ジャクソン ホール 会議。 世界の市場関係者が注目!年に一度のジャクソンホール会議とは?

2019年ジャクソンホール会議は8月22~24日。FRB議長の講演内容は?

ジャクソン ホール 会議

【個人情報の取り扱いについて】 ご記入いただきます個人情報は、ピムコジャパンリミテッドの個人情報保護に関する取組方針に基づき、適正に管理・利用・保護させていただきます。 利用目的を含む詳細は下記リンクよりご参照ください。 利用目的を含む詳細は下記リンクよりご参照ください。 しかし、同シンポジウムで発表された数編の学術論文や、イングランド銀行のマーク・カーニー総裁による昼食会での講演では、米国や米国以外の中央銀行にとってますます頭痛の種になりつつある、グローバル金融リンケージに関する深い洞察がみられました。 ブログの短い投稿だけではこれらの洞察のすべてを十分に説明することはできませんが、重要と考えられるポイントを以下に述べます。 まず、歴史を振り返ると、カリフォルニア大学バークレー校の経済学者バリー・アイケングリーン氏による、1992年出版の名著「Golden Fetters: The Gold Standard and the Great Depression , 1919—1939」に集大成された研究のおかげで、第一次世界大戦後に復活した国際金本位制が参加各国の国内金融政策の足かせとなり、1920年代後半、米国の不安定要因が米国以外の地域に波及し、1930年代の大恐慌につながる背景となった経緯は広く知られています。 「Global fetters(世界の足かせ)」が「Golden fetters(金の足かせ)」に取って代わる 当然ながら、不換通貨と変動為替相場から成る今日の国際金融システムにおいては、そのような ルールに基づく金融政策の足かせは存在しません。 したがって理論的には、各国の中央銀行は自国経済を安定させるべく、相互に独立して国内金融政策を実施することができます。 しかし実際には、今日の中央銀行はそれ以外の制約に直面することが多くなっています。 つまり、金融政策を著しく制約するファンダメンタルズ上の「世界の足かせ」が、両大戦間期の制度としての「金の足かせ」に取って代わっているのです。 「世界の足かせ」は「金の足かせ」とは異なり、大恐慌を引き起こす可能性は低いものの、特にFRBが「世界の足かせ」を十分かつ速やかに考慮に入れない場合、世界経済と米国経済両方のさらなる重石となる可能性があります。 ジャクソンホール会議で発表された数編の論文や、マーク・カーニー氏の講演(これらはすべてからアクセスできます)では、米国の金利サイクルやドルのサイクルが米国以外の地域に及ぼす経済面や金融面の波及効果について述べられています。 米ドルが今なお、世界の貿易、証券発行および保有、外貨準備において支配的通貨であることから、それらの波及効果は、世界GDPに占める米国経済の(低下しつつある)割合が示唆するものよりはるかに大きくなっています。 ここで特別な意味を持つ数値は3分の2です。 具体的には、世界の証券発行高や外貨準備高の3分の2は米ドルで、新興国(EM)の対外債務も3分の2はドル建てであり、世界のGDPの3分の2を占める国々の準備通貨もドルとなっています(マーク・カーニー総裁の講演内容をご参照ください)。 つまり、世界の金融サイクルは、実際には米国金利と米ドルのサイクルだと言えます。 昨年の動きはその典型でした。 米国の金利上昇とドル高に伴う制約が、ドル建て債務が大部分を占める国を中心に多くのEM経済に深刻なダメージを与え、貿易戦争の拡大と相まって、世界貿易やいまだ機能している製造サイクルの急減速を招いたのです。 米国の政策が米国以外の地域に及ぼす 波及効果が、明らかに米国経済への 逆波及効果を醸成し、その兆しが輸出、企業投資、企業収益、製造業生産、(今週発表されたベンチマークの大幅改定後の)雇用統計といった米国の経済指標に表れつつあります。 すなわち、動きが緩やかで、概して低下しつつある世界や自国の自然利子率であり、それらの国は過去20~30年間で同調性を高めています。 そして、論文のタイトルを引用すれば、中央銀行は今やそうした世界的な動きの「Riders on the Storm 嵐のライダー 」であると説明しています。 米国内に注目する経済評論家が理解に苦しんでいるのに対し、これらの世界的な要因を考慮すれば、失業率が過去50年間の最低水準にあってもなおも顕在化しないインフレ圧力や、(長期金利が世界的な低金利やマイナス金利の影響を多大に受けている関係で)現在見られる逆イールドは、はるかに理解しやすいと言えます。 念のために言えば、これはFRBの批判ではありません。 貿易戦争で最近見受けられる動きに遅れずについていくのは、誰にとっても極めて困難であり、そうした動きが及ぼしうる影響やその適切な政策対応について、米連邦公開市場委員会(FOMC)のような委員会がコンセンサスを醸成するのには時間が必要です。 経済や市場を動かすさらに詳しい洞察については、最近発行したPIMCO長期経済見通し「」をご参照ください。 はPIMCOのグローバル経済アドバイザーであり、 の定期的寄稿者です。 PIMCOは、アリアンツ・アセット・マネジメント・オブ・アメリカ・エル・ピーの米国およびその他の国における商標です。 THE NEW NEUTRALは、パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーの米国およびその他の国における商標です。 当ウェブサイトに掲載の全ての情報の著作権はPIMCOに帰属します。 掲載情報・資料等の一部、もしくは全部を書面による許可なくして転載、複製することを禁じます。 ピムコジャパンリミテッド 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第382号 加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会.

次の

ジャクソンホール会議(会合)って何?どこで誰が話し合うの?

ジャクソン ホール 会議

ジャクソンホールの位置 ジャクソンホール Jackson Hole は、北西部に位置する谷。 また、谷に位置する唯一の都市であるジャクソン市を指してジャクソンホールと呼ぶこともある。 地名に Hole(穴)とあるが、これはこの谷の北側と東側の山が余りに高く、斜面が急であることから、初期のわな猟師たちが穴に入ったかのように感じたことからついたものであり、に見られるドリーネのような穴があいているわけではない。 ジャクソンホールは近隣のや谷の西半分を占めるへの玄関口となっている。 また全米屈指のとしても知られている。 そのため、ジャクソンホールはワイオミング州のみならず、全米でも有数の観光地となっている。 ジャクソン市はそれらの観光地への拠点、および一帯の文化の中心地である。 ワイオミング州におけるティトン郡の位置 ジャクソンホールはワイオミング州北西部、ティトン郡 に位置している。 谷の西半分をが占めている。 谷の北側にはジャクソン湖 がある。 谷の南端には一帯で唯一の正式な都市であるジャクソン市が位置している。 谷の平均標高は2,000mに近い。 ジャクソンホールは年間降水量約300-400mmと乾燥しており、標高が高く、周囲を急斜面の山々に囲まれているため、冬になるとしばしばによって急激に冷え込む。 には、この放射冷却によって気温が著しく下がり、氷点下53度を記録した。 ジャクソンホールはワイオミング州の最低気温が記録された地でもある。 、谷にあるモラン(Moran)の村において氷点下54. 4度が記録された。 ジャクソンホールに位置する正式な都市・町村はジャクソン市のみである。 ジャクソン市のほかにもいくつかの村が存在するが、それらは所属未定地という扱いになっている。 ジャクソン市の人口は8,647人(の)。 ティトン郡の郡庁所在地であり、ジャクソンホールの観光・文化の中心でもある。 ジャクソン市はにもまたがる小都市圏を形成している。 ジャクソン市は (43. 475403, -110. 769186)に位置する。 ジャクソン市の標高は1,900mである。 によると、ジャクソン市の総面積は7. 市全域が陸地であり、水域はない。 観光と文化 [ ] グランドティトンのアカシカ ジャクソンホールはワイオミング州のみならず、全米でも有数の観光地である。 やには1年を通してが押し寄せる。 冬になるとの群れが牧草を食べるためにこの谷に降りてくる。 この時期には観光客はアカシカの引くを楽しむことができる。 近辺にはアカシカの国立保護区も設定されている。 また、ジャクソンホールはとしても知られており、周辺にはジャクソン・ホール・マウンテン・リゾート()、スノー・キング、グランド・タギー・リゾート()といったスキーエリアが広がっている。 これらのスキーリゾートにおけるに加え、スキニー・スキーズでは、を楽しむこともできる。 毎年が主催する経済政策シンポジウム(通称「ジャクソンホール会議」)が開催される地としても知られ、世界各国から総裁・政治家・学者・評論家らが参加する。 またフォーシーズンズ・ホテルをはじめとする高級リゾートホテルや豪奢な別荘、観光客向けのレストランや土産物店なども多い。 これらの観光地への拠点となるのはジャクソン市である。 ジャクソン市はまた、この一帯の文化の中心でもある。 のにはオールド・ウェスト・デイズというイベントが開かれ、地元住民や観光客、さらには近隣に住むネイティブ・アメリカンも参加してダンスやパレードを楽しむ。 夏にはグランドティトン音楽祭が、9月中旬にはジャクソンホール秋の芸術祭がそれぞれ開かれる。 ジャクソンホール・ライターズ・カンファレンスもジャクソン市で開かれる。 から現代に至るまでの野生生物を題材とした作品を展示する国立野生生物美術館や、ジャクソンホール一帯の人類史・自然史を紹介するジャクソンホール博物館が立地するのもジャクソン市である。 交通 [ ] 航空 [ ] ジャクソンホールの玄関口となる空港はジャクソンホール空港(、: JAC)である。 全米有数の観光地だけあって、、、、、、などからのやなどの各社のからの便があり、人口規模の割にはアクセスに至便である。 バス [ ] の駅やのバスターミナルはないが、ジャクソンホール・エクスプレスのバスがジャクソンホールとを1日1往復運行されている。 バスは途中に停車する。 地域内の交通としては、南ティトン地域高速交通 START のがジャクソン市やジャクソンホール一帯、さらには隣接するスターバレーをカバーしている。 その他 [ ] の乗り入れはない。 またの出入り口もない。 人口動勢 ジャクソン市 [ ] 以下はのにおけるジャクソン市の人口統計データである。 基礎データ• 人口: 8,647人• 世帯数: 3,631世帯• 家族数: 1,670家族• : 1,171. 住居数: 3,861軒• 住居密度: 523. : 89. : 0. : 0. : 0. 太平洋諸島系: 0. その他の人種: 7. 混血: 1. ・: 11. 18歳未満: 18. 18-24歳: 13. 25-44歳: 43. 45-64歳: 18. 65歳以上: 5. 年齢の中央値: 31歳• 性比(女性100人あたり男性の人口)• 総人口: 117. 18歳以上: 118. 4 世帯と家族(対世帯数)• 18歳未満の子供がいる: 23. 結婚・同居している夫婦: 34. 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 7. 非家族世帯: 54. 単身世帯: 29. 65歳以上の老人1人暮らし: 4. 平均構成人数• 世帯: 2. 35人• 家族: 2. 97人 収入と家計• 収入の中央値• 世帯: 47,757• 家族: 53,915米ドル• 男性: 31,152米ドル• 女性: 24,307米ドル• 人口1人あたり収入: 25,004米ドル• 対人口: 6. 対家族数: 2. 18歳未満: 7. 65歳以上: 8. - ジャクソンホールに関する観光・コミュニティガイド•

次の

今週末はジャクソンホール会議が開催

ジャクソン ホール 会議

世界の市場関係者が注目!年に一度のジャクソンホール会議とは? 執筆者:株式会社ZUU 2017年9月14日 毎年8月下旬に世界各国から中央銀行総裁や政治家、経済学者などの専門家が集まる会議あります。 それは「ジャクソンホール会議」と呼ばれる世界経済シンポジウムで、2017年も8月24日から26日までの3日間に開催されました。 この会議では金融・経済政策について講演・討議を行います。 各国首脳の現状認識や、今後の政策について率直な意見が交わされることも多く、世界の市場関係者が大いに注目する行事なのです。 中央銀行の役割とは? ジャクソンホール会議には各国の中央銀行総裁が参加しますが、そもそも中央銀行はどのような役割を担っているのかご存じでしょうか。 中央銀行は、一国の金融市場の中核となる存在です。 簡単にいうと、銀行の銀行であり、政府の銀行という役割も持っています。 日本の場合は日本銀行(以下日銀)がその役割を担っていて、国の経済が安定的に成長するよう様々な側面から支援しています。 お金の発行や金融政策を通じて物価安定に努めたり、国の資金を預かって政府資金も管理しています。 世界中の注目を集める中央銀行として有名なのは、アメリカの連邦準備制度理事会(以下FRB)とEUの欧州中央銀行(ECB)です。 FRBは12名のメンバーで構成されており、7人の理事と地区ごとの連邦準備銀行の総裁がいます。 FRBは他国と同様に物価の安定だけではなく、雇用の最大化も目標としています。 FRBの役割は、金融政策の決定、市中準備銀行に対する支払準備率の設定、公定歩合の審査・決定、そして地区の連邦準備銀行の監督や統括が挙げられます。 FRBの発言内容は、世界中から注目されています。 なぜなら、発言内容で世界中の株価や為替、債券単価等が動くため、貿易等にも影響が出るからです。 一方ECBはECB総裁、副総裁、4人の理事、そしてユーロ圏内の中央銀行の総裁で理事会を運営しています。 ユーロ圏内の物価の安定を目標としており、主な役割としてはユーロ圏内の金融政策の策定やその実施、為替操作、外貨準備の管理、決済制度の運営等だけではなく。 ユーロ加盟国の各中央銀行を管理しています。 ECBは成功する見通しがあれば為替介入するものの、日銀よりも為替介入には慎重だと言われています。 インフレに対して敏感で、日銀よりも対応が早いと言われているため、ECBの発言を見たり聞いたりする時は、今お伝えした内容をポイントにするのも良いかもしれません。 ジャクソンホール会議がなぜ注目されているのか? ジャクソンホール会議は各国の中央銀行総裁を始めとする有識者が約150名集まる会議ですが、実は話し合いの内容は公開されていません。 しかし、この会議ではFRB議長などが会見を行う場面があり、世界の中央銀行の総裁の考え方や今後の金融政策についての意見を聞くことができると言われています。 2010年の会議のことです。 当時のFRB議長のバーナンキ氏がジャクソンホール会議の中で経済が減速すれば金融緩和を追加で行う旨の発言を行いました。 その発言を受け、マーケットが反応して80円台後半から前半まで5円ほど円高が進んでいます。 それだけではありません。 バーナンキ氏の発言を受け、当時の日銀総裁の白川氏は当初の予定より帰国を早め、臨時で金融政策決定会合を開催し、追加緩和を決定しました。 記者会見では「私にとってジャクソンホール会議は非常に重要な会議であり、意見交換をすることは大事だ。 」と話していたほどです。 これ以降、ジャクソンホール会議は今後の金融政策について各国の中央銀行総裁が言及する場だと市場関係者から言われることが増えました。 2014年にはECBのドラキ総裁が金融緩和政策を示唆する発言が行われ、翌月のECB理事会で金融緩和政策を打ち出しています。 また、2016年の会議ではイエレンFRB議長が利上げについて言及し、4ヶ月後に1年ぶりに利上げが行われました。 また、その発言を受けて、為替が100円台から101. 90円と2円近く上がり、円安ドル高に反応していました。 2017年のジャクソンホール会議はどうだったのか? 2017年のジャクソンホール会議では、イエレンFRB議長とECBのドラキ総裁の発言に注目が集まっていました。 イエレンFRB議長からは利上げについて、3年ぶりの参加になるECBのドラキ総裁からは量的緩和の終了時期への示唆があるのではないかと言われてました。 そのような話が出れば、為替も動くと予想していた人も多かったようです。 しかし、イエレン議長からは、市場参加者が期待するような具体的発言はありませんでした。 同氏はこれまで米当局が行ってきた制度改革が金融システムの安定化に大きく寄与していると自国の規制改革を説明しましたが、今後の金融政策について言質を取られるような発言は避けました。 一方のECBドラギ総裁も、「緩和策は今後も十分に続け、市場からの債券購入はいずれ終わる」と従来の方針を繰り返すに留まり、それ以上踏み込んだ話はなく、為替も大きく動くこともありませんでした。 このように毎年開かれているジャクソンホール会議は、発言内容によっては為替や株価が動くこともあります。 2017年の会議では大きな発言もなく、為替は動きませんでしたが、2018年のジャクソンホール会議に向けて為替の動きを研究し、2018年の会議終了後には円高円安のどちらに進むか予想してみても良いかもしれませんね。

次の