シンガポール コロナ 感染 者 数。 焦点:優等生シンガポールでも感染増、コロナ封じ込めの困難さ

コロナ「感染者数の積み上げ」でパニックを誘発する報道の病理

シンガポール コロナ 感染 者 数

常に最新のデータの反映を心がけておりますが、やはり、MOHの情報が最強です。 最新の感染状況データが必要な場合は、MOHを見て頂くよう、お願い致します。 日本や世界と比較した感染者数・死者数・感染率・致死率・感染状況の推移グラフ では、実際にシンガポールの新型コロナウイルス肺炎の感染者数がどれくらい多いのかを、 日本や世界と比較していきます。 世界の新型コロナウイルス感染者数の推移グラフ 世界の新型コロナウイルス感染者数 国 感染者数 (人) 死者数 (人) 致死率 (%) 1 アメリカ 1256972 75670 6. 02 2 スペイン 221447 26070 11. 77 3 イタリア 215858 29958 13. 88 4 イギリス 206715 30615 14. 81 5 ロシア 177160 1625 0. 92 6 ドイツ 167300 7266 4. 34 7 フランス 137779 25987 18. 86 8 ブラジル 135106 9146 6. 77 9 トルコ 133721 3641 2. 72 10 イラン 103135 6486 6. 29 11 中国 83976 4637 5. 52 12 カナダ 64922 4408 6. 79 13 ペルー 58526 1627 2. 78 14 インド 56342 1886 3. 35 15 ベルギー 51420 8415 16. 37 16 オランダ 41774 5288 12. 66 17 サウジアラビア 33731 219 0. 65 18 エクアドル 31881 1654 5. 19 19 スイス 30043 1517 5. 05 20 メキシコ 29616 2961 10 21 ポルトガル 26715 1105 4. 14 22 パキスタン 25837 594 2. 3 23 スウェーデン 24623 3040 12. 35 24 チリ 24581 285 1. 16 25 アイルランド 22385 1403 6. 27 26 シンガポール 20939 20 0. 1 27 Belarus 20168 116 0. 58 28 カタール 18890 12 0. 06 29 イスラエル 16381 240 1. 47 30 アラブ首長国連邦 16240 165 1. 02 31 オーストリア 15673 609 3. 89 32 日本 15547 557 3. 58 33 ポーランド 15047 755 5. 02 34 ルーマニア 14499 876 6. 04 35 ウクライナ 13691 340 2. 48 36 インドネシア 12776 930 7. 28 37 バングラデッシュ 12425 199 1. 6 38 韓国 10822 256 2. 37 39 フィリピン 10343 685 6. 62 40 デンマーク 10083 514 5. 1 41 セルビア 9848 206 2. 09 42 コロンビア 9456 407 4. 3 43 ドミニカ共和国 9095 373 4. 1 44 南アフリカ 8232 161 1. 96 45 チェコ 8031 270 3. 36 46 ノルウェー 7995 209 2. 61 47 エジプト 7981 482 6. 04 48 パナマ 7868 225 2. 86 49 オーストラリア 6896 97 1. 41 50 クウェート 6567 44 0. 67 51 マレーシア 6467 107 1. 65 52 フィンランド 5673 255 4. 49 53 モロッコ 5548 183 3. 3 54 アルゼンチン 5358 282 5. 26 55 アルジェリア 5182 483 9. 32 56 カザフスタン 4690 31 0. 66 57 モルドバ 4605 145 3. 15 58 バーレーン 4199 8 0. 19 59 ルクセンブルク 3859 100 2. 59 60 アフガニスタン 3563 106 2. 98 61 ナイジェリア 3526 107 3. 03 62 ハンガリー 3178 392 12. 33 63 ガーナ 3091 18 0. 58 64 タイ 2992 55 1. 84 65 Oman 2958 14 0. 47 66 アルメリア 2884 42 1. 46 67 ギリシャ 2678 148 5. 53 68 イラク 2543 102 4. 01 69 ウズベキスタン 2298 10 0. 44 70 カメルーン 2265 108 4. 77 71 アゼルバイジャン 2204 28 1. 27 72 クロアチア 2125 86 4. 05 73 ボリビア 2081 102 4. 9 74 Puerto Rico 2031 102 5. 02 75 ボスニア・ヘルツェゴビナ 2027 90 4. 44 76 ギアナ 1927 11 0. 57 77 ブルガリア 1829 84 4. 59 78 アイスランド 1801 10 0. 56 79 キューバ 1729 73 4. 22 80 エストニア 1720 56 3. 26 81 Honduras 1685 105 6. 23 82 マケドニア 1572 89 5. 66 83 Cote d'Ivoire 1571 20 1. 27 84 セネガル 1492 13 0. 87 85 Lithuania 1449 49 3. 38 86 スロバニア 1449 99 6. 83 87 スロバキア 1445 26 1. 8 88 ニュージーランド 1141 21 1. 84 89 Djibouti 1133 3 0. 26 90 チュニジア 1026 44 4. 29 91 スーダン 930 52 5. 59 92 Somalia 928 44 4. 74 93 ラトビア 909 18 1. 98 94 Kyrgyzstan 906 12 1. 32 95 Democratic Republic of Congo 897 36 4. 01 96 Cyprus 889 21 2. 36 97 Kosovo 861 27 3. 14 98 アルバニア 842 31 3. 68 99 Guatemala 832 23 2. 76 100 スリランカ 824 9 1. 09 101 Lebanon 784 25 3. 19 102 Niger 781 42 5. 38 103 コスタリカ 765 6 0. 78 104 Andorra 752 47 6. 25 105 Burkina Faso 736 48 6. 52 106 International 705 7 0. 99 107 El Salvador 695 15 2. 16 108 ウルグアイ 684 17 2. 49 109 Mali 650 32 4. 92 110 Maldives 642 3 0. 47 111 San Marino 622 41 6. 59 112 ジョージア 615 9 1. 46 113 ケニア 607 29 4. 78 114 Guinea-Bissau 564 2 0. 35 115 パレスチナ 547 4 0. 73 116 タンザニア 509 21 4. 13 117 Gabon 504 8 1. 59 118 Jordan 494 9 1. 82 119 ジャマイカ 488 9 1. 84 120 マルタ 486 5 1. 03 121 パラグアイ 462 10 2. 16 122 台湾 440 6 1. 36 123 Equatorial Guinea 439 4 0. 91 124 ベネズエラ 381 10 2. 62 125 Mauritius 334 10 2. 99 126 Isle of Man 329 23 6. 99 127 Montenegro 324 8 2. 47 128 Jersey 293 25 8. 53 129 ベトナム 288 0 0 130 今後 274 10 3. 65 131 Rwanda 271 0 0 132 Chad 253 27 10. 67 133 Guernsey 252 13 5. 16 134 Sierra Leone 231 16 6. 93 135 Cape Verde 218 2 0. 92 136 マダカスカル 193 0 0 137 エチオピア 191 4 2. 09 138 Liberia 189 20 10. 58 139 Faeroe Islands 187 0 0 140 ミャンマー 176 6 3. 41 141 Swaziland 153 2 1. 31 142 ザンビア 153 4 2. 61 143 グアム 151 5 3. 31 144 Gibraltar 144 4 2. 78 145 ブルネイ 141 1 0. 71 146 Benin 140 2 1. 43 147 トーゴ 135 9 6. 67 148 ハイチ 129 12 9. 3 149 カンボジア 122 0 0 150 Bermuda 118 7 5. 93 151 Trinidad and Tobago 116 8 6. 9 152 Aruba 101 3 2. 97 153 ネパール 101 0 0 154 ウガンダ 101 0 0 155 モナコ 98 4 4. 08 156 中央アフリカ共和国 94 0 0 157 Guyana 93 10 10. 75 158 バハマ 92 11 11. 96 159 Liechtenstein 83 1 1. 2 160 Barbados 82 7 8. 54 161 モザンビーク 81 0 0 162 Cayman Islands 78 1 1. 28 163 Sint Maarten Dutch part 76 14 18. 42 164 United States Virgin Islands 66 4 6. 06 165 リビア 64 3 4. 69 166 French Polynesia 60 0 0 167 Syria 45 3 6. 67 168 Malawi 43 3 6. 98 169 モンゴル 42 0 0 170 ジンバブエ 40 4 10 171 Eritrea 39 0 0 172 アンゴラ 36 2 5. 56 173 Antigua and Barbuda 25 3 12 174 Timor 24 0 0 175 ボツワナ 23 1 4. 35 176 Grenada 21 0 0 177 Burundi 19 1 5. 26 178 ラオス 19 0 0 179 Belize 18 2 11. 11 180 フィジー 18 0 0 181 ガンビア 18 1 5. 56 182 ニューカレドニア 18 0 0 183 Saint Lucia 18 0 0 184 Saint Vincent and the Grenadines 17 0 0 185 Curacao 16 1 6. 25 186 ドミニカ 16 0 0 187 Namibia 16 0 0 188 Nicaragua 16 5 31. 25 189 Northern Mariana Islands 15 2 13. 33 190 Saint Kitts and Nevis 15 0 0 191 Falkland Islands 13 0 0 192 Turks and Caicos Islands 12 1 8. 33 193 バチカン 12 0 0 194 グリーンランド 11 0 0 195 Montserrat 11 1 9. 09 196 Seychelles 11 0 0 197 Suriname 10 1 10 198 Mauritania 8 1 12. 5 199 パプアニューギニア 8 0 0 200 ブータン 7 0 0 シンガポールの新型コロナウイルス感染者数は 世界で 番目に多い状況です。 2020年2月19日まではシンガポールは世界第2位の感染者数でしたが、遂に日本が超え、さらに韓国での大量発生、イランでの増加、欧米での増加により、第 位と後退しています。 人口比率で見たシンガポールの感染者数 6月26日時点のシンガポール政府から公開された情報では、新型コロナウイルスの 感染者数は42955人です。 日本のクルーズ船を含めた感染者数 10507人 と比べると少なく見えますが、人口比率で見ると、 日本より約91. 35倍もの人がシンガポールでは感染している数値となります。 26 シンガポール 564万人 42955人 約76161. 35 日本の約97. 99倍 ただし、日本でも新型コロナウイルスの感染者数は増えてきており、シンガポールとの差は小さくなってきています。 2月14日時点での算出では「約45倍もシンガポールの方が高い」という数値でしたが、2月19日時点では約26倍、6月26日時点では約98倍となり、 日本とシンガポールの感染率の差は徐々に縮まってきている状況です。 そして、この数値は、あくまでも公開された情報での比較です。 シンガポールは、感染者の接触者を徹底追跡、検査を行っているため感染者数が多いという感染状況である側面も考慮しなければなりません。 この規制は、2020年3月23日23時59分より適用となり、シンガポール市民や永住者・長期ビザ保持者以外は、全ての国からシンガポールへの入国はできなくなります。 前回の規制 3月16日から施行 では、14日間の自宅待機 ホテル可 をすれば入国は可能でしたが、今回の規制により、 旅行者の入国・観光は完全に禁止された形となります。 シンガポールでは、この3日間で感染者が急増しており、そのうちの実に80%もの人が海外で感染しておりました。 この結果を受けて、今回の規制が開始されたものと思われます。 この規制が何ヶ月かかるかは未定ですが、シンガポール旅行・観光はとても面白く、楽しく、元気が出るため、辛抱強く、待ちましょう。 必ずいつかは規制は解けます。 その時のために、今の楽しみを何倍にもして、とっておきましょう。 また新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。 また、日本でも感染爆発はいつ起きてもおかしくないと、専門家会議でも発表されております。 周りに流されず、自分のためでもありますが、「他の人の命を守るため」にも、感染拡大を防いでいきましょう。 特に、年齢が若い人の致死率が低いために「自分は大丈夫」、「ただの風邪」と思われるかもしれませんが、高齢者や持病持ちの人の致死率は非常に高いです。 是非、自分だけではなく、自分のお父さん・お母さん、友達のおじいちゃん、おばあちゃんなど、「他の人の命を守るため」にも、一人一人が気をつけていければ良いかと思います。 「人の命を救える」という素敵な事が、こんなに簡単にできてしまうチャンスはめったにありません。 当サイトからも、何卒、感染予防のご協力をお願いできれば幸いです。 新型コロナウイルスによる影響で、シンガポール旅行は大丈夫と言えるのでしょうか。 現在、新型コロナウイルス肺炎の影響により、シンガポールでは感染症警戒レベルが、 Orangeに指定されています。 Orangeは、 最高危険レベルのRedの一つ手前です。 また、「14日以内に中国・韓国・イタリア北部・イランへの渡航歴」がある人のシンガポールへの入国・トランジットはできなくなっているのでご注意下さいませ。 さらに、3月15日23時59分より、イタリア全土,フランス,スペイン,ドイツに14日以内の渡航歴がある人のシンガポールへの入国・トランジットもできなくなっております。 シンガポール現地住民で中国・韓国・イタリア北部・イランから帰国された人への制限も実施されており、学校への登校・会社への出勤が禁止されています。 2月9日には、カタールとクウェートがシンガポールへの不必要な渡航を控える通達を出しました。 2月22日には、インド政府がシンガポールへの不要不急の旅行を控える通達を出しました。 3月1日には、ついにシンガポール在住の日本人の感染が発生しました。 また、3月4日23時59分より、シンガポールに入国する際に発熱・呼吸器症状のある旅行者は、新型コロナウイルスの検査が義務化されています。 この検査を拒否した場合は、入国はできません。 検査が陽性の場合は、そのまま指定病院に搬送されます。 もし陽性で病院搬送となった場合、治療費は無料ではないため、 高額な請求がいく可能性があります。 特に、日本はシンガポールから不要不急の旅行を控える国として指定されているため、シンガポール入国時に厳しく検査される可能性があります。 シンガポール旅行出発前に症状がなくても、飛行機内で咳や発熱が出た場合はウイルス検査の対象となり、旅行どころではなくなります。 ホテルでも待機は可能ですが、費用は自費のため、14日間の宿泊費用と飲食代、そして変更せざるを得なくなった航空券の変更手数料や新規購入代金も発生することになります。 さらに、今後の見通しとして、「日本を入国禁止国として指定」される可能性もあるため、最悪の場合、日本に帰国することが難しくなる可能性もあります。 旅行情報を発信する立場としては、大変伝えづらいのですが、今の時期のシンガポールへの渡航・旅行は、 当サイトとしてはお勧めできません。 旅行・観光業界としては、観光客がいなくなるのは死活問題なので、悪い面を伝えづらい部分があるかと思います。 しかし、やはり、一番大事なのは、人の命です。 そして、シンガポールへ行くまでにも、様々な感染リスクにさらされることになります。 空港までの電車・バスなど移動時の感染リスク など、非常に多くの感染リスクを背負うことになります。 もしこれからやむを得ずシンガポールへ行かれる方はくれぐれも感染されないよう、ご注意下さいませ。 シンガポール現地ではマスクも売り切れており、入手困難です。 各観光施設へ入る際には、体温チェックが実施される場合があります。 さらに、渡航歴も聞かれる可能性もあるため、パスポートの携帯を忘れないようにしましょう。 新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。 その他、シンガポールの新型コロナウイルス肺炎に関する情報のリンクを以下に掲載させて頂きます。 日本を含む路線が大幅に減便されています。 また、もしシンガポール旅行を延期される場合は、当サイトが開発した マイプラン機能をご活用下さいませ。 マイプランとは? マイプランとは、 もっと楽しく、もっと簡単に、旅行プランを作成できる機能です。 このオフライン機能があれば、 シンガポールでネットが使えない 外にいる時でも旅行スケジュールをすぐに確認することができるため、 迷うことも少なくなります! このオフライン機能は、実現するのにとても苦労しました。 PWAという WEBの最新技術を用いており、アプリなどをインストールをしなくても、 インターネットを見るブラウザを開くだけで、 気軽にマイプラン機能や、オフライン機能も利用することができるようになっています。 その他、様々な便利機能があり、• 自動で次のスポットの移動時間計算• 次のスポットまでのルート表示• 旅行費用の合計表示• 一括設定機能• リンク設定• 日程や時間は入力しても、しなくてもOKな柔軟な操作• レストランなどが休日の場合のエラー表示 などなど、便利な機能がたくさんあります。 このマイプラン機能は、 ひとえに、シンガポール旅行が もっと楽しく、 もっと便利に なれば良いな・・・ という思いから開発いたしました。 さらなる機能の追加もしていきますので、 是非一度、試してみて頂き、 もし、改善点などがあれば、 教えて頂ければ嬉しい限りです。

次の

シンガポール、シンガポールにおける「新型コロナウイルス」の現状について

シンガポール コロナ 感染 者 数

4月2日、シンガポールはこれまでは、新型コロナウイルスとの闘いで世界の模範と称賛されてきた。 世界保健機関(WHO)から高く評価されるに至った。 シンガポールは他国・地域に比べて検疫がしやすい国だ。 人口は570万人程度の島国で、端から端まで車で1時間もかからない。 入国管理の場所も多くはないし、医療体制も堅固だ。 現状、新型コロナの死者は4人にとどまっている。 ところが、封じ込め策には緊張の兆しが出てきている。 感染者数は4月1日に1000人に達し、前日からの増加は74人とこれまでで最多になった。 特にこの1週間で感染者が倍増して、総数は3月末で前月末に比べ10倍近くになった。 国内感染が70%を占めるようになり、多くは感染者との接触が確認されない単独感染だ。 専門家によると、シンガポールですら防疫態勢が破られているという事実は、新型コロナ感染の拡大抑制の難しさを物語る。 米ミネソタ大学の感染症専門家、マイケル・オスターホルム氏は「シンガポールの方法は最善の策の一つと見なされてきた。 他の諸外国に示されている今の現実は、このウイルスに反撃し、ねじ伏せたままにしておくのがいかに難しいかということにほかならない」と話す。 コンプライアンス部門のマネジャーのアービング・チャンさん(43)は、「何をすべきか、これからどうすべきかをよく考える必要がある」と警戒を口にする。 ケネス・マク保健相は今週、感染者増加が懸念のきっかけだとし、これから数週間の流行を見極めて、現行の感染防止策が機能しているのかを評価する考えを示した。 同様に厳格なコロナ対策で褒められてきた台湾も最近、外国からの感染持ち込みが増加したほか、確認できる感染源が不明な小さな感染域がいくつも出現している。 中国では当局者は帰国者による感染持ち込みに焦点を変え、無症状の感染者が流行第2波をもたらす可能性を警戒している。 <眠らないコロナ> WHOはこれまで、厳しい移動や外出の制限措置を取らなくても新型コロナを抑制できる例としてシンガポールを取り上げていた。 同国は学校や飲食店、オフィスを閉鎖していない。 ただ、人と人との距離を空けさせる「社会的距離」を最近導入したため、バーは休業し、11人以上の集会は禁じられた。 WHOのマレーシア、ブルネイ、シンガポール部門の責任者Ying-Ru Lo氏は2日、シンガポールの感染者数に言及。 「新型コロナウイルスは不眠不休で活動している。 感染力も強い」と指摘し、シンガポールも含めた世界各地で抑制努力を強化していくことが必要だと表明した。 シンガポール政府は全土封鎖のような措置の実効性は疑問視しており、対策チームを率いるローレンス・ウォン氏も「そんな魔法のような解決策はない」と語る。 しかし、同国の専門家からは、学校やオフィスの閉鎖など、これまでより厳しい措置の必要を指摘する声もある。 シンガポール国立大学公衆衛生学部のテオ・イク・イン学部長は「とても率直に言って心配だ。 単独感染者が増えており、地域での散発的な感染の兆候がある。 そうなると我々の手に負えなくなってくる」と話した。 (John Geddie記者、Aradhana Aravindan記者) *この記事は、2日時点の情報を基に構成されています。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

コロナ「感染者数の積み上げ」でパニックを誘発する報道の病理

シンガポール コロナ 感染 者 数

理由分かっていますよ。 かなり正確に報道されています。 ポイントではリー首相が話をします。 YuouTubeで見られます。 英語、中国語、マレーシア語で話されます。 残念ながらタミル語は無し。 ほとんどの人が基本的に政府のやり方を支持しています。 ただ外出禁止のお願いを聞かないなどはあります。 すかさず法律改正。 罰金や禁錮も可能になりました。 シンガポールには外国人が沢山います。 日本人の持つようなビジネスビザのほかにワークパーミットという資格やメイドさんがそれぞれ25万人内外います。 男性のワーカー ワークパーミットで働く人をよくワーカーと言います は狭いドーミトリーやロッジと呼ばれる宿舎で団体生活をしています 20万人以上。 今回このドーミトリーで建設ワーカーの感染爆発が酷くなっていまし。 建設部門のワークパーミットおよび少し技術力の高いSPASS保持者も含めて全員二週間のHSN Home Stay Notice 自宅待機、ワーカーに自宅はないので政府が隔離部屋を提供するんでしょう が出ました。 一歩も部屋から出てはダメです。 もし出たのがバレると多分強制送還で二度とシンガポールに入れない。 一般の住民は散歩や必需品の買い物程度は出ていいけど、監視員も多くフラフラできる雰囲気ではありません。 少し違反があると即罰金。 2回目は高額、禁錮もありうる。 外国人は我々含めビザ剥奪を恐れています。 例えば立ち話。 外でマスクをしていないとか。 日に日に規制が厳しくなる。 昨日OKでも今日はダメになってるって感じ。 知らなかったは許してもらえません。 ワーカーの感染爆発の前は海外からの帰国者が問題となりシンガポリアン含め全員14日のHSNが課せられました。 知り合いで経験者がいますがかなり厳しい監視状態だったようです。 日に何回も写真を送れ、位置情報を送れって指示が来るらしい。 巡回もある。 60000人程度監視している見たい。 ワーカー以外は今は比較的落ち着いています。

次の