きめつのやいばカナヲのイラスト。 鬼滅の刃(きめつのやいば) 一番くじの第2弾が登場

【鬼滅の刃】ファンは炭カナ希望!?栗花落カナヲと竈門炭治郎の恋愛はありえる?2人が絡むエピソードをご紹介!

きめつのやいばカナヲのイラスト

おしながき• 同期組 今回はおさらい動画となります。 同期組とは、炭治郎・善逸・伊之助・カナヲ・玄弥の五人の事で、同時期に鬼殺隊に入隊した者達の事を指します。 この同期組の五人には、それぞれ五感のうち一つだけ、秀でている部分があります。 炭治郎は嗅覚、善逸は聴覚、伊之助は触覚、カナヲは視覚、玄弥は味覚といった具合です。 玄弥の味覚というのは少し違うような気もしますが、五感を全員に当てはめるとするなら、このようになります。 ではここから、一人ずつ振り返ってみましょう。 炭治郎 炭治郎は五感の中で、特に嗅覚が優れています。 炭治郎の師である鱗滝も、嗅覚が優れていたようです。 鬼と人間の匂いをかぎ分け、物語の初期の頃は「隙の糸」を匂いから感知する事ができていました。 最近は隙の糸についての描写はありませんが、強敵との戦いでは、そんな簡単に嗅ぎ取れるモノではないという事なのでしょう。 さらに炭治郎は匂いから、人の感情や考えている事を、ある程度察知することができます。 しのぶが常に怒りを感じていた事や、実弥の玄弥に対する気持ちを言い当てた事もありました。 そして炭治郎は、伊之助の回想と炭十郎の回想を経て、透き通る世界が見えるようになっています。 そのとき伊之助の触覚についても触れているので、炭治郎は触覚についても、透き通る世界を通して強化されているものと思われます。 善逸 善逸は五感の中で、特に聴覚が優れています。 善逸が眠りに入っても戦う事が出来ているのは、聴覚により全てを把握することが出来ているからだと思われます。 そう考えると善逸の眠り状態は、悲鳴嶼さんの通常時と同じ状態だという事にもなります。 この、五感のうち視覚を閉じて、聴覚のみで戦うという行為は、おそらく透き通る世界を見るために必要な要素でもあります。 出来るだけ体の使う五感を抑える事で、透き通る世界を見れるようになると炭十郎は言っていたからです。 これは縁壱も使っていたと思います。 炭治郎は嗅覚により、鬼が近くにいる事を察知できますが、善逸は聴覚によりそれが可能です。 そして善逸は、人から聞こえてくる音によって、その人の人柄・心理状態なども読み取る事ができます。 この能力を活かせば女心も丸わかりで、善逸もモテモテになりそうな気はしますが…。 そんな日が来ることはあるのでしょうか。 伊之助 伊之助は五感の中で、特に触覚が優れています。 人間の触覚とは「肌に何かが接触した時に感じる感覚」の事です。 鬼滅の刃の世界での触覚は、それに加えて、殺気を肌で感じる事も含まれているようです。 なので伊之助は上半身裸になり、殺気を感じやすいようにしているそうです。 炭治郎は、伊之助の殺気を感じる優れた触覚をヒントに、透き通る世界への扉を開きました。 以前の動画で私は、伊之助が終ノ型を使うような事があり、触覚を失ったとしても、日常生活には支障が無いといった発言をした事がありました。 しかし、触覚を失ってしまえば肌への感覚が無くなるのですから、それはそれで大変な事になりそうです。 もし今後、伊之助の触覚が失われるような事があっても、せめて殺気を察知する能力が無くなるくらいで、済んでほしいところです。 カナヲ カナヲは五感の中で、特に視覚が優れています。 具体的に言うと、静止・動体視力が特に優れているそうです。 それが最初に見れたのは、炭治郎達の機能回復訓練での事でした。 最終的には炭治郎に抜かれる事になるのですが、ここでもカナヲの視覚による影響があったと思います。 そしてそれは、戦いにおいても見ることができました。 カナヲは童磨との戦いで、童磨の動きを見ながら次の動作を予測する、といった離れ業をやってのけています。 そんなカナヲを見て童磨は「柱の娘より実力があるかもしれない」と言っていました。 そして、童磨との戦いでカナヲは、花の呼吸・終ノ型「彼岸朱眼」を使う事により、さらに静止・動体視力を上げています。 ですがこの技の代償は大きく、無理矢理に視覚をブーストしているため、最終的には失明さえしてしまう恐れがあります。 童磨との戦いでは技を使っている時間が短かったため、カナヲは右目が少し見えなくなる程度で済みました。 しかし、今後またカナヲが終ノ型を使うような事があれば、片目はおろか、両目さえ失明してしまう恐れがあります。 できるなら、そのような事が起こらない事を願うばかりです。 玄弥 最後は玄弥です。 人間の五感で言うなら、玄弥には味覚が当てはまります。 しかし、味覚が優れているというのは、どこかおかしな表現です。 あくまで同期組五人に五感を当てはめた場合、玄弥には味覚が残されているという形になります。 おそらく味覚の代わりとなっているのは、玄弥の持つ咬合力という能力でしょう。 玄弥は、咬合力と異能とも呼べる消化能力で、鬼を喰らい、一時的に鬼の能力を得る事ができます。 得られる能力は、主に怪力・不死・超再生がメインとなります。 ただし、本来の鬼の能力よりは遙かに劣り、玄弥の場合、日輪刀以外で首を切断されても死んでしまいます。 さらにこの能力には「鬼を喰らうことで理性や判断能力が低下する」といったリスクがあります。 そして、黒死牟との戦いの際は、上弦の壱の黒死牟の髪の毛・刀の一部を喰らうことで、今までの鬼化とは少し違った影響が出ています。 上弦の壱ともなると無惨の血が濃いためか、玄弥の目は黒死牟のものとソックリな状態になり、痣まで黒死牟と同じようなものが発現しています。 さらには血鬼術も使えるようになり、もうほとんど「鬼そのもの」と言えるほど、鬼に近づいていました。 そうして最後には、鬼同様の消滅の仕方で、玄弥はこの世を去っています。 これは、強すぎる鬼を食べ過ぎてしまったことにより、人間に戻ることが出来なかったという事なのでしょう。 どこまでの鬼ならば人間に戻れるのか、非常に判断が難しい能力とも言えます。 しかし、この能力が無ければ、黒死牟を倒す事はできていなかったでしょう。 ずっと物語ではパッとした活躍がなかった玄弥ですが、最後の最後で見せてくれました。 ちなみに玄弥の使っていた血鬼術は、木の血鬼術です。 この木は、半天狗・憎珀天の木の竜を食べた事によるものなのではないかと、噂されています。 まとめ的なもの 今回は、同期組五人と五感の関係性について、サラッとまとめてみました。 カナヲが終ノ型を使った事により、視覚を失いかけたこと。 これが、他の同期組にも当てはまらなければいいのですが。 今のところカナヲは視覚の一部を失い、玄弥は命を失っています。 残る炭治郎・善逸・伊之助は、一体何を失ってしまうのでしょうか。 このまま無事であればいいと願いながらも、ワニ先生の恐怖に怯える毎日です。 皆さんも何かお気づきの点があれば、コメント欄で教えてくださいね。

次の

鬼滅の刃(きめつのやいば) 一番くじの第2弾が登場

きめつのやいばカナヲのイラスト

概要 『』に登場する、とのカップリング。 の同期隊士という間柄。 鬼に家族を殺されながらも、親や兄弟姉妹との温かな記憶を持つ長男坊の炭治郎と、 実の親に虐げられそれにより兄弟姉妹を亡くし、心も思考も閉ざしてしまったカナヲという、ある意味で対照的な境遇をそれぞれに抱えている。 身長差は9cmで、カナヲの方がひとつ年上。 最終選別編 鬼殺隊へ入隊するための命懸けの 「最終選別」を終え、は、を除く同期隊士三名(、、栗花落カナヲ)とともに、説明会に集められる。 その際、炭治郎は案内役の童子に対して手を上げた玄弥と揉め事を起こしてしまうが、同じ場にいたカナヲは全く興味を示す様子がなく、蝶と戯れているだけであった。 なお、死に物狂いで選別を潜り抜けて土埃に塗れていた男子三名に対して、カナヲは選別前と変わりなく身綺麗なままだったが、これは選別当時の彼女の力量が頭一つ抜きん出ていたため。 那田蜘蛛山編 に数えられるの一党が巣食う那田蜘蛛山にて、累との激闘を経て満身創痍の炭治郎は、鬼である妹・が、筋金入りの鬼殺隊士たちに容赦なく狙われるという状況にはじめて直面する。 竈門兄妹の事情を知る隊士・の助けを受けて、実力者であるの手を逃れた炭治郎と禰豆子だったが、今度は増援の一人として駆けつけていたカナヲに捕捉されてしまう。 炭治郎は禰豆子に斬りかかるカナヲを引き止めようとするものの、脳天に踵落としを一撃を食らって気絶。 禰豆子が逃げ回っている間に「竈門兄妹を確保、移送せよ」との伝令が到着したことで、カナヲは刀を納め、「隠」の収容作業の補佐へと向かう。 明確な敵意を持って禰豆子を狙ったしのぶに対して、カナヲの殺意は鬼殺の使命感と見るにしても機械的なものであり、「鬼を殺さず連れ帰れ」という伝令を受けた際には特に訝る様子もなく従っている。 そんな彼女の異質さの背景が明かされるのは、もう少し先のこと。 蝶屋敷(機能回復訓練)編 怪我人としてしのぶの蝶屋敷に担ぎ込まれた炭治郎は、改めて相対したカナヲを最終選別時に見かけていたことを思い出す。 傷の癒えた炭治郎は、同じく療養していた・と共に、蝶屋敷の面々を相手に機能回復訓練(リハビリ)に臨む。 剣士としての圧倒的な差をカナヲとの間に感じる炭治郎は、見かねた屋敷の娘たち(きよ・すみ・なほ)の助言を受けてを始めとした身体強化に取り組み、やがて訓練の結果もカナヲと拮抗するようになる。 第53話。 療養を終え、新しい刀も届いた炭治郎たちに、「無限列車」への増援として出陣の指示が下る。 蝶屋敷を離れる前に挨拶して回っていた炭治郎に声をかけられ、カナヲは初めて彼と言葉を交わすことになる。 ようやく返事をしてくれたことに感激する炭治郎は、お別れを言って会話を切り上げようとするカナヲに構わず隣に腰を下ろす。 何もかもがどうでもいいから自分一人では何も決められないこと、指示されていない事柄に関しては銅貨を投げて決めていること、いま話をしているのもそうして決めたことだと話すカナヲ。 炭治郎は 「どうでもいいことなんてない」「カナヲの心の声が小さいのでは」と暫し逡巡し、彼女から銅貨を借りると、表側に 「カナヲは心の声をよく聞くこと」と賭けて天高く放る。 受け止めた銅貨の面は表。 飛び上がって喜んだ炭治郎は、銅貨を返す形でカナヲに近づき激励する。 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」 どうして表を出せたのかと不思議がるカナヲに、「表が出たのは偶然」「裏が出ても表が出るまで何度でも投げ続けようと思っていた」と答え、炭治郎は笑って立ち去る(アニメでは、ネット上で「人が恋に落ちる瞬間を見た」等とコメントされた)。 彼を見送った後、カナヲは銅貨を胸元に当てて握りしめ、直後に自らの行いに動揺。 すみに背後から声を掛けられた際には驚いて縁側から転げ落ちている。 この一連のやり取りが、カナヲの何かを変えていくのだった。 遊郭編 上弦の陸である・との戦いを終え、仲間達と共に蝶屋敷に戻った炭治郎は二ヶ月間の昏睡状態を経た後に意識を取り戻す。 病室に花を活けた花瓶を持ってきていたカナヲは驚きのあまり花瓶を落とし割り、炭治郎に話しかけ自発的に彼の安否を気遣う。 そして安堵の言葉を漏らすカナヲの目には涙が浮かんでいた。 カナヲは他の相手には殆ど無言のままであったが、炭治郎が眠りについたときは大声を挙げて周囲を静かにさせている。 番外編 上述した銅貨の一件が収録された単行本第7巻には番外編も収録されており、そこにてカナヲの過去が明らかになっている。 人買いに連れられていたところを・姉妹に引き取られたカナヲは、育った環境の過酷さゆえ自分で考えて行動することができなくなっていた。 カナヲの行く末を危惧するしのぶに対して、カナエは銅貨を投げて決めればよいと暫定的な対処法を提案。 「根本的な解決にならない」としのぶに怒られるも、鷹揚なカナエは「切っ掛けがあれば大丈夫」と返す。 番外編は「 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」とのカナエの言葉で締め括られるが、その台詞が書かれたコマには 炭治郎の姿が描かれている。 これが何を意味するかはもう言うまでもないだろう。 (2020年5月13日時点での最新刊は20巻) 無限城決戦編 が各々のやり方で自分のを赫刀にしてに挑むも、無惨の一撃により柱や善逸、伊之助は吹き飛ばされ負傷する。 かろうじて吹き飛ばされなかったカナヲだが、腹部を負傷し足がすくみ動けない。 無惨がカナヲに攻撃を繰り出した瞬間、炭治郎が間一髪で助けに入る(離れたところにいた(恐らく)のところまでカナヲを運ぶ)。 以下、さらにネタバレ(201話以降、特に注意) 無惨を討伐するも、を経て鬼となった炭治郎の攻撃を止めるため、カナヲはしのぶから預かった藤の花から作られた薬(禰豆子用に作られたが、人間化薬は珠世が3つも作っていたために使用されなかったもの)を打ち込もうとする。 結果、カナヲは薬を打ち込むことには成功したが、攻撃を受けてしまい「 炭治郎だめだよ 早く戻ってきて 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ…」と言い残し炭治郎の側で倒れてしまう。 なおこの時、戦にてカナヲの右目は既にほぼ見えない状態になっていた。 鬼になったばかりなら片目でも炭治郎の攻撃を掻い潜ることができると見込み、残された左目で「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」を使用した。 なお、炭治郎はカナヲが倒れるときに発した言葉に反応を見せた。 実は、カナヲに打ち込まれた薬の効果が現れ人間の意識が覚醒し始めていたからである。 関連イラスト.

次の

鬼滅の刃(きめつのやいば) 一番くじの第2弾が登場

きめつのやいばカナヲのイラスト

概要 『』に登場する、とのカップリング。 の同期隊士という間柄。 鬼に家族を殺されながらも、親や兄弟姉妹との温かな記憶を持つ長男坊の炭治郎と、 実の親に虐げられそれにより兄弟姉妹を亡くし、心も思考も閉ざしてしまったカナヲという、ある意味で対照的な境遇をそれぞれに抱えている。 身長差は9cmで、カナヲの方がひとつ年上。 最終選別編 鬼殺隊へ入隊するための命懸けの 「最終選別」を終え、は、を除く同期隊士三名(、、栗花落カナヲ)とともに、説明会に集められる。 その際、炭治郎は案内役の童子に対して手を上げた玄弥と揉め事を起こしてしまうが、同じ場にいたカナヲは全く興味を示す様子がなく、蝶と戯れているだけであった。 なお、死に物狂いで選別を潜り抜けて土埃に塗れていた男子三名に対して、カナヲは選別前と変わりなく身綺麗なままだったが、これは選別当時の彼女の力量が頭一つ抜きん出ていたため。 那田蜘蛛山編 に数えられるの一党が巣食う那田蜘蛛山にて、累との激闘を経て満身創痍の炭治郎は、鬼である妹・が、筋金入りの鬼殺隊士たちに容赦なく狙われるという状況にはじめて直面する。 竈門兄妹の事情を知る隊士・の助けを受けて、実力者であるの手を逃れた炭治郎と禰豆子だったが、今度は増援の一人として駆けつけていたカナヲに捕捉されてしまう。 炭治郎は禰豆子に斬りかかるカナヲを引き止めようとするものの、脳天に踵落としを一撃を食らって気絶。 禰豆子が逃げ回っている間に「竈門兄妹を確保、移送せよ」との伝令が到着したことで、カナヲは刀を納め、「隠」の収容作業の補佐へと向かう。 明確な敵意を持って禰豆子を狙ったしのぶに対して、カナヲの殺意は鬼殺の使命感と見るにしても機械的なものであり、「鬼を殺さず連れ帰れ」という伝令を受けた際には特に訝る様子もなく従っている。 そんな彼女の異質さの背景が明かされるのは、もう少し先のこと。 蝶屋敷(機能回復訓練)編 怪我人としてしのぶの蝶屋敷に担ぎ込まれた炭治郎は、改めて相対したカナヲを最終選別時に見かけていたことを思い出す。 傷の癒えた炭治郎は、同じく療養していた・と共に、蝶屋敷の面々を相手に機能回復訓練(リハビリ)に臨む。 剣士としての圧倒的な差をカナヲとの間に感じる炭治郎は、見かねた屋敷の娘たち(きよ・すみ・なほ)の助言を受けてを始めとした身体強化に取り組み、やがて訓練の結果もカナヲと拮抗するようになる。 第53話。 療養を終え、新しい刀も届いた炭治郎たちに、「無限列車」への増援として出陣の指示が下る。 蝶屋敷を離れる前に挨拶して回っていた炭治郎に声をかけられ、カナヲは初めて彼と言葉を交わすことになる。 ようやく返事をしてくれたことに感激する炭治郎は、お別れを言って会話を切り上げようとするカナヲに構わず隣に腰を下ろす。 何もかもがどうでもいいから自分一人では何も決められないこと、指示されていない事柄に関しては銅貨を投げて決めていること、いま話をしているのもそうして決めたことだと話すカナヲ。 炭治郎は 「どうでもいいことなんてない」「カナヲの心の声が小さいのでは」と暫し逡巡し、彼女から銅貨を借りると、表側に 「カナヲは心の声をよく聞くこと」と賭けて天高く放る。 受け止めた銅貨の面は表。 飛び上がって喜んだ炭治郎は、銅貨を返す形でカナヲに近づき激励する。 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」 どうして表を出せたのかと不思議がるカナヲに、「表が出たのは偶然」「裏が出ても表が出るまで何度でも投げ続けようと思っていた」と答え、炭治郎は笑って立ち去る(アニメでは、ネット上で「人が恋に落ちる瞬間を見た」等とコメントされた)。 彼を見送った後、カナヲは銅貨を胸元に当てて握りしめ、直後に自らの行いに動揺。 すみに背後から声を掛けられた際には驚いて縁側から転げ落ちている。 この一連のやり取りが、カナヲの何かを変えていくのだった。 遊郭編 上弦の陸である・との戦いを終え、仲間達と共に蝶屋敷に戻った炭治郎は二ヶ月間の昏睡状態を経た後に意識を取り戻す。 病室に花を活けた花瓶を持ってきていたカナヲは驚きのあまり花瓶を落とし割り、炭治郎に話しかけ自発的に彼の安否を気遣う。 そして安堵の言葉を漏らすカナヲの目には涙が浮かんでいた。 カナヲは他の相手には殆ど無言のままであったが、炭治郎が眠りについたときは大声を挙げて周囲を静かにさせている。 番外編 上述した銅貨の一件が収録された単行本第7巻には番外編も収録されており、そこにてカナヲの過去が明らかになっている。 人買いに連れられていたところを・姉妹に引き取られたカナヲは、育った環境の過酷さゆえ自分で考えて行動することができなくなっていた。 カナヲの行く末を危惧するしのぶに対して、カナエは銅貨を投げて決めればよいと暫定的な対処法を提案。 「根本的な解決にならない」としのぶに怒られるも、鷹揚なカナエは「切っ掛けがあれば大丈夫」と返す。 番外編は「 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」とのカナエの言葉で締め括られるが、その台詞が書かれたコマには 炭治郎の姿が描かれている。 これが何を意味するかはもう言うまでもないだろう。 (2020年5月13日時点での最新刊は20巻) 無限城決戦編 が各々のやり方で自分のを赫刀にしてに挑むも、無惨の一撃により柱や善逸、伊之助は吹き飛ばされ負傷する。 かろうじて吹き飛ばされなかったカナヲだが、腹部を負傷し足がすくみ動けない。 無惨がカナヲに攻撃を繰り出した瞬間、炭治郎が間一髪で助けに入る(離れたところにいた(恐らく)のところまでカナヲを運ぶ)。 以下、さらにネタバレ(201話以降、特に注意) 無惨を討伐するも、を経て鬼となった炭治郎の攻撃を止めるため、カナヲはしのぶから預かった藤の花から作られた薬(禰豆子用に作られたが、人間化薬は珠世が3つも作っていたために使用されなかったもの)を打ち込もうとする。 結果、カナヲは薬を打ち込むことには成功したが、攻撃を受けてしまい「 炭治郎だめだよ 早く戻ってきて 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ…」と言い残し炭治郎の側で倒れてしまう。 なおこの時、戦にてカナヲの右目は既にほぼ見えない状態になっていた。 鬼になったばかりなら片目でも炭治郎の攻撃を掻い潜ることができると見込み、残された左目で「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」を使用した。 なお、炭治郎はカナヲが倒れるときに発した言葉に反応を見せた。 実は、カナヲに打ち込まれた薬の効果が現れ人間の意識が覚醒し始めていたからである。 関連イラスト.

次の