かくれんぼ なんか し て ない で まだ だ よって。 LEZARD

#柚莉愛とかくれんぼのネタバレと感想【ミステリとして読むには弱い】│My interest

かくれんぼ なんか し て ない で まだ だ よって

ルール [ ] かくれんぼに明確なルールは存在しないが、一般に遊ばれているルールを総合すると、次のようなものになる。 かくれんぼは2人以上によって行われ、1人の鬼(親ともいう)と残りの子に分かれる(人数が多い時は鬼を複数人にすることもある)。 最初の鬼はなどによって決めることが多い。 鬼は壁や柱といった、もたれかかることができる場所に顔を向け、腕でをふさぎ、あらかじめ決められていただけの数を大声で数える。 この声が聞こえている間に子は鬼に見つからないような場所を見つけ、潜む。 子が潜むことができる範囲ははっきり決まっていないことが多いが、一般には鬼が数を数える声が聞こえる範囲、というのが不文律的に定められている。 これは、あまりに遠くなると探すのにがかかるのに加え、後述するのが行えないためである。 決められた数を数えると、鬼は 確認の作業を行う。 これは、子が全員隠れたことを確認するとともに、鬼の捜索開始を宣言するものである。 鬼は数を数える時の体勢のまま「もういいかい」と、大声で尋ねる。 子は、自分がすでに隠れ終わっている場合は「もういいよ」、まだ隠れきっていない場合は「まあだだよ(「まだだよ」の意)」と答える。 「まあだだよ」の声が聞こえた場合、鬼はしばらく待って、再び「もういいかい」と尋ねる。 この間に、まだ隠れていない子は早急に隠れなくてはならない。 これを繰り返し、「まあだだよ」の声が聞こえなくなると、鬼は目を開き、開始する。 この確認作業は省略されることもある。 鬼は目をふさいでいる間の物音や、「もういいよ」の声の届いた方向・などをたよりに、隠れた子を見つけだす。 子を見つけると、鬼は相手のの後に「みいつけた(「見つけた」の意)」と叫び指を指し、発見したことを宣言する。 発見の時には実際に手を触れないと駄目だとするルールもある。 こうして子が全員発見されると、最初に発見された子が新たな鬼となり、次のセットを開始する。 毎回のセットでは、鬼が最後まで見つけられなかった子がさしあたっての優秀者と見なされるが、総合を争うといったことはほとんど行われない。 日本では近代まで・()を恐れ、夕暮れ時以降はとされていた。 派生した遊び [ ] かくれんぼはそのの単純さから、それに派生したルールを定めた別の遊びがいくつか存在する。 たとえば、鬼に気づかれないように後ろから近づき、鬼の背中に触れると同時に「アウト」と言うことに成功した場合、その鬼はもう一度鬼になるルールの存在である。 これは後述する缶けりに近い。 との融合で、などの名前がつく場合もある。 かくれんぼのルールを強く生かしたものとしては、一度見つかった参加者の再解放を可能にしたが有名である。 脚注 [ ].

次の

かくれんぼ(2)

かくれんぼ なんか し て ない で まだ だ よって

かくれんぼの注意点 楽しいかくれんぼもただただ、遊べば良い!というわけでは ありません。 遊び方によっては、上でも書いた通りに「危険な目」に 遭ってしまう可能性もあるわけです。 なので、一緒に遊ぶ保護者の方がしっかりと注意しておかなければ なりませんし、遊ぶ本人も、ちゃんと注意しなければなりません。 幼稚園だとか、小学校低学年であれば仕方がないかもしれませんが 小学校高学年であれば、もうある程度の分別はつくはずですから、 かくれんぼの危険性をしっかりと認識した上で遊ぶ必要があります。 その注意点、 基本的なことが多いですが見ていきましょう。 かくれんぼをする場所にもよりますが、危ない場所には 絶対に隠れないようにしてください。 自宅の場合はともかく、外でかくれんぼをする場合には 絶対に注意です。 例えば、車の下に隠れたりだとか、 あまりないと思いますが、廃工場の危険な装置の中に隠れたりだとか… 場合によっては、重大な大怪我を招く可能性もありますから この辺りはしっかりと注意しなくてはなりません。 上の例だと、車の下に隠れたりすれば、 最悪の場合、車の持ち主がやってきて、そのまま下に隠れている子供に 気付かずに、車が発進してしまって… なんてことも考えられるわけです。 非常に恐ろしいことですから、気を付けましょう。 出ることのできない場所や戻れない場所に隠れてはいけない、 当たり前のことですが、とても大切なことです。 まず、出れない場所…。 特定の扉などを閉めて、内側から開けなくなって しまったりだとか、 床下収納に隠れてしまって、上をふさがれてしまって (なんかギャグ系統でありそうなオチですが 汗) 出ることができなくなってしまったり… そういうことも可能性としてあり得ます。 これらにも、気を付けるようにしましょう。 また、戻れない場所、と言うのは 例えば高い場所に登ってしまったりして、 そこから降りれなくなってしまったりするケースです。 子供には良くあることですし、もしも転落したら危ないので、 その辺も注意しながら遊びましょう。 行動範囲を無制限にしていると、子供がどこまでも 行ってしまったりして、親が見つけられなくなってしまったり 友人同士での遊びの場合でも見つけられなくなってしまったり する可能性があります。 あまり遠くに行ってしまい、迷子になったことに子供自身も 気付けば、パニックを起こして走りだしたりして、 交通事故を起こしたりする可能性もあります。 何かあってからでは遅いですから、ここも、要注意ポイントの一つです。 子供たちは言われなければ気づきません。 かくれんぼに勝ちたい、勝ちたい一心でそのうち隠れる場所が エスカレートしてきて、とんでもない場所にかくれ出す可能性も。 私は接客業でしたが、一度、子供が隠れ場所を求めて お店に入ってきた(笑)ことがあります。 と、いうのも、そのままにしておくと、隠れている人間が そのまま隠れたまま、長い時間を過ごすことになってしまったり、 最悪の場合、隠れていると思っていた人が事件に 巻き込まれている可能性もあります。 と、言っても見つからないものをどうやって 見つければ…と思うと思います。 なので、見つけるためのアドバイスを書いておきます。 ・大声で呼ぶ 大声で見つからない人の名前を呼んでみましょう。 ただし「見つけ出そうとするための罠」だと思われる 可能性もありますから、 「もうこっちの負けだから出てきて欲しい」ということを ちゃんと伝えましょう。 もしも聞こえていれば出てきてくれるかもしれません。 ・電話をしてみる 相手と自分が電話を持っている場合、 自分の電話から相手の電話に連絡してみるのも一つの手段です。 ただ、かくれんぼ中、ということで もしかすると、電話に気づいても電話に出てくれない可能性もあります。 ・家に確認してみる どうしても見つからない場合、相手の家が分かるのであれば 相手の家に電話してみたり、尋ねてみたりすると良いかもしれません。 案外、かくれんぼでなかなか見つからなかったりすると、 そのまま家に帰っていたりする可能性もあります。 一度、試してみる価値はあるでしょう。 ・子供の場合 子供たちだけでかくれんぼをやっていて、誰かが見つからなく なってしまった場合、必ずそのままにせず、誰か大人に相談 するようにしてください。 ・警察に相談する どうしても、隠れていたはずの子供が見つからず、 家にも帰っていない場合、事件性も疑われますから おかしいと判断したらすぐに警察に相談することを おすすめします。 また、行方不明になった子が行きそうな場所も 探してみましょう。 …さすがに行方不明まで行くことは少ないとは思いますが、 念のため覚えておきましょう。 もしかしたらまだあなたを探している最中の可能性も ありますが、ずっと隠れているとトラブルに発展 する可能性もありますから、 何時間も発見されなかったりするようなら、 隠れるのをやめて、誰かと合流したほうが良いです。 誰も周囲に居ない場合は、連絡が取れれば連絡 したほうが良いです。 もしかしたら、心配しているかもしれませんから…。 まとめ このあたりがかくれんぼの注意点です。 基本的なことなので、大丈夫だとは思いますが、 念のため、注意しておきましょう。 せっかく楽しいかくれんぼが、思わぬトラブルに発展 してしまう可能性もあります。 かくれんぼの正しい遊び方を教えるのは子供の親の 役割です。 親が子供にちゃんと教えなければいけません。 満足に子供にかくれんぼの危険性について 教えないまま、外で子供が、友達と外でかくれんぼを するようになると、安全な遊び方が分からないまま 危険な遊び方をしてしまう可能性もあるのです。 親・子ともに、安全を心がけるようにしましょう!.

次の

LEZARD

かくれんぼ なんか し て ない で まだ だ よって

死にたい… もうなんか生きてていいのかな?とかって本当に思えてきました… 親にも学校の先生にも数少ないリア友にもメル友にも迷惑かけてばっかりだし… 家にも学校にも…どこにも居場所がないし 本当の人格受け入れて くれる人も居ないし… こんなんで生きてていいのかな…って考えるようになって 授業中とか死ぬことや ひとりかくれんぼ のことリスカすることしか考えてません… こんなこというと 「甘えすぎ」とか言われると思うし… リア友には「一人じゃないから私がいるから」とか「1人じゃない」って言われますが 本当の人格出した瞬間に「貴方と一緒に居ると暗くなる」とか「貴方と話してたら暗くなる」とか「貴方と絡んでたら暗くなる」って言われるし… もうどうすれば良いのかわからないケド、私と同じ気持ちの人もいるって考えると このまま死んじゃったら駄目だよなって思うし… もうどうすれば良いのかわからない… どうすれば良いんだろう… それとカッターでリスカしたことある人に質問なんですけど… ハサミでリスカするのとどっちが痛いですか?? カッターの方が痛い場合どれくらい痛いですか?? ひとりかくれんぼ したことある人or ひとりかくれんぼ について詳しい方質問なんですけど… ひとりかくれんぼ って家でやったら親や愛犬まで犠牲になると思いますか?? てか、本当に人形が人間のふりして襲ってくると思いますか?? 学校にいる場合はどうなるんだろう?? 長文すみません。 まず死ぬのはいけないと思っているところはとてもえらいです。 この世には生きたいのに生きれない人、死にたいのに死ねない人が沢山います。 でも後者で止まってくれればいいのですが、本当に亡くなってしまう人もいます。 人生は今だけじゃない。 まだ長いよ。 リスカを痛いと思えるならしないでほしいのが願いです。 だってハサミのが痛くないといったら貴方はハサミで切るのでしょう? 本当に自傷行為中毒の人は痛みをあまり感じないらしいです。 できるなら痛いと思う間に離れてほしいです。 でも無理にとは言わないからね。 少しずつでいいです。 それからひとりかくれんぼですが、これは嘘ですよ。 都市伝説です。 辛いのはわかるけれど、自分が変わらなければ何も楽しくないですよ 友達と楽しい話をしてるときのほうが人生明るいですよね 少しずつ自分をかえましょう.

次の