初盆 やること。 初盆のスケジュールはハード!?やること準備と進め方、過ごし方

初盆・新盆ではいつ何をしたらいい?故人が初盆を迎える時期と親族のスケジュール

初盆 やること

初盆・新盆を家族だけで行う 四十九日が明けて、亡くなった人が初めて迎えるお盆が、 新盆 初盆 です。 普通のお盆とは違って、親戚やお坊さんを自宅に呼ぶという、少し大がかりな行事。 親戚が高齢で来るのが難しいケースや、金銭的・時間的に余裕がないケースなど、「新盆 初盆 を簡単に済ませたい」と思っている方は多いのではないでしょうか? いろいろと悩んでしまうとは思いますが、安心してください! 初盆・新盆を家族だけで簡単に行っても、大丈夫! 家族だけでもOK!とは言いつつも、親戚付き合いもありますし、連絡しないのはマナー違反。 親戚を呼ばない場合は、事前に連絡を入れておきましょう。 また、昔からの伝統を重んじる家もあります。 心配ならば、親戚に確認してみてください。 ちなみに、新盆 初盆 に決まりはないと言っても、さすがに何もしないのはNG! 家族で法要を行って、亡くなった人をお迎えしてあげてくださいね。 スポンサーリンク 初盆・新盆でやること 特に初めて新盆 初盆 の法要を取り仕切る方は、何をするかもわからないかもしれません。 親戚を呼ばずに家族だけで行う場合でも、最低限の慣習に則って行いたいですね。 そこで、初盆・新盆でやることを解説していきます。 お盆の時期 まず、お盆の時期からです。 お坊さんの手配 一番大事なのが、 僧侶の予約です。 お盆は、お坊さんが一年で一番忙しい時期。 最低でも1ヶ月前には、予約を押さえておかなければなりません。 初盆・新盆ですから、お盆の期間中に法要をしたいですね。 白提灯・精霊棚・お供え物の用意 法要を行う日までに、白提灯・精霊棚・お供え物の準備をします。 ネットで買う場合には、お届け日数も要確認。 お盆に間に合うように手配する必要があります。 白提灯は、亡くなった人の霊が家に帰ってくるときの目印。 玄関や縁側の軒先に飾ります。 精霊棚は、亡くなった人の霊がお盆の期間に一緒に過ごす場所。 精霊棚に飾るものは、たくさんあります。 例えば、ハス、まこも、おがら、精霊馬、初盆提灯、盆提灯…などなど。 用意する時間がなければ、全てそろっている精霊棚セットを買ってしまうのも良いと思います。 お供え物は、食べ物やお花です。 季節の果物やお菓子、亡くなった方の好物を用意しましょう。 暑い季節なので、日持ちのするものを選ぶのがオススメ。 服装について 家族だけで簡単に済ませる場合でも、ジーパンにTシャツではマナー違反。 フォーマルな喪服や礼服がなければ、黒などの地味な色の平服でも問題ありません。 家族だけで簡単に新盆 初盆 を行う場合でも、やはり準備することはたくさんありますね。 ドタバタしないように余裕を持って、スケジュールを組みましょう! まとめ 事情があって、家族だけで簡単に新盆 初盆 を済ませなければいけないこともありますよね。 親戚を呼ばなくても、新盆 初盆 は迎えられますので安心してください。 ご家族が笑顔で亡くなった人の霊を迎えることができるのが一番良いことです。 ぜひ、穏やかな気持ちで新盆 初盆 に臨めるといいですね。

次の

故人が亡くなって初めてのお盆。「新盆」にやることは?

初盆 やること

スポンサードリンク 初盆は誰を招く?どこまで呼べばいい?決まりは? 初盆で誰を招かなければいけないというような 決まりは特にありません。 宗派や宗教の違いから招いてはいけないということの決まりもありません。 (ただし相手が宗派が違う、宗教が違うからと遠慮されることはあります。 ) 一般的に多いのが親族や故人が生前に親しかった人を招待してお坊さんを呼びお経をあげてもらいます。 その後に会食と言う流れが多いです。 誰を招待すればいいかわからない場合は家長や親戚の年配の方に意見を聞いておくと家同士のトラブルも少なくて済みますよ。 聞く相手もいないし家長は自分という場合は全員を招くようにするのもアリ 電話で確認して参加されるか欠席かの確認をしたあとに食事などの準備をすればスムーズです。 初盆での過ごし方、やることは?必要な物は何かある? 初盆でお坊さんを招いてお経をあげて貰う場合は 一番最初に決めて置かなけれいけないのはお坊さんに何日の何時に来てもらえるか?ということの確認です。 お盆の時期はお寺さんによっては大忙し、お坊さんも檀家さんに招かれてお経をあげに行くことも多いので初盆の日を決めた後にお坊さんに確認をすると予定の調整がつかないこともあります。 お墓の前でお経をあげてもらう場合も同じく確認しておいたほうが良いでしょう。 お経をあげてもらうとお坊さんにお布施をお渡しすることになるのですがお布施はお気持ちで・・・という場合が多いです。 仏壇がある場合はお盆までに仏壇や仏具を掃除して清めておきます。 そしてお盆の時期に入ると位牌を置き、お供えをする棚、「精霊棚」(しょうりょうだな)を作り準備をします。 精霊棚の飾り方や作り方、盆灯籠や故人のお迎えの仕方は地域や家のしきたりによって変わってくるので確認しておくのがベストです。 ちょっとよくわからない・・・という場合はお寺さんに聞くとすぐに教えてくれるので大丈夫ですよ。 お盆を迎えたらお供えするものは故人の好物や招いた方に頂いたお供物、お花や季節の野菜や果物を飾ります。 飾る時に注意したいのは故人がすぐに食べれるように食べ物を小皿に盛ったり、箱に入っている場合は箱から開けて中身を取り出せるようにしておくのがマナーです。 初盆でのお返しはどんな品物が良い? 初盆に招いた方からお供物代としてお金を頂いた場合は 基本的にお返しはしないで大丈夫です。 なぜならすでに会食など招いているということをしていからというのが理由です。 逆にお供物代を頂いて欠席されている方がいる場合はお返しをします。 お返しする相場の金額は頂いたお金の半分ぐらい 品物はクッキーなどのお菓子や洗剤、調味料などの消えるものを選ぶのが一般的 夏の暑い時期ならそうめんや蕎麦などを選ぶ方もいます。 お返しをする場合はのしに「御初盆志」や「御新盆志」、「初盆供養」などを記入して喪主の名前か家名を書いてお渡しします。 まとめ お坊さんに直接聞いたことがあるのですが 「お盆は故人が帰ってくる大切な日ですが、本来は元気な姿を故人に見せて安心させるという意味が強いと思うのです。 しきたりも大切ですが故人を喜ばせてあげるのが1番ですよ。 」 とお坊さんに言われたことがあります。 何をやっていいのか迷った時はしきたりも大切なのですが故人のことを再優先に考えて選んでも良いかもしれませんね。

次の

新盆・初盆の準備と過ごし方 [通夜・葬式・火葬の手順] All About

初盆 やること

スポンサードリンク 初盆は誰を招く?どこまで呼べばいい?決まりは? 初盆で誰を招かなければいけないというような 決まりは特にありません。 宗派や宗教の違いから招いてはいけないということの決まりもありません。 (ただし相手が宗派が違う、宗教が違うからと遠慮されることはあります。 ) 一般的に多いのが親族や故人が生前に親しかった人を招待してお坊さんを呼びお経をあげてもらいます。 その後に会食と言う流れが多いです。 誰を招待すればいいかわからない場合は家長や親戚の年配の方に意見を聞いておくと家同士のトラブルも少なくて済みますよ。 聞く相手もいないし家長は自分という場合は全員を招くようにするのもアリ 電話で確認して参加されるか欠席かの確認をしたあとに食事などの準備をすればスムーズです。 初盆での過ごし方、やることは?必要な物は何かある? 初盆でお坊さんを招いてお経をあげて貰う場合は 一番最初に決めて置かなけれいけないのはお坊さんに何日の何時に来てもらえるか?ということの確認です。 お盆の時期はお寺さんによっては大忙し、お坊さんも檀家さんに招かれてお経をあげに行くことも多いので初盆の日を決めた後にお坊さんに確認をすると予定の調整がつかないこともあります。 お墓の前でお経をあげてもらう場合も同じく確認しておいたほうが良いでしょう。 お経をあげてもらうとお坊さんにお布施をお渡しすることになるのですがお布施はお気持ちで・・・という場合が多いです。 仏壇がある場合はお盆までに仏壇や仏具を掃除して清めておきます。 そしてお盆の時期に入ると位牌を置き、お供えをする棚、「精霊棚」(しょうりょうだな)を作り準備をします。 精霊棚の飾り方や作り方、盆灯籠や故人のお迎えの仕方は地域や家のしきたりによって変わってくるので確認しておくのがベストです。 ちょっとよくわからない・・・という場合はお寺さんに聞くとすぐに教えてくれるので大丈夫ですよ。 お盆を迎えたらお供えするものは故人の好物や招いた方に頂いたお供物、お花や季節の野菜や果物を飾ります。 飾る時に注意したいのは故人がすぐに食べれるように食べ物を小皿に盛ったり、箱に入っている場合は箱から開けて中身を取り出せるようにしておくのがマナーです。 初盆でのお返しはどんな品物が良い? 初盆に招いた方からお供物代としてお金を頂いた場合は 基本的にお返しはしないで大丈夫です。 なぜならすでに会食など招いているということをしていからというのが理由です。 逆にお供物代を頂いて欠席されている方がいる場合はお返しをします。 お返しする相場の金額は頂いたお金の半分ぐらい 品物はクッキーなどのお菓子や洗剤、調味料などの消えるものを選ぶのが一般的 夏の暑い時期ならそうめんや蕎麦などを選ぶ方もいます。 お返しをする場合はのしに「御初盆志」や「御新盆志」、「初盆供養」などを記入して喪主の名前か家名を書いてお渡しします。 まとめ お坊さんに直接聞いたことがあるのですが 「お盆は故人が帰ってくる大切な日ですが、本来は元気な姿を故人に見せて安心させるという意味が強いと思うのです。 しきたりも大切ですが故人を喜ばせてあげるのが1番ですよ。 」 とお坊さんに言われたことがあります。 何をやっていいのか迷った時はしきたりも大切なのですが故人のことを再優先に考えて選んでも良いかもしれませんね。

次の