エーミール 初 登場 日。 話題の配信者マンガ『異世界の主役は我々だ!』&『ヘルドクターくられの科学はすべてを解決する!!』コミックス最新刊2冊同時発売記念の大型ポスターが池袋で期間限定掲出! |株式会社KADOKAWAのプレスリリース

「コレ、子どもの教科書に載せてもいいの!?」トラウマレベルの国語物語5選|スタディサプリ中学講座

エーミール 初 登場 日

6月も中旬になり、しとしと雨が心にどことなく憂鬱さを生む今日この頃、 皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか? 沖縄が一足早い梅雨明けをしたそうですが、そのほかのところはこれからが本番です。 今年は沖縄は 11日早い梅雨明けになったということで、 そのほかの地域でもどうなるかが気になります。 長雨だと野菜物が高くなるし、梅雨があまりないと水不足になってそれはそれで大変ですし… またウイルス対応も、社会は徐々に対策を打ちつつ、 可能な限り元通りの生活へ戻ろうとしています。 来週には府県をまたぐ移動の自粛要請も解除になる見込みとのことで、 個人的にも感染拡大防止は念頭に置きつつも、いろいろとお出かけしてみたいです。 そういえば、前にショッピ君がツイッターで言ってたツーリングマップルを買いました。 これはライダー向けの地図で、景観のいいスポットや、走っていて気持ちがいい道、 温泉やグルメ情報などが盛り込まれた地図になります。 いつもの内容になりますが、 何かお勧めのスポットなどございましたら教えていただけますと嬉しいです。 さて、雨の日って日光が雲にさえぎられて、基本的に暗いですよね。 自分はベッドに日光が入るようにしているのですが、 雨の日はそのせいであまり日光が入ってきません。 何が言いたいんだろうこいつ…ということですが、今回お話したいのは また燃えるゴミ出し忘れた… 3週間ぶり 114514回目 敗因はいろいろとあるかと思います。 以下会員限定です。 皆さんお元気ですか? エーミールでございます。 しとしとじめじめ…とうとうやってきましたね。 そうです…梅雨到来です。 うだるような暑さではないですが、霧雨のような密度の高い雨が降っていたりすると湿気がまとわりついてきますね。 マスクをしていると、口元の湿度がかなり大変なことになりますが、この湿気がコロナを少しでも鈍らせてくれたら嬉しいですね。 こうもマスクをして日常生活を送っていると、漫画版のナウシカをなぜか思い出します。 あれでしょうか?彼らが日常的にマスクをつけているからでしょうか?久々に読み直したくなりました。 ものすごくさらっとしか描かれていないのですが、確か作中に出てくるマスクにも色んな種類があった記憶があります。 長くマスクをつけるために香料などを使ったりしている描写もありましたが、こういう工夫も必要になってきますね。 すーっとさせるために、ハッカでも試してみることにしてみます。 勝負の行方は…!! よろしければ是非ご覧ください。

次の

グルッペン・フューラーの顔やメンバーの情報まとめ!実年齢や名言も。

エーミール 初 登場 日

[chapter:注意] この作品は某有名実況者集団様の名前を借りた二次創作です。 登場人物、世界観、設定を含め此処に書かれたことは全て捏造であり本人様とは一切関係ありません。 キャラ・口調崩壊多数。 登場人物も偏ります。 問題がありましたら、ピク限もしくは削除いたします。 以上のことをご了承の上お読みくださいませ。 [newpage] [chapter:番組の主役はwrwrd! 結成記念生放送スペシャル〜公式暴露大会ポロリも重大発表もあるよ!〜] 大先生:さぁ今年も始まりました!! 結成日記念放送!特別に全員集合してお送り致しますー司会進行はリーダーに代わってwrwrdのイケメン担当、鬱でございますぅー。 はいそこ、イケメンじゃないとか言わへんの!うっつん泣いちゃうぞ。 シャオ:大先生諦めも肝心やで。 てか、あの人どこ行ったん?こういう企画はウキウキしとるのに。 どうもーwrwrd人気担当のシャオロンでーす。 大先生:不人気の間違いやろ、シャオちゃん。 グルちゃんは重大発表があるとかなんかでその準備してるんよ。 だから司会進行が僕やねん。 コネ:せやで、間違えんなやシャオロン!! あ……どうも皆さんこんにちはコネシマです、真のwrwrd人気担当やで! シャオ:お?やっか?どっちが真の人気者か決着付けなあかんなぁ。 トン:そんな決着は放送終わってからどうぞ、話進まんやろ?どうもぉーwrwrdのトントンです。 オスマン達も挨拶しーや? マン:みんなーおはようめう!wrwrdのゆるふわJK、オスマンやで。 今日は重大な発表があるから楽しみにしててなぁ。 ひとらん:はーい、ひとらんらんでーす。 手を振り ゾム:ちぃす、ゾムです。 エミさんも挨拶しろよ。 エミ:ゾムさんありがとうございます、デビューほやほやのエーミールです。 皆さん今日はお付き合いの程よろしくお願いしますね。 ……あれ?ロボロさんの姿が見えないんやけど……? ロボロ:うぉぉぉぉぉぉい!!!俺おるよぉぉ!誰や!? エミさんに悪い事吹きこんだんは!! wrwrdきっての声優アイドル、ロボロですぅ。 ナリはちっちゃくても声量はピカイチやよ。 大先生:まぁアレもでかいからなロボロは。 コネ:放送コード警察、出動しまーす。 逮捕ー!時間が早いで大先生。 大先生:あぁん、酷いわ。 てかお前も言うやんけ。 シャオ:あざとい警察や!これは逮捕案件じゃないんですかねぇー? トン:お前らなぁ!話進まんから好き勝手暴れるな!スペシャルゲストはワールドツアーから一時帰国している、しんぺい神です。 ペ神:はーい、しんぺい神だよーみんな俺にとりあえず、ケツ向けてくれへん?俺がまるっと全てを包み込んで愛したるから。 全員: 沈黙し目を合わせない。 ペ神:なんでみんな静かなん?目も合わせてくれへんし……なぁーロボロー。 ロボロ:さっ……さぁ?! なんでやろなぁー。 グル:お前らいつまで茶番を続けるつもりなんや?準備もできたゾ。 大先生:あ、グルちゃん。 出来たんやね、じゃあ発表しちゃう? グル:あぁ、では諸君!私はリーダーのグルッペンだ。 今日お集まり頂いたのは重大な発表を3つ、この場を借りて伝えようと思い、選ばれた諸君を招集した。 まず1つ目、エーミールが今年度から本格的にwrwrdメンバーとして、活動する運びになった。 エミ:ようやく、歌のレッスンやダンスレッスンなどの調整が出来ました。 グル:それに伴い、新ユニットを発表する!メンバーはエーミール、トントン、コネシマの3人。 ユニット名はこちらで決めた。 エミ:はい、と言うわけでメジャーデビューさせてもらうことになりました、不慣れなとこもあるかもせーへんけど応援よろしくお願いします。 トントンさんとコネシマさんの輝きに負けない様に私も輝かせて貰いますね。 トン:新ユニットの発表っていうのは聞いてたんやけどまさか、自分が入ってるとは……。 グルさん、そういうのはちゃんと前もって伝えてほしいですねぇ!! グル:当日発表の方がサプライズ感あるやん? トン:そんなサプライズは嬉しくないですかねぇ……。 まぁ選ばれたからには生半可な気持ちでせーへんから、みんな応援してなぁ。 コネ:エーミールを引っ張って行けたらなと思うから応援よろしく!まさかズッ友同盟でユニット組めるとは思わんかったわ!活動がめちゃくちゃ楽しみやねん! グル:一言貰ったところで2つ目、実はしんぺい神から重大な発表があるんや。 諸君、ご清聴願おう、しんぺい神頼むゾ。 ぺ神:はーい、頼まれました。 どうも、皆さん世界のアイドルしんぺい神だよー、今年から俺の担当カラーがデビュー当時の色……スカイブルーに戻ることになりました。 紫に変更していた理由は、マネージャーに転身した兄さんと軍曹の意志を残す為……俺が色だけでも世界へ連れて行きたかったから紫になっていたんだけど……。 大先生:しんぺいさん、そんな事考えてたんや……。 ペ神:ここから3つ目の重大な発表……この色を託す新メンバーがwrwrdに加入することになりました!! 会場が騒がしくなる。 ペ神:俺が日本にいない間、俺とマネージャーに転身した2人の意志をこの業界に繋ぎとめていてほしいと言う願いを託す新メンバーはこの人!! 扉の幕があがり1人の男性がいる。 :皆さん、初めましてッス。 グル:元外資系企業勤務のしょっぴくんだ、この業界の右も左も分からないから、教育係をくじ引きで決めようと思う。 トン:また急やな、グルさんどこから拾ってきたんや……。 大先生:?……カンペに社長直々って書いてるんやけど、ほんま? グル:そうだゾ!しょっぴくんもしょっぴくんで事情があるから早く決めてしまおう!しんぺい神以外全員参加だからな! コネ:え!?ユニット組も入るん? トン:全員参加やから……たまげたなぁ。 ほんまアンタって人は……。 大先生:エミさんも参加やよ?業界のこと位はいけるやろ。 エミ:ほんまですか、当たりたくないなぁ。 自信ないから。 シャオ:確かに自信ないわぁー。 マン:ジャンルバラバラやからな!大変めうー。 ひとらん:場所も結構バラバラだしね。 ゾム:……。 ロボロ:ん?ゾムどうしたん? ゾム:いや、何でもない。 当たりたくないなぁって俺あんま話されへんし。 でもアイツ面白そうな奴や……んふふグル氏が連れてきたんなら確実かも。 ロボロ:ゾムがウキウキしてるの珍しいなぁ。 グル:さぁ!選んだか? トン:為せば成るや。 大先生:選んだよー。 コネ:これやな!絶対当たりの文字ないはず!俺は、ズッ友に集中したいんやぁ! シャオ:フラグにしか聞こえないんですけどそれは。 マン:これにする!結果楽しみやなぁー。 ひとらん:うん、どうなるかな。 ロボロ:うん!これにしよ、ゾムは決めた? ゾム:選んだで残り福ってやつやわ。 グル:では引くぞー。 引く 全員: 引いて結果をみる コネ:ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!! 当たり引いてもたぁぁぁぁぁぁ!! グル:はい、と言う訳でね!! 教育係はコネシマを中心にしていくことが決定したゾ! 拍手喝采の嵐 コネ:ちゃうんすよぉ!ちゃうんすよぉ!あれフラグやぁーん!! 誰かフラグ折ってくれてよかったんやでぇ?! シャオ:フラグは建てるもんやぞ、シッマ。 まぁ頑張れや。 ゾム:せやで、シッマ。 気が向いたら手伝うから、な? 肩に手を置き憐れむ コネ:お前ら笑い堪えてるのバレバレやねん! 大先生:シャオちゃん、ゾムさんあかんでフラグ回収した彼を笑ったら……。 コネ:お前もや大先生。 しょっぴくん:よろしくお願いしますね、『先輩』 コネ:……おおう、よろしくな。 グル:教育係が決まったところで、しんぺい神よ。 色を渡してあげてくれないか? ペ神:はーい、ではしょっぴくんさん? しょっぴくん:あ、敬称いらないっすよ。 言い難いでしょう? ペ神:分かった、改めて!しょっぴくん。 俺らの意志とかカッコつけたこと、言っちゃったけど重荷に思わんと活動していってなぁ。 しょっぴくん:あ……はい、頑張ります。 ペ神:うん、見守ってるから……!? やば飛行機遅れる!ごめんみんな、空港行くわ!視聴者さんも応援よろしくぅ僕行くねぇ。 しょっぴくん:……嵐みたいな人っすね、しんぺい神さんって。 トン:ツアーの合間を縫ってくるから大体こんなんやで、時期慣れるわ。 シッマはぁ……なんやかんやで面倒見ええから、頼りにしたって。 ゾム:しょっぴくん、シッマが嫌になったら俺が『先輩』になるからな! ロボロ:さっきまで嫌やって言ってたやんゾム。 ゾム:当分飽きへん玩具見つけたらなんか、取りたくなれへん? シャオ:出た出た、ジャイアニズム。 しょっぴくん気ぃつけや?何、しでかすか分からんからな。 しょっぴくん:了解っす、気をつけます。 グル:重大発表はこれで終わりなんだが、折角の勢揃いだし新メンバーもいるし久しぶりに暴露大会を開催する!! 大先生:グルちゃん好きやなぁ、目が輝いとる。 グル:ここに視聴者の皆様から頂いた、質問が書かれたお便りが入っている。 何人かに代表して引いてもらい、その話題について暴露を交えて話す企画!! トン:生放送やから、暴露加減は程々にやからな。 自主規制音入らへんから承知の上で話や。 発言は自己責任で頼むわ。 マン:分かっためうー! ひとらん:なにかあるかな? 暴露話。 ゾム:んふふ……手札はいっぱいあるから楽しみやなぁ。 グル:まず1通目はエーミールに引いてもらいましょかぁー。 エミ:え、私ですか?!大役やなぁ……では引きまーす!……えーと、RN. 内部ゲバルトの民さんからのお便りです。 『wrwrdの皆様、こんばんは。 』 全員:こんばんはー。 エミ:『いつも番組やラジオ、ライブで応援させてもらっています。 話せる範囲で構いませんので皆様の芸能界入りのきっかけをお教え頂きたいです!』とのことです。 グル:ほう、結成日らしい質問じゃないか。 誰から答えていくんや? 大先生:そりゃ引いたエミさんからでえーんやない?そっから時計回りでーグルちゃん大トリやなぁ。 エミ:では私からお話させてもらいますね。 元々教鞭を取りながら、メディアには評論家タレントの立ち位置で出演させて頂いていました。 自分の考えを世の人に伝えたいというのもありましたし、ある時グルッペンさんと討論する機会がありましてね!あれは大変有意義な時間でした、スタッフさんや観客の皆様にはご迷惑をお掛けしましたが本当に楽しかったんです! グル:確かに楽しかったゾ、撮影時間はえぐいぐらいだったが……。 確か生放送だったから9時間ぶっ通しだったような? エミ:はい!確かそれぐらいでした。 意気投合して現在、私はこの場に立たせて頂いている所存ですね。 あ、知り合う前からこのグループは存じていましたよ!個人的に『HEARTS2』のファンでしたから。 大先生:9時間ぶっ通しはえぐいやろ……。 エミさんも出演中の『HEARTS4 tre tongue』 は絶賛放送中やでー。 トン:サラッと番宣挟むなぁ……次はワイやな、元々生まれは関西やねんけど両親の転勤で北海道まで引っ越してな、友達はみんな農家やったり酪農家で放課後いつも暇やってん。 ゲームとかも飽きて1人で路上で弾き語りしてたら、ここの事務所の支店の社長に声掛けられたのがきっかけやねん。 要するにスカウトやな、活動してたら事務所潰れて気がついたらwrwrdメンバー入りや、たまげたなぁ。 大先生:事務所の件は僕が1枚噛んでるんやけどオフレコでお願いします。 でも最初はトン氏被り物被ってたもんなぁ。 それが今は立派な成豚になって……。 トン:せめて〇の豚にしてくれや、飛べない豚はただの豚やねんぞ。 コネ:それ豚やけどえーんかトントン。 まぁえーや、次俺やんな!俺はなぁ、親がアイドルやから流れに乗って入ってん!最初はシャオロンと頑張ってたんやけど、グルッペンが手を差し出してくれてな『俺と来れば親よりも凄い伝説が残せるゾ』って言われたら行くしかないやろ。 めちゃくちゃかっこよかってんで!ヒーローみたいで! シャオ:今聞いたらそんなん魔王の囁きにしか聞こえへんけどな。 グル:おい、聞こえてんぞ。 コネ:らしくない暴露するとキラキラしててん、グルッペンが。 憧れたしもてん、あの輝きに。 トン:真面目シマや。 大先生:久しぶりの真面目シマやで。 シャオ:滅多にならへんから今日嵐来るで。 コネ:おい、聞こえてんねんぞ。 まぁそんな感じですねぇ!次シャオロンは何やったんや? シャオ:俺?!俺は単純にオーディションやで、『puppy』の新メンバー募集のオーディションに受かったのがきっかけ。 そこから色々お仕事貰ってーシッマがグル氏に付いていくから来いって言われてここにいるって感じで。 ロボロ引っ張って来たんは俺やねん。 ロボロ:あーせやなぁ、俺元々別の事務所で声優してたんやけど顔出しNGやってなぁ、俺は出しても良かったけど、事務所があかんって言っててなー。 後声優以外の仕事もあかんって言われてて隠れて作曲活動しててん。 名前も匿名でな。 シャオロンが誘ってくれたから事務所辞めてこっち来てん。 一悶着あったんやけどオフレコでお願いします。 シャオ:懐かしいなぁー……ゾムはどうなん?スタントマンやったんやろ? ゾム:せやでー、人前に立つんは苦手やったし生きる為に身体張った結果がスタントマンやっただけやねん。 きっかけとかないんよ……やけど、軍曹に憧れててん。 凄いかっこよかったんやで?!特撮の主演も全部自分自身で撮影!未だにDVD見直してまうねん、俺も遂に憧れの特撮の主演をやらせてもらっててなぁ!『仮面ライダーマーダ』毎週日曜日の朝8時から絶賛放送中やからみんな見てなぁ? マン:サラッと番宣入れるんみんな好きやなぁ……俺も特にきっかけとかないんよなぁ、スカウトやったし。 大半がスカウトじゃないんかな。 ひとらんもスカウトやんな? ひとらん:うん、そうだよ?地域の歌謡大会で歌ってたらスカウトされたんだよ。 でも俺の家さ……。 マン:有名な舞踊一家やもんね、芸妓さんとかに指導したりしてたんやろ?凄いめうー。 ひとらん:そうそう、だけど継げるのは女の子だけだったんだよね。 妹が継ぐはずだったんだけど、妹は父親に憧れちゃって。 大先生:げどちゃんの父親は警視庁の人やんね? ひとらん:うん、今日も元気に容疑者を追いかけているだろうね。 絶賛喧嘩中だからよくわかんないんだよ。 大ちゃんはー?何でこの世界に? 大先生:僕?僕は両親が子役にしたかったらしくて流れるままやで?気ぃ付いたら両親おらへんし大変やったなぁー懐かしい。 グルちゃんもおるとは思わへんかったけどな。 トン:ん?何で今グルさんの名前出てくるん? 大先生:だって、僕とグルちゃんは幼馴染やよ?しかもお家が隣同士系の。 グル:知らなかったのか?まぁ、大先生がこういう世界にいるのを聞いて面白そうだと思ったのがきっかけやな、俺の家は決して裕福な家庭だったとは言い難いんで生活費がてらに働いたら思いの外稼げたんや。 そのままズルズル続けているって言う現状だ。 大先生:初共演の時はびっくりしてなー、なんでおるん?!って叫んでもたんよ、グルちゃん全然そんな話題出してくれへんかったし! グル:折角、友人と遊んでいるのに仕事の事思い出して欲しくなかったから話さんかったんや。 それと驚いた顔が見たいから基本黙ってるつもりだった。 大先生:グルちゃん、そういう所やで?見直したのに酷いわぁ……結局僕を玩具にしてー、そんなに僕で遊ぶんは楽しい? グル:当たり前だよな? ゾム:大先生が玩具?当たり前やん! トン:当たり前だよなぁ? シャオ:当たり前やん? コネ:当たり前だよな! ロボロ:当たり前なようなぁ。 マン:めうー! ひとらん:まぁ大ちゃんだし。 エミ:そうらしいです。 大先生:お前ら覚えとけよ!次の攻城戦でボロボロにしたるからな! グル:次回!大先生死す、決闘スタンバイ! 大先生:勝手に殺さんといてぇ! トン:ん?社長どないしたんですか……この質問読んだらえーんですか?みんな聞いてやぁーRN. 食害推進委員会さんからのお便り。 こんな委員会誰が発足させてんな、やめて 懇願 『皆さん、そして新メンバーのしょっぴさんこんばんはー!』 しょっぴくん以外:こんばんはー。 しょっぴくん:こんばんはっす。 トン:『皆さんのきっかけを聞いていて、ふとしょっぴさんのきっかけも気になりました。 答えれる範囲で構いませんので教えてください。 』ってこれ、しょっぴくんご指名の質問やん。 答えれる範囲でお答えしちゃってくださーい。 しょっぴくん:きっかけっすか……そうっすねぇ、昔助けてくれたヒーローを探しにこの世界に来たんすよ。 でも、覚えているのは男性だったと言うのと「あ、はよスタジオ行かな遅刻する」の言葉だけで……。 大先生:ふーん、ヒーローねぇ……しょっぴくんは会ってどうしたいん? しょっぴくん:会えるならお礼を言いたいっすね。 後、貴方を追いかけて来ましたって胸張って伝えたいんすよ。 グルッペンさんからお声がかかるなんて思っていなかったんですけどね、もちろんこのグループは存じ上げてるっす。 推しは……ゾムさんでした。 グル:ほう、それは初耳やな。 ゾム:?!?!?!?!?! ホンマに?! しょっぴくん:嘘言わないっすよー。 これからよろしくお願いするっすよ?皆さん。 ゾム:……おん、よろしく……。 大先生:あーあ、 ゾムが茹で蛸状態になっちゃったやん。 まぁ時間もえーとこやし今日はお開きかな。 無事この記念日が祝えたのも一概にファンの皆様のご声援のおかげでもあります。 はい次トンち。 トン:俺?!……wrwrdは更なるメンバーを仲間に加え、一段と賑やかに楽しむ心を忘れずに前へ前進していきます!ほい、グルさん最後ー。 グル:任された……新しいwrwrdに変わらずのご声援をよろしくお願いするゾ。 今年からメンバー企画のコーナーを月替わりでお届けする予定だ、お楽しみに。 コネ・シャオ:それでは皆さん、ラジオで会おうなぁ! マン:ありがとうめうー。 ひとらん:ありがとうね。 ロボロ:じゃあねー。 ゾム:…… 手を振る しょっぴくん: 手を振る 大先生:また来週ー。 エンディングが流れる [newpage] [chapter:あとがき] はじめましての方ははじめまして、続けて読んでいる方はありがとうございます!お久しぶりです、書き手でございます。 いやぁ4月1日ね、うん今日だから。 実質4月1日みたいなもんだから……だって仕方ないじゃない!! 前回の話の投稿日見てみ?間に合うわけねぇじゃん!頑張れば書けたけど、内容ペラいもん!やだもん……。 言い訳はここまでにして今回はラジオではなく番組風に書いてみました の割にSE表現少ない 番組イメージは「某〇ャニーズにしやがれ!」や「某関西ジャ〇ーズ勉!」ですね、書き手が好きな番組でもあります。 最近は見れていませんけど。 ついに後輩くんを登場させました、彼いいキャラしてますよね。 口調掴むまで時間がかかりました、まだまだですが楽しんで頂けると嬉しいですね。 設定集もまた更新しときます。 ズッ友同盟の3人のユニット名は英訳を略しただけなのですが、そのまま読んだら「メシ」に見えるのでwith脅威さんになったりならなかったりの予定です。 1つだけ!私事ですが、私の他にアイドルパロを書いている方を発見しました。 純粋に嬉しかったです。 仲間を見つけたみたいな気持ちになりました。 皆さんじゃんじゃん書いて描いて!皆さんの書いた描いたものが見たい! 長々と書きましたが「あとがき」は書き手が思ったことをつらつら書いてるだけなので読まなくてもいいですよ。 ここまで読んで頂きありがとうございました、では皆さんまたどこかで。

次の

#11 番組の主役はwrwrd!結成記念生放送スペシャル

エーミール 初 登場 日

読書が好きな子も嫌いな子も、国語の授業ではみ~んな平等にたくさんの物語を読んできましたね。 みなさんの心には、どんなお話が印象に残っているでしょうか?大人になって振り返ってみると、教科書に載っているのは決して楽しいお話ばかりではありませんでした…。 今回は「あの衝撃的な展開が今も記憶から消えてくれない…」というトラウマを、現役の学生さんや保護者の方々の声を交えつつ、思い切って紐解いてみましょう。 奴隷にされちゃった象が仲間を呼んで助けてもらう話なのに、なんかスッキリしなくて…特に最後の1行は何が言いたいんですか!? 」(中2男子/10代) まずはこちら、宮沢賢治の短編童話『オツベルと象』です。 オツベルは、16人の百姓を雇えるほどの地主なのですが、ある日、彼の小屋に白い象がやってきます。 疑うことを知らない性格だった象をオツベルは言葉巧みに騙し、あれこれとこき使うのですが、彼のイケイケな人生はそこまで。 白い象を救いにきた仲間の象たちに押し寄せられ、家ごと潰されてしまうのです…。 さて、これは動物の力を甘く見てしまったオツベルの誤算なのでしょうか?実は「仲間へ手紙を書いたらいい」と白い象にアドバイスしたのは月ですし、象のために筆記用具を提供したり手紙を仲間のもとへ届けたりしたのは、何の前触れもなく現れた子どもなのです!こんな急展開、オツベルじゃなくてもショック死してしまいかねません。 そして、最後の最後にトラウマが待ち受けています。 労働からやっと解放されたはずの白い象は「ほんとにぼくは助かったよ」と「さびしくわらって」言い、締めくくりは「おや(一字不明)、川へはいっちゃいけないったら」という意味深かつ不気味な1行…。 象はどうして素直に喜ばないの!? 「川へはいっちゃいけないったら」って、誰が誰に向かって注意してるの!? う~ん、モヤモヤしちゃいますね…ただの勧善懲悪ストーリーではなさそうです。 『精神的に向上心のないものは馬鹿だ』って言葉、耳が痛くなりますよね。 文学ってこういうものなのかとゾッとしてしまいました」(小5男子の母/30代) 夏目漱石の『こころ』では友情と恋愛のジレンマが描かれています。 学問に打ち込みながらも、だんだんお嬢さんに心惹かれていく若い男2人。 やがてKは先生にお嬢さんへの恋心を相談するのですが、Kにお嬢さんを奪われたくなかった先生はこう言い放ちます…「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」と! これを受けて「僕は馬鹿だ」と絶望するK。 なぜならそのセリフは以前、Kが先生に対し発した言葉でもあったからです。 まさかブーメランになって自分に突き刺さるとは、さぞかしダメージの大きかったことでしょう…。 このやりとりをきっかけに先生はKを出し抜き、お嬢さんとの結婚を取りつけたものの、孤独に追いつめられたKは自殺を選んでしまいました。 Kの死は当然、先生の心に暗い影を落とすことに…。 せめてみんなはKみたいにカウンターを食らっちゃわないよう、自分の発言には日頃から注意するんだぞっ!先生との約束だからなっ!…な~んて明るくまとめようとすると違和感が凄いですね、ごめんなさい。 ああ、極限に陥った人間の心理よ/芥川龍之介『羅生門』 「主人公の抱える迷いですとか、おばあさんが死人の髪の毛を抜く様子ですとか、リアルに想像できてしまって怖かったです。 『下人の行方は、誰も知らない』というラストにも唸らされました…」(中1女子の母/40代) 芥川龍之介の『羅生門』は平安時代の京都を舞台にした物語。 地震や火事といった災害が続き、すっかり荒れ果てた街で、1人の若い男が困っていました。 「仕事をクビになった、どうしよう…このままじゃ腹が減ってくたばっちまう!いっそのこと盗みを働くしかねーのか?いや、しかし勇気が出ないぞ…」と、まるで現代にも通ずるような悩みですね。 男は羅生門にて、死んでしまった女性の頭から髪の毛をブチブチ抜いているおばあさんを発見します。 「ばーさん何やってんだ!そんなことしちゃダメだろ!」と飛びかかった男に、おばあさんは「これでカツラを作って売ろうと思ってのう…よくないことだとは思うんじゃが、この女だって死ぬ前は生きるために悪いことしてたんじゃ。 わしだって許されるじゃろ」と言い訳しました。 するとどうでしょう、正義感に燃えていたはずの男は「ククク、じゃあオレがドロボーしたって恨むなよっ!オレだって餓死寸前なんだからっ!」と、おばあさんの着物をはぎ取って夜の闇へと走り去ってしまうのです。 これを書いた芥川龍之介は何を訴えているのでしょうか…?生きるか死ぬかの窮地に立たされたなら悪事さえ肯定せざるを得ないという、人間のエゴイズムですかね…?とりあえず「あらやだ、この男ったらおばあさんのハダカが見たかったのね」などと解釈するのは大間違いでしょう(悔しいことに、そちらの方がまだ救いがありそうですけど)。 鮮やかすぎるオチは夏が来るたび思い出す/山川方夫『夏の葬列』 「戦争を題材にしたお話は他にも習いましたが、この作品は自分の中で別格です…。 オチがとにかく憂鬱でしたし、『ヒロ子さんが、まるでゴムマリのようにはずんで空中に浮くのを見た』という強烈な比喩も忘れられません」(小3男子の父/30代) 続いては山川方夫の『夏の葬列』。 ある小さな町を十数年ぶりに訪れた主人公は、その町に学童疎開をしていたという戦時中の体験を思い出します。 終戦前日の8月14日、同じく疎開児童だったヒロ子さんと主人公は艦載機に襲われました。 早く一緒に逃げようと言ってくれたヒロ子さんを主人公は突き飛ばしてしまいます…なぜならヒロ子さんは白いワンピースを着ており、2人でいたら銃撃の目標にされてしまうと考えたからです。 ヒロ子さんがどうなったのかを知らずに町を離れた主人公でしたが、月日は流れ、再び戻ってきた町では1人の女性のお葬式が執り行われていました。 柩に置かれた写真を見ると、そこには30歳近くになったと思われるヒロ子さんの顔が!ヒロ子さんは自分が突き飛ばしたせいで撃たれ、それが原因で死んでしまったのではないかと長年苦しんできた主人公は、ヒロ子さんが今の年齢まで生きていたのなら自分は関係なかったのだとホッとします。 しかし!「そこで安心しちゃうのもどーなのよ」とツッコミを入れた読者&主人公に、とてつもない真実が明かされるのです。 主人公が遭遇したのはヒロ子さんのお母さんのお葬式で、どうやら若い頃の写真しか使えるものがなかったとのこと。 お母さんは戦争で娘を亡くし、それからずっと悲惨な人生を送っていたのだとか…。 「結局、ヒロ子さんを殺してしまったのは自分だったんだ!さらにお母さんまでっ!」と、主人公は罪悪感に見舞われます。 このミステリー仕立てで容赦のない構成に、みなさんは耐えられますか…? それはキレられるよりもツラい一言/ヘルマン・ヘッセ『少年の日の思い出』 「エーミールの『そうか、そうか、つまり君はそんなやつなんだな』ってセリフは、しばらくクラスの流行語になってました。 クラスのみんなで読めば少しは笑い話にできますけど、そうじゃなかったら精神的にキツいストーリーだと思います」(高1男子/10代) 最後はドイツの作家、ヘルマン・ヘッセの『少年の日の思い出』です。 主人公は昔、趣味で蝶と蛾をコレクションしていました。 コムラサキというレアな蝶を捕まえたので、隣に住むエーミールという少年に披露したのですが、こいつが憎らしい!「確かに珍しい蝶だね。 でも標本の作り方がよくないし、他にも…」とダメ出ししてくるのです。 プライドを傷つけられた主人公は「もうエーミールには何も見せない!」と決めるのでした。 ところが2年後、エーミールがクジャクヤママユという超レアな蛾をゲットしたと話題になります。 これだけは見せてほしいと主人公はエーミールの部屋を訪ねるものの、彼は留守でした。 勝手に入り込むと、そこには本当にクジャクヤママユの標本が!余りの美しさについつい盗んでしまう主人公。 「やっぱり返さなきゃマズいぞ」と改心した時にはもう手遅れで、パニック状態だった彼は標本を雑に扱い、壊してしまったのです。 主人公はエーミールに正直に謝罪しました。 怒鳴られてもおかしくなさそうですが、エーミールは「そうか、そうか、つまり君はそんなやつなんだな」と冷ややかな声で軽蔑するのみ!主人公は帰宅すると、自分の集めた蝶と蛾を全てつぶしてしまいます…自分への罰なのか、もう自分はコレクター失格だという決別なのか?これが国語ではなく道徳の教科書だったなら、きっと2人は仲直りできていた!? トラウマを嘆くだけ嘆いたら、思い切って乗り越えよう! 以上、5作品のトラウマをお届けしてまいりました。 名作文学は、どうしてこうも一筋縄ではいかないのでしょう?こんな重いお話がどうして国語の教材に選ばれているのでしょう? もしかしたらこの世界は綺麗事だけでは成立しないのだという、いずれ誰もが直面するであろう現実を、子どもたちに先取りさせてくれているのかもしれませんね。 トラウマを教訓に変えられた時、私たちは人として成長できるはず…!.

次の