石器 時代 に 戻 してやる。 オフレッサー

ムシャラフ・パキスタン大統領、衝撃発言?

石器 時代 に 戻 してやる

の文明はモンハンの世界 どうも進撃のです! 私たちが住んでいる国・日本。 長い歴史を育んで今に至ります。 古い遺跡も、海外に負けないくらい多く点在しているのですが、 その中には未だに全貌が解明されていない古代遺跡も存在しているのです。 今回は、かつて日本に実在したを4つご紹介いたします! この記事を読んでくださった方は是非コメントしてください! 目次です!• 日本に実在する1:トンカラリン 古代遺跡の中には、何の意図があって造られた物なのか不明なものがいくつも存在しています。 それは日本も例外ではありません。 にあるトンカラリンは、昔から調査が行われていていますが、未だに建造目的が判明していないのです。 トンカラリンは自然の地割れを利用した長大な隧道遺跡で、全長は464. 6メートルあります。 トンネル内の天井はエジプトのピラミッドと同じ造りになっており、日本では珍しい工法です。 トンカラリンの由来はこの遺跡の入り口から石を落としたところ、 中からトンカラリンという音が響いたために、この名前が付いた説と、から来たという2つの説があります。 この遺跡が造られた目的や年代は現時点では不明です。 1974年に調査が行われた結果、排水路説が出てきました。 抜け穴説など様々な説が提唱されています。 謎多きトンカラリンですが、その謎を解くヒントとなるかもしれないものが1994年に出土しました。 それは、トンカラリン周辺に存在する前原長溝遺跡より発掘された頭部の長い、変形した頭蓋骨です。 この頭蓋骨の主は中期、支配階級にあった女性で、同様の特徴を持つ頭蓋骨が3体発見されています。 変形した頭蓋骨は南米などでよく見られる風習であり、シャーマンなどが、人為的に頭蓋を変形させているのです。 これらのことから、トンカラリンは隧穴信仰に基づく宗教祭祀遺跡ではないかとする説も存在しています。 また、2001年の調査の結果、更に奥へ続く第2のトンカラリンが発見されました。 今後、さらなる調査が行われていくことで、トンカラリンの真実が明らかになっていくかもしれませんね。 日本に実在する2: にあるは前期に栄えたとされており、非常に大きな集落地域ですが、 この遺跡の何が不思議なのかというと、非常に多くのが出土しているということです。 その数はなんと2000以上!全国の遺跡の中でも最多の出土数です。 しかも、出土したの形は非常に特徴的で、高度な技術がなければ作れないものばかりです。 例えば、こちらのは女性を模したものであり、乳房やへそなどの表現が残されています。 また、食糧残滓や当時の生活環境の分析から、明確な農耕・牧畜を示すものはありません。 なぜこのような大規模集落が終焉を迎えたのか、謎は深まるばかりです。 日本に実在する3:文明 とは、今から数万年以上も昔、太古の人類が残した謎の古文です。 実に末期のことであり、文明が実在していた場所は六甲山とされています。 発見された古文書はあまりに解読が困難なため完全には解明されていません。 半円や十字架をモチーフにした文字が書かれており、解読にもほどがあったため、 一説には、文明は人類ではなく、宇宙人が創ったとも言われています。 残念ながら、の真実を証明できる物証は今日にいたっても何もありません。 もし宇宙人説が正しいとなると、今までの人類起源の説をひっくり返すような一大事になります。 余談ですが、六甲山はオカルトな話が多くあります。 幽霊が出るという話もあれば、UFO目撃情報も多数あるそうです。 もしかすると、文明はそのような神秘的なエネルギーと関係があるのかもしれませんね。 日本に実在する4:剣山 にある剣山にはとある伝説があります。 それはのソロモン王の秘宝が眠っているというもの! ソロモン王の時代は、の最盛期とも呼ばれ、宮殿を建立するなど栄華を極めていました。 この宮殿には、の建国の父・から受け継いだ「契約の箱」を神殿に祀っていたといいます。 契約の箱とは、かのモーゼが作ったとされる。 人にとっては神聖な聖櫃(アーク)です。 しかしソロモン王の死後、は分裂し、他国の侵攻を受けてしまいます。 ソロモンの神殿も破壊され、略奪にあったのですが、既に聖櫃はそこにはなく、忽然と姿を消してしまいました。 実は、聖櫃や秘宝は日本に行きついており、剣山にあるという考えが存在しています。 1936年、剣山で発掘調査が開始され、山頂付近にある鶴岩・亀岩の下が調べられました。 すると、掘り進んで131メートル地点に大理石で出来たアーチ門や高さ15メートルほどのピラミッド型の空間を発見したのです! しかし、この情報は瞬く間に政府の耳に届き、発掘調査はここでストップをかけられてしまいます。 発掘品はほぼ全て没収されてしまったのですが、この件で剣山は一躍注目も的となりました。 そして1950年、再度の発掘調査によってミイラ100体を発見したと徳島日報が報じたのです! しかし奇妙なことに、今度は徳島日報の記事や記録ごと抹消されてしまいます。 剣山全体が何らかの文明とかかわりのある遺跡と言っても過言ではないのですが、 その後、不可思議な事に、剣山は国宝公園に指定され、発掘調査は一切禁止になりました。 剣山には何か「表沙汰になるとヤバい」ことがあるのかもしれませんね。 tommy12023861.

次の

カーチス・ルメイとは (カーチスルメイとは) [単語記事]

石器 時代 に 戻 してやる

,r'. :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;. ヽ ,! ;:;:;:;:;:;. ゙i,. ' l,ィ'''ー、. ニ、ヽ. ;:;:;:;:;:;:;:;:::! 、ゝ、__ i i. 階級は上級大将で、装甲擲弾兵総監を務める陸戦・白兵戦の専門家。 2mを超える長身と筋骨隆々の体躯をもつ豪傑で、左頬には大きなレーザー火傷を負っている(消す事も可能だが、あえて残している)。 威圧的で粗野な言動が多く、性格も問題無いという訳ではないが決して単純や獰猛なだけの男ではなく、目上の人物には礼節を払う。 ゴールデンバウム期の軍人としては、下級貴族出身、かつ艦隊司令官でもないのに驚異的と言ってもよい出世をしているのもこのためであろう。 ただし、その残虐で野蛮なバーサーカーめいた戦いぶりは畏敬よりも悪評を集めており、英雄と評されるにはいささか難がある男でもある。 同じ下級貴族出身ののことは「の力による成り上がり」と見下しており、自分が実力で出世した事に絶大な自信を持っていることもあって一方的に敵視している。 腕っ節は全キャラクター中でも白眉で、特製の巨大トマホークを武器とする。 更に劇中では何らかの薬物を用いて、普通ならごく短時間が限度の装甲服着用を半日以上ぶっ通しで続ける体力も持つ。 ラインハルトには「石器時代の勇者 」と揶揄されたが、単純に強いからこそ、一騎打ちはおろか人数による力押しも通用しない強敵である。 帝国内戦ではラインハルトへの敵対心もあって門閥貴族連合軍に加わり、レンテンベルグ要塞の守備隊長として戦う。 その規格外の戦闘能力をもって、要塞制圧を命じられたとの兵達を次々と血祭りに上げたが、「制圧済みの下層から落とし穴を掘る」という罠にはまり捕縛される。 姉を馬鹿にされて怒り心頭のラインハルトに処刑されかかるが、の献策によって部下達は全員処刑の上で無傷で送還され、そのためにに裏切りの疑いをかけられてしまう。 最期は無実を訴えて暴れ、ブラウンシュヴァイクの命を受けたに処刑された。 主な作品• - 朱亥役。 - ヨーロッパ戦線で補充された下士官(少尉)で歴戦の歩兵。 - 本人役。 幼年学校時代のやる夫とを鍛え上げ、優秀な帝国軍人に仕上げる。 正確には「オフレッサーは勇者だ、ただし石器時代のな」と評している。 関連項目• - 主君。 - 同盟側の白兵戦の達人。 直接相まみえた事はない。 - ネタAAがいくつかある。

次の

日本に実在した謎が多すぎる古代文明4選 日本の歴史は謎ばかり

石器 時代 に 戻 してやる

カーチス・ルメイ(16~)とは、の軍人である。 スと表記されることも。 概要 オオ州生まれ。 最終階級は軍。 中は戦線、対日戦を戦いでも北爆などを揮した戦術でもある。 対日では、、やの襲、所、その他の襲などの焦土化を立案した。 ルは、に戦略団官に就任すると、前任者の「軍地施設や工場のみ狙う」という方針を覆し「〇〇以下の低から」「防御の座をはずし」「焼夷弾を最大積載し」「間に攻撃」という方針でをした。 その結果のようなを対にした攻撃により多くのが犠牲になり、「皆殺しのル」「ル」とから恐れられた。 ・・・というように、多くのをした人物なのだが、 からなんと勲一等綬章を受けている。 理由はの育成に貢献したためである。 もちろんいくらなんでもの育成に貢献したからとはいえのしかも人のに関わった人物への叙勲には反対の意見も多く、や側は反発をしたのだが、 「今はと友好関係にあり、功績があるならばはとして功に報いるのが当然、大の民とはいつまでもとらわれず今後の関係、功績を考えて処置していくべきもの」 ということで、叙勲は妥当とされに受章されている。 どうも側はとの関係のためどうしてもあげたかったようである。 泥棒に追い銭というか、卑屈というか、のように年しない分立というか・・・ ただ、通常勲一等綬章はが親授なさるということになっているが、そこはの持というものでさすがに親授は行われなかった。 そんな彼も、庭においては(が取材に来たら質になっていたことを除けば、)軍人としての「者」のとはまるでかけ離れた姿であった。 ルの孫にとっての祖・ルの姿といえば自分にを教えてくれる優しい祖でしかなかった。 これだからというものは難しい。 名言 「を石器時代に戻してやる。 」 ーの際ー 「かけらでも想像があれば、の燃え盛る瓦礫の下で泣いている三歳の幼な子の姿が手のに浮かぶだろう。 しかし任務にに忠実でありたいと願うならば、それを考えてはならない。 当時の条件降伏とは「首」と同義で、全体を対にしている以上負けると判ったからやめたでは今頃は存在しなかっただろうよ。 なぜならか内乱か苦かゲリか第三かのに殺されるかで親世代の段階から死んでいただろうから。 部と同じくが見えていなかったがとで損を出してやっと「軍の条件降伏」を条件にしたから側にも受け入れる余地ができた。 だがそもそも満の民があったり撤が通っていたり限の化さえ脱却できていればはいざ知らずで戦う必要はなかった。 また、民がに少なかったことやの進展ものはごく少ない。 それだけのがあったのならやはり戦う必要はなかった。

次の