラと餃子の皮を適量に切り分けます。 4ニラともやしを入れたら、餃子の皮を一枚ずつ混ぜながら入れます。 5器に盛り付けたら完成です。 一口入れたら熱々スープが流れ込む料理なので、暖かさが恋しい冬にオススメの一品です。 小籠包の材料(4人分)• 豚ひき肉:250g• 椎茸:2個• エビ:40g• ごま油:小さじ2杯• 餃子の皮:50枚• 水(ゼラチン用):300ml• ゼラチン:7g 小籠包の作り方• 1水50mlを沸騰させ、ゼラチンと鶏がらスープを入れたらよく混ぜ、残りの150mlも入れて冷蔵庫で冷やします。 2椎茸とエビをミジン切りにします。 3オイスターソース、ごま油、鶏がらスープを混ぜます。 4ひき肉をほぐして2と3を混ぜます。 51を細かく潰して4と混ぜます。 6蒸し器に5を入れたら、5分蒸します。 7火が通っていたら完成です。 こちらは卵を使用した、あっさり風味な中華スープです。 寒い日に飲むと温まります。 手作りワンタンスープの材料(2人前)• 餃子の皮:6枚• 乾燥わかめ:適量• 卵:1個• 水:400cc• スープの素:大さじ1杯• 塩胡椒:適量• ごま油:小さじ1杯 手作りワンタンスープの作り方• 1水を沸騰させたらスープの素を入れます。 2えのきと餃子の皮を適当な大きさに切り分けます。 32を1に入れて煮たら、乾燥わかめを入れ、溶いた卵を入れながらかき混ぜます。 4塩胡椒をごま油で味を整えたら完成です。 餃子の皮をうまく使うコツは? 詰め過ぎない 餃子の皮は意外に小さく、具材を多く乗せてしまうと取り出したときに溢れてしまいます。 そうならないためにも、少しずつ載せるようにしましょう。 また、一枚に多く乗せすぎると、他の具材が少なくてバランスが悪い量にになってしまいます。 1枚ごとに載せる分量は測るようにしましょう。 餃子の皮は様々な料理に使える! 餃子の皮は、アレンジ次第では女子会やホームパーティーに出せる料理に変身します。 何もないけど餃子の皮はあるという人は、ここで紹介したアレンジレシピを試してみましょう。 こちらの記事では、100均ショップで販売されている紙皿についてまとめられています。 紙皿は料理を取り分ける器として活躍してくれるので、こちらの記事を読んで、使えそうな紙皿を探してみましょう。

次の

「餃子の皮」を使った絶品アレンジレシピ☆皮の余りを有効活用☆

餃子 の 皮 余り レシピ

でも家庭では手の込んだものを作るのも大変ですし、こってりしたものばかりだと栄養バランスの偏りや胃もたれも気になるところ。 自宅で餃子を食べる日は、さっぱりと食べられるような和え物やサラダ、あっさりした味付けの炒め物など選ぶのがポイント。 ヘルシーだけど餃子がおいしく食べられるような、食べ合わせの良い組み合わせを考えましょう。 具体的には、きゅうりの中華和え、中華風に仕上げた冷やっこ、チンゲン菜の塩だれ炒めなどが食べ合わせも良くおすすめです。 また、あつあつのスープは、口の中に残った餃子の脂を洗い流してさっぱりさせてくれるので、餃子を最後まで楽しみたい場合はスープもあるといいでしょう。 わかめスープやたまごスープ、残り野菜のスープなど、簡単なものでOKです。 こちらは餃子をさっぱり食べたい&時短もできる献立です。 餃子以外は包丁いらずであっという間に作れてしまいます。 鶏ガラスープの素と塩、ごま油、お好みでにんにくも一緒にポリ袋に入れて放置しておくだけで完成します。 餃子に取り掛かる前に仕込んでおくと、食べる頃にはちょうどいい具合に味がなじんでいますよ。 きゅうりがない場合は、もやしやほうれん草でナムルを作ってもいいでしょう。 もずくのサンラータンスープは、市販のもずく酢を使って、鶏ガラスープの素と醤油で味を整えて、卵を溶きいれるだけの簡単スープです。 もずく酢の酸味がほどよく効いており、お好みでラー油をたらせば味が引き締まります。 ほかにも、わかめスープなどでもOKです。 餃子を食べたあとのニンニクのニオイは、翌日に残ってしまうこともあり、人と話すときに気になってしまうものです。 餃子にニンニクを入れない選択をするのもひとつの方法ですが、ニンニク入りでも食べ合わせ次第では消臭効果が期待できるものがあるんですよ。 ニンニクのニオイ対策に効果がある食べ物としては、牛乳や緑茶、チョコレート、りんごジュースなどが知られており、口臭対策にはセロリも効果が期待されています。 この献立では牛乳とセロリを取り入れています。 えびとチンゲン菜の中華ミルクスープは、いつもの半分の水分量で中華スープを作り、仕上げに牛乳を入れ、味を調えて作ります。 えびの代わりにベーコンやかにかま、豚肉など、ある材料でもOKです。 セロリのナムルは、筋を取って斜め薄切りにしたセロリをごま油、塩、レモンと合わせるだけで簡単にできます。 セロリが苦手……という方は、一度熱湯をかけてから調理すると苦みが気になりにくくなりますよ。 手作りの餃子は、具や皮が余ってしまうこともありますよね。 具はハンバーグのように焼いても良いですし、皮はチーズなどを載せて焼いてピザ風にアレンジするのもおすすめです。 このピリ辛スープは、餃子の余った具を炒めたあと中華スープの素で味付けをしてスープにしています。 もやしをプラスして、具だくさんにすれば食べ応えもばっちりです。 余った皮があれば、4等分に切ってワンタンスープのようにしてしまうものいいですよ。 仕上げにラー油をたらすのがピリッとしておすすめです。 冷やっこは時短のお助けメニューですよね。 トマトを載せて、ごま油とポン酢を合わせた中華風のたれをかければ、中華メニューにもぴったりの一品になります。 もちろん普通の冷やっこでもOKです。 餃子の日は時短でもいろいろな献立が選べそうですね。 目的に合わせて、さまざまな組み合わせで餃子を楽しんでくださいね。

次の