グッバイ運命の人は。 Pretenderの歌詞

「君の運命の人は僕じゃない」|あゆみ / ayumimu|note

グッバイ運命の人は

達成感が得られれば、少しだけ失恋の寂しさも埋まり始めます。 (3)信頼できる人に話す『信頼できる相手に相談すると気持ちが落ち着くかも』(26歳/美容師) 一人で溜め込むと、失恋した直後からずっと気持ちが変わらないことも。 時間の経過で解決しないのなら、勇気を出して誰かに話を聞いてもらった方が楽になります。 この時口の堅い信頼できる人に話すのがポイント。 相手を選ばないと、言いふらしたりする可能性があるため、信頼できて自分のことを良く知っている友達などが最適です。 (4)元恋人との接点を無くす『いつまでもつながってると未練が残るから、スッキリ切れてしまった方がいいかも』(28歳/不動産) 別れた後も元恋人に会う機会があったり、履歴を振り返ってしまうと、いつまでも恋愛感情が蘇ります。 失恋から立ち直るには、完全に接点を無くすくらいの覚悟が重要。 最初は寂しい気持ちになりますが、次第に慣れるもの。 会うことがなければ、そもそも期待や後悔が湧き出るきっかけがありません。 失恋は早い段階で自分の感情に素直になり、立ち直るための行動に移ることが大切です。 一人で抱え込んで我慢することだけはないようにしましょう。 (恋愛jp編集部).

次の

Official髭男dism

グッバイ運命の人は

君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まればひとり芝居だ ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry... そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の

Official髭男dism

グッバイ運命の人は

さて、今日は髭男dismが先日MVを公開した新曲「Pretender」について、その歌詞の意味を徹底解釈していきたいと思います。 皆さんもリリース前からMVを聴き込んで、是非覚えてカラオケで歌っちゃってください^^ それでは、その歌詞の意味を一緒に見ていきましょう! 1. 楽曲について 今回紹介する 楽曲「Pretender」は、2019年5月15日にリリースされる、髭男dismの2nd Singleです。 映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌にも抜擢されています。 髭男dismは同じく『コンフィデンスマンJP』のドラマ版の主題歌を2018年に「ノーダウト」で務めていますが、まさに「ノーダウト」が出世曲となって、徐々にを広げてきました。 その「ノーダウト」の場合は、演じる天才詐欺師が主人公、という「コンフィデンスマンJP」のストーリーに合わせて「嘘」をテーマとした楽曲になっていました。 その意味でも、「Pretender」が今回の映画を踏まえてどのような楽曲に仕上がっているのかが、非常に楽しみなところです。 MVの撮影地は台湾・だそうですが、ギラギラと光るネオンの世界観は映画を意識したものでしょう。 ミュージックビデオは全編にわたり台湾で撮影されており、台湾の夜景をバックに背負った彼らの演奏シーンや、台湾の現地モデル、俳優のキャストによるドラマシーンも収められている。 また、今回の『コンフィデンスマンJP』は副題が "ロマンス編"。 楽曲の中にも「ロマンス」のフレーズが登場します。 その意味でも、映画も合わせて見るとより楽しめるかもしれません。 歌詞について それでは、「Pretender」の歌詞を見ていきましょう。 君との恋愛は、始まる前に自分が思っていた通り、ひとり芝居だった。 距離感はずっと近いけれど、二人が本気になることはなく、結局は他人事のように真剣になれなかったのでしょう。 【2】1番Bメロ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 「ごめんね」という二人の間のコミュニケーションにも、感情や熱はなくて、あまりにドライです。 そんな状態がいつしか日常になってしまっているのでしょう。 慣れれば特に何を思うことはないのかもしれませんが、は、「ロマンス」という感情は成立しないのだと、ふとした瞬間に気づかされるのです。 【3】1番C メロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから まるで芝居のように、自分自身のキャター設定や二人の関係を選べたら、この「ロマンス」にはまだ可能性があったのかもしれません。 ただ、実際は 君と僕とでは「」が違っていて、あらゆるものが決して交わることがありません。 性格も価値観も違ったら、と「たら」「れば」を繰り返すこと自体が、無駄なのは自分も一番理解しています。 【4】1番サビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 どんなに工夫したところで、 僕も君との関係が続かないことは分かっているのでしょう。 だから、自分から君に「グッバイ」を告げます。 運命の人かもしれないと思い、必死にそうなろうとして、でもなれなかったから、この判断は「辛いけど否めない」ものでしょう。 ただ、 思い入れもあるからこそ、分かっていてもきっぱり離れることもできない。 髪に触れると、君の感覚がよみがえり、「痛い」と「甘い」の相反する思いが胸を締め付けます。 これだけの苦しい思いを抱えるなんて、僕にとって君はどのような存在なのか。 答えは自分の中にもないし、(もっとじっくり考えれば出るかもしれないけれど)「分かりたくも」ありません。 この「ロマンス」が成立しなくても、目の前の君が「綺麗」であるということだけが事実なのが、なんとも悲しいです。 【5】2番Bメロ 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ さて、そんな風に悩み苦しむ僕にとって、「誰かが偉そうに語る愛の論理」は、遠くにうすぼんやりと見える程度で、何も具体的にイメージできないような、「知らない街の夜景」程度のものにしか思えません。 【6】2番Cメロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ 改めて、二人の「」を選ぶことができたらどんなに良かったでしょう。 ただ、自分の気持ちに任せて、「好きだ」と後先考えず「無責任に」言えたら良いけれど、そう願っても叶わないとわかっているから、虚しい気持ちが募るばかりです。 【7】2番サビ グッバイ 繋いだ手の向こうに 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな 今手を繋いでいても、この「ロマンス」に終わりは見えている。 取り繕って引き延ばしても、この先の未来には君はいないことが分かっていて、その事実を想像すると苦しくて、思わず泣けてしまうのでしょう。 【8】ラスサビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 最終サビは1番サビの繰り返しとなり、最後のフレーズに入ります。 恋が始まり終わるまでの一連が「ロマンス」というものであれば、なんだかんだ「悪くない」 と思える。 永遠や約束というような、聞き心地のいい結末は待っていないけれど、この「ロマンス」がどうなったとしても君が「とても綺麗だ」ということだけは、やはり確かなこととして残っているのでしょう。 ピアノを入れるとより曲全体がルで、自然な印象になると思うのですが、 今回「Pretender」はピアノに加えて、電気的なの音を多めに取り入れています。 その中でも 最も印象的なのは、間奏部分かもしれません。 通常ギターソロが入るようなポイントですが、今回はがその役割を担っています。 これって 髭男ではあまり聴かない、新しい音ですよね。 リリースするたびに、髭男の良さはブラさないながらも、必ず何か新しさを加えてくるのは本当にさすがだと思います。 人によって、どんな音なのかの印象が違いそうなのも面白いですね。 たとえば、サビの中にある 「それじゃ僕にとって君は何?」というフレーズ。 「君にとって僕は何?」であれば理解しやすいですが、"僕"目線の曲の中でこのフレーズを考えると少し不思議な気もしてきます。 「僕にとっての君」は、最初は「想いを寄せる人」であり、やがて「彼女」になり、これから先別れてしまったら「何でもないただの他人」になる。 それが普通の解釈ですが、ひょっとしたらもうずいぶん前に関係性が壊れている以上、すでにずっと前から 「僕にとっての君」はただの「彼女のような人/彼女のように思いたい人」だったのかもしれません。 僕も薄ぼんやりとそう気づいていて、よくよく考えると否が応でもその結末に辿り着いてしまう。 だから「分かりたくもない」と思ってしまうのだとしたら、曲の内容により深みが出るなーなんて思ったりしてます(笑) そういえば、タイトルの「Pretender」も、「ノーダウト」の時ほどは直接的に曲中で言及がありませんね。 pretendは英語で、「~のふりをする」なので、 pretenderは「ふりをする人」。 もしかすると、当然 君も、僕でさえも、お互いの「運命のヒト」の「ふりをしていた人」なのかもしれません。 最後に さて、いかがでしたでしょうか。 私はさすが髭男だなぁと、あっという間に大好きな一曲になってしまいました。 4月30日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』6月号にて、「『Pretender』ができるまで」というインタビューが掲載されるそうです!こちらも合わせて読んでみると、より楽曲を楽しめるかもしれません。 GWを控え、も増えてきますね!気候もいいので、是非皆さん楽しい音楽ライフを過ごしてくださいね!^^ それでは。 trasheep.

次の