キチン キトサン 効果。 キチンナノファイバーに発毛効果、ミノキシジルを上回る カニ殻由来の新素材 鳥取大(1/2ページ)

食品・健康のために・キチンキトサンの効果は?

キチン キトサン 効果

コレステロール値の改善 キトサンの効果・効能として、コレステロール値の改善効果について説明します。 キトサンのどのような働きによって、コレステロール値を改善するのかを、詳しく説明していきましょう。 キトサンによる、コレステロール値降下作用とは 体内に入ったコレステロールは、肝臓で作られる 胆汁酸と結合することで、体内に吸収されます。 キトサンは体内に於いてキトサンの持つプラスイオン効果により、マイナスイオンを持つ胆汁酸を吸着し排出します。 このとこにより、コレステロールと胆汁酸の結合を阻害し、胆汁酸との結合を阻害されたコレステロールも体内に吸収されることなく排出されるのです。 また、体内の胆汁酸の量は 一定量に決まっています。 その為にキトサンに吸着排出された分、肝臓では新しい胆汁酸を生成します。 その際には血中内コレステロールを材料として生成します。 このことにより血中内コレステロールの減少と胆汁酸生成による代謝向上の二重の効果が期待できるのです。 まとめると、キトサンは、新たに摂取したコレステロールの吸収を阻害、胆汁酸生成による血中内コレステロールの減少及び代謝向上と 二重・三重の作用により、キトサンを摂取することで、コレステロール値の改善(降下作用)及び代謝の向上効果が期待できるのです。 みんなの口コミ情報 「キトサンでコレステロール値改善!」 先日、血液検査をしたところ、長年下がったことのないLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が正常値以内になっていてビックリしました。 以前より処方された薬を飲んでも今一結果が出ていなかったのですが、約3ヶ月キトサンを服用しただけなのに、本当にビックリ驚いています。 (60代女性) 高血圧に加えコレステロール値も高く、降圧剤など処方された薬を飲んでいました。 中々寝付かれないこともあり、試しにキトサンを飲み始めました。 一ヶ月したくらいからか、眠れるようになり、薬は止められませんが、以前と比べ血圧やコレステロールの値も落ち着いています。 (70代女性) 足のむくみや目まいに長く悩んでいました。 血糖値も高かったのもあり、キトサンを飲み始めて1ヶ月ほどで、目まいが落ち着き始め、2ヶ月後には、足のむくみもかなり治まりました。 血糖値もかなり下がりました。 キトサン以外には特に生活習慣を変えてもいないので、キトサンのおかげだと思っています。 (50代女性).

次の

キトサンの効能と効果と副作用

キチン キトサン 効果

キノコキトサンには、従来の甲殻類系にはない、効果が期待できる特長があります。 キノコキトサンには、胃酸にも水にも溶けず膨張するという性質があるのです。 食前にキノコキトサンを摂取すると、キノコキトサンが胃酸にも水にも溶けず膨張し、腸内をコーティングします。 そのコーティング能力はキノコキトサン100mgで腸壁を畳80枚分カバーすると言われています。 キノコキトサンにコーティングされてしまった腸壁は、油分を吸収できなくなってしまい油分がそのまま排出されるのです。 つまり、油っこいものを食べても油が吸収されず、結果として痩せるという仕組みです。 また食後にキノコキトサンを摂取した場合でも、胃酸に溶けないキノコキトサンが すでに摂取した油分を強力に包み込んでしまい、体外に排出してしまいます。 このように、キノコキトサンは従来の甲殻類系キトサンや食物繊維とは一線を画す 画期的なダイエット成分なのです。 キノコキトサンのダイエット実験結果 【 通常の食事で体重が減少】キノコキトサン1日300mgを、食事制限をせず通常の食事を 摂取している24名に2ヶ月間与えたところ、1ヶ月目で平均1. 06kg、 2ヶ月目で平均1. 71kg減少しました。 もっとも体重が減少がした例では、1ヶ月で3. 5kg、3ヶ月で7kgも減少しました。 【 総コレステロール値の低下】キノコキトサン1日300mgを24名に2ヶ月間与えたところ、 試験開始前200mg/dl以上を示した被験者たちの、 1ヶ月後、2ヶ月後の総コレステロール値は顕著に低下しました。 一方200mg/dl未満の人たちの総コレステロール値は低下しませんでした。 このことから、キノコキトサンは総コレステロール値の高い人に有効といえます。 【 中性脂肪の低下】試験開始前120mg/dl以上の中性脂肪値を示した被験者達の、 1ヶ月目および2ヶ月目の中性脂肪値は著しく低下しました。 一方、120mg/dl未満の被験者の中性脂肪は低下しませんでした。 キノコキトサンは中性脂肪が高い人に有効な結果を示しました。 Copyright C 2007-2013 「」 All Rights Reserved.

次の

キトサンの効能 効果と注意点

キチン キトサン 効果

キノコキトサンには、従来の甲殻類系にはない、効果が期待できる特長があります。 キノコキトサンには、胃酸にも水にも溶けず膨張するという性質があるのです。 食前にキノコキトサンを摂取すると、キノコキトサンが胃酸にも水にも溶けず膨張し、腸内をコーティングします。 そのコーティング能力はキノコキトサン100mgで腸壁を畳80枚分カバーすると言われています。 キノコキトサンにコーティングされてしまった腸壁は、油分を吸収できなくなってしまい油分がそのまま排出されるのです。 つまり、油っこいものを食べても油が吸収されず、結果として痩せるという仕組みです。 また食後にキノコキトサンを摂取した場合でも、胃酸に溶けないキノコキトサンが すでに摂取した油分を強力に包み込んでしまい、体外に排出してしまいます。 このように、キノコキトサンは従来の甲殻類系キトサンや食物繊維とは一線を画す 画期的なダイエット成分なのです。 キノコキトサンのダイエット実験結果 【 通常の食事で体重が減少】キノコキトサン1日300mgを、食事制限をせず通常の食事を 摂取している24名に2ヶ月間与えたところ、1ヶ月目で平均1. 06kg、 2ヶ月目で平均1. 71kg減少しました。 もっとも体重が減少がした例では、1ヶ月で3. 5kg、3ヶ月で7kgも減少しました。 【 総コレステロール値の低下】キノコキトサン1日300mgを24名に2ヶ月間与えたところ、 試験開始前200mg/dl以上を示した被験者たちの、 1ヶ月後、2ヶ月後の総コレステロール値は顕著に低下しました。 一方200mg/dl未満の人たちの総コレステロール値は低下しませんでした。 このことから、キノコキトサンは総コレステロール値の高い人に有効といえます。 【 中性脂肪の低下】試験開始前120mg/dl以上の中性脂肪値を示した被験者達の、 1ヶ月目および2ヶ月目の中性脂肪値は著しく低下しました。 一方、120mg/dl未満の被験者の中性脂肪は低下しませんでした。 キノコキトサンは中性脂肪が高い人に有効な結果を示しました。 Copyright C 2007-2013 「」 All Rights Reserved.

次の