ペット保険 口コミ。 アニコム損害保険の口コミ・評判 | みん評

ペット保険の口コミ・評判ランキング | みん評

ペット保険 口コミ

補償プラン 補償割合 通院補償 基本プラン 50% あり 堅実プラン 70% あり 充実プラン 100% あり どのプランでも 通院、入院、手術の補償ができるので安心です。 契約中にケガや病気にかかっても、更新できなかったり次年度から保険料が上がることはありません。 他にも ペットセレモニー費用特約をつけることができるので、ペットが亡くなった際の火葬費用なども負担してくれます。 多くの保険会社では補償対象外となる ガンや 椎間板ヘルニア、 膝蓋骨脱臼、 歯科治療も補償の対象となるので嬉しいですね。 そして以下に、参考としてチワワで見積もった時の保険料の推移と補償内容、生涯保険料について示しました。 保険金は犬の場合大きさや年齢によって変わります。 ご自分のペットの場合は保険料はいくらくらいになるのか、一度資料を請求して見積もってみてはいかがでしょう。 この記事を読んでいる方の中には、そもそもペットにペット保険は必要なのか疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。 以前まではペット保険に加入する方もほとんどいませんでしたし、ペット保険の存在を知らないという方も多くいました。 しかし最近ではペットも 高齢化が進み、さらにペットの医療技術の進んできたため、 治療費が高額になることが多くなってきました。 その結果病院に通うことも増え、さらに病気や怪我をしたときの手術費用なども高額になってしまいました。 そのため、高額な治療費を保険で補うために、ペット保険が必要になってきたのです。 病気や怪我で手術をする場合、 30万円以上かかるケースもあるため、いざという時にまとまったお金が良いできないという不安がある方は、ペット保険に加入しておくと安心です。 ペット保険には多くの会社があり、どれにすればいいのか選ぶことが難しいことと思います。 そのような際にはペット保険の一括資料請求もおすすめです。 手元で資料を比較することでより自分に合った保険を見つけることが出来ますし、ネットよりも詳しく情報が載っています。 以下のボタンで1分で資料請求が出来ますので、ぜひ活用してください。

次の

FPCのフリーペットほけんの口コミから分かる落とし穴

ペット保険 口コミ

【デメリットの前に】FPCペット保険はなぜ保険料がこんなに安いのか? はい、では早速デメリットの一つ目は・・・と行きたいのですが、その前に、まずはFPCペット保険の最大のメリットである、保険料の安さの理由について話しておきたいと思います。 このグラフの水色の線がFPCペット保険ですが、全ペット保険の中で、特に5歳ごろを過ぎてからは最も保険料が低くなっています。 ここから、 口コミで「保険料が安い安い!」と言われるのは真実である、ということが分かります。 でも、 「じゃぁなんでFPCペット保険はそんなに保険料が安くできるのか?」というところが重要なわけです。 (加入者数が増えればその分入ってくる保険料も増えますが、加入者が増えることで比例して支払い保険金も増えていくと考えられるので、加入者数に関してはここでは一旦置いておきます。 ) ここまでいいでしょうか。 ということは、仮に加入者の数が同じであった場合、他社と同じ条件、補償内容であれば、出ていく保険金の額は同じであっても、入ってくる保険料が少ないため、やっていけなります。 だから、 保険料を下げる(収入を減らす)ということは、どこかで他社と比較して条件や補償内容に差をつけて、支払い保険金を少なくする(支出を減らす)、ことをしなければ会社としてやっていけなくなるのは明らかです。 それならば、やはり補償内容で差をつけて、支払い保険金を減らすことで、トータルの収支をプラスに持っていくことが必要になってくるわけですね。 つまり、 FPCペット保険は保険料が最も安いペット保険であることには変わりないが、その分どこかで支払い保険金を抑えているはず。 そこはどこなのか?を、パンフレットや他社ペット保険の補償内容などと比較していくことによって、明らかにしていくことが大切。 ということです。 その 支払い保険金を抑えている部分=デメリットとして、いよいよ次の章から具体的に見ていきましょう。 FPCペット保険のデメリット では、早速この章からFPCペット保険のデメリットにについて私の考えを紹介していきたいと思います。 免責疾病や引き受け(更新)条件に関する不透明さ まずは、一番はこれでしょう。 でも言いましたが、補償対象外になる病気について問い合わせをした時の返答が、 「保険金の請求はできますが、実際に保険金が下りるかどうかの判断は、その時の場合による」 という曖昧なものが多かったのが印象的でした。 もちろん、これだけで実際に判断するのはどうかとは思いますが、SNS上ではこういった実際のこういった声も上がっているので、あながち検討外れとも言えないのではないか、とは思ってます。 保険の話してる😣 横入り🙏 そら、FPCに入ろうと審査にかけたら先生が特になんでもないって言ってるのに膝関節対応外になっちゃったよ! FPCは安い分、出渋りが多いみたい。 約款読んだけれどそんな記載はないよー酷いなぁ — レオン兄貴と元気をわけあう keikouhinJRT まぁ、保険金が下りるのか下りないのか、これはFPCペット保険だけに限らず、最終的にはペット保険会社に委ねられるわけですが、 保険料の安さと、こういった会社からの返答を合わせて考えると、パンフレットに載っていないところでも、保険金の支払いに関してはある程度シビアになってくるのかな~と予想ができます。 慢性疾患と先天性・遺伝性疾患への対応 これは先ほどの話と重なる部分でもありますが、まず、明確なところでいうと、 先天性・遺伝性疾患に関しては、FPCペット保険は補償対象外となります。 問題は慢性疾患への対応ですが、これも返答としては「保険金の請求はできますが・・・」というもので、やはり明確なラインの提示はなく、曖昧さはぬぐえなかったです。 なので、 慢性疾患についても、保険金の支払い実績などによっては、翌年の更新に条件がつく、といったことも十分ん考えられる、という印象を持ちました。 50%プランと70%プランで限度額が変わらない FPCペット保険には50%補償と70%補償という、治療に対する保険金の支払い割合によってプランが分かれています。 治療費に対する返ってくる保険金が異なってくるので、当然保険金も70%の方が高くなりますが、1日(回)の限度額に関してはどちらも一緒。 なので、どちらのプランでも限度額内の支払いの場合は問題ありませんが、 仮に通院で1日2万円以上の治療費になった場合、支払われる保険金の上限が通院で1日1万円なので、50%プランも70%プランも、同じ1万円の保険金の支払いになる、ということ。 この場合、保険料を多く払ってるはずなのに、支払われる保険金は同じとなってしまいます。 なので、補償割合が上がると、その分1日の限度額も上がるペット保険もあります(アニコムなど)が、FPCではそれがなく、50%も70%プランもどちらも限度額が一緒です。 これが純粋なデメリットかどうかは、人によって意見は分かれるかもしれませんが、プラン選びのさいには一つ注意したいポイントであることは間違いありません。 ) 多くのペット保険が導入している獣医師相談サービスは無い 今、いくつかのペット保険では、24時間、365日電話で獣医師に愛犬の状況について相談ができる「獣医師相談サービス」がついています。 これは、各社というサービスと提携して、提供しているものですが、FPCペット保険にはそれがありません。 デメリットとまでは言えないかもですが、最近急にこのサービスを打ち出すペット保険が増えてきたので、一応触れておく必要があると思いました。 FPCペット保険のデメリットと、そこを踏まえての総合評価 と、いうことでここからは、今まで見てきたデメリットも含めて、FPCペット保険について私の考えを話したいと思います。 まず、 FPCペット保険の最大のメリットは、なんといっても保険料が安いこと。 もう、ここに尽きます。 しかも、9歳以降は終身(生涯)で保険料が変わらず、通院・入院・手術のフルカバーで補償されて・・・というのは、ペット保険を必要とする飼い主さんからしたら、本当にありがたい部分です。 (もう一度保険料の推移のグラフを見てもらったら分かりますが、 1日3000円の免責金額〈自己負担金〉のあるげんきナンバーわんスリムより安いですからね・・これって本当にすごいことです・) ただし、会社=営利団体である以上、必ず利益は出さないと会社としてはやっていけないわけで、そのために、 保険料が安いだけのしわ寄せ=デメリットは必ずある、ということです。 それが、今回紹介した、 こんにちは! トイプードルの保険のところでコメントさせて頂いたフェルの母です。 今回、FPCで条件はつきますが、加入審査に通ったので加入しようか?迷ってるところです。 本当はげんきナンバーわんスリムがいいなとは思っているのですが、過去一年以内の通院歴を記入するとなるともう少し日にちが経たないと去年の今頃から、外耳炎なり膀胱炎なりで病院に通ってるので断られるかな?と。 FPCで加入したとして、その間に他の保険会社に見積もりして、入れそうだったら途中解約してもよいのでしょうか? クレカ一括年払いにしてるので加入期間に応じて解約金もあるみたいですが。 今のところ他に病気等はないのですが、安心のため保険には入っておきたいと思ったいます。 あと何社か一斉に見積もりをしてても、大丈夫でしょう? 加入するにあたっては一度こちらに加入の意思確認というのは、どの会社もあるのでしょうか?(たぶん加入条件はつくと思います。 膀胱炎、外耳炎等の) 質問ばかりですみません。 結局は、保険会社の判断が全てなので。。 (これは、全てのペット保険でも言えることですが、FPCに関しては結構その辺がシビアになるのかな?と個人的に感じた感想も踏まえて書いたものです。 ) 残りの質問に関しては、私の認識で答えることもできますが、 直接質問や、不安に感じているところも、FPCの方に問い合わせてみる方が確実かと思います^^; (間違ったことをお答えしてもいけませんし、その辺を直接ぶつけたみた方が不安は解消されるかと・・・) 問い合わせの段階で聞いてはいけないことはないとは思いますし、 オペレーターさんもしっかり答えてくれると思いますので。 (返答に納得いかない場合は、納得いくまで聞いてみるのがいいですよ。 契約してから後悔するのは、お互いにとって不幸なことだと思うので・・・) ということで、参考になれば幸いです! P. また、何かわかったことなどあれば、他のペット保険選びで悩んでいる方のためにも、 こちらでシェアして頂けるとありがたいです^^ こんにちは! お返事ありがとうございます。 あれから電話で問い合わせをして、色々確認して、結局FPCに加入しました。 何社かパンフレットを取り寄せて、日本ペット少額短期保険(株)から電話があったので、色々聞いてみましたが、膀胱炎、外耳炎の条件は外れそうにないので、取り敢えずFPCにしておいて、これから様子を見て病院に行く事がないようであれば、また考えようと思っています。 外耳炎については、年に3回通院歴があるだけで無理みたいだと言われました。 条件がつくのであれば、掛け金が安い方がいいのかな?と思いまして ;o; 不安なのは、同じ病気で何度も保険を使うのが2年とか続くと更新時に条件がついたり、その病気に関しては保険が支払われないとの事。 高額治療になった時に使いたいのですがね。 とはいえ、色々迷ってるうちに何か病気になっても困るので、やや不安を残しながらも加入しました。 FPCも日本ペット少額短期保険(株)も電話の対応は、良かったです。 特に日本ペットの方はとても親切に色々教えて頂きました。 取り敢えず、加入出来たのでホッとしています。 確かにどっちみち条件がつくのなら、 とりあえずFPCに加入しておいて様子見〜というのは良いかもしれませんね。 最近の記事でも書きましたが、とにかくFPCの保険料は最強なので笑 色々不安もあると思いますが、実際に入ってみないと分からない部分も多いので、 とりあえずはよかったんじゃないでしょうか^^ 幸いまだ年齢的にはどのペット保険も加入可能だと思うので、 とりあえず、1年入ってみて、その後はまた考えればいいですし^^ FPCも日本ペットも電話対応良かったんですね〜^^ オペレーターさんの対応で、印象も全然違いますよね。 答えづらい質問にも、誠実に対応してもらえると、 それだけでも、信頼感が違いますよね。 ではでは。 そうなんですよ・・挙げられているFPCやPS、楽天のあんしんペット保険だけに限らず、 全てのペット保険は予防に対しては全て対象外となってしまう、というのが現状です。 なので、仰る通りヘルニアの予防に対しての医療費の方が主なのであれば、 どのペット保険に加入したとしても、現状では恩恵はあまりないのでは?と思うのが正直なところです。 もちろん、それ以外の突発的な病気や怪我が発生した場合は補償されるので、 全く無意味とは言いませんが、なかなかメリットは感じにくいのかなと思います。 また、既往症ということでヘルニアに関しては免責対象(補償対象外)となる可能性も高く(もちろん申告してみてから保険会社の判断によるので、そうならない可能性もあります)、 そうなるとさらに加入する意味は??となってしまうかもしれません。 ペット保険は掛け捨てなので、使わない場合には1円も戻ってきませんしね。 そうなのであれば、ペット保険にかける保険料をワンちゃん貯金として積み立てしておく、の方が良いのかなとも思います。 あとは、突発的な高額治療のために備えるのであれば、手術(と入院)のみのプランなど、 最低限の補償だけは確保しておいて、残りはワンちゃん貯金に回す、という方法もありだと思います。 この辺はなかなか難しい部分だと思いますが、 これからのワンちゃんの医療費を考える上で少しでも参考になれば幸いです。 しらたまさん こんにちは! コメントありがとうございます^^ 現在5匹の猫ちゃんも保険を検討中で、今はFPCが気になっていらっしゃるとのことですね。 そのうえで、 慢性の腎臓病は補償されるのか? 慢性の病気はどこからどこまで対応してもらえるのか? といったところについて、私の見解ですがお答えさせて頂きます。 まず、結論から言うと、 文章の中で「コレ!ってのが解らず~」とありますが、 まさにそれで正解かなと^^; 意味わからんって感じだと思いますが、 どういうことかというのを今からできるだけわかりやすく、正確に説明してみますね。 腎臓病に限らず各社の免責疾病として記載のない病気については基本的に補償されます。 ただ、同一の病気での保険金の支払いに制限を設けていたり、次年度以降の保険の継続を断られる可能性のある会社があるということです。 各社のスタンスに関しては、こちらを確認ください。 FPCに関しては、一応パンフレット上ではこういった同一疾病に関する規制に関しては見当たりませんでしたし、 実際に問い合わせをしてみたときになかなか煮え切らない表現が多く、少し不安感も覚えたのは事実です。 ) また、実際の事例についてみてもFPCは最近実際の加入者さんからその辺のことをちらほらと聞くので、そちらに関してはこちらを確認してみて下さい。 また、慢性の病気はどこからどこまで~ということですが、 これは体の部位のことでしょうか?それともアトピーなどの病名のことでしょうか? いずれにしても、繰り返しになりますが慢性疾患であろうとなかろうと、各社の免責疾病として記載がないものは基本的に保障されるとみていいと思います。 ただし、実際に保険会社の経営が悪化した場合などには、 保険料の改訂や契約更新のお断りができるというのがどの保険会社の重要事項説明書にも書いてあるのが普通で、 つまり、最終的にはその保険会社の裁量によるということしか言えないのが実情です。 (元も子もない話になってしまいますが、極論ここに行きつきます。 ) なので、補償内容以外にも各社の経営状況や、資本力、後は実際の保険金請求時の対応具合(これは実際に体験するか、体験者の方の口コミでしか分かりませんが・・。 ) など、パンフレットに載っていない部分も大事だなというのは最近けっこう思ったりします^^; こちらは一応参考になれば。 ということで、分かりやすくズバッとお答えできれば良いのですが、 できるだけ正確にかつ誠実に説明しようとすると、どうしてもこんな感じになってしまいます^^; 参考になれば幸いです。 しらたまさん こんにちは! コメントありがとうございます^^ >一番上の子が保険に入れる年齢ではなくなった今歳も重ねているので腎臓病と歯周病で満足な治療をさせてあげられない現状なので他4匹の子達にはそ>んな辛い状態にさせたくないという思いでして・・・。 あと、こちらの猫ちゃん用のページはご覧になられましたか? 実は同じ保険会社でも犬と猫では保険料の上がり方も全然違うことがあって、 犬と猫では選び方もちょっと違ったりします。 良かったらこちらも覗いてみてください^^ 参考になれば幸いです!.

次の

楽天ペット保険の評判は良い?悪い?口コミ情報で使いやすさを分析!

ペット保険 口コミ

私たちに癒しを与えてくれる 愛猫ですが、突然の病気やケガが 起きたらとても心配ですよね。 愛猫が元気になるのであれば、 治療費が高くなってもかまわない! という飼い主さんがほとんどだと 思いますが、実際に請求書を 見せられるとちょっとひるみますよね。 そう、 猫 や犬の治療費は全額自己負担。 さらに動物病院によって、 治療費は大きく異なります。 愛猫の万が一の時のために、 『お金の心配なく治療に 専念させてあげたい!』 そんな飼い主さんの要望に応えて くれるのが ペット保険です。 でも、多くの保険会社が ペット保険を宣伝しており、 どの保険が自分の愛猫に合うのか 分からずに迷っている人もいるのでは? 今回は、どのペット保険に 加入するか迷っている飼い主さん のために• ペット保険おすすめTOP5• 猫にペット保険は本当に必要?• 「補償割合、限度額」を確認して保険を選ぶ についてご紹介します。 愛猫にぴったり合うような 保険を見つけて、 万が一の ケガや病気に備えましょう。 もちろん突発的な事故やその他病気で手術をすることはありますが、ペットの医療費で一番かかるのは「高齢になったときの通院費(薬代等含む)」だと思います。 このペット保険は通院費用の保証がない点がダメだと思うのですが、その点指摘した口コミが採用されていないのがちょっと不思議です。 我が家はその点がダメだと思ったのでこの保険には入っていません。 通院費を保証しないなら、業界トップの保険料なのはある意味当然だと思います。 といったように、 手術補償のみにしか 対応できない保険に不満をもつ 口コミもいくつか見られました。 第2位 ペットメディカルサポートPS保険 出典: 「ペットメディカルサポートPS保険」 の特長は、 通院でお金がかかったので、保険請求したところ、免責金額というのが14000円とあり、Mプランだと通院なんかまったくといっていいほど無駄でした。 といったように、 免責金額の高さに対して 不満をもつ口コミが見られました。 猫のペット保険の必要性とは? 我が家の愛猫は元気だし、 今後もきっと元気で長生きするだろう と思い込んでいませんか? 若い時は、元気で活発な猫でも 年齢を重ねると様々な病気が出て きます。 特に猫は泌尿器系の病気にかかり やすい特徴があり、ひとたび泌尿器系 の病気にかかると 何日間か通院しなければ ならないですし、場合によっては手術が 必要なことも。 大事な愛猫の治療費は高額に なりますが、あなたはきちんと 支払えますか? ここでは、 ペット保険の必要性について まとめてみました。 動物病院でかかる費用はどのくらい?保険は適応されるの? 動物病院でかかる費用は治療内容に よって異なります。 ここでは、例として尿路結石に かかった場合の治療費を挙げて みました。 手術 の3種類に分けられます。 通院補償 下痢や皮膚炎、猫風邪など軽度の病気 やケガで動物病院を 通院した場合に かかった検査料や処置費用を補償。 入院補償 手術後に入院が必要になった場合、 その時にかかった 入院費や投薬費など の費用を補償。 手術補償 病気やケガで 手術をおこなったときに かかった費用のみを補償。 契約内容によっては、 日帰り手術は 補償されない場合もあるので注意が 必要です。 避妊手術にもペット保険は適応される? 愛猫を長生きさせたり、不用意に子猫を 増やさないためにも、 避妊手術は飼い主の 義務です。 でも、ペット保険に入っていれば、 手術として適応できるんじゃないのと 思っている飼い主さんも多いのでは? 実は、避妊手術は残念ながら ペット保険の適応ができません。 理由は、避妊手術は 「予防を目的とした医療行為」だから。 保険が適応できるのは、 「治療を目的とした手術、入院、通院」 のみになっています。 ペット保険の賢い選び方とは? ペット保険の補償には、 手術、入院、通院の3種類の補償がある ことが分かりました。 3種類の補償の中でどの補償に一番 重点を置くかについては飼い主さんの 考えによってそれぞれ違うと思います。 ペット保険に入るのであれば、 コストが少なく、 補償がしっかり している保険に 入りたいものです。 では、ペット保険の賢い選び方は あるのでしょうか? 「補償割合」「補償限度額」を確認 ペット保険は、ペットが病気やけがをして 治療を受けた時に 治療費の一部を保険金と して受け取れるもの。 人間でいう 医療保険と同じですよね。 では、治療費の一部とは一体どのくらい の金額が保険金として入ってくるのか? それは、契約した「補償割合」によって 異なります。 ただ、 割合が高ければ高いほど月々の 保険料も高くなります。 補償限度額 補償割合を決めたらそれで ペット保険選びはOKだと思ったら 大間違い! 「補償限度額」も併せて確認しましょう。 ペットの治療費は高額になるので、 ほとんどの保険商品では、 「補償限度額」が決まっています。 補償限度額とは、ペットの治療で、 通院・入院・手術といった治療を した場合、 保険会社から支払われる 保険金の上限の額のことで、 「支払限度額」とも言われます。 支払限度額の定め方には、保険会社の商品に よって様々ですが、主に2パターンあります。 【パターンA】 入院・通院・手術などの 治療方法に合わせて、それぞれ 「限度日数・回数」が定められている 出典: 人間の医療保険でも 同じような表を見たことが ある人もいるのではないでしょうか? 【パターンB】 治療方法に限らず、 年間の支払保険金額 の合計が定められている 出典: パターンBの場合、限度日数や回数に 定めはありませんが、 年間の上限金額 を超えると保険金請求ができなくなり、 全額自己負担になるので注意が必要です。 「補償割合」、「補償限度額」を 確認せずに保険に加入すると、 実際に保険請求をしても想像して いた金額よりも少ない金額 しかもらえない場合があります。 愛猫の 緊急時にお金の心配をせず 治療に専念したいですよね。 そのためにも、保険を選ぶ際は この2つを確認して、賢く選びましょう。 まとめ 人気のペット保険の紹介と 保険の賢い選び方や補償内容について まとめましたが、いかがでしたでしょうか? ペット保険には、 愛猫の健康、心配ですよね? 実際に保険会社が調査した結果、 ペットが5歳になるまで手術費用を請求する 確率が80%というデータが出ています。 ・保険料が高くつきそう ・使わないともったいない ・どの保険が愛猫に合うのかわからない などの悩みありますよね? そんなあなたには、 ペット保険の資料一括請求がおすすめです。 ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。 ・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。 ・複数の保険会社間のサービスを比較できる など、ネットで申し込むだけで、 愛猫にピッタリな保険がわかります。

次の