東京 街コン おすすめ。 【男性版】街コンで人気・おすすめの場所(都内)は?20回以上参加したガチ勢が紹介する

【2020年版】街コンおすすめサイトランキング!人気運営会社&出会える街コン決定版!

東京 街コン おすすめ

こんにちは。 出会いのGuidebook編集長りゅうです。 「街コンって沢山あるけどおすすめの運営会社、パーティーはどこなの?」 「せっかくお金を払っていくのだから、いい出会いをゲットしたい。 失敗はしたくない」 この記事には、このような疑問を持つ方向けにおすすめの街コンを紹介する記事です。 僕は、 大学時代にとある地方で街コン団体の代表として数々のパーティーを開催してきて、就職してからは、100回以上街コンに通っています。 最近では当メディアの編集長として、街コンジャパンさんに街コン選びのポイントなんかも取材したりしています。 その中で感じたのは、 街コンはパーティー選びで、いい出会いがあるか雲泥の差があること。 悪徳運営会社の街コンのパーティーを選んでしまうと、せっかく高いお金を払ったのにドブに捨てることになってしまいます。。 そこでこの記事では僕が実際に行って確認済みの おすすめの街コンを紹介したいと思います。 旅行でいう楽天トラベル、飲食店検索でいうホットペッパーみたいな感じで、 全国の街コン運営会社を検索することができます。 僕自身街コンジャパンを通して申し込んだ中で、詐欺まがいの悪徳運営会社にあたったことはなく、信頼性が置けるなと感じています。 男女比が極端に偏っていると、パーティーって絶対盛り上がらないので。 また 集客力も良く、週末であれば100人以上集まるパーティーも多くあります。 もちろん少人数のパーティーもあるので、自分にあったパーティーを選べますよ。 街コンジャパンのパーティーはスタッフの人が雰囲気作りをしっかりしてくれるので、タイプの人が居なかったときでも、普通に飲み会として楽しいなと毎回感じます。 街コンジャパンのパーティーをチェックする とにかく、 悪徳運営会社がいないので、「街コンってよくわからない」という初心者でも安心して参加できます。 東京(表参道、六本木、青山)・神奈川(横浜)・千葉・埼玉を中心とした関東に加え、大阪(梅田)・兵庫(三宮)など関西地方でもパーティーを開催しています。 パーティーの種類は 1人参加限定、年齢別、趣味コン、ハイステータス、女子大生、逆年の差(年上女性、年下彼氏)など豊富。 特に、1 人参加限定パーティーは大変人気があり、他の運営会社に比べて、集まる人数、満足度が格段に違います。 皆1人なので、同性含め仲良くなりやすい、二次会に繋がりやすいといったメリットがあります。 少人数だと着席の場合も。 進行もスムーズで緊張感を上手くほぐしてくれます。 またフレンドリーな方が多いので、困ったことがあればいつでも丁寧に応対してくれます。 さらに街コンあるあるの写真と違って料理がショボかったということもなく、ドリンク・料理も豊富。 会場もおしゃれで、パーティーのクオリティが高いのが特徴です。 街コンジャパン主催の2016年イベント・オブ・ザ・イヤーでお客様の満足度が一番高かったパーティー主催者に贈られる「顧客満足度賞」を受賞しています。 「20代限定 表参道 Aquarium Party」、男性年収600万以上の「南青山 ハイスステータス Party」ハイステータスパーティー、学生限定の「青山 Student Party」などがあります。 100人以上になるパーティーもあり、集客率が良いなと感じます。 また、LINK PARTY(リンクパーティー)は街コンの時間が通常より長い(3時間や最大5時間も)&シャッフルタイムが早いので、多くの人と絡むことができるのがメリット。 応対は聞けば普通に答えてくれる。 少人数だと着席の場合も。 プロフィールカードもあるので、会話にも困ることなく、初心者でも参加しやすくなっています。 毎回40人限定が多く、参加者を絞っており、安定した集客があると感じます。 場所は、東京の恵比寿、新宿、銀座を中心に、横浜や大宮でもパーティーを開催しています。 料理も楽しみつつ、着席でじっくり喋ることができます。 一応合同会社という形にはなっていますが、実態としてはサークルに近そう。 銀座、恵比寿、新橋などでおしゃれなラグジュアリー空間を貸切って、100名以上の大規模イベントを開催しています。 着席スタイルで参加者も30人程度までと少人数に絞り、参加者全員と喋れるパーティーが特徴です。 落ち着いて座って喋りたいという人にはおすすめです。 Risem(リセム)のパーティーをチェックする 日本最大級の大規模パーティー まちぱ. comとは、株式会社アソビーが運営する街コン。 参加者数としては、街コンの中でも日本最大級といえるでしょう。 女性は参加条件はほぼ20代限定、男性も20代限定が多いですが、まれに35才まで参加可能なパーティーがあります。 まちぱ. 毎回120名~200名が集まる大規模な街コンであり、洗練されたラグジュアリー空間でのパーティーを楽しむことができます。 LAGPAは街コンの開催以外にも、 結婚式の二次会やホームパーティーなど、非日常感のラグジュアリーなパーティーをコンセプトにプロデュースしているので、街コンの雰囲気作りも抜群なのが特徴です。 さらに、 2016年リンクバル・イベント・オブ・ザ・イヤーの街コン部門最高賞を受賞していて、実績も抜群です。 同級生25~35才@銀座」などバライティに飛んでいます。 えくるの街コンはお店選びにも力を入れており、 一度の街コンで複数店舗の料理を楽しめます。 (パーティー、参加人数により変更あり) 恵比寿、中目黒、代官山など開催地もおしゃれな街ばかりで、街ブラするだけでも楽しめそうです。 以前は街コンといえば、複数店舗を巡る形のパーティーが多かったのですが、最近はかなり減ってしまったので、貴重ですね。 また、 完全着席制でスタッフがマッチングなどのフォローをしっかりしてくれるため、自分から相手を探して声をかけるのが苦手な人にも安心です。 2人1組参加が基本。 中規模 えくるのパーティーをチェックする 特徴のところでも書きましたが、スタッフの人が移動などの指示を出してくれるため、動きやすいんですね。 1名参加限定、同年代などバライティ豊かなパーティーを開催しています。 特にアニメ好きが集まるアニメコンの開催頻度が高いのが特筆すべきところ。 ALICEはお店を店舗を貸切って着席形式でパーティーを開催することタイプが多いです。 また席替えもスタッフが主体となって行ってくれるため、自分から動くのが苦手という人にはおすすめ。 居酒屋やカフェの一部を借りて開催。 ウォーキングコン、なぞ解きアドベンチャーコンなど、趣味コンを中心として、一風変わったパーティーがあります。 ドラドラパーティーの特徴としては、単なる飲み会でなく、ゲーム、散歩などのアクティビティを通しながら仲良くなれるところでしょう。 あまり、飲み会が得意でない、ゲームを通じて自然に仲良くなりたいという方におすすめできます。 残念ながら、友達が企画した合コンやイベントに行くくらいの期待度で行った方が良いかもしれません。 ドラドラのパーティーをチェックする.

次の

初めての街コンのおすすめはコレ。成功する比較ポイントを主催や運営、エリアの見方、街コンジャパンの東京の例で解説

東京 街コン おすすめ

もくじ• 街コンとは? 「そもそも街コンが何なのか全くわからない!」という方のために、簡単に街コンを説明すると… 「大規模な合コン」と言ってしまっていいでしょう! もう少し詳しく説明すると、お店に集まった男女数十人で、食事やお酒を飲みながら会話を楽しむイベントです。 もちろん、 参加者全員が恋人を求めて参加しています。 「もっと詳しく知りたい!」という方は、以下の記事を読んでもらえればと思います。 街コン参加者の感想 街コンの参加者について、やはり気になるのが「 イケメン」、「 可愛い子」の存在じゃないでしょうか? 実際はどうなのか、さっそく見ていきましょう! 街コンにイケメンはいたの? 街コンに参加していると、たまにイケメンを見かけます。 ガツガツしているというよりは、 爽やかイケメンですね。 「イケメンだからモテるんでしょ?」って思うかもしれませんが、アクティブな女性が少ないためか、 女性に囲まれるようなシチュエーションは見たことがありません。 自分から話しかけることのできる女性であれば、簡単にイケメンに近付けちゃいますね! 男性から見ても、草食系のイケメンであれば強敵とまではいかないと思います。 街コンに可愛い子はいたの? もちろん、 街コンに参加している女性の中には可愛い子はいます! 「可愛い」の定義は人それぞれですが、街コンに参加する女性は基本的に服装や髪型、メイクにしっかりと時間をかけているので、 可愛いらしい雰囲気の方が多いです。 男性が見た目から入るのは女性も理解しているので、 わざわざ手を抜いて参加するような人はいないでしょう。 ちなみに私が街コンで見かけた女性で似てるなって思った有名人は、宮崎あおい、榮倉奈々、大島優子、川栄李奈です。 (参考にならないかもですが) 街コンに初めて一人で参加した感想 私が街コンに初めて一人で参加したときは、とっても緊張しました。 「他に一人で参加している人はいるのかな?」 「一人の場合、どうやって動けばいいんだろう?」 参加するまでは不安でいっぱいですが、実際に街コンに参加してみると、自分と同じように 一人で参加している女性や男性が沢山います。 また、一人で参加している同性同士で仲良くなることも普通にあるので、 参加してしまえば「何とかなるもんだ!」と感じるはずです。 ただ、一人で参加する際に気を付けて欲しいことがあります。 それは、「 街コン選び」です。 詳しくは以下の記事にまとめていますので、 一人で参加予定の方は事前に読むことをおすすめします! 街コンの平日と土日での感想 平日と土日の大きな違いは、参加している方の職業です。 街コンのイベント数も平日より土日の方が多い傾向にあります。 平日と土日で街コンの楽しさが変わるというようなことはないので、自分が参加しやすい日程でいいと思います。 平日の街コンの感想 平日の街コンは、平日休みの方が多く参加されています。 例えば、販売員やサービス業、看護師、キャビンアテンダントの方々が参加されていました。 もちろん、夜であれば職種に関係なく、仕事終わりの方も参加されます。 ただ、平日の中でも 金曜日の夜に限っては、参加人数やイベントの数が多い傾向にあります。 なぜなら、 金曜の夜は土日休みの方の参加率が高いからです! 飲み会と同じで、翌日が休みのため「お酒を飲んでも大丈夫!」という安心感から、仕事終わりに参加されるのでしょう。 土日の街コンの感想 土日の街コンは、 昼夜に関係なくイベント数も多ければ、参加人数も多いです。 そのため、開催人数が集まらなくて街コンが中止になるといったことは1度もありませんでした。 また、日曜日の夜よりも土曜日の夜の方が飲み過ぎの心配をする必要がないため、 二次会の参加率は高めです。 街コンの昼と夜での感想 街コンは、昼と夜とで参加人数の違いはそこまでありませんでした。 ですが、 昼と夜とで街コンの「種類」や「雰囲気」には大きな違いがありましたので紹介します! 昼の街コンの感想 まず、 昼に開催されている街コンは種類が多いです! 例えば、 散歩コンやBBQコン、山登りコン、水族館コンなどが該当します。 これらは、日中の明るい時間や施設の営業時間内でなければ開催することが難しいためです。 また、「えくる」が開催している複数の店舗を回りながら食事をする本来の街コンもお昼にしか開催していません。 これもお店の比較的空いている時間を利用して開催するためです。 また、お昼に街コンが開催されていることもあり、街コン後も友人と食事の予定があるなどで、お酒を控えている方や、二次会に参加できない方がいます。 このため、 夜に比べ雰囲気が出づらいというデメリットがあります。 とはいえ、 えくるの街コンは初めての方も参加しやすく、盛り上がりやすいイベントなのでオススメですよ! 夜の街コンの感想 夜の街コンのメリットは、やはり良い空気になりやすいということだと思います。 時間的にもお酒がまわりやすいですし、時間も遅いため「このあと予定がある!」なんてこともありません。 そのため、 二次会にも誘いやすく、話も盛り上がりやすいです。 また、夜は街コン以外にも「 恋活パーティー」というイベントが多いのも特徴です。 街コンと内容はそれほど変わらないのですが、人数が多く、立食や半立食のパーティー形式になっています。 「自分の気になった人とだけ話したい!」という方はこちらがオススメです! 街コンの「立食形式」と「着席形式」の感想 街コンには、 立食形式のものと 着席形式のものがあります。 私が参加した街コンでは、だいたい以下のようになっていました。 店舗移動をする街コン… 着席形式(ただし店舗移動あり)• 1店舗で席移動する街コン… 着席形式、半立食形式• 会場や店舗を貸し切った恋活パーティー… 半立食形式、立食形式 着席形式の感想 私が着席形式の街コンに参加して感じたことは、 着席形式のほうが足が疲れづらく、落ち着いて会話ができるということでしょうか。 ただし、着席形式の街コンは必ず席移動があり、その度に立たなければいけないので席移動がスムーズではありません。 また、店舗移動のある街コンもありますので、その際は歩くことが多くなります。 立食形式や半立食形式の感想 立食形式は着席形式と逆で、長時間立っているため足が疲れやすいですが、 フリースタイル(自由に話せる時間)を採用しているイベントが多く、気軽に移動して気になる人と会話することができます。 半立食形式は、着席形式と立食形式を混ぜたようなもので、街コンの前半は立食形式で席移動をし、後半のフリースタイルは空いている椅子に座ってもいいですし、立ったまま話してもいいというものが多いです。 注意 女性はヒールに気を付けて! 立食形式の場合、長時間立ちっぱなしになることも考えられますので、ヒールは履いていかないほうがいいかもしれません。 「足が痛くてつらい…」と言っている女性をたくさん見てきました… 街コン開催地域の感想 街コンに申し込もうと検索していると、「渋谷」「横浜」「大宮」など、イベント開催地が目立つように表示されています。 初めて参加するとき「 この地域に住んでいないとダメなの?」と疑問に思ってしまう方もいるかもしれませんが、 ただの開催地域以外のなんでもないので気にする必要はありません! 実際に街コンに参加しても、 その地域の話題はほとんど出ないので安心してください。 私は、東京エリアと横浜エリアの街コンによく参加していたので、これらの違いについて簡単に紹介します。 東京の街コンの感想 東京といっても、渋谷、池袋、原宿、表参道、恵比寿、赤坂、銀座、有楽町など、たくさんの開催地域があります。 ちなみに私は上のエリアの街コン全てに参加したことがあります。 そのうえでお伝えしますが、 東京エリアによる街コンの違いは全くありません! あるとすれば、表参道よりは、銀座や有楽町のように 居酒屋が多い地域のほうが、二次会でのお店選びに困らないことくらいです。 横浜の街コンの感想 横浜の街コンも東京とそこまで変わらないのですが、1つだけ異なる点があります。 それは、 横浜の街並みはとてもお洒落だということです! 街コンの会場が桜木町やみなとみらいエリアであれば、窓から海が見えるところであったり、夜だとコスモワールド(遊園地)の綺麗なイルミネーションが見えたりします。 横浜の街並みが、最高のお洒落な雰囲気作りをしてくれるので、街コン後にちょっとした散歩デートにも最適なんですよね。 街コン主催会社の感想 街コンは、 主催会社によって扱っているイベントの種類や内容がかなり違います。 私が参加した主催会社の感想を、簡単ですがまとめてみましたので参考にしてください。 街コンジャパンの感想 は、リンクバルという会社が運営している 街コン最大手のポータルサイトです。 ポータルサイトなので、 街コンジャパンが主催しているイベント以外も扱っているのが特徴です。 そのため、取り扱っているイベント数が多く、街コンジャパンのサイトを利用することで、 あなたに合った街コンが必ず見つかります! ただし、ここで注意してもらいたいのは、 街コンジャパンのサイトには複数の主催会社が混在しているという点です。 そのため、 イベント内容も主催会社によってかなり違ってきます! 街コンジャパンを利用する際は、 必ずイベント内容や主催会社をよく確認してから申し込むようにしてください! 街コンジャパン主催の街コンの感想は別記事にまとめていますので、そちらも参考にしてください。 Rooters(ルーターズ)の感想 Rooters(ルーターズ)は、 恋活パーティーに特化したイベントを開催しているのが特徴です。 その中でもおすすめなのが、 1人参加限定の恋活パーティーです。 参加者全員が1人参加なので、 相手に話しかけやすいといった特徴があります。 初めて1人で参加しているという方も多いのですが、そこには スタッフの方があいだに入って盛り上げてくれることも多いです。 また、料理もほかの街コンと比べてしっかりしたものが多く、 美味しいご飯が食べたい方にもおすすめですよ! Rootersに参加したい方は、のサイトに入って「rooters」と検索することで、たくさんの恋活パーティーがヒットします。 えくるの感想 「えくる」が主催している街コンは、 2人1組で申し込めるイベントが多いのが特徴です。 3時間の間に、申し込んだペアで3店舗ほどまわりながら食事や会話を楽しむイベントがメインとなっています。 お昼くらいからスタートするので、「 色々なお店でご飯を食べながら、2人で一緒にまわりたい!」という方におすすめの街コンです。 のサイトに入り、「えくる」と検索することで2人で参加できるイベントがヒットするので、 恋人のいない友達や職場の同僚を誘って一緒に参加してみてはどうでしょうか? ドラドラパーティーの感想 ドラドラパーティーは、ほかの街コンに比べて低価格であり、街コンというよりも会場を貸し切っての恋活パーティーが魅力の主催会社でした。 最近は路線変更したのか、 「散歩」や「夜景」、「謎解き」、「美術館」、「プラネタリウム」などカジュアルな趣味コンも扱うようになっています。 のサイトに入り、「ドラドラ」と検索することで街コンや趣味コンなどのイベントを見つけることができます。 「カジュアルな街コンに参加したい!」という方は、趣味コンをおすすめします! シャンクレールの感想 シャンクレールは、 婚活パーティーに特化したイベントを取り扱っている主催会社です。 婚活パーティーは街コンとは違い、 全ての異性と1対1で数分間の会話を行い、第一印象チェックやフリータイムなどを挟んで、告白タイム、カップル発表と続きます。 カジュアルに参加できる街コンや恋活パーティーと比べると、 婚活パーティーは結婚に対して真剣な男女が集まるため、少し硬い雰囲気かもしれません。 のサイトに入り、「シャンクレール」と検索することで対象の婚活パーティーを探すことができます。 「本気で婚活したい!」という方は、街コンよりも婚活パーティーのほうがおすすめです! 街コンの感想まとめ 私が実際に街コンで体験した、リアルな感想を記事にしてみました。 ここまで細かく書いてある記事は他に見つからなかったので、参考になる部分も多かったのではないでしょうか? これであなたも、街コンの種類やイベント内容、参加する曜日や時間帯など、準備もバッチリだと思います。 ここで紹介した街コンや恋活パーティなどのイベントは、すべて「」から参加することができます。 少しでも気になる方は、実際にイベントに参加してみるといいでしょう!.

次の

【東京編】おすすめの街コンは何処?素敵な男性が集まる噂の街10選

東京 街コン おすすめ

【東京・神奈川】バツイチ街コンが豊富! 東京や神奈川ではバツイチ歓迎の街コンが豊富にあります。 様々なイベントが開催されていますが、中でもバツイチや再婚でも参加しやすい2つのサイトをご紹介します。 e-venz バツイチの方に向けた落ち着いた雰囲気の飲み会や街コンを主催しています。 アラフォー世代が中心となりますが、もう少し上のシニア世代の合コンもあります。 街コンや婚活パーティー、年の差飲み会など多様な形態のイベントが行われていますので、行ってみたいものがきっと見つかるでしょう。 バツイチや街コンといったキーワードで絞り込むことができて、探しやすいのもおすすめのポイントです。 会員登録から予約申し込みまでの操作も簡単ですので、気軽に申し込めます。 大人の出会いを求める人にピッタリです。 コンパde恋ぷらん ユーザー満足度98. スタッフのサポートが充実しており、合コンや街コンに不安を持つ人でも参加しやすいようになっています。 プロフィールにバツイチを表示できるので、どのような人が参加しているのがある程度わかって安心です。 街コンでは全員と話せるようにサポートしてくれますし、アプリを活用したアピールも可能です。 タイガースとタイアップした虎コンなど楽しいイベントなども見つける事ができます。 お値段もリーズナブルですし、その気になったらすぐに始めやすいサイトです。 【千葉】バツイチOKの街コンサイト 千葉でも街コンは盛んに行われています。 その中でも、バツイチの人にも参加しやすい街コンを探せるサイトをご紹介します。 婚活パーティーナビ 人気の街コンや合コンをタイプ別に探せるサイトです。 バツイチだったり、子持ちだったりといったプロフィールに合わせて、参加したいイベントを検索することができます。 サイト内は体験談やケース事例などたくさんの情報を得ることができ、バツイチでもそんなに心配することはないという活力を貰えます。 みんながどんな出会いをしているのか、気になるけど聞けないところですよね。 エリアごとの情報も豊富にありますので、千葉限定で探したい時にも便利です。 地元応援企画もあり、会話も弾みそうです。 シャンクレール 千葉や柏周辺での街コンを探すことができます。 柏は交通の要所でもあり、様々な商業施設、研究施設などが集まっています。 いろんな人が集まる街ですので、バツイチだからといって臆することはありません。 婚活に限らず、人脈作りを目的にしても良いでしょう。 大人数で自然に仲良くなることができ、新しい出会いを見つけることが出来ます。 恋愛ガイドと呼ばれる方に相談することもできますので、今一歩踏み出せない思いを抱えている人は活用してみるのもいいかもしれません。 活気に満ちた柏で、楽しい夜を過ごしましょう。 【大阪】バツイチ参加可能な街コンサイト 大阪でもバツイチOKの街コンは沢山あります。 周辺での楽しいイベントに参加しない手はありません。 バツイチでも参加しやすい2つのサイトをご紹介します。 再婚ナビ 再婚ナビは、バツイチや子連れ再婚向けの合コンや街コンを見つけるのに最適なサイトです。 バツイチの婚活には悩みや不安がつきものですが、そんな不安や悩みを解決するアドバイスや体験談が豊富に掲載されていますので、見ているだけでも気持ちが軽くなっていくでしょう。 もう一度踏み出す足掛かりになってくれるかもしれません。 サイトでは大阪周辺でのバツイチ向けの婚活パーティーを探すことが出来ます。 検索して、自分に合ったものを見つけてみましょう。 バツイチ、再婚を目指す人の気持ちに寄り添ってくれるサイトです。 スマイルステージ バツイチだとどうしても周りに引け目を感じてしまったりすることがあるでしょう。 もちろん現在独身であれば、世代別パーティーやジャンル別のパーティーなどいろんなものに参加できます。 そんな中でもバツイチに理解がある人が集まったパーティーならば、より参加しやすいでしょう。 開催地も限定して選ぶことが出来ますので、今後のお付き合いも発展させやすいです。 地元でのお付き合いを探すのにもおすすめです。 【名古屋】バツイチ案件も豊富な街コンサイト 名古屋で出会いを探したいときに活躍するサイトをご紹介します。 バツイチでももちろん大丈夫ですから、思い切って参加してみましょう。 エクシオ 名古屋周辺地域の婚活パーティーや街コンを探せるサイトです。 婚活パーティーに留まらず、恋バスツアーや自治体・企業とのコラボ企画もあります。 50代~60代中心の落ち着いたパーティーも多数行われています。 バツイチでももちろん参加可能です。 合コンに踏み出す勇気が出ないときは、まずセミナーに出てみるのもおすすめです。 いろんな意見に触れることができ、活力を貰う事ができます。 個別の恋愛相談にも乗ってくれますので、不安に思っていることや悩んでいることを相談してみるのも良いでしょう。 アグパ 名古屋で出会いや結婚を真剣に考えているならば、アグパを使ってみましょう。 婚活パーティーが中心ですが、バツイチ歓迎の企画も沢山用意されています。 第二の人生のパートナーを探している人も沢山いらっしゃいますので、理解者同士のパーティーならより深く知りたいと思える人に出会える確率も上がりそうです。 街コンの企画もあるため、気軽におしゃべりして友達を作りたい方にもおすすめです。 アフターフォローのサービスもありますので、もう一度気になるあの人と連絡を取りたいなんていうときにも安心です。 【福岡】バツイチの街コンならココをチェック! 福岡でも街コンが盛んに行われています。 バツイチだからと言って臆する事はありません。 最初は戸惑う事もあるかもしれませんが、参加してみればきっと楽しい時間を過ごせるでしょう。 福岡で街コンを探すのに便利なサイトをご紹介します。 博多コン 博多コンは福岡で人気の街コンサイトです。 福岡周辺で出会いを探したいのならばおすすめです。 バツイチ向けやシニア世代向けのパーティーなど、いろんな企画が充実しています。 パーティーだけでなく、イベントの企画も盛りだくさんです。 福岡では天神や大名での街コンの開催が多いです。 土日開催のものが多いですが、平日開催のものも多数あります。 バツイチの方でも、休みや仕事の帰りなど都合に合わせやすいでしょう。 キャナルシティやJR博多シティのくうてんフロアを貸切った街コンなど、積極的な企画で盛り上がっているサイトです。 パーティーズ パーティーズは福岡の博多や天神を中心とした出会いを見つける事ができるサイトです。 バツイチ向けの企画も豊富にありますので、参加しやすいでしょう。 街コンだけでなく、個室でのお見合い形式やパーティー形式のものなど自分に合うものを選ぶことができます。 こだわり検索で子連れ理解者や再婚理解者も絞りこむことができますので、参加してからミスマッチを感じる事も少ないでしょう。 毎回盛況のようですので、様々な人と出会うことができます。 自分の事を理解してくれる人と巡り合える可能性も高いでしょう。 バツイチOKの婚活パーティーに参加してみよう! 街コンは楽しそうだけどバツイチの私が行っても大丈夫なのか、周りから浮いたりしないかなど参加はしてみたいけれど二の足を踏んでしまう気持ちはどうしてもありますよね。 そんな時はバツイチOKと最初から指定されているものを選んでみましょう。 周りはみんな理解者ですから、安心して出会いを楽しむことができます。 東京や千葉、大阪といった大都市に限らずとも、第二の人生のパートナーを求めている人は沢山いるでしょう。 バツイチだからといってあきらめる必要はありません。 ほんの少し勇気を出して行動してみれば、素晴らしい出会いが待っているでしょう。

次の