個人型確定拠出年金 デメリット。 「確定拠出年金は入るべきではない」というシンプルで衝撃的な結論=俣野成敏

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は本当に始めていいの? メリット・デメリットまとめ |タマルWeb|イオン銀行

個人型確定拠出年金 デメリット

ただし、 余り知られていないデメリットがあります。 もはや「落とし穴」です。 非常に優れた制度だからこそ、しっかりとデメリットを把握しておきましょう。 個人型確定拠出年金のデメリット 個人型確定拠出年金のデメリットは、主に以下の3点です。 ポイントは3)の「特別法人税」です。 これが「落とし穴」! 1) 2) 3) 多くの情報サイトでも1)2)については説明がされているので、ご存知の方は多いかと思いますので、既にご存知の方は飛ばして3)の特別法人税をご覧ください。 1)60歳になるまでは資産を取り出せない 個人型確定拠出年金は、毎月掛金を積み立てる形で資産運用を行います。 運用内容(何に投資するか)は自分で決定します。 #投資可能な商品(定期預金や投資信託など)は、金融機関によって異なります。 資産運用にはある程度の自由度があるのですが、 「運用資産は60歳まで1円たりとも引き出せない」仕組みです。 つまり、通常の投資・資産運用とは異なり、流動性が全くありません。 例えば、将来、 ・住宅ローン ・子供の学費 など、 まとまった金額が必要になったとしても確定拠出年金の資産を取り崩して充てることは不可能です。 あくまでも一般論としてですが、将来設計が固まっていない20代、30代の内に加入するのは慎重になった方が良いかもしれません。 2)継続的に手数料が発生する 個人型確定拠出年金を運用するには、 ・運営管理機関 ・国民年金基金連合会 ・事務委託先金融機関 に対して 毎月継続的に手数料を支払う必要があります。 国民年金基金連合会・事務委託先金融機関に支払う手数料はどこの金融機関を選んでも共通です。 ・国民年金基金連合会:103円/月 ・事務委託先金融機関:64円/月 加えて運営管理機関(金融機関)への支払いは、金融機関によって異なりますが、例えば、 ・SBI証券:0円(資産が50万円以上の場合) ・りそな銀行:316円/月 ・野村證券:342円/月 ・第一生命:355円/月 などです。 この場合、 年間で以下の手数料が発生するということです。 金融機関 運営管理 機関 国民年金 連合会 事務委託先 金融機関 毎月の 合計手数料 年間の 合計手数料 SBI証券 0円 103円 64円 167円 2,004円 りそな銀行 316円 103円 64円 483円 5,796円 野村證券 342円 103円 64円 509円 6,108円 第一生命 355円 103円 64円 522円 6,264円 運用実績には一切関係なく年間5,000円程度の手数料を支払い続ける計算になります。 例えば、資産100万円の場合、約0. 仮に100万円全てを元本保証商品の定期預金などで運用している場合、金利より手数料の方が高いなんて事態もありえます。 予定する運用資産が少ない、運用利回りの低い安定商品で運用する予定、などの場合は手数料が少ない金融機関を選ぶことをオススメします。 3)特別法人税という資産残高に対する課税制度 「特別法人税」の特徴は、資産残高に対して年1. 173%が課されるという「資産課税」という点です。 例えば、運用資産が100万円だった場合、1. 運用益の有無に関わらず資産を持っているだけで課税されてしまう税金です。 イメージとしては、投資信託の信託報酬に近いです。 確定拠出年金を定期預金で運用した場合等、運用利回り(利息)より特別法人税1. このデメリットが一般に余り知られていのは理由があります。 特別法人税が知られていない理由 この特別法人税は、2017年3月まで凍結されています。 つまり制度としては存在するものの、実際には運用されていない税制ということです。 凍結期間を2017年3月までと記載しましたが、今まで何度も凍結期間が延長されてきており、個人型確定拠出年金の制度が始まってから一度も特別法人税による課税は行われていません。 なお、経済界からは税制改正要望書などを通して凍結延長ではなく完全撤廃を求める要望が出されています。 一部では、 現在の銀行預金(特に定期預金)の金利が1. (#根拠があると言えるのか微妙な見解ですが) 実際、預金の金利が1. 先述のデメリット1)の「60歳になるまでは資産を取り出せない」と相まって、万一、低金利の中で特別法人税の凍結が解除された場合、60歳になるまでの数十年間、税金によって毎年資産が目減りしていく危険性があります。 #あくまでも可能性ですが 個人型確定拠出年金は節税効果抜群の制度ですが、 将来的な税制変更リスクも含めデメリットも存在するため、その点も理解した上で制度を活用しましょう。 関連記事: ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

確定拠出年金(個人型)とは?メリットとデメリットを解説します。 | ゴリFPのマネー術

個人型確定拠出年金 デメリット

ただし、 余り知られていないデメリットがあります。 もはや「落とし穴」です。 非常に優れた制度だからこそ、しっかりとデメリットを把握しておきましょう。 個人型確定拠出年金のデメリット 個人型確定拠出年金のデメリットは、主に以下の3点です。 ポイントは3)の「特別法人税」です。 これが「落とし穴」! 1) 2) 3) 多くの情報サイトでも1)2)については説明がされているので、ご存知の方は多いかと思いますので、既にご存知の方は飛ばして3)の特別法人税をご覧ください。 1)60歳になるまでは資産を取り出せない 個人型確定拠出年金は、毎月掛金を積み立てる形で資産運用を行います。 運用内容(何に投資するか)は自分で決定します。 #投資可能な商品(定期預金や投資信託など)は、金融機関によって異なります。 資産運用にはある程度の自由度があるのですが、 「運用資産は60歳まで1円たりとも引き出せない」仕組みです。 つまり、通常の投資・資産運用とは異なり、流動性が全くありません。 例えば、将来、 ・住宅ローン ・子供の学費 など、 まとまった金額が必要になったとしても確定拠出年金の資産を取り崩して充てることは不可能です。 あくまでも一般論としてですが、将来設計が固まっていない20代、30代の内に加入するのは慎重になった方が良いかもしれません。 2)継続的に手数料が発生する 個人型確定拠出年金を運用するには、 ・運営管理機関 ・国民年金基金連合会 ・事務委託先金融機関 に対して 毎月継続的に手数料を支払う必要があります。 国民年金基金連合会・事務委託先金融機関に支払う手数料はどこの金融機関を選んでも共通です。 ・国民年金基金連合会:103円/月 ・事務委託先金融機関:64円/月 加えて運営管理機関(金融機関)への支払いは、金融機関によって異なりますが、例えば、 ・SBI証券:0円(資産が50万円以上の場合) ・りそな銀行:316円/月 ・野村證券:342円/月 ・第一生命:355円/月 などです。 この場合、 年間で以下の手数料が発生するということです。 金融機関 運営管理 機関 国民年金 連合会 事務委託先 金融機関 毎月の 合計手数料 年間の 合計手数料 SBI証券 0円 103円 64円 167円 2,004円 りそな銀行 316円 103円 64円 483円 5,796円 野村證券 342円 103円 64円 509円 6,108円 第一生命 355円 103円 64円 522円 6,264円 運用実績には一切関係なく年間5,000円程度の手数料を支払い続ける計算になります。 例えば、資産100万円の場合、約0. 仮に100万円全てを元本保証商品の定期預金などで運用している場合、金利より手数料の方が高いなんて事態もありえます。 予定する運用資産が少ない、運用利回りの低い安定商品で運用する予定、などの場合は手数料が少ない金融機関を選ぶことをオススメします。 3)特別法人税という資産残高に対する課税制度 「特別法人税」の特徴は、資産残高に対して年1. 173%が課されるという「資産課税」という点です。 例えば、運用資産が100万円だった場合、1. 運用益の有無に関わらず資産を持っているだけで課税されてしまう税金です。 イメージとしては、投資信託の信託報酬に近いです。 確定拠出年金を定期預金で運用した場合等、運用利回り(利息)より特別法人税1. このデメリットが一般に余り知られていのは理由があります。 特別法人税が知られていない理由 この特別法人税は、2017年3月まで凍結されています。 つまり制度としては存在するものの、実際には運用されていない税制ということです。 凍結期間を2017年3月までと記載しましたが、今まで何度も凍結期間が延長されてきており、個人型確定拠出年金の制度が始まってから一度も特別法人税による課税は行われていません。 なお、経済界からは税制改正要望書などを通して凍結延長ではなく完全撤廃を求める要望が出されています。 一部では、 現在の銀行預金(特に定期預金)の金利が1. (#根拠があると言えるのか微妙な見解ですが) 実際、預金の金利が1. 先述のデメリット1)の「60歳になるまでは資産を取り出せない」と相まって、万一、低金利の中で特別法人税の凍結が解除された場合、60歳になるまでの数十年間、税金によって毎年資産が目減りしていく危険性があります。 #あくまでも可能性ですが 個人型確定拠出年金は節税効果抜群の制度ですが、 将来的な税制変更リスクも含めデメリットも存在するため、その点も理解した上で制度を活用しましょう。 関連記事: ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

「確定拠出年金は入るべきではない」というシンプルで衝撃的な結論=俣野成敏

個人型確定拠出年金 デメリット

Contents• 個人型確定拠出年金 イデコ が全会社員に解禁!!? 記事の中身を少し紹介 勤め先で企業型の確定拠出年金に入っていても、追加で個人型のイデコにも加入し、併用できるようにする。 厚労省は社員がイデコに加入する場合でも、企業型の掛け金の上限額を下げない方向で制度を見直す。 企業型とイデコが併用できるようになれば、会社員にとっての利点は大きい。 イデコを併用すれば最大月2万円まで追加で積み立てることが可能になる。 企業型では投信の品ぞろえが少なかったり、高コストの投信しか選べなかったりすることもある。 現在30歳で年収500万円の会社員が30年にわたって毎月1万円の掛け金を拠出し、年収や税制が変わらないと仮定した場合、所得税の節税効果はおよそ70万円になる。 個人型確定拠出年金 イデコ は加入者自身が掛金額と運用方針を決める、自己責任の年金制度です。 様々な税制優遇が受けられるので、運用成果によっては受取額の大幅アップが期待できます。 もちろん逆に運用成果が悪ければ、将来の受取額が掛金より少なくなる可能性もあります。 自分なりにリスクとリターンを見極めて、運用商品を吟味して長期的な視点で運用方針を決めていく事が大切です。 こちらの記事では個人型拠出年金 イデコ のメリットデメリットについて解説していきます。 ほとんどの人にとってはメリットのほうが大きいですが、デメリットも少なからずあります。 個人型確定拠出年金 イデコ のメリット ではまずメリットから解説していきます。 メリット1、すべての現役世代が加入できる メリット2、加入者掛金が全額所得控除の対象となる メリット3、運用益は全額非課税の為、複利の力を活かせる メリット4、受け取りは退職所得扱い or公的年金扱い となる メリット5、差し押さえ禁止財産の扱いとなる 一つずつ解説していきます。 メリット1、すべての現役世代が加入できる 数年前までは日本国内に居住している20歳以上60歳未満の方で、自営業者と企業年金制度のない企業に勤めている会社員の方のみの加入でしたが、 平成29年1月からは専業主婦や企業型確定拠出年金のみの会社員や企業年金のある会社員・公務員も加入できるようになりました。 当時 平成29年1月 は企業型確定拠出年金のみを提供する会社が社員の個人型確定拠出年金 イデコ 加入を認める場合、企業の拠出金の上限額を5. 5万円から3. 5万円に引き下げる必要がありました。 メリット2、加入者掛金が全額所得控除の対象となる 加入者掛金が全額所得控除の扱いとなる為、所得税と住民税が軽減されます。 掛金上限額は加入対象者によって変動します。 自営業の場合 例えば年間所得を500万円、扶養家族は配偶者1名として、基礎控除等の各種控除を適用した上で確定拠出年金の所得控除の効果を試算します。 掛金の積み立てを30年間続けた場合、節税効果は7,344,000円となります。 次に紹介しますが、掛金の運用益も非課税となりますし、受け取りも退職所得扱い or公的年金扱い となりますので、節税効果は更に高まります。 会社員の場合 例えば年間給与収入 額面 を700万円、扶養家族は配偶者一人として、基礎控除などの各種控除を適用した上で確定拠出年金の所得控除の効果を試算します。 掛金の積み立てを30年間続けた場合、節税効果は2,484,000円となります。 同様に掛金の運用益も非課税となりますし、受け取りも退職所得扱い or公的年金扱い となりますので、節税効果は更に高まります。 メリット3、運用益は全額非課税の為、複利の力を活かせる 運用中に得られた利息や配当金、売却益などは全額非課税となりますので、そのまま運用資金として使用が可能です。 複利の力をどんどん活かすことができます。 メリット4、受け取りは退職所得扱い or公的年金扱い となる 受け取り時も節税効果があります。 まとめて受け取る場合は退職所得控除の対象となります。 年金として受け取る場合は公的年金など控除の対象となります。 どちらの場合も所得税が軽減されます。 詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。 メリット5、差し押さえ禁止財産の扱いとなる 差し押さえ禁止財産の扱いに関しては関係のない人がほとんどでしょうが、万が一の時に自分の資産を守ることができます。 個人型確定拠出年金 イデコ は差し押さえ禁止財産の扱いとなります。 例えば破産してしまった場合でも貯金や不動産は差し押さえとなりますが、個人型確定拠出年金 イデコ に関しては守られます。 個人型確定拠出年金 イデコ のデメリット それではここからはデメリットの解説です。 デメリット1、60歳まで引き出せない デメリット2、掛金最低積立額が月5,000円と意外と高い デメリット3、イデコ口座には手数料がかかる 一つずつ解説していきます。 デメリット1、60歳まで引き出せない 一番大きなデメリットが何と言っても 60歳まで積み立てた掛金を原則引き出せないことです。 もしすぐにお金が必要になったとしても、個人型確定拠出年金 イデコ に積み立てているお金に手を付けることはできませんので注意してください。 その為、いくら節税効果が高いとは言え必要以上には積立てはせずに、ある程度手元に余裕資金を残しておくことも大切です。 デメリット2、掛金最低積立額が月5,000円~と意外と高い 個人的に厳しいと感じるのが掛金最低積立額が5,000円から、という制度。 たくさん積み立てた方が節税効果が高いし、月に5,000円程度を積み立ててもたいしてメリットがない…と感じる人が多いと思いますが、時と場合によっては積立額を変えたい時も今後出てくるかもしれません。 例えば家の購入や養育費などでしばらく手元にお金が残らない時や、会社を退職して転職活動中の時などは、あまり個人型確定拠出年金 イデコ に回すお金は残らないでしょう。 そういう時にでも月に5,000円も積み立てにお金を回さないといけないのは厳しい時もあります。 しかし、次で紹介するように、個人型確定拠出年金 イデコ は掛金を停止した場合であっても毎月手数料の負担が発生します。 手数料は積立てた掛金から引かれていくので、掛金の拠出を停止しているとその分資産が目減りしていきます。 デメリット3、イデコ口座には手数料がかかる 個人型確定拠出年金 イデコ の口座は持っているだけで毎月手数料が発生します。 例えば 三井住友銀行では毎月255円もかかります。 しかし、 SBI証券や楽天証券では0円です。 ・三井住友銀行 ・楽天証券 ・SBI証券 無駄なコストは減らした方がいいので、個人型確定拠出年金 イデコ はネット証券で申し込むのが一番口座管理手数料が安く済むのでおすすめです。 僕はSBI証券で個人型確定拠出年金 イデコ の口座を作っています。 まとめ:確定拠出年金 イデコ は余裕資金があるならやるべき 掛金・運用益・受取時の全てに節税効果があり、トリプルでお得な個人型確定拠出年金 イデコ はとても魅力的な制度です。 特に20代・30代から加入しておけば時間を味方につけられるため、節税効果はもちろん運用益にも期待できます。 昔と違い今は退職金の額も減ってきていますし、将来の老後を見据えて余裕資金があればやっておくべき制度ですね。 イデコ口座のおすすめは楽天証券とSBI証券 個人型確定拠出年金 イデコ に加入する際のおすすめの証券会社は楽天証券とSBI証券です。 どちらも口座維持の手数料が安く済み、そして商品ラインナップが充実している為です。 僕自身はSBI証券で個人型確定拠出年金 イデコ の口座を作成しています。 節税メリットシミュレーションを試してみよう まだ個人型確定拠出年金 イデコ に加入していない人は加入することでどの程度メリットがあるのか、節税メリットシミュレーションで一度試してみてください。 想像以上にメリットが出るので驚くと思います。

次の