草刈 機 ナイロン カッター。 工具男子新聞 ナイロンカッターのおすすめランキングTOP5をご紹介!最強のナイロンコードも

ナイロンカッターの草刈機ってどうなの?

草刈 機 ナイロン カッター

ナイロンカッター・ナイロンコードとは まずはナイロンカッター、ナイロンコードとはどのようなものか、ご説明します。 ナイロンカッターとは ナイロンカッターとは、下図のような 刈払機の刃の部分につける、ナイロンコード製の刈刃のことをいいます。 これまでは、刈払機には金属製の刈刃(チップソー)が多く使われていました。 しかし金属製の刈刃は、刃物が高出力で回転しているわけですから、大変危険です。 実際に 農業機械での事故割合は、刈払機がトップとなっています。 ナイロンカッターは、刃物ではなく、 ナイロンコードが回転することが特徴です。 金属製の刈刃よりも 安全性が高いため、ナイロンカッターの使用を消費者庁やJAグループなどでも推奨しています。 またナイロンカッターは、金属製の刈刃のように 研磨する必要がありません。 このようにメリットが多いため、近年、 ナイロンカッターの普及が急速に進んでいるんです。 ナイロンコードとは ナイロンコードとは、 ナイロンカッターの刈刃となる部品のことをいいます。 刈刃といっても、刃物ではなく、 ナイロン製のヒモです。 このナイロンコードを高速で回転させることで、草刈りを行うのです。 また、ナイロンコードの形状には種類があり、 次のような特徴があります。 刈払を行う場所や草の種類、量に応じて、使用するコードを決めていきましょう。 丸型:断面が丸型のコード。 安全性が高いが、他の形状より切れ味は落ちる• 四角型:断面が四角型のコード。 丸型よりも切れ味が良いが、風切り音が大きい• スパイラル型:コードをねじってらせん状にしているコード。 静音性が高く、切れ味も良い• 鋸刃型:特殊加工でノコギリのようなギザギザを持たせたコード。 耐久性が高く、切れ味も良い 【ナイロンカッターおすすめランキング 第5位 】エムエム プロ仕様ナイロンコード式 草刈機用オートカッター ここからは、 おすすめするナイロンカッターのランキングTOP5をご紹介していきます。 まずランキング第5位は、 エムエムの『プロ仕様ナイロンコード式 草刈機用オートカッター』です。 エムエム プロ仕様ナイロンコード式 草刈機用オートカッター エムエムの『プロ仕様ナイロンコード式 草刈機用オートカッター』は、回転中に地面をたたくとコードが出る 半自動繰り出し式。 刈払作業をストップせずにナイロンコードを繰り出せるため、作業効率の向上につながります。 また、底のたたく部分に金属を埋め込んだことで、 摩耗に強いことも特徴。 取付けの穴径は25. 4mmで、各社の刈払機に取付できます。 【ナイロンカッターおすすめランキング 第4位】ゼノア 軽量ナイロンカッター オートカッタD ナイロンカッターおすすめランキング第4位は、 ゼノアの『軽量ナイロンカッター オートカッタD』です。 ゼノア 軽量ナイロンカッター オートカッタD 造園・建設機器の世界的なメーカーであるハスクバーナ。 そのグループ会社であるハスクバーナ・ゼノア株式会社の製品が『軽量ナイロンカッター オートカッタD』です。 本体を回転させたままでも、底のボタンを叩くように押さえることで コードの繰り出しが簡単に行なえる半自動繰り出し式(タップ式)。 内蔵のナイロンコードは角ツイストですので、切れ味は抜群です。 SGCを除く、 ゼノア刈払機全機種に対応しています。 【ナイロンカッターおすすめランキング 第2位】高儀 草刈用ナイロンコードカッターJ-C フルオートコンパクト ナイロンカッターおすすめランキングの第2位は、 高儀の『草刈用ナイロンコードカッターJ-C フルオートコンパクト』です。 高儀 草刈用ナイロンコードカッターJ-C フルオートコンパクト 高儀の『草刈用ナイロンコードカッターJ-C フルオートコンパクト』は、短くなるとコードが 自動で出てくる自動繰り出し式(フルオート)です。 また本体が 250gと軽量で小型ですので、作業の負担になることもありません。 底面に摩擦防止の鉄板を装着したことで、 耐久性も向上しました。 付属コードを装着すれば、ナイロンコードを5m巻いておけるため、コードを気にせず長時間の刈払作業が行なえます。 【ナイロンカッターおすすめランキング 第1位】山善 (YAMAZEN)刈払機用フルオートナイロンカッターGA-01 ナイロンカッターのおすすめランキング第1位は、 山善の『刈払機用フルオートナイロンカッターGA-01』です。 山善 (YAMAZEN)刈払機用フルオートナイロンカッターGA-01 山善の『刈払機用フルオートナイロンカッターGA-01』は、作業中にナイロンコードが短くなると、 遠心力で自動的に繰り出される自動繰り出し式。 そのため、連続作業に適しています。 また 本体が250gと小型・軽量設計のため、20ccのエンジン式刈払機に使用可能です。 エンジンの性能にあわせてコードの長さが自動的に調節されるため、 最適な長さで快適に作業が行なえます。 内蔵コードは、高音域の風切り音を大幅にカットした 静音コードで、日本製原材料を使用した 耐久性が高いものとなっています。 ナイロンカッター専用刈払機とは ここでは、ナイロンカッター専用刈払機についてご説明します。 ナイロンカッター専用刈払機とは ナイロンカッター専用刈払機とは、 ナイロンカッターを刈刃として専用に使用する刈払機のことです。 多くの刈払機は、金属製の刈刃の使用を前提に設計・製造されています。 そこにナイロンカッターを取り付けるのですが、金属製刈刃とナイロンカッターでは草の切れ味が異なるため、 動力に負担がかかる場合も。 適正なナイロンカッターとコードの種類、長さなどを選んでいないと、 エンジンが破損してしまうこともあるのです。 しかしナイロンカッター専用刈払機は、 ナイロンカッターでの刈払に適した設計・製造をされています。 そのため、動力に無理な負担がかかることはありません。 またなかには、金属製刈刃を取り付けられる機種もあります。 まだ刈払機を持っていない方で、ナイロンカッターを使いたいという方には、ナイロンカッター専用刈払機の購入をおすすめします。 おすすめナイロンカッター専用刈払機 共立(KIORITZ)SRE2720UT-N2 ナイロンカッター専用刈払機でおすすめするのは、 共立の『SRE2720UT-N2』です。 『SRE2720UT-N2』は、 ナイロンコードでの刈払に適した減速ギヤ比を採用。 そのため、エンジンへの負担が減り、作業がもたつくこともなくなりました。 またこの「ハイトルクギアケース」は従来機よりも軽くなっており、 作業中の疲労感が軽減します。 また別売りの「飛散防止カバーキット」を使えば、金属製の刈刃を装着することも可能。 硬い茎が多い場合などは金属製刈刃が有利ですので、場所によってナイロンカッターと使い分けるといいですね。 ナイロンカッターの形状と仕組み ナイロンカッターには、ナイロンコードの取り付け方の違いでいくつかの形状があります。 ここでは、 ナイロンカッターの形状と仕組みについてご説明していきます。 手動式ナイロンカッター 手動式・自動式・半自動式の3つのナイロンカッターは、あらかじめナイロンカッター内部のボビンに、ナイロンコードを充分な長さで巻いておくため 「リール型」と呼ばれます。 そして手動式ナイロンカッターは、ナイロンコードを 手動で繰り出すタイプのリール型ナイロンカッターです。 刈払でコードが短くなったら、刈払機を止め、手動でコードを繰り出します。 都度、作業が止まるため 手間はかかりますが、構造が単純ですので、 故障が少ないというメリットもあります。 また価格も安いため、初めてナイロンカッターを使う方にはおすすめの形状です。 自動式ナイロンカッター 自動式ナイロンカッターは、刈払中にナイロンコードが短くなると、 回転したまま自動でコードが繰り出されるリール型ナイロンカッターです。 作業を中断する必要がないため、 連続した作業に適しています。 ただし、 構造が複雑なため、故障する割合が高いというデメリットも。 またナイロンカッター自体が 重く、かさばるタイプが多いです。 半自動式ナイロンカッター 半自動式ナイロンカッターは、底面にスイッチが付いており、 作業中に底面を地面に押し付けることでコードが繰り出されるリール型ナイロンカッターです。 「タップ式」とも呼ばれます。 やはり作業を止めることなくコード繰り出しができるため、連続した作業に適しています。 ただし、自動式と同様で構造が複雑なため、手動式よりも故障する可能性が高いといえます。 また底面は刈払時によく地面にすれるため、 スイッチが摩耗で傷んでしまうことも起こります。 差し込み式ナイロンカッター 上記の3タイプは、あらかじめカッター内部にコードを巻き付ける「リール型」でしたが、差し込み式は 適当な長さに切られたコードを差し込んで使用するナイロンカッターです。 リール型よりも構造が単純ですので、 本体が薄く、軽く、故障することはほとんどありません。 ただし、作業中にコードが短くなったら、 作業を止めて、コードを取付けなくてはならないというデメリットがあります。 また 差し込み式専用のナイロンコードを購入する必要があり、リール型ほどコードのバリエーションがありません。 リール型ナイロンカッターでのナイロンコードの巻き方 リール型のナイロンカッターでの、 ナイロンコードの巻き方をご紹介します。 ただし、機種によって取り付け方法は変わってきますので、ナイロンコード交換の際は、 必ず取扱説明書で確認したうえで行って下さい。 刈払機を停止させる• ボビン(コードを巻き付ける部分)に残った不要なコードを取り除く• 新しいコードを用意し、4m(機種で異なる)の長さに切る• コードを真ん中で折り曲げる• コードの折り曲げた箇所を、ボビンの指定された箇所にひっかける• 必ず 指定された方向に、 きつく、 平らにナイロンコードを巻いていく• ナイロンコードが10cmほど残ったところで、コードホルダに仮止めする• ナイロンコードとカバーの切り欠きの位置を合わせ、ボビンをカバーにはめる• 仮止めしていたコードを外して、カバーの切りかけにはめ込む ナイロンカッターの飛散防止対策 ナイロンカッターは金属製の刈刃よりも安全性が高いですが、高速回転していますから、飛散物には気をつける必要があります。 ここでは、 ナイロンカッターの飛散物対策をご紹介します。 保護メガネや飛散防止エプロンを装備する ナイロンカッターで 最も注意が必要なのが、飛散物です。 小石でも、高速回転したコードに当たれば立派な凶器になります。 そこで、ナイロンカッターを使用する際には 次のような服装で行うようにしましょう。 原則、肌を露出させません。 夏でも、できるだけ肌を隠した状態で行います。 また、あらかじめ、刈払を行う場所の 空き瓶や金属片などは拾っておきましょう。 自分だけでなく、周囲の人やモノに飛んで当たってしまう可能性もあります。 刈払機に飛散防止カバーを取り付ける【山善 ドデカカバー】 ナイロンカッターの飛散防護用として、カバーを取り付ける方法もあります。 おすすめするのは 山善の『ドデカカバー』です。 ドデカカバーは刈払機に取り付けることで 飛散物をブロックし、作業者の身を守ります。 重さ 200gと軽量ですから、作業の負担にはなりません。 取付けもネジ2本でカンタンに行えます。

次の

草刈り機の使い方ナイロンカッターはどんな時使えばいい

草刈 機 ナイロン カッター

最近では、金属製の刃物(チップソー)のでなくナイロンカッターを使う方が増えてきています。 安全性や刈取り後の仕上がりの良さから好まれています。 ナイロンカッターの種類やナイロンコードの種類もかなり多く増えてきました。 今回はそのナイロンカッターのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。 そもそもナイロンカッターとは? ナイロンカッターとは、草を鋭い金属刃で切断して刈り取るチップソーなどとは違い、細長いナイロン製のコードを高速で回転させてムチのように草に叩きつけ粉砕しながら刈っていく草専用の刈刃のことです。 ナイロン式のメリットは? では実際に金属刃に比べて、ナイロンカッターを使用するとどのようなメリットがあるのでしょうか?いくつかの視点から見ていきましょう。 安全性 ナイロンカッターは鋭利な金属刃と違い切るのではなく草を叩いて粉砕します。 草のように柔らかいものは砕きますが、ある程度の硬さのあるものは砕くことはありません。 つまり、金属刃が人体に当たれば大けがをしますが、ナイロンカッターでなれば万が一人体に接触しても内出血にはなるでしょうが、切断するような大けがにはなりにくいです。 仕上がり 金属刃だと石や土に接触するとどうしても刃こぼれしてしまうので、刈り取るときは地表から少し上を刈ります。 しかし、ナイロンカッターの場合は刃こぼれの心配がないので地表にコードを当てながら刈り取ることが出来ます。 よって仕上がりがとてもきれいに仕上がります。 ナイロン式のデメリットは? 安全で仕上がりもきれいなナイロンカッター。 しかし、そのメリットとは反対に気を付けなければならないこともあります。 では、実際にナイロンカッターはどんなことに注意が必要になるのか見ていきましょう。 危険性 金属刃と違い作業者への危険性は少ないですが、周囲の人や車、建物のガラスなどに注意が必要です。 ナイロンカッターは叩き切る為、小石に接触した場合に周囲に飛散します。 その威力は車のガラスを簡単に割ってしまうくらいです。 タニグチ商会のお客様でも年に数件事故を起こしトラブルになったと聞きます。 もし人や車、建物のガラスなどが周囲にあるときには、防護板を設けて飛散物から守ることが大切です。 作業性 ナイロンカッターは比較的柔らかい草に対してはスムーズに刈ることが出来ますが、ススキなどの硬く密度の高い雑草に対しては苦手です。 当然雑木などは全く切ることが出来ません。 雑草が大きく太くなる前に刈り取ることがポイントになります。 整備性 ナイロンカッターを使うにあたり、金属刃の使用の時よりも特に注意しなければいけないのがメンテナンスです。 メンテナンスを怠ればエンジンやその周辺部品を痛めてしまいます。 要点をいくつかまとめたので、次の項目はしっかりと行ってください。 粉塵によるトラブル ナイロンカッターを使用すると地表に接触しながら刈ることが多いので、現場には砂埃が舞い上がります。 そんな中エンジン式の刈払機は、エンジンのエアクリーナーの目詰まりや、エンジン周辺の汚れによりエンジントラブルに繋がることがあります。 そのため使用後は小まめにエアクリーナーの点検とエンジン回りの清掃をしてください。 クラッチの周辺のトラブル エンジン排気量の小さい(22cc以下)でナイロンカッターを使用したり、ナイロンコードを必要以上に長く伸ばして使用した場合、クラッチやその周辺が故障します。 ナイロンカッターはコード自体の空気抵抗と草を叩いた時の反発によって回転の抵抗が大きくなる為、エンジン回転数が落ち込みやすくなります。 回転数が落ち込むとクラッチの接続が弱くなりクラッチが滑ります。 滑ったことでやがてクラッチやその周辺が高温になり部品の溶解やベアリングの破損に繋がります。 対策としては、エンジン排気量が23cc以上のものを使用してもらい、ナイロンのコードも必要な長さ以上に伸ばさないことが大切です。 また、エンジン回転数が落ち込むような使い方は避けるようにしてください。 評価 使用上の注意点や、小まめなメンテナンスは必要になりますが、正しく使って頂ければトラブルなく安全かつ仕上がりもキレイに草刈りが出来ます! 安全面では特にメリットが期待できます。 金属刃では本当に死傷事故が多いので、是非ともナイロンカッターの使用をおすすめしていきたいと思います。

次の

ナイロンカッターで雑草駆除!ナイロンコードの種類とおすすめは?

草刈 機 ナイロン カッター

最近では、金属製の刃物(チップソー)のでなくナイロンカッターを使う方が増えてきています。 安全性や刈取り後の仕上がりの良さから好まれています。 ナイロンカッターの種類やナイロンコードの種類もかなり多く増えてきました。 今回はそのナイロンカッターのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。 そもそもナイロンカッターとは? ナイロンカッターとは、草を鋭い金属刃で切断して刈り取るチップソーなどとは違い、細長いナイロン製のコードを高速で回転させてムチのように草に叩きつけ粉砕しながら刈っていく草専用の刈刃のことです。 ナイロン式のメリットは? では実際に金属刃に比べて、ナイロンカッターを使用するとどのようなメリットがあるのでしょうか?いくつかの視点から見ていきましょう。 安全性 ナイロンカッターは鋭利な金属刃と違い切るのではなく草を叩いて粉砕します。 草のように柔らかいものは砕きますが、ある程度の硬さのあるものは砕くことはありません。 つまり、金属刃が人体に当たれば大けがをしますが、ナイロンカッターでなれば万が一人体に接触しても内出血にはなるでしょうが、切断するような大けがにはなりにくいです。 仕上がり 金属刃だと石や土に接触するとどうしても刃こぼれしてしまうので、刈り取るときは地表から少し上を刈ります。 しかし、ナイロンカッターの場合は刃こぼれの心配がないので地表にコードを当てながら刈り取ることが出来ます。 よって仕上がりがとてもきれいに仕上がります。 ナイロン式のデメリットは? 安全で仕上がりもきれいなナイロンカッター。 しかし、そのメリットとは反対に気を付けなければならないこともあります。 では、実際にナイロンカッターはどんなことに注意が必要になるのか見ていきましょう。 危険性 金属刃と違い作業者への危険性は少ないですが、周囲の人や車、建物のガラスなどに注意が必要です。 ナイロンカッターは叩き切る為、小石に接触した場合に周囲に飛散します。 その威力は車のガラスを簡単に割ってしまうくらいです。 タニグチ商会のお客様でも年に数件事故を起こしトラブルになったと聞きます。 もし人や車、建物のガラスなどが周囲にあるときには、防護板を設けて飛散物から守ることが大切です。 作業性 ナイロンカッターは比較的柔らかい草に対してはスムーズに刈ることが出来ますが、ススキなどの硬く密度の高い雑草に対しては苦手です。 当然雑木などは全く切ることが出来ません。 雑草が大きく太くなる前に刈り取ることがポイントになります。 整備性 ナイロンカッターを使うにあたり、金属刃の使用の時よりも特に注意しなければいけないのがメンテナンスです。 メンテナンスを怠ればエンジンやその周辺部品を痛めてしまいます。 要点をいくつかまとめたので、次の項目はしっかりと行ってください。 粉塵によるトラブル ナイロンカッターを使用すると地表に接触しながら刈ることが多いので、現場には砂埃が舞い上がります。 そんな中エンジン式の刈払機は、エンジンのエアクリーナーの目詰まりや、エンジン周辺の汚れによりエンジントラブルに繋がることがあります。 そのため使用後は小まめにエアクリーナーの点検とエンジン回りの清掃をしてください。 クラッチの周辺のトラブル エンジン排気量の小さい(22cc以下)でナイロンカッターを使用したり、ナイロンコードを必要以上に長く伸ばして使用した場合、クラッチやその周辺が故障します。 ナイロンカッターはコード自体の空気抵抗と草を叩いた時の反発によって回転の抵抗が大きくなる為、エンジン回転数が落ち込みやすくなります。 回転数が落ち込むとクラッチの接続が弱くなりクラッチが滑ります。 滑ったことでやがてクラッチやその周辺が高温になり部品の溶解やベアリングの破損に繋がります。 対策としては、エンジン排気量が23cc以上のものを使用してもらい、ナイロンのコードも必要な長さ以上に伸ばさないことが大切です。 また、エンジン回転数が落ち込むような使い方は避けるようにしてください。 評価 使用上の注意点や、小まめなメンテナンスは必要になりますが、正しく使って頂ければトラブルなく安全かつ仕上がりもキレイに草刈りが出来ます! 安全面では特にメリットが期待できます。 金属刃では本当に死傷事故が多いので、是非ともナイロンカッターの使用をおすすめしていきたいと思います。

次の