ブロッコリー レンジ。 ブロッコリーの茹で方?蒸し方? : 「美味しい!」が好き

【決定版】ブロッコリーの茹で方/茹で時間ガイド。レンジ加熱も解説

ブロッコリー レンジ

注意 いくら密閉にしても時間の経過と共に、風味や食感が落ちていくので、早めに召し上がるのがいいでしょう。 次に、冷凍ブロッコリーのレンチン解凍時間を見ていきます。 冷凍ブロッコリーのレンチン解凍時間は何分? 冷凍ブロッコリーを解凍する際、100gのブロッコリーと2分の1カップの水を耐熱皿に入れます。 ラップをして、電子レンジで加熱します。 市販の冷凍ブロッコリーと、自分で冷凍したブロッコリーの解凍時間は、下記の通りです。 冷凍ブロッコリーの種類 時間 市販の冷凍ブロッコリー 4~5分 自分で冷凍したブロッコリー 20~40秒 炒め料理や煮込み料理など、さらに加熱調理をする場合は、 凍ったまま入れて作ることができます。 市販のブロッコリーは、カチカチに凍っているので、 加熱時間が少し多めになるのがポイントです。 べちゃっとしない解凍方法のPOINT 冷凍保存をする下ごしらえの際に、ブロッコリーの表面に水気が残らないよう、しっかりと水気を切ることがポイントです。 また、キッチンペーパーを敷いた上に、しばらくブロッコリーを置くと、水気が取れるのでお勧めです。 まとめ ブロッコリーをゆでる方法は、耐熱容器に入れて、 レンジでチンするのがお勧めです。 レンチンの方が、時短で作ることができ、ブロッコリーに含まれる栄養価が高いまま食べることができるので、体にとてもいいです。 ブロッコリーをそのまま保存冷蔵すると、すぐに痛んでしまいますが、レンチンして 冷凍保存すると、1ヶ月の間、栄養価が高いままできれいな色味を維持することができます。 ぜひ、やってみてくださいね。

次の

ブロッコリーのゆで方!電子レンジでうまくできない・・

ブロッコリー レンジ

栄養価は豊富な緑黄色野菜の1つ『 ブロッコリー』ですが、ゆでて調理するという方も多いのではないでしょうか。 実はゆでてしまうと栄養価が損なわれ、もったいないことをしている可能性があります。 TBS系列金スマなどでも話題になった『 その調理、9割の栄養捨ててます!』も有名な栄養管理士の先生によると、ブロッコリーはゆでるよりも電子レンジや蒸して加熱すると栄養をしっかりと残すことができます。 今回は、簡単にできて栄養もしっかり残る『 レンジで調理する際のポイントや加熱時間』を詳しくご紹介します。 600W・500Wの場合、食感別の加熱時間も掲載しています。 ゆでるより手軽なのでおすすめですよ。 ぜひ試してみてくださいね。 すぐに開けてしまうと固さが残りやすいので、余熱で蒸らすと柔らかくなります。 その時に蒸す量によっても変わると思うので、好みのゆで加減と同じくらいになるように調節してみてください。 触ってみて硬いな、と思うときは追加で様子を見ながら加熱するかラップをかけなおし余熱で火を通します。 我が家は子供がまだ小さいので、食べやすいように加熱後5分はそのまま放置して余熱しています。 5、ざるにあげ、水気を切って完成です。 この調理法のポイント この方法は余熱時間を調節すれば、歯ごたえがある感じにも柔らかくも仕上げることができるので その時の料理に合わせて加減がしやすいのもポイントです。 鍋を見ていなくてもいいので、小さいお子さんがいるご家庭にもおすすめですよ。 シリコンスチーマーがなくてもお皿で作れるのでぜひ試してみてくださいね。 『その調理、9割の栄養捨ててます!』は無料で読めます 今回ご紹介したブロッコリーの栄養を逃さない加熱のポイントのほか、様々な調理のコツが掲載された『 その調理、9割の栄養捨ててます!』は、Amazonの電子書籍kindleで、現在30日間無料お試しの読み放題に登録すると無料で読むことができます。 (レシピに関しては実際に試してみて時間を記載しているので、書籍のものではありません) kindleの書籍読み放題プランは30日以内に解約すればお金は一切かからないので読んでみたい!という方にはおすすめですよ。 私も契約したことがありますが、30日以内に解約したところ本当にお金はかかりませんでした。 スマホだけではなくパソコンからも読むことができます。 (2020年1月12日時点で読み放題プランの中にあるので、時期によってはなくなる可能性があります) 本はフルカラーでとても分かりやすくイラストもかわいいので、読むというよりは感覚的に楽しく見ることができますよ。 野菜の効果的な栄養のとりかた、調理法が知りたいという方は是非。 以上『 ブロッコリーの電子レンジ加熱の仕方』のご紹介でした。 ぜひ試してみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にもブロッコリーのレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧下さい。 こちらもおすすめです。

次の

ブロッコリーはゆで方や時間が大事!レンジ・フライパンを使った簡単な方法

ブロッコリー レンジ

今は季節を問わず手に入れることができるブロッコリー、実は寒い冬に旬を迎えます。 ブロッコリーは下処理さえすれば簡単に食べることができるので、日頃の食卓やお弁当など登場回数は割と多いお野菜ではないでしょうか。 この身近なブロッコリー、おすすめの下処理方法は栄養を水に流れないようにする電子レンジを使う方法です。 身近な食材だからこそ、下処理の方法を改めて見直してみませんか。 ブロッコリーの栄養 ブロッコリーは抗がん物質を豊富に含んでいると言われており、2人に1人が癌になると言われている現代、改めてその栄養価に注目が集まっています。 また、ビタミンCも豊富に含まれていて、レモンの約2倍と言われています。 ビタミンCは人間の体内で作ることはできない物質で、日頃の食事から摂取する必要がありますが、ブロッコリーならレモンよりも日常の食卓で登場させやすいかと思いますので、是非、ブロッコリーを積極的に食べるようにしたいですね。 ブロッコリーの選び方 傷むのが意外と早いブロッコリー、新鮮なものを手に入れたいですよね。 新鮮なブロッコリーは、上の部分がこんもりとつぼみが密集していて、かたく締まっており、緑色が濃くなっています。 また、茎の部分にキズや変色がなく、みずみずしいかどうか、これも重要なポイントです。 上記を確認すれば同じスーパーのブロッコリーでも、より新鮮なものを手に入れることができますよ。 ブロッコリーの洗い方 ブロッコリーを洗う時、他のお野菜と同じように上から水道水をかけて、軽く洗うだけで終わっていませんか?残念なことに、この洗い方だと、ブロッコリーをしっかり洗うことはできていないんです。 ブロッコリーは上の部分、つぼみの隙間には砂や虫など、たくさんの汚れが潜んでいて、これらは流水だけで綺麗に洗うことは難しく、ブロッコリーならではの洗い方をする必要があります。 そうは言っても、難しい工程はありませんので、気軽に読み進めていただければと思います。 それほど、ブロッコリーには汚れが隠れているのです、ブロッコリーを食べる際は、毎回しっかり洗いたいものですね。 ブロッコリーの下処理 ブロッコリーの下処理は、沸騰した鍋にブロッコリーを入れて数分茹でて湯切りする、という方が多いのではないでしょうか。 でもこの方法ですと、ブロッコリーに含まれている栄養がお湯に流れ出てしまっています。 では、どうすれば栄養をなるべく損なわずに下処理をすることができるのか、そこでおススメしたいのが電子レンジ調理です。 電子レンジを使った下処理方法 1.ブロッコリーを食べやすい大きさに切り分ける。 2.レンジ使用可の大きめのお皿に濡らしたキッチンペーパーを広げ、その上にブロッコリーを広げてのせる。 3.ブロッコリーの上からさらに、濡らしたキッチンペーパーをのせてブロッコリー全体をキッチンペーパーで覆う。 4.電子レンジで3分ほど加熱する。 5.自然に冷ます。 これで完成です。 加熱後、冷ます際に水で冷やすと味がぼけてしまうので、自然に冷めるまで待ちましょう。 よく使うお野菜だからこそ正しい知識を身につけて、毎日美味しくいただきましょう。 記事/菅 智香 育児料理アドバイザー。 食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。 一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。 SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。 その他のおすすめ記事.

次の