京都 緊急 事態 宣言。 京都)緊急事態宣言、解除後の暮らしは? 識者に聞く [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

「観光公害」一転「ゴーストタウン」 緊急事態宣言、祇園から人が消えた|社会|地域のニュース|京都新聞

京都 緊急 事態 宣言

新型コロナウイルスの感染拡大の余波で、閑散とする夜の祇園(9日午後7時25分、京都市東山区・花見小路通四条下ル) 新型コロナウイルスの流行は、京都を代表する繁華街・祇園にも深刻な影響をもたらしている。 国内外の大勢の観光客が訪れ、「観光公害」の一端をみせていた一帯からは人通りが消え、静寂に包まれている。 「豪雨災害が毎日続いているようだ」「ゴーストタウンになった」。 先の見えない生活不安に襲われた料理店やスナック、バー、花街の関係者たちは口々に客の激減した現状を嘆き、悲鳴に似た声を上げていた。 安倍晋三首相は11日の政府の対策本部会合で、繁華街の接客を伴う飲食店の利用を全国で自粛するよう要請。 政府は感染者集団「クラスター」の発生を防ぐためとするが、飲食店の苦境は一段と深刻化する。 新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言が東京都や大阪府、兵庫県などに出され、京都府や京都市が住民に宣言対象地域並みの自粛を求めた4月上旬の夜、祇園町を歩いた。 そんな京都・祇園の普段の光景は新型コロナウイルスの感染拡大で一変し、遠い昔の出来事として忘れ去られたように静まり返っていた。 9日夜7時、路地を挟んでお茶屋や老舗料理屋が軒を連ねる祇園のメインストリート・花見小路に人の姿はなかった。 「昼夜合わせてもお客は一日10人未満。 西日本豪雨や大型台風が直撃した日のようだ」。 創作料理店の男性オーナー(44)は、マスク越しに窮状を訴える。 一日の売り上げは2万円未満で1年前から9割近く激減。 緊急事態宣言が大阪府や兵庫県に出た7日以降は来店客がさらに減った。 アルバイトたちは4月から休みを取らせ、社員4人で店を回す。 オーナーが切望するのが、従業員の休業手当などを補助する雇用調整助成金の受給だ。 「早く休業したいが、従業員の生活は何としても守らなければ」。 オーナーは自分に言い聞かせるようにつぶやいた。 「今は店を開けている方がリスク。 店から感染者が出たらおしまいだ」。 早めの店じまいの準備をしていた日本料理店の4代目男性(48)はそう断言し、11日から5月6日までの休業を決めた。

次の

緊急事態宣言、大阪、京都、兵庫は解除(2020年5月)

京都 緊急 事態 宣言

今回対象となるのは東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡が対象となります。 さらに4月10日には愛知も緊急事態宣言を政府に要請していることから発令されることになりそうです。 これは現在、猛威を振るっている新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための処置ということになりますが、今後は場合によっては他の都市でも発令される可能性があります。 緊急事態宣言が発令されると以下のような内容で人々の動きなどに抑制がかけられるようになります。 <物資輸送> 事業者に緊急物資の運送の要請や指示ができる。 ではもし発令されたとして期間はいつからいつまでなのでしょうか。 今回政府が発令した期間は2020年4月8日(水)から5月6日(水・祝)のゴールデンウィークの最終日までの期間です。 となると京都で発令されると予想されるのが4月11日(土)から5月6日(水・祝)のゴールデンウィークの最終日までではないでしょうか。 仮に政府から緊急事態宣言が発令されないとしても京都府として不要不急の外出の呼びかけは同じような時期での開催となると思います。 それに、現在でも相次ぐイベントの中止の発表もされているのでゴールデンウィーク中のイベントなど中止になる可能性も高いのではないでしょうか。 正直、2月中頃から続いているこの問題ですが、運動不足やストレスなどかなり溜まってコロナ疲れなどの言葉もあるようですが気を緩まさずに行かないといけないようですね。 ・百貨店 ・一部ショッピングモール ・ホームセンター ・理髪店 ・ネットカフェ ・パチンコ店 ・カラオケ店 ・スポーツジム ・居酒屋 ・スナックやバーやラウンジ ・イベントホール ・ライブハウス ・ゴルフ練習場 ・ゴルフ場 ・学習塾 などが対象の店舗や業種として、検討されているようです。 となるとやはり京都でも、対象となる店舗や業種などは、ほぼ同じになるのではないでしょうか。 期間も他の都市と同じとなることが予想できるので、5月6日(水)のゴールデンウィークの最終日まで休業要請の対象期間になってしまうのではないかと思います。 追記 東京都では百貨店やホームセンター、理髪店は対象に含めない方向で調整しているようで居酒屋などでは18時までお酒を提供でき閉店は20時と考えているようです。 ネットの反応 ネット上でも京都の緊急事態宣言について様々な意見が飛び交っています。 やはり京都でも緊急事態宣言と同じ対応をしているようですね。 大勢の感染者を生みかねないパチンコ店、それはカラオケ、ライブバーの比ではない。 感染者も日々増加してるし、ここは愛知に続いて京都府知事も、政府に京都府を緊急事態宣言地域に追加申請してはどうだろうかと真剣に思います。 100人以上の感染者が出てるのに指定地域になってないのは京都府だけ。 早め早めの対応をお願いしたい。

次の

緊急事態宣言、大阪・京都・兵庫で解除。首都圏も25日解除の可能性

京都 緊急 事態 宣言

政府は21日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を継続してきた8都道府県のうち、新規感染者数が大幅に減少している大阪、京都、兵庫の近畿3府県で宣言を解除した。 安倍晋三首相は残る東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道の5都道県の解除の可否を25日にも判断する考えを示し、「25日にも専門家に改めて状況を評価していただき、可能であれば31日の(宣言の)期間を待つことなく解除する」と表明した。 政府は21日、首相官邸で新型コロナウイルス感染症対策本部会合を開き、近畿3府県の宣言解除を決定した。 西村康稔経済再生担当相は21日の記者会見で、宣言を継続した5都道県について、25日にも「基本的対処方針等諮問委員会」(会長=尾身茂・地域医療機能推進機構理事長)を開き、解除を諮る考えを示した。 首相は対策本部会合で、東京など5都道県について「感染の状況や医療提供体制に改善がみられる」と述べつつ、「リスクは残っている」と指摘し、引き続き外出自粛などを求めた。 宣言を解除した近畿3府県については「感染拡大防止策をしっかりと講じ、社会経済活動を段階的に引き上げていただきたい」と述べた。 政府は対策本部会合に先立ち、諮問委員会を開催。 西村氏が近畿3府県の直近1週間の感染状況を踏まえて宣言解除を諮問し、了承を得た。 一方、東京都では21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに11人報告された。 21日までの1週間で人口10万人当たりの感染者数は0・42人となった。 「直近1週間の新規感染者数が人口10万人当たり0・5人程度以下」との緊急事態宣言の解除の目安が示された14日以降、下回るのは初めて。 (産経新聞) PR.

次の