令和ライダー 2作目。 平成ライダー (へいせいらいだー)とは【ピクシブ百科事典】

テレ朝POST » 山寺宏一、令和仮面ライダー第1作“ゼロワン”は「最先端でカッコよくて面白い」

令和ライダー 2作目

おはようございます。 Kです。 もう1昨日になりますが、事前の告知通り7月18日正午、令和1作目となる仮面ライダー、 仮面ライダーゼロワンの制作発表が敢行、配信もされました。 僕は日を1日間違え、前日に 「会見見過ごしたー!」ってなりました。 公式サイトも動いてますな。 もうすでにネット住民の方々はさすがなもので、数々のネタバレ情報も出回っていますが、 まずは発表された情報に触れていきましょう〜。 テーマはAI? 物語の根幹にあるテーマは「AI」っぽい。 人工知能が発達した世界。 「ヒューマギア」と名付けられたAIロボの暴走を阻止するんだ!的な。 そこにAIの影響を最も受けやすいものの一つとして「お仕事」をエピソードに絡めていくみたい。 『仮面ライダーゼロワン』では、各話でスポーツ選手や医師、料理人、漫画家など、子供たちが熱い視線を送る職業の世界を舞台に、そこにAIが導入された未来の姿とその環境下で生まれる悪との戦いを描きます。 ネットとかyoutubeが蔓延しているからこそこういう側面があるといいよね。 モチーフは昆虫、動物。 プラスデジタル? ゼロワンのモチーフは原点回帰、バッタみたい。 なんかスポーティーw そして、イエローカラーベースが斬新。 いや、でも仮面ライダーらしい造形を踏襲しつつ、未来感を出したカッコイイデザインなんじゃない?!フォームチェンジも楽しみっすね。 制作発表で変身音声も披露されておりましたが、 カッコイイ! 変身ベルト「飛電ゼロワンドライバー」に「プログライズキー」と 呼ばれるツールを挿入して変身するようです。 本編での変身エフェクトも楽しみですなぁ〜。 クウガ、アギト、キバのような超常的な力ではなくブレイド、カブト、ビルドのような 人の開発によるツールかな? 主人公はイケメン社長 主人公でゼロワンの変身者は「飛電 或人」(ひでん あると)。 今回は主人公としては珍しく社長というか〜な〜り、真っ当な職を持っている。 (ニートとか多かったからなぁ・・・) なんか変身待機音のアメコミ感もあって社長ということもあって トニー・スターク思い出すなぁ。 2号、3号ライダーも公開 今回は2号ライダー、3号ライダー(という括りでいいのかな?) と、その変身者も発表されました。 ・仮面ライダーバルカン ・仮面ライダーバルキリー 共にヒューマギアのトラブル解決組織「対人工知能特務機関 A. S」 の所属のようです。 主人公とは別の組織に属しておるようなので 組織間のすったもんだもありそうですね〜。 あとは放送待つか〜。 そのほか敵組織や共演キャスト、声の出演も発表されておりますが。 とりあえず、アンジャッシュ児嶋さんがもう気になって気になってw ああいうどうしようもない感じの人、好きなんだわ〜。 ひとまず、先行で公開されている情報の印象としては 楽しみな作品になりそうな予感! また!.

次の

映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』評価・ネタバレ感想! 邦画最高峰のアクション映画!

令和ライダー 2作目

令和ライダー関連の記事作成・編集について• 商標登録• 「情報解禁前につき無断転載禁止」と書かれた玩具取扱店・業者向け資料 カタログ• 児童雑誌や玩具の先行情報• これらの情報を「ネタバレ」と称して無断で転載しているブログ などから記事を作成すること、またはそこからの情報加筆はおやめください。 名前だけでも 新ライダーやフォーム、新アイテムについての特徴、また変身者についての示唆となり、公式からすれば 本来の手段では得られないはずの未公開情報です。 これらの情報は決してネタバレではありません。 更に登場時期によっては内容の変更・延期も十分にあり得る作品群です。 新規作成についてはマナー・モラルを重視し、 『テレビ本編での登場後』にするようお願いします 仮に公式Twitterで情報公開がされても本編登場まで編集はお控え下さい。 登場時期未定の段階で玩具情報や児童誌・情報誌による情報公開が先行した場合も登場時期未定のネタバレ情報になる事例が多い為、雑誌での情報公開や玩具の情報 RKF等 に合わせ早期に記事作成をするのはおやめください。 また、最近ではネタバレ情報を 「オリジナルライダー」と称して記事を作成する悪質な例が続出しております。 オリジナルライダーは 公式のライダーと混合される可能性がある為、例え記事の制作者が絵師本人であっても、イラストの投稿数が多くても 記事の作成はしないで下さい。 悪質な記事の作成、本編未登場にも関わらず内容に加筆すると言った行為は機密情報の 「窃盗罪」に当たる可能性があり、繰り返し行った場合、最悪 アカウント停止の可能性があります。 情報を知らない人にとっては初見での楽しみが失われる迷惑行為になります。 ネットマナーを留意した編集をお願いします。 また、それらの記事の検索・閲覧の際はご注意下さい。 最後に「」という単語そのものがネタバレになり得る事を理解して下さい。 概要 に新元号「」が発表され、同5月1日付けで元号が「」から「」へ改元。 「」「」になぞらえて作られた言葉で、2019年5月以降に放送が開始される作品の事を指す。 公式で明確に令和ライダーとカウントされ始めるのが、2019年9月から放送される 『』からとなる。 1年を通してアイテムを使って変身すると言う点は平成ライダーから変わらない様子だが、令和第1号と言う点から仮面ライダー1号を思わせるバッタをモチーフとした原点回帰デザインとなっている。 なお、令和ライダーが2作目以降作られるとは限らないため、現時点では 『令和ライダーシリーズ』ではなく、仮に短期間で終了した場合は平成仮面ライダーシリーズに組み込まれる可能性もゼロではない。 そして、 何気に新元号元年で第1号扱いされる初めてのライダーが登場した事になる。 前作『』は放送期間が平成から令和にまたがっているが、平成ライダーとして扱われる。 なお、令和最初の仮面ライダーTVシリーズ本放送は2019年5月5日の『ジオウ』EP34「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」。 さらにネット配信を含めれば、それより僅かに早い同日0時より『』第2話が東映特撮ファンクラブで配信されていた。 ただしこれらはいずれも第1話が登場したのは 平成であり、その作品もにカテゴライズされる。 ちなみにVシネマ仮面ライダーシリーズで初の令和仮面ライダーはのである。 ただ、『ジオウ』で「がに変身し、破壊と創造の力で歴史を作り直した」その後の物語を描く世界となっている。 平成ライダーでは、主役級ライダーの「最強」を含めた強化フォームやその武器には、それまでに登場したフォームの特徴がひとつに混じり合った、所謂「」のスタイルもいくつか見受けられた。 同じく令和ライダーでも見受けられる。 テレビ作品一覧 年代 作品名(略称) 備考 メインライター 2019 () 令和ライダーシリーズ記念すべき第1作。 劇場版一覧 年代 作品名 備考 2019 2009年からの恒例クロスオーバー。 令和シリーズ記念すべき第1作。 その他 関連記事 親記事.

次の

映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』評価・ネタバレ感想! 邦画最高峰のアクション映画!

令和ライダー 2作目

先日公開された『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』で、平成仮面ライダーの映画が全て世に出たことになる。 『劇場版ジオウ』の公開は令和だが、ジオウ自体が平成ライダーとしてカウントされているので平成ライダー映画の扱いとしておきたい。 20作ある平成ライダーだが、映画は2作目のアギトから始まっている。 2001年の『劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4』から始まり、当初は夏の恒例行事だったはずが、いつしか春にも冬にも公開されるようになり、その数は40作以上。 常に挑戦を続けて存続してきた平成ライダーは、映画においても果敢に新たな境地へと進んできた。 最強フォームがテレビに先駆けて登場、映画限定の仮面ライダー、過去ライダーとのコラボ、スペシャルゲストの客演、平成ライダー映画の特徴を挙げればキリがない。 そんな平成仮面ライダーの映画はどれが最も面白いのか、私なりにおすすめTOP10をまとめてみた。 第10位:『劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land』 平成ライダー第14作『仮面ライダーウィザード』の夏映画。 平成ライダーは2期以降(11作目の『仮面ライダーW』以降)、秋に放送が開始されるようになったため、夏映画が1年間の集大成になることが多く、それはこのウィザードも例外ではない。 金色の竜巻によって世界が作り替えられ、主人公の晴人とコヨミは人々が魔法を使って暮らす世界に迷い込んでしまう。 KABA. ちゃんを含めたレギュラーキャラクター達が次々と仮面ライダーに変身し、お金の代わりに魔力が通貨として扱われているというコメディなスタートから、徐々に世界が変わった真相と世界を統べるマヤ大王の哀しい真実が明かされ、とてもバランスのいい一作に仕上がっている。 何より、テレビシリーズでは魔力を持つ自分だけが魔法使い=仮面ライダーウィザードとして戦わなくてはならないと宿命を受け入れていた晴人が、魔法使いだらけの世界にどこか解放感を覚える描写など、感情の機微がさらりと表現されていて非常に丁寧な作り。 昨年『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』で高く評価された香村純子が脚本を担当。 柴崎監督による魔法世界の描写も楽しく、子どもが観ても大人が観ても楽しめる1作だ。 第9位:『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』 Amazonプライムで配信された『仮面ライダーアマゾンズ』の完結編となる劇場版。 アマゾンズを平成ライダーにカウントするかどうかは意見が分かれるところだろうが、平成に公開されたということでご容赦願いたい。 『仮面ライダーアマゾンズ』は人を喰らうアマゾンという実験体が逃げ出し、その戦いに巻き込まれた人々の物語。 人食いの衝動を抑えきれなくなったアマゾンのみを殺す遥と、アマゾンは全て殺す派の仁の対立が物語の軸だが、この映画ではその終止符が打たれる。 『約束のネバーランド』を彷彿とさせる猟奇的な設定と、泥臭いアクションが見所だ。 全26話の後の完結編ではあるが、アマゾンズという作品の根幹を改めて問う作品になっているため、この1作だけ観てもいいかもしれない。 脚本は『仮面ライダーエグゼイド』の高橋悠也さん。 配信エピソードは全て小林靖子脚本だったが、初参加にしてそのエピローグを綺麗にまとめている。 それまでの仮面ライダー映画と言えば、恒例の夏映画と電王関係の作品のみで、まさか現行作品と1つ前の作品がコラボするような映画が作られるとは思いもしなかった。 まして、「ディケイド、本当の完結編」などと宣伝していたのだから観ないわけにはいかない。 MOVIE大戦というシリーズの始まりがいかに衝撃的だったかという意味でこの順位にしたが、作品の内容もなかなか侮れない。 ディケイド完結編とWビギンズナイトの2編の後、ディケイドとWがコラボするMOVIE大戦が始まる。 同時上映ではなく、コラボレーションだったのだ。 ディケイド完結編は、その名の通り『仮面ライダーディケイド』というお祭り作品の最後を飾る作品。 激情態となり全ての仮面ライダーを破壊する士とそれを止めようとする仲間たち、ディケイドの旅がどのように終わるのかは観て確かめていただきたい。 対照的にW編のビギンズナイトは仮面ライダーWの始まりの物語。 翔太郎とフィリップが初めて出会い変身した夜 ビギンズナイト の出来事が描かれる。 そのハードボイルドな人間性はファンからの人気も根強い。 ディケイドとWの両方を1度に味わうことができ、初心者にもオススメの1作だ。 第7位:『仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』 平成仮面ライダー第12作目『仮面ライダーオーズ』の夏映画。 オーズは欲望をテーマにした物語で、脚本はアニメ『進撃の巨人』や『ジョジョの奇妙な冒険』でもシリーズ構成を務める小林靖子。 主人公を絶望に叩き込む脚本家として知られるが、ただの鬱展開で終わらせずそれを如何にして乗り越えるかを見事な手腕で描く。 平成ライダーを支えてきた重鎮の1人だ。 オーズという作品の途中、東日本大震災が起こり、制作陣は震災後ということを強く意識しなければならなかった。 震災後初めて公開された映画は4月に公開された『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー 仮面ライダー』だが、こちらは震災の時点で既に制作済みだったため、実質震災を意識した初めての映画である。 オーズ終盤のシリアスな展開とは違い、とにかく楽しくなれる物語を意識し、まさかの暴れん坊将軍 松平健 とコラボ。 主題歌もマツケンサンバ風になり、作品のトーンはかなり明るい。 それでいて、欲望という終わりのない感情に対し「人と手をつなぐ」というテーマを掲げた見事な作品。 テレビシリーズとのリンクは少ないため未見の人でも楽しめる。 程よいお祭り感が楽しい1作。 それまでは3部構成だったが、今作はなんと5部構成。 栄光の7人ライダー編、オーズ編、W編、フォーゼ編、そして最後に計10人の仮面ライダー達が宿敵の財団Xと戦いを繰り広げるMOVIE大戦MEGA MAX。 かなり盛り沢山な内容だが、アクションは海外で鍛えた坂本監督だけあって見応え抜群。 更にシナリオはオーズの後日談、そしてフォーゼの番外編として完璧すぎるアンサー。 この映画のためにオーズのTVシリーズを全部観てもらいたいところだが、そうでなくとも楽しめることは間違いない。 平成ライダーの映画でスピード感のあるシナリオとアクションを楽しみたいならこの1作がうってつけだ。 ちなみに、ジオウ終盤に登場した仮面ライダーアクアはこの映画の登場人物。 ジオウから平成ライダーを追っている人はこの映画を観るとより楽しめることだらう。 第5位:『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FOREVER』 2018年12月に公開された比較的新しい映画。 MOVIE大戦の延長上にある平成ジェネレーションズの3作目で、主役はジオウとビルド。 「仮面ライダーは虚構の中の絵空事だった」という衝撃のスタートで始まり、作り手から平成ライダーを応援してきたファンへの感謝を込めた内容になっている。 仮面ライダーは虚構の中の物語でしかないという現実を突きつけられ、存在意義に悩むジオウと、虚構だろうが何だろうが人に救いの手を差し伸べると迷わず決断できるビルド。 2大ライダーの共演が魅力だが、本作にはなんと電王で主役を演じた佐藤健までもが登場。 ジオウのテレビシリーズとはいくつか矛盾が生じるものの、1本の映画としてはうまくまとまっており、比較的新しい作品のため平成ライダーも勢揃いする。 何よりファンへの感謝が存分に詰まっているため、平成ライダーを好きな人間にはたまらないはずだ。 第4位:『仮面ライダーW FOREVER 運命のガイアメモリ』 『仮面ライダーW』のクライマックスに公開された夏映画。 本編とリンクする内容で、この映画の出来事が最終回の仕掛けにもなっている。 監督は6位の『MOVIE対戦MEGA MAX』と同じ坂本監督で、この映画が坂本監督のライダー初参加作品。 『W』自体、仮面ライダーという枠を超えて傑作との呼び声が高く、後に『風都探偵』としてスピリッツで続編の漫画が連載されるほどの人気を誇るのだが、この映画も紛れもない大傑作。 テンポのいい脚本に、坂本監督の見事なワイヤーアクション、また主人公たちがテレビシリーズで関わってきた人々の想いが最終決戦で結実するというエンドも素晴らしい。 ダブルの敵、大道克己=仮面ライダーエターナルを演じるのはSOPHIAの松岡充。 『ジオウ』にゲスト出演したのも記憶に新しい。 バイクアクションや菅田将暉演じるフィリップを中心にした家族の物語など見どころも盛沢山。 個人的にはこの映画で初めて登場する仮面ライダージョーカーのかっこよさを推したい。 第3位:『劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』 この時期のテレビシリーズは冬にスタートだったため、夏映画は中盤の辺りで公開されているが、そのことを逆手に取り「最終回先行公開」として話題を呼んだ本作。 13人の仮面ライダーが己の夢を叶えるために殺し合うという斬新な設定が魅力的な龍騎のテレビシリーズを、60分ほどに凝縮したような作品となっている。 結果的にテレビ版最終回とは違う結末でパラレルワールド扱いとなったが、それも正史の一部としてしまえるのが龍騎のすごいところ(何を言っているか分からない人は是非テレビ版全50話を観ることをおすすめします)。 戦いの哀しさを説く一方で、劇場版限定のダークライダーでありもう一人の龍騎である仮面ライダーリュウガが登場し、物語を加速させる。 意外な展開と微細な感情描写が瞬時に入れ替わり襲ってくるのは、正に初期平成ライダー。 脚本は井上敏樹。 『ジオウ』ではキバ編を執筆しているが、平成ライダーの黎明期を支えた歴史上の偉人である。 第2位:『劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』 先に挙げた井上敏樹が全話執筆したことでも有名な『仮面ライダー555』。 この劇場版も同様であり、『555』本編の展開がぎっしりと詰まっている。 『555』は人間の進化系であるオルフェノクという存在と戦う青年の物語だが、特筆すべきはファイズに変身する乾巧とその仲間たちだけではなく、オルフェノクになってしまったことに葛藤する木場勇治などがレギュラーキャラクターとして登場する点。 ヒーローVS怪人という構図に新たな視点を与えた意欲作だ。 『パラダイス・ロスト』はテレビ版とは完全に別の世界の物語で、人口のほとんどがオルフェノクと化した世界が舞台となっている。 オルフェノク達を統べるスマートブレインと人間たちレジスタンスの戦いが描かれ、速水もこみちも出演している。 何より邦画でここまでのディストピアものというのが面白いが、物語も秀逸でキャラクターの繊細な感情の動きが見事に展開に組み込まれている。 テレビ版とは設定が異なるため、その違いを探してみるのも楽しいかもしれない。 第1位:『劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 』 平成仮面ライダー映画の第1作にして金字塔。 この映画の成功がなければ仮面ライダーの映画が作られ続けている現状はなかったかもしれない。 それほど偉大な作品である。 『仮面ライダーアギト』は仮面ライダーである者=アギトと、仮面ライダーになろうとする者=G3、仮面ライダーになってしまった者=ギルスの3人のライダーの群像劇。 今でこそ仮面ライダーは複数登場することが多いが、序盤から3人でスタートする作品は当時衝撃的だった。 この映画では要潤演じる氷川誠=仮面ライダーG3がフィーチャーされ、G3の新型であり装着者の命を削るG4との戦いが描かれている。 映画第1作ということもあってか相当な気合が入っており、今見ても作品の質は衰えない。 命を犠牲にして戦い続けるG4と、それを止めようと葛藤する氷川誠。 アギトやギルスは相変わらずだが、その能天気さと息苦しさがたっぷり詰まっており、これ1作でアギトの世界観を堪能することができる。 2001年の作品ということもあり、怪人が人を襲うシーンはホラー的な演出がなされているため、そういった作品が好きな人にもおすすめだ。

次の