れんこん 保存。 レンコンを上手に保存する方法。冷蔵・冷凍・天日干しもアリです!

れんこんはどのくらい日持ちするの?賞味期限、保存方法が知りたい!冷凍保存も可能?

れんこん 保存

冷凍する際に気を付けること れんこんは正しい方法で冷凍すれば食感を保つことが出来るため、 基本的には冷凍に向いた野菜です。 冷凍保存する場合には、買ってきた直後にそのまま使う分と冷凍する分に分け、 冷凍する分は早めに保存処理してしまうことがポイントです。 れんこんは水の中で育つため、光や空気、乾燥を嫌います。 できるだけ光や空気に触れない冷凍保存を早めにするとよいでしょう。 またれんこんは 調理してからも冷凍することができます。 その場合は味付けをしたことにより冷凍特有のにおいがなくなったり、味が壊れた細胞に染みやすくなったりするといったメリットもあります。 なお6月から9月上旬にかけて出荷されるいわゆる「新れんこん」は日持ちがしないため、冷凍保存はせずにできるだけ早く食べることをおすすめします。 これは完全に育っていない時に掘りあげたものになるため、日持ちがしないためです。 電子レンジで3分加熱するというところが重要です。 このくらいの程よい加熱によって シャキシャキ感を維持することが出来ます。 酢水で直接茹でても大丈夫ですが、電子レンジを使う方が加熱の調整がしやすいのでおすすめです。 この方法で基本的にはどんな料理でも冷凍して保存可能です。 保存中は空気に触れると少しずつ 酸化してしまうため、これを防ぐためにできるだけ 空気を抜いておくのがポイントです。 お弁当のおかずとして冷凍したい場合には、 アルミカップなどに小分けにしてから冷凍するといいです。 使うときにアルミカップごと取り出せばよいので、忙しい朝には大変便利です。 一方 冷凍した場合、れんこんは1~2か月は保存が可能です。 保存期間は元々のれんこんの鮮度にも左右されるので、 1か月を目安に食べきってしまうのが安心です。 加熱調理する場合の解凍方法 煮物や炒め物などの加熱調理をする場合には、 解凍しないでそのまま鍋やフライパンに入れてしまいましょう。 凍ったまま入れることで壊れた細胞から出るうま味も逃さず使い切ることが出来ます。 また、れんこんの壊れた組織に味が染み込むのでよりおいしくなります。 サラダなどに使う場合の解凍方法 サラダなどにれんこんを使う場合には、できるだけシャキシャキ感をのこしておきたいですよね。 その場合にはできるだけ ゆっくり解凍しましょう。 ゆっくり解凍することでれんこんの組織が壊れにくくなります。 冷蔵庫に移し替えてゆっくりと解凍するとベストです。 >> ごぼうの 食物繊維は 5. 水溶性食物繊維のイヌリンと、不溶性食物繊維のリグニンがあります。 イヌリンには肝機能を高め、血糖値の急激な上昇を抑える作用があり、イグニンには整腸作用があります。 また、骨や歯を作る働きを持つマグネシウムや抗酸化作用のあるクロロゲン酸という ポリフェノールが含まれています。 ごぼうはなぜ変色するのか ごぼうを包丁で切ったあとに長時間放置していると、切り口が茶色になってしまいます。 これはごぼうに含まれるポリフェノールである クロロゲン酸が、空気中の酸素と反応したためです。 変色を防ぐためには切った後すぐに水につけることが必要です。 しかし、長時間水につけているとごぼう中の水溶性成分が水に溶けだしてしまうため、あまり好ましくありません。 最近売られているごぼうは変色が少ないものもあるため、切った後すぐに加熱してしまえばそこまで気になることもないでしょう。 どうしても変色が気になる場合は水につける時間を短くし、栄養素の流出を防ぎましょう。 れんこんの シャキシャキとした食感と、 焼いたトマトから出る汁がたまらない絶品です。 塩こしょうの代わりにカレー粉を使ってもおいしいです。 冷凍れんこんとビアソーセージの炒め物 材料 4人分 ・れんこん 250g 15cm くらい ・人参 半分 ・鶏ガラスープ 80cc ・砂糖 大1. お弁当に使う場合には冷凍庫から取り出して そのままお弁当箱に入れてしまいましょう。 自然解凍させることでお昼頃にちょうど食べごろになります。 この場合には 小分けにして冷凍しておくことを忘れずに。 パン粉を付けた状態で冷凍保存し、必要な時に揚げれば出来立てをおいしくいただけるのでおすすめです。

次の

【写真付きで解説!】れんこんの上手な冷凍保存方法と活用レシピ!

れんこん 保存

れんこんを冷凍保存する方法 れんこんをカットした後に冷凍しても、シャキシャキとした食感が失われることはありません。 れんこんは、野菜の中でも冷凍向きの野菜であるといえます。 では、れんこんの冷凍保存のやり方をみていきましょう。 生れんこんの場合 1. 料理に使いやすいようにカットする• スライス• 輪切り• 半月切り• 乱切り 何種類かの切り方でカットし、小分けにして保存すれば、調理するときに便利です。 れんこんの皮は、剥いても剥かなくてもOK。 黒い部分が気になる場合は、そこだけこそぎ落としておきましょう。 酢を少量入れた水に浸してアク抜きする 酢の量は小さじ3分の1~1杯程度でOK。 目安としては、水400cc(2カップ)に対して酢小さじ1杯です。 約5分間浸けておきましょう。 あく抜きをしておくことで、シャキシャキの食感を維持でき、白いきれいな色のまま保存することが可能になります。 れんこんをザルにあげて水気をよく拭き取る ザルにあげた後に、キッチンペーパーで余計な水分をしっかり拭き取っておくのがポイントです。 ここで水気をきちんと拭き取っておかなければ、解凍したときにベチャッとしてしまうので、注意しましょう。 ジッパー付きの食品パックに入れて冷凍庫に入れる れんこんを食品パックに入れるときには、空気を抜きながらピタッと密着させましょう。 空気が入ってしまうと、酸化の原因になります。 鮮度とおいしさを保つためには、なるべく空気に触れないようにしてください。 下茹した場合 あらかじめ下茹でをしてから冷凍すると、食感を残したまま保存できます。 サラダやきんぴらなどを調理するときに、調理時間を短縮できるのでおすすめです。 茹で時間を短くし、硬めに仕上げるのがポイントです。 れんこんをカットする• 酢水に浸けてアク抜きする• ざるにあげて沸騰したお湯に入れる• 2分程度茹でる• ザルにあげて冷ます れんこんが完全に冷めたら、キッチンペーパーなどで水気をしっかり拭き取ってからジップ付きの食品パックに入れます。 空気が入らないように注意してくださいね。 なるべく平らにして、冷凍庫に入れましょう。 電子レンジで加熱した場合 下茹でする代わりに、お皿にのせてレンジでチンする方法もあります。 茹でるよりも手軽なので、おすすめです。 600Wで約3分間加熱する• 電子レンジから出したら、お皿にのせたまましっかり冷ます れんこんがしっかり冷めてから、ジップ付きの食品パックに入れて冷凍庫で保存してください。 調理した場合 あらかじめ調理し、そのまま食品パックに入れて冷凍する方法もあります。 お弁当のおかず用のシリコンカップに入れて冷凍すれば、凍ったままお弁当箱に入れるだけでいいのでとても便利です。 忙しくて料理ができないときにも重宝しますよ。 おすすめのれんこん料理• きんぴら• はさみ焼き• はさみ揚げ• れんこん餅• れんこんの天ぷら すりおろしたれんこんを冷凍しておくのもおすすめです。 れんこん餅を作るときに、調理時間をかなり短縮できます。 味付けをせずに、スライスや薄切り、みじん切りのれんこんを水煮にしてから冷凍しておくのもいいでしょう。 煮込み料理に、凍ったまま「ポン」と鍋に入れるだけで済むので楽ちんです。 れんこんの解凍方法と使い方 れんこんの解凍の仕方は、解凍後の調理方法によって異なります。 自然解凍をさせてから調理するれんこん料理と、凍ったままの調理ができるれんこん料理の2通りをご紹介します。 冷蔵庫内で自然解凍後の料理• 酢漬け• マリネ• サラダ れんこんを酢漬けやマリネ・サラダなどに使う場合は、自然解凍をした方が歯ごたえを活かすことができます。 火を使わないれんこん料理は、冷蔵庫に入れてじっくり自然解凍しましょう。 凍ったまま調理できる料理• きんぴら• 炒め物• 煮込み料理 火を通すれんこん料理は、凍ったままのれんこんをそのままフライパンや鍋に入れて調理することができます。 適度に歯ごたえを残したまま、もちっとした食感を楽しめます。 薄めのスライスやちょっと厚めの輪切り、乱切りなど、色々なカットをして小分けにし、冷凍保存しておきましょう。 れんこんを常温保存する方法 一節まるごとの泥付きれんこんは、比較的長持ちします。 れんこんに付いた泥は洗わずに、そのまま新聞紙で包みビニール袋に入れて、風通しのいい冷暗所に置きましょう。 れんこんは、切り口が空気に触れると傷みやすくなります。 カットしたれんこんは、常温ではなく必ず冷蔵庫か冷凍庫に入れて保存してください。 れんこんを冷蔵保存する方法 れんこんの処理の仕方によって、保存方法が異なります。 れんこんの処理の仕方別に、冷蔵保存のやり方を紹介します。 カットした場合 カットしたれんこんを冷蔵庫で保存する場合には、以下の2通りの方法があります。 ひたひたになる位の水に浸けて冷蔵庫に入れる• 切り口をラップでピタッと覆って包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れる 水に浸ける場合は、毎日水を取り替えてください。 夏の暑い季節には特に傷みやすいので、早めに食べきりましょう。 一節まるごとの場合 カットする前のれんこんを冷蔵庫で保存したい場合は、軽く濡らした新聞紙でれんこんを包み、ビニール袋に入れてから冷蔵庫に入れてください。 れんこんの保存期間 れんこんは水の中で育つので、空気に触れると傷みやすくなります。 また、保存方法により多少保存期間のリミットが異なります。 保存方法ごとの保存期間を見てみましょう。 常温の保存期間 常温で保存する場合は、2~3日の間に調理して食べるか、カットして冷蔵または冷凍保存しておきましょう。 常温のれんこんは長持ちしないので、注意してくださいね。 冷蔵庫に入れた場合の保存期間 冷蔵庫に入れたれんこんは、カットしてアク抜きをし、水気をしっかり拭き取ってラップに包んだ状態で、1週間以内に調理してください。 水に浸した場合は、必ず水を毎日取り替えましょう。 丸のままのれんこんは、濡れた新聞に包んでビニール袋に入れて、1週間以内には使いきるようにしましょう。 冷凍庫に入れた場合の保存期間 れんこんを冷凍した場合、約1ヵ月間保存できます。 たくさんれんこんが手に入ったら、半分以上はその日のうちに適切な処理をして、冷凍しておくといいでしょう。 そうすることで、新鮮なまま保存できます。 冷凍庫に入れたとしても、1ヵ月を目安に使いきることをおすすめします。 1ヵ月以上冷凍してしまうと、少しずつれんこんの風味は落ちていきます。 美味しいれんこんの選び方と傷んだれんこんの見分け方 購入した直後にも関わらず、穴の中が黒いれんこんってありますよね。 そのようなれんこんは、カットしてから時間が経っている可能性が高く、鮮度がいいとはいえません。 また、切り口が変色しているれんこんも、なるべく避けましょう。 皮にキズがなくハリツヤがあり、全体的にきれいな白い色で、穴の中の色も明るめのものを選びましょう。 食べない方がいいれんこんの特徴 以下のようなれんこんを食べるのは、おすすめできません。 カビが生えている• 変なにおいがする• 切り口だけでなく全体が茶色や黒に変色している れんこんが上記の状態の場合、傷んでいる可能性が高いので、食べずに処分してください。 変色していても食べられるれんこんの特徴 れんこんが変色している場合、食べていいものかどうか迷ってしまいますよね。 れんこんが以下のような状態であれば、安心して食べられます。 黒シブ:茎が倒れた際にできた傷やあざのようなものなので問題ない• 手ズレ:水の圧力や、収穫時に手があたって擦れた跡なので問題ない• 皮点:ただ単に品種の特徴である、または育った土質の関係で出た点なので問題ない れんこんを購入して、変色が気になった場合は、上記を参考にしてください。 最後に 健康野菜であるれんこんは、冷凍してもシャキシャキの食感のまま。 冷凍することで、保存期間も常温や冷蔵と比べて約4倍も長持ちさせることができます。 れんこんを一節購入しても、なかなか一度の調理では使いきれるものではありません。 余ってしまうようなら、その日のうちに冷凍保存しましょう。 そうすることで、れんこん料理を調理する時間も短縮でき、鮮度を保ったままおいしく食べることができますよ!.

次の

泥付きれんこんの洗い方と保存方法。穴に入った泥はどう洗う?

れんこん 保存

そのままの状態のれんこんの保存は? 一節丸ごとの場合は、濡れた新聞紙に包んで ビニール袋に入れて、野菜室で保存します。 泥がついたものは、泥を落とさずに保存します。 節の途中で切れているものは、穴のところに空気が入ると 変色したり水分が抜けていきますので、空気が入らないように しっかりとラップに包んで野菜室で保存します。 冬場ですと、どちらも常温保存が可能です。 その際は、風通しの良い冷暗所で保存してください。 さらに、 保存を長くする場合は、 タッパーなど密封できる容器にいれて、 水をれんこんがしっかりと浸かるまで入れて、 蓋をして冷蔵庫で保存します。 保存期間(賞味期限)の目安は? 6月~9月上旬にかけて 出回る新れんこんは、上記のように日持ちしませんので、 できるだけ早く食べるようにしましょう。 切ったれんこんの保存は? 切ったり皮を剥いたりすると、すぐに 変色してしまいます。 ですので、切ったり皮を剥いたれんこんは、すぐに使わないようなら 水に浸けてください。 残ったれんこんは、タッパーに入れて 水に浸けた状態でふたをして冷蔵庫で保存します。 薄い酢水に浸けておくと、アク抜きにもなりますし、 変色も抑えることができます。 半分に切ったものでも、皮を剥いたものでも、 スライスしたものでも水や酢水に浸けると 保存が可能になります。 浸け終わったらキッチンペーパーなどで 水気をしっかりとふき取ります。 これをフリーザーバッグに入れて、空気を しっかりと抜いたら冷凍保存します。 上記の方法に加え、 れんこんをスライスしたものを、 酢を加えた水で弱火で固めに茹でたものを冷凍すると、 鮮度や食感が楽しめます。 使用の際は、解凍せずに凍ったまま、 煮物や炒め物などに使用すると良いでしょう。 保存期間(賞味期限)の目安は? 冷凍したれんこんの賞味期限は、 1か月程度 干しれんこんでさらに長期保存 れんこんをしっかりと洗い皮を剥き、薄くスライスします。 ビタミンCを溶かした水でさっとゆすいだら、 しっかりとキッチンペーパーなどで水気を拭きます。 保存は、瓶やタッパー、ジップ付き袋に入れて、冷蔵保存します。 使用の際は、料理によってそのまま調理したり、少し水でもどしてから 使用すると良いでしょう。 そのまま素揚げにしてれんこんチップスなどもおすすめです。 一節丸ごとのものは、濡れた新聞紙に包んで ビニール袋に入れて野菜室で保存する• 筋の途中で切れているものは、しっかりとラップに包んで野菜室で保存• 水に浸けた状態で保存すると、長持ちする• 冷凍の場合は、酢水に浸けた後、しっかりと拭いて フリーザーバッグに入れて保存する• 保存は密封できる容器に入れて冷蔵保存する 保存方法により、保存期間にかなり差が出る食材です。 上手に保存していつでも美味しくいただきたいですね。

次の