ヒスタミン h1 受容 体 拮抗 薬。 逆流性食道炎の治療薬・H2ブロッカーはどんな薬なのか

蕁麻疹にガスター?抗ヒスタミン薬とH2(エイチツー)ブロッカー併用の適応外処方|カケヤク

ヒスタミン h1 受容 体 拮抗 薬

第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1拮抗薬)に分類されます。 特徴は、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、余計な作用が弱くされている点です(口渇や排尿障害などの副作用がほぼなくなりました)。 眠さの副作用も軽減されていますが、他のアレルギー薬に比べると眠気は高い方です。 有効成分のオロパタジンは、ジェネリック薬も含めて、アレルギー性疾患に幅広く用いられています。 どちらかと言うと速く効く薬で、効果持続時間も長いほうです。 「アレロック」は、特にくしゃみ・鼻水、蕁麻疹に効果的で、鼻づまりの改善にも期待できます。 副作用は少なく、重大な副作用はほとんど起こりません。 ただし、服用が長期間に亘る場合は、定期的に肝機能検査を受けることが推奨されています。 近年は、眠気などの中枢神経抑制作用を軽減した 【非鎮静性】で長時間作用型である第2世代抗ヒスタミンH1受容体拮抗薬の使用頻度が高くなっています。 10%以下であれば 【非鎮静性】に属し、インペアード・パフォーマンスは起こりにくい。

次の

逆流性食道炎の治療薬・H2ブロッカーはどんな薬なのか

ヒスタミン h1 受容 体 拮抗 薬

第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1拮抗薬)に分類されます。 特徴は、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、余計な作用が弱くされている点です(口渇や排尿障害などの副作用がほぼなくなりました)。 眠さの副作用も軽減されていますが、他のアレルギー薬に比べると眠気は高い方です。 有効成分のオロパタジンは、ジェネリック薬も含めて、アレルギー性疾患に幅広く用いられています。 どちらかと言うと速く効く薬で、効果持続時間も長いほうです。 「アレロック」は、特にくしゃみ・鼻水、蕁麻疹に効果的で、鼻づまりの改善にも期待できます。 副作用は少なく、重大な副作用はほとんど起こりません。 ただし、服用が長期間に亘る場合は、定期的に肝機能検査を受けることが推奨されています。 近年は、眠気などの中枢神経抑制作用を軽減した 【非鎮静性】で長時間作用型である第2世代抗ヒスタミンH1受容体拮抗薬の使用頻度が高くなっています。 10%以下であれば 【非鎮静性】に属し、インペアード・パフォーマンスは起こりにくい。

次の

第一世代〜第三世代抗ヒスタミン薬の違い

ヒスタミン h1 受容 体 拮抗 薬

第一世代〜第三世代の抗ヒスタミン薬によって性質が異なる。 ・第一世代抗ヒスタミン薬とは純粋にH1受容体拮抗作用をもつもの。 ・第二世代以降はH1受容体拮抗作用に加えてケミカルメディエーター遊離抑制作用を持ち、抗アレルギー薬とも呼ばれる。 ・第三世代は中枢神経抑制作用が少ないため、非鎮静性の抗ヒスタミン薬と言われる。 第一世代抗ヒスタミン薬(鎮静性が高い) ・ポララミン、タベジール、 アタラックスP 第二世代抗ヒスタミン薬 第二世代では第一世代に親水性のカルボキシル基やアミノ基を導入したことで血液脳関門を通過しにくくなり、中枢作用が出現しなくなっている。 が、ザジテン、セルテクト、レミカットなどはそれでも鎮静作用が結構高いので要注意。 例)ザジテン、ニポラジン、セルテクト、レミカット 第三世代抗ヒスタミン薬(鎮静性は少ない) 例)アレジオン、ジルテック、タリオン、アレグラ、アレロック、クラリチン、ザイザル Q,抗アレルギー薬の効果と眠気比較 によると、 ポララミンの臨床効果7. 04 眠気2. 06(第1世代) アレグラの臨床効果6. 77 眠気0. 94(第3世代) アレロックの臨床効果7. 01 眠気2. 01(第3世代) クラリチンの臨床効果6. 23 眠気0. 88(第3世代) ジルテックの臨床効果6. 88 眠気1. 28(第3世代) トータルで考えるとアレグラが最も良いか。 (余談ながらアレグラの名前の由来はアレルギー薬のグランドチャンピオン) 蕁麻疹患者が救急外来を受診されると問答無用でポララミンを点滴されたりしているが、効果という意味ではアレグラやアレロックなど第三世代の抗アレルギー薬でもほぼ同等なので無理してポララミンを点滴する必要があるのかどうかは微妙な気もする。 ポララミン点滴をすれば確かに効果の発現は早いだろうが、ただの蕁麻疹であれば一分一秒を争う必要もないだろう。 例えば高齢者などであればポララミンの鎮静により転倒リスクも生じるわけであり、蕁麻疹によるかゆみよりも罪深いと思われる。 また追記します。 tsunepi.

次の