大 唇 陰 腫れ 痛み。 睾丸、陰嚢の痛み、違和感、腫れ

女性器(大陰唇)が気がついたら、腫れてます

大 唇 陰 腫れ 痛み

女性の陰部には膣口を取り囲むように 大陰唇 だいいんしん や 小陰唇 、 陰核 、 膣前庭 ちつぜんてい などが存在しています。 表面は粘膜で覆われている部分が多く、膣分泌物や経血などからの刺激や性行為による損傷を受けやすいため、さまざまなトラブルが起こりやすい部位でもあります。 陰部に痛みや発赤を伴うしこりができた• 陰部にしこりができ、おりものの量や色、においの変化、などの症状を伴う• 陰部に何の症状も伴わないしこりができたが、徐々に大きくなっている これらの症状がみられた場合、原因としてどのようなものが考えられるのでしょうか。 陰部にしこりができる女性の病気 女性の陰部は不衛生な状態になりやすく、性感染症などのリスクもあるため、さまざまなトラブルが起こり得る部位です。 中には、陰部に塊を触れる「しこり」が形成されることがありますが、主な原因として以下のような病気が挙げられます。 陰部の炎症や感染による病気 陰部の粘膜はデリケートなため些細な刺激で炎症を引き起こしたり、性感染症による症状が現れたりします。 以下の病気は、症状のひとつとして陰部にしこりを形成することがあります。 外陰毛嚢炎 がいいんもうのうえん 大腸菌やブドウ球菌などの細菌によって、陰部の 毛嚢 もうのう (毛穴)に炎症が生じる病気です。 いわゆる「」と呼ばれるもので、炎症を引き起こした毛嚢は内部に 膿 うみ などが溜まって弾力性のあるしこりを形成することがあります。 また、重症化すると毛嚢同士が癒合して大きくなったり、しこりが多発したりします。 通常は強い痛みを伴い、しこり周辺粘膜の発赤や腫れを生じます。 バルトリン 腺嚢胞 せんのうほう 膣口付近の左右に存在するバルトリン腺が閉塞して内容物が溜まることでしこりができる病気です。 通常は痛みなどの自覚症状を伴いませんが、しこりが大きくなると歩行時や性行為時に擦れて痛むことがあります。 また、嚢胞の内部に細菌感染が生じると炎症を引き起こして、しこりが赤く腫れたり痛みを伴ったりするようになります。 重症化して嚢胞内に膿が溜まり、 膿瘍 のうよう を形成することも少なくありません。 尖圭 せんけい コンジローマ 陰部にヒトパピローマウイルスが感染することによって、先端が尖った硬いイボを形成する病気です。 性感染症の一種であり、若い世代に多くみられます。 イボは通常痛みなどを伴わず、大きくなると先端が割れてカリフラワーのような形状になります。 陰部良性腫瘍 陰部には、や線維腫、筋腫などの良性腫瘍が発生することがあります。 まれな病気であり、自覚症状がない場合は治療を必要としないこともありますが、しこりが大きくなって歩行や性行為などに支障を来たす場合には切除手術が必要になることがあります。 病院に行く目安とポイント 陰部のしこりは自覚症状がないケースもあり、気付いたとしても見過ごされがちな症状のひとつです。 しかし、中には重篤な病気が潜んでいる可能性もあるため注意が必要です。 特に、強い痛みや、おりものの変化、陰部のなどを伴う場合や、徐々に大きくなる場合は治療が必要な場合が多いため、早めに病院を受診するようにしましょう。 受診に適した診療科は婦人科や産婦人科ですが、かかりつけの皮膚科がある場合はそこで相談するのもよいでしょう。 受診の際には、いつからしこりがあるのか、痛みやなどの随伴症状、大きさの変化、しこり以外の症状などを詳しく医師に説明するようにしましょう。 また、パートナーが性感染症にかかった場合や不特定多数との性行為で性感染症のリスクが高いと考えられるときは医師に伝えるのもポイントです。 日常生活上の注意と対処法 陰部はさまざまなトラブルが生じやすい部位ですが、生活習慣が大きく関わっている場合があります。 主な日常生活上の原因とその対処法は以下の通りです。 不衛生な陰部 陰部は尿や便のカス、膣分泌物などが溜まるため不潔になりやすい部位です。 また、女性の場合は下着やストッキングなどによる蒸れでさまざまな細菌が繁殖しやすいのも特徴です。 陰部が不衛生な状態が続くと、細菌が繁殖してなどを発症する原因になることがあります。 陰部を清潔に保つには 陰部の衛生状態を維持するには、入浴時などに陰部の汚れをしっかり洗浄するのはもちろんのこと、通気性のよい下着や衣類を身に付けるようにし、月経時にはこまめに生理用品を交換することが大切です。 ナプキンの常用によって陰部のが発生する場合もありますので、肌にあった下着の着用が大切です。 膣内の洗いすぎ 膣内には膣や外陰部の自浄作用を持つ常在菌が多く存在しています。 このため、膣内を過剰に洗浄すると常在菌が減少して自浄作用が低下することがあります。 膣内を洗うときには 膣内は基本的に石鹸で過剰に洗浄する必要はありません。 常在菌への影響が比較的少ない陰部用の石鹸で優しく擦って適度に汚れを落とすようにしましょう。 感染予防のない性行為 陰部のしこりは、性感染症が原因になることがありますが、性感染症のほとんどはコンドームを使用しない場合に感染します。 性感染症を防ぐには 安全な性行為を行うには、コンドームを使用することが大切です。 経口避妊薬を服用中の人はコンドームを使用しないことが多々ありますが、経口避妊薬で性感染症を防ぐことはできないので注意しましょう。 よくならないときには 日常生活上の対処法を行っても陰部のしこりが改善しなかったり、悪化したりするときには何らかの病気が原因である可能性が考えられます。 婦人科や皮膚科など通いやすい病院をなるべく早めに受診するようにしましょう。

次の

女性器(大陰唇)が気がついたら、腫れてます

大 唇 陰 腫れ 痛み

入浴中などに突然、自分の睾丸(精巣)が腫れているのに気づく。 痛みも何も無い。 大きくなったからいいことだろうとは、おそらく誰も考えないでしょう。 でも、医者にかかるには何となく恥ずかしい。 悩みに悩んだあげく、泌尿器科を受診された患者さんを今まで何人も診てきました。 さて、このような場合、どういう疾患を考えるでしょうか。 まず、考えるべき疾患は「陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)」ですが、これは陰嚢内(睾丸の周り)に水が溜まる病気です。 小児の一部を除いて、多くの場合原因不明です。 根治するためにはやはり1週間程度の入院による手術が必要ですが、針穿刺によって内溶液を吸引したり、吸引後に薬剤を注入して固定するなどの姑息的な治療法もあリます。 基本的には悪性の病気ではありません。 超音波検査によって簡単に診断がつきます。 その他に考えなくてはならないのが、睾丸(精巣)の腫瘍です(図1)。 これは、青壮年期の男子に多く(日本人では白人より頻度は低い)、通常痛みを伴いません。 出生児の停留睾丸(精巣)や、性分化異常などが発生に関連していると考えられていますが、これも原因ははっきりしていません。 一般的に悪性で、放置すると転移進展し死に至ります。 腫瘍マーカーと呼ばれる血液学的な指標があり診断に役立ちますが、超音波検査も同様に診断に有効です。 腫瘍と診断されれば、まず精巣を摘除し、病理学的に組織型を判定します。 さらに、全身の画像検査によって、転移の検索を行います。 組織型にもよりますが、一般的には転移が見つかれば化学療法(抗癌剤治療)や放射線療法を行います。 転移があっても、適切な治療を受ければ多くは完治します。 睾丸の痛みを伴う腫大では、感染症(睾丸炎や副睾丸炎)や精索(精巣への血管や精管の束)の捻転(ねんてん・精巣捻転ともいう)を疑います(図2)。 感染症では投薬による治療を、精索の捻転では整復術あるいは睾丸の摘除術が行われます。 なかでも、精索捻転症では、発症後6-10時間のいわゆるgolden time(回復可能な時間)を過ぎると、整復(手術あるいは用手的に)されても睾丸そのものが壊死していることが多く、捻転が疑われれば早期に手術を受けていただくのが望ましいと考えられています。

次の

大蔭唇(?)に激しい痛み|女性の健康 「ジネコ」

大 唇 陰 腫れ 痛み

本来、デリケートゾーンは、女性ホルモンの作用により雑菌などに対する抵抗力は強いのですが、尿道口や肛門に近かったり、膣口からおりものや月経血が排出されるため、不潔になりやすい環境にあります。 そのためブドウ球菌、大腸菌、、、などに感染して炎症(感染性外陰炎)を起こしたり、通気性の悪い下着を着用して外陰部が蒸れてかぶれを起こしたり、おりものの増加による刺激、石鹸による刺激などが原因で炎症(非感染性外陰炎)を起こすことがあります。 いずれの場合も、 外陰部が赤く腫れる、ただれる、かゆい、痛い、膿を持つ、熱感があるなどの様々な不快症状が現れます。 初期の赤み、かゆみを放置していると、患部が腫れて痛みを感じるようになります。 そのうち悪臭を伴う膿が出るようになり、肛門周辺から脚の付け根にまで炎症が拡がると歩行がつらくなってくるようになります。 皮膚粘膜が弱い思春期の女の子、妊婦さん、過労やストレスで免疫力が低下している人、高齢者、糖尿病やアレルギーなどの持病がある人は外陰炎になりやすい傾向があります。 肥満の人では、歩行の際に外陰部が擦れて、それが原因で炎症を起こすこともあります。 治療には消炎剤や抗菌剤、抗生物質などが使われますが、婦人科で医師の診察を受けずに、自己判断で市販の軟膏や塗り薬、消毒薬を使用するのは厳禁です。 かえって症状を悪化させることになりかねません。 かゆみが「我慢できない!」と掻きむしると、ひっかき傷から雑菌が侵入して、かゆみ、ただれがますます酷くなります。 かゆみが強い場合には、婦人科で塗り薬を処方してもらったうえで、患部を清潔に保つことが大切です。 外陰炎は慢性化しやすいという特徴があります。 急性期の対応が十分でなく慢性化した場合は、治療が長引きます。 最初から慢性化に移行する場合もあるので、早期に婦人科を受診するようにしましょう。 外陰炎を 予防するためには、常にデリケートゾーンを清潔に保つことが大切です。 ジーンズ、ガードルなどは通気性が悪く、蒸れやすいので避けるようにしましょう。 おりものシートや生理用ナプキンを長時間使うのもNGです。 生理用品が肌に合わない場合は、何種類か試してみて、自分の肌に合っているものを選びましょう。 肌に優しいコットン素材のおりものシートやナプキンでも、デオドラント効果のある製品の場合、香料に含まれている化学物質の刺激で炎症が起きることもあるので、敏感肌の女性は特に注意が必要です。 「清潔にしなきゃ!」とデリケートゾーンを通常のボディソープや熱いお湯で洗うのは、体に本来備わっているバリア機能を弱めてしまい、炎症を起こしやすくなってしまいます。 デリケートゾーンは弱酸性に保たれており、薄い粘膜によって保護されています。 そこに体の他の場所を洗うのと同じようにアルカリ性のボディソープを使用すると、粘膜を傷つけてしまい、石鹸が染みてヒリヒリしたり、雑菌が入って痛みを感じたり、黒ずみができたりするなど、全くの逆効果になってしまうのです。 ボディソープは刺激が少ない弱酸性タイプを選ぶのがポイントです。 使用する際は、手でよく泡立ててから、指の腹でデリケートゾーンを優しく洗い、ぬるま湯で軽く流すようにしましょう。 高温多湿の夏場はもちろん、寒さ対策で厚着をする冬場もデリケートゾーンは蒸れやすく、雑菌がすぐに繁殖するので油断は禁物です。

次の