コナン レイチェル。 コナン映画紺青の拳の声優一覧は?レオンとレイチェルのゲスト声優は誰でどんなキャラ?

コナン・ザ・バーバリアン : 作品情報

コナン レイチェル

1996年にTV放送が始まり、毎年4月に公開される劇場版アニメも今年で16作目と、今ではすっかり日本の代表的アニメのひとつとなった『名探偵コナン』。 Detective=探偵で、国によって少し変わる。 例えばドイツならDetektiv ディテクティーフ といった具合だ。 とにかく『名探偵コナン』は、ドイツ、イタリア、フランス、スペインなど、ヨーロッパ諸国で大人気なのだ。 キャラクターの名前は、日本の名前をそのまま使うパターンが多かった。 だが、少年探偵団のメンバーである「吉田歩美」が「灰原哀」に向かって「ハイバラー」と呼び捨てしているのには若干違和感が……。 いつも礼儀正しい性格なだけに、ちょっと残念だ。 余談だが、コナンの理解者である通称・「阿笠博士 あがさはかせ 」は海外版では「プロフェッサー・アガサ」や「ドクター・アガサ」と呼ばれていた。 が、なぜかスペイン語版では「ハカセ」。 もしや「阿笠」が苗字で「博士」を名前と解釈し、「ハカセ」にしたのか? だが惜しいことに博士の本名は「阿笠博士(あがさひろし)」だ。 ここは「ヒロシ」で……と思ったが、これではさらに意味不明に! 日本語の難しさを思い知る結果となった。 このような具合でヨーロッパではタイトル名も登場人物名も、日本人が見れば一発で分かるものなのだが、事情が異なるのがアメリカ。 なんとタイトルが『CASE CLOSED -One Truth Prevails- ケース クローズド -ワン トゥルース プリヴェイルズ- 』と大きく変更されているのだ! 日本風に言うと「事件解決 ~ひとつの真実が常に勝つ~」といったところか。 なんだか海外モノの推理ドラマのようなタイトルだが、これはこれでカッコいいかも。 でも、ヨーロッパ諸国のタイトルと同じでいいじゃん、とも思うがそこは著作権に敏感な国。 う~む、残念。 もちろん主人公の名前も「Conan Edogawa コナン・エドガワ 」って、あれ? こちらは変更なし? どういうこと? ……気を取り直してほかのキャラクターの名前を調べてみると、「コナン」以外はかなりアメリカナイズされていて、コナンこと「工藤新一」のガールフレンド「毛利蘭」は「Rachel Moore レイチェル・ムーア 」、彼女の父親の「毛利小五郎」は「Richard Moore リチャード・ムーア 」、蘭の親友の「鈴木園子」は「Serena Sebastian セリーナ・セバスチャン 」といった感じで変更されている。 蘭に関しては元の名前に似せようと頑張ったようだが、園子はイニシャルで力尽き、小五郎に至っては何がなんだか……といった感じである。 ちなみにコナンの本名、「工藤新一」は「Jimmy Kudo ジミー・クドー 」に。 ……なぜ工藤はそのままなのに新一だけJimmy……? 「江戸川コナン」が日本とイギリスの名前のちゃんぽんなので、それにならったのだろうか。 日本人としては、謎 ツッコミどころ の尽きない『CASE CLOSED』なのであった。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

「名前はいつもひとつ!」……とはいかなかった海外版『名探偵コナン』

コナン レイチェル

1996年にTV放送が始まり、毎年4月に公開される劇場版アニメも今年で16作目と、今ではすっかり日本の代表的アニメのひとつとなった『名探偵コナン』。 Detective=探偵で、国によって少し変わる。 例えばドイツならDetektiv ディテクティーフ といった具合だ。 とにかく『名探偵コナン』は、ドイツ、イタリア、フランス、スペインなど、ヨーロッパ諸国で大人気なのだ。 キャラクターの名前は、日本の名前をそのまま使うパターンが多かった。 だが、少年探偵団のメンバーである「吉田歩美」が「灰原哀」に向かって「ハイバラー」と呼び捨てしているのには若干違和感が……。 いつも礼儀正しい性格なだけに、ちょっと残念だ。 余談だが、コナンの理解者である通称・「阿笠博士 あがさはかせ 」は海外版では「プロフェッサー・アガサ」や「ドクター・アガサ」と呼ばれていた。 が、なぜかスペイン語版では「ハカセ」。 もしや「阿笠」が苗字で「博士」を名前と解釈し、「ハカセ」にしたのか? だが惜しいことに博士の本名は「阿笠博士(あがさひろし)」だ。 ここは「ヒロシ」で……と思ったが、これではさらに意味不明に! 日本語の難しさを思い知る結果となった。 このような具合でヨーロッパではタイトル名も登場人物名も、日本人が見れば一発で分かるものなのだが、事情が異なるのがアメリカ。 なんとタイトルが『CASE CLOSED -One Truth Prevails- ケース クローズド -ワン トゥルース プリヴェイルズ- 』と大きく変更されているのだ! 日本風に言うと「事件解決 ~ひとつの真実が常に勝つ~」といったところか。 なんだか海外モノの推理ドラマのようなタイトルだが、これはこれでカッコいいかも。 でも、ヨーロッパ諸国のタイトルと同じでいいじゃん、とも思うがそこは著作権に敏感な国。 う~む、残念。 もちろん主人公の名前も「Conan Edogawa コナン・エドガワ 」って、あれ? こちらは変更なし? どういうこと? ……気を取り直してほかのキャラクターの名前を調べてみると、「コナン」以外はかなりアメリカナイズされていて、コナンこと「工藤新一」のガールフレンド「毛利蘭」は「Rachel Moore レイチェル・ムーア 」、彼女の父親の「毛利小五郎」は「Richard Moore リチャード・ムーア 」、蘭の親友の「鈴木園子」は「Serena Sebastian セリーナ・セバスチャン 」といった感じで変更されている。 蘭に関しては元の名前に似せようと頑張ったようだが、園子はイニシャルで力尽き、小五郎に至っては何がなんだか……といった感じである。 ちなみにコナンの本名、「工藤新一」は「Jimmy Kudo ジミー・クドー 」に。 ……なぜ工藤はそのままなのに新一だけJimmy……? 「江戸川コナン」が日本とイギリスの名前のちゃんぽんなので、それにならったのだろうか。 日本人としては、謎 ツッコミどころ の尽きない『CASE CLOSED』なのであった。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

『名探偵コナン 紺青の拳』あらすじ・見どころ・ネタバレなど紹介!

コナン レイチェル

日本のアニメは、海外でもとても人気があります。 アニメーション(子供向け)の事は英語で「カートゥーン」と呼ばれていますが、日本のアニメに関しては「ジャパニメーション」という俗語が作られたりしましたが、 現在では「anime」が日本製のアニメーションを意味する言葉となっています。 それというのも、海外のカートゥーンは、子供向けを対象にしたもので、日本のように大人も楽しめる作品や、大人の為の作品がアニメーションにはなかった為です。 名探偵コナンも海外では人気があります。 推理物のアニメーションという事で、海外でも子供向けというよりも大人が楽しんでいます。 日本人の名前は、外国人には発音しにくいものが多く、そうした場合により親しみやすい名前に変えられたりします。 名探偵コナンで、その違いを比べてみましょう。 米国版名探偵コナンからいくつか取り上げてみます。 「エドガワ」は少々発音しにくいかもしれませんが、作品の中でフルネームを使うことは少なく「コナン」と名前で呼ばれるケースが多い為、変更されていないようです。 コナンという名前自体、新一が偽名をとっさに語る時に、推理小説家である「江戸川乱歩」と「コナン・ドイル」からその名前を取ったわけですから、「コナン」自体は外国名です。 だから変更の必要はないのですね。 一方、新一の方は「ジミー」に変えられてしまっています。 「シンイチ」の発音は外国人には難しく「シニチ」になってしまうからでしょうか? 「ジミー」は英語圏では一般的な名前なので、親しみやすさもあると思います。 「モウリラン」が発音しにくいとは思いませんが、「ラン」というのが女性の名前にしては馴染みがないという理由があるかもしれません。 彼女はヒロインなので、ヒロインとして馴染みやすい名前になったと思われます。 以下は全然違う名前になっている人達を並べてみます。 フランスやイタリア、中国などではどんな名前でしょう? 世界中で愛されている日本のアニメーション。 あなたの好きなアニメの主人公が他の国ではどんな名前になっているのか、調べてみるのも楽しいかもしれませんね。

次の