やめる とき も すこやか なる とき も ネタバレ。 『やめるときも、すこやかなるときも』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

『やめるときも、すこやかなるときも』10話(最終回)のネタバレ感想!桜子の顔は忘れたが採寸は覚えていた!

やめる とき も すこやか なる とき も ネタバレ

『やめるときも、すこやかなるときも』3話 あらすじ 「付き合ってはいません…今はまだ。 でも、お付き合いするつもりでいます」 暴れ出した勝己(遠山俊也)の前で交際宣言をした壱晴(藤ヶ谷太輔)。 からかわれていると思った桜子(奈緒)だったが「本当に本橋さんと付き合いたいと思ってます」という壱晴の言葉を聞き、受け入れることに…。 恋人ができ幸せそうな桜子だが、彩芽(金澤美穂)との会話の中で、壱晴に「好き」とは言われていないことに気づき不安になる。 一方、柳葉(五関晃一)の店で飲んでいる壱晴は「つまり、好きな人ができたってことだよな」という柳葉の問いかけに言葉を詰まらせてしまい…。 仕事の打ち合わせの後、壱晴の家で会う約束をした二人。 そこで、桜子は勇気を出して男性経験がないことを打ち明けると「桜子のペースでゆっくり進めていこう」と抱きしめられ…。 年が明け、1月4日。 壱晴に誘われ、壱晴の母の実家を訪れる桜子。 そこで見てしまった壱晴の昔の写真から目が離せなくなって…。 ntv. 敬語ナシで呼び捨てで呼ぶ合うことなった2人。 壱晴に「桜子」呼びされてトキメク桜子。 壱晴の家を訪れた桜子。 壱晴は桜子のために家具を作ってくれると言う。 家具のことになると熱くなる壱晴に戸惑う桜子・・・。 しかしなんだかんだで甘い雰囲気になってキス。 その後、藤ヶ谷くんが桜子に迫るが・・・桜子は突き飛ばす! 桜子は男性経験がなかった。 そのことを打ち明けた桜子。 「重いですよね・・・」と気まづい雰囲気に。 しかし壱晴は帰ろうとする桜子を後ろからハグ。 「ゆっくり進めていこう。 桜子のペースで」 後日、桜子は壱晴の実家に招待される。 壱晴のお母さんはいい人そうだった。 壱晴とお母さんがおじいさんの様子を見に行っている間、桜子は壱晴のアルバムを見せてもらう。 壱晴は高校の時からイケメンだった。 あの顔で「ゆっくり進めていこう。 桜子のペースで」とか言ってもらえる幸せと比べたら、多少の恋の障害なんてナシに等しい。 てか、ちょっと欠点があっても十分元が取れる顔と雰囲気だよね😌 ダイジェスト感が漂う 原作は山本周五郎賞も受賞したことのある窪美澄先生の小説なので、この『やめるときも、すこやかなるときも』も素敵なドラマなんだろうな・・・って思っていたけど、 ものすごいダイジェスト感が漂ってる。 もちろん素敵なドラマだとは思います。 藤ヶ谷大輔だから喜んで着いてくけどフツーの男だったらと考えると恐怖。 キスマイ超BUSAIKU!?だったら最下位とりそうな彼氏やで。 原作未読なので相違点は確認しようがないのですがこの急展開はなかなかファンタジー。 いや・・・・そもそも2人の境遇もファンタジーだし現実世界に藤ヶ谷大輔みたいな家具職人なんていなかった。 本橋家ではいつものように暴れている勝己(遠山俊也)と、何もできずにただ見ているだけの幸枝(手塚理美)。 リスクを恐れ、変わろうとしない幸枝にいら立ちを覚える桜子だが、『踏み込まないのがルール』とつぶやく母を前に、自分もまた同じであると自覚する。 桜子は、そんな自分を変えるために壱晴に声が出なくなる理由と、写真の女の子のことをいつか聞かせてほしいと伝えるが…。 休憩中の壱晴のもとにやってきた柳葉(五関晃一)。 工具を扱い生き生きとした様子の柳葉に壱晴は、なぜ家具職人を辞めたのかと尋ねるがはぐらかされる。 そして、柳葉から声のことを聞かれるが話そうとしない壱晴。 そんな中、哲先生(火野正平)が倒れたという知らせが入る。 すっかり弱ってしまった哲先生の姿を目の当たりにした壱晴は、桜子に拭い去れない過去のことを話す覚悟を決め、語り始める…。 ntv.

次の

やめすこ(やめるときも、すこやかなるときも)のロケ地はどこ?撮影場所は島根県松江市?

やめる とき も すこやか なる とき も ネタバレ

で、なにがあったの? はい。 もったいつけたりはしません。 まずはそこからネタバレしていきましょう。 壱晴の過去 高校生のとき、壱晴には好きな女の子がいました。 名前は大島真織 (まおり) 真織は進学校の中でも特に頭のいい生徒で、しかも働き者でした。 学校が終わると夕方5時までは図書館で勉強して、それから夜9時まではバイト。 土日もフルタイムでアルバイトに明け暮れるのが真織の日常でした。 なぜそんなに働いていたのかというと、当たり前ですがお金が必要だったからです。 真織の将来の夢は数学を研究し続けることで、そのために家を出て京都の大学に進学しようとしていました。 そのためにお金が必要だったんです。 ……というのは真織が壱晴に話していた『表向きの理由』 もちろんそれも嘘ではなかったのですが、本当の理由は 『働かなければ生活できなかったから』に他なりません。 真織は父親と二人暮らしだったのですが、この父親というのが絵にかいたようなダメ親父でして。 働かない• 毎日ギャンブル• 暴力をふるう とまあ最低なクズ親だったんです。 真織が一生懸命勉強していたのも、休みなく働いていたのも、家の事情が原因だったんですね。 壱晴はそんな真織の事情を目の当たりにしてショックを受けたものの、その事情ごと真織を背負っていきたいと覚悟を決めます。 受験して京都の大学に行くんだろう。 絶対受かるよ真織なら。 そうしたらお父さんなんかもう関係ない」 「だけど私が京都に行ったら、お父さん一人になっちゃう。 それが怖い。 京都に私、行けるのかな。 お母さんみたいにお父さんを捨てることになるでしょう?」 「捨てるわけじゃないよ。 自分の勉強したいこと、したい大学でするだけだろ」 「一人になったらお父さん、死んでしまうかもしれん」 死なんよ、と口にしそうになったけれど僕には言えなかった。 真織の背負っている荷物をどうやったら軽くできるのか。 僕は必死で考えていた。 「僕、東京の大学に行くよ。 それで、僕と同じ部屋で暮らそう。 家賃だって半分にできる。 東京には僕のじいちゃんとばあちゃんの家だってあるんだから、そこに住んだっていい。 そうしたら家賃なんかいらないんだよ。 バイトして稼いだ分はお父さんに送ればいい。 ほら、何も難しくないよ」 「東京……」 「そうだよ、二人で東京に行こうよ」 真織は顔を上げ、僕を見つめる。 「東京に行けるん? 私?」 「行けるよ。 二人で行こうよ」 (中略) 真織はいつまでたっても泣き止まなかった。 僕はまるで真織の親になったような気持ちで、真織の小さな頭をなで続けていた。 真織を悩ませているものすべてをその頭から取り除いてやりたかった。 (中略) 僕は大島真織という人間とともに生きることをその夜、心に決めた。 そこにはなんの迷いもなかった。 このあとの場面でも高校卒業後に向けた壱晴と真織の幸せな日々が描かれていますし、大団円ですね。 が、しかし、これはあくまで 『壱晴の声が出なくなった原因の出来事』を語る回想シーンであることを忘れてはいけません。 真織ちゃん、亡くなります。 交通事故でした。 信号無視の大型トラックに突っ込まれて、ひとたまりもありませんでした。 その瞬間を、壱晴は、目の前で見てしまいました。 もうちょっと引き止めていれば• 真織の自転車のブレーキをちゃんと直していれば• いつもどおり家まで送っていれば 壱晴の絶望と後悔は想像すらできません。 事故が起こったのは卒業を間近に控えた高校三年生の12月。 翌年から、真織の命日が近づくと壱晴の声は出なくなりました。 壱晴が行きずりの相手と寝るようになったのは、過去のトラウマを一時的にでも忘れようとした結果です。 壱晴にとって真織は初恋で、それから本気の恋は一度もしていません。 「僕は結婚しません」と言い切っているのも真織の事件がいまだに心のなかに残っているからです。 桜子の事情 壱晴にも重い過去がありましたが、桜子も現在進行形で『とある事情』を抱えています。 桜子の父親は印刷会社の二代目でしたが、不景気の波にのまれて会社は倒産してしまいました。 まだ桜子が子どもだった時のことです。 それから父親はひねくれてしまい、 酒を飲んでは家族に暴力を振るうように……。 桜子はそんな父親の暴力に耐えつつ、働いて働いて家計を支えてきました。 大学では学費と生活費を稼ぐためにバイト漬けの日々。 就職してからも家にお金を入れ続け、自分が稼いだお金なのに自分のためには使えません。 当然、遊ぶ余裕なんて全然なくて浮いた話もなく…… 気づけば男性経験なしのまま32歳。 壱晴が経験した身を切るような絶望とはまた種類の違う、じわじわと蝕むような人生への諦めが桜子を心底疲れさせていました。 さて、そんななか桜子は壱晴と《一夜》を過ごし、さらには偶然にも仕事で再会します。 桜子は思いました。 桜子は前の彼氏に二股をかけられたあげくにフラれたのですが、別れ際には相手の男の頬をビンタ……ではなく相手の男に土下座しています。 「あの、別れてもいいんで。 処女だけもらっていただけないでしょうか」 この言動には男もドン引き。 いろんな意味で衝撃的なシーンでした。 打算的な関係 壱晴と桜子はかなり唐突につきあいはじめます。 きっかけは桜子が壱晴を自宅に招いたことでした。 壱晴は酔って怒鳴り散らす桜子の父親に「つきあっているのか」と尋ねられ、こう言いました。 「まだつきあってはいません。 でも、おつきあいするつもりでいます」 この発言に一番驚いたのは桜子に他なりません。 「本気、ですか」 「本気です。 本橋さん(桜子)と本気でつきあいます」 桜子は「でもこの人軽いしな……」と思いつつ、彼氏ができたことに大喜び! 頭の中ではもう結婚のことまで考え始めています。 一方、壱晴がなんでそんな急に付き合う宣言をしたのかというと…… 『本橋さんとつきあいたいと思ったのは、真織にどこか似ているからだ』 もう、「あぁー……」って感じですよね。 経済状況がよくない家• 酔って暴れる父親 桜子の置かれた状況は、かつて真織を取り囲んでいた状況と似ています。 だから、壱晴は別に桜子に一目ぼれしたとか、そういうんじゃないんです。 でも、思ったのだ。 勢いよく僕に近づいてくるこの人に、思い出を上書きしてもらおうと。 (中略) 記憶から真織のデータを消して、空いた領域に本橋さんという人の記憶を詰め込んでいくのだ。 真織のことをスムーズに忘れられるように本橋さんとたくさんの時間を過ごすのだ。 僕が本橋さんと本気でつきあうとはいうのはそういうことだ。 本橋さんと付き合うことで僕はまったく違う人間になるのだ。 本橋さんのまっすぐさが、強さが、きっと僕を変えてくれるだろうと、そう信じるしかなかった。 一方で桜子は壱晴に「結婚して家から出してほしい」と願っています。 お互いに相手に「~してほしい」と思っているというのは、なんとも 打算たっぷりな大人の恋愛っぽいですよね。 ともあれ、こうして壱晴と桜子は恋人同士になりました。 壱晴のなかの真織 桜子にせがまれ、壱晴は誰にも話してこなかった真織の話をします。 それは桜子にとってあまりにショックな話でした。 もういない少女への嫉妬。 そして『自分には荷が重い』という気後れ。 壱晴のなかの真織に勝てないということを、どうしようもなく桜子はわかってしまうのでした。 切ないんですよ……。 真織さんと壱晴さんが結婚したことを想像してその生活で使うための家具でしょう?」 私はギャラリースペースに並べられた家具を指さしてさらに言った。 「ここにある家具はすべてそうなんでしょう? 壱晴さんのなかには真織さんが今でもいるんでしょう?」 壱晴さんは何も言わない。 「ずっとずっと生きたままなんでしょう?」 そう言いながら私はこういう経験をした壱晴さんという人とつきあっていくのは、自分にとってとてもしんどいことなんじゃないかと考えていた。 (中略) 「壱晴さん、かわいそうだと思うよ。 高校生のときにそんな体験をして。 だけどいくら想像しようと思っても私は壱晴さんと同じ気持ちになれない。 そんな出来事があったから、それでいろんな女の人と寝るようになったの? それが原因? だから私をあのパーティーから連れ出したの? 私は真織さんの代わりなの? 私はこの年齢になっても男の人と寝たことがない。 恋愛の経験もほとんどないの。 だからあなたみたいな人のこと、本当はよくわからない。 あなたのことが理解できない」 叫ぶように壱晴さんに言いながら、恋愛ってつらいものだな、と私は思っていた。 誰かを好きになることはあまりにも大変だ。 みんなこんな感情の浮き沈みを体験しているのだろうか。 こんな人に出会わなければよかった。 瞬時に私は思う。 どんなにつらくても、壱晴さんと出会う前みたいな、生きているかどうかわからない毎日には私は二度と戻りたくはないのだ、と。 「松江に行こう」 そこは壱晴と真織が青春を過ごした土地。 高校を卒業してから、壱晴が一度も帰らなかった……真織が眠る場所。 「松江に二人で行こう。 真織の墓参りをしよう。 あの町を二人で見たらさ、それが区切りになって始められるような気がして」 松江にて 二泊三日の松江旅行。 思い出の地を巡り、真織の墓参りをして……一日はあっというまに過ぎていきました。 そして、ホテルへの帰り道。 壱晴はぽつり、とつぶやきました。 「ずっと忘れなくちゃと思ってた。 昔、起こったことにこだわっていたらいけないと思ってた。 だけど、どうしても忘れられないんだ。 真織が死んでから、一日だって真織のことを思い出さない日はなかった」 知ってる。 そんなことずっと前から知っている。 心の中で私は答えた。 「壱晴さんが真織さんほどには私のことを好きじゃないって、ずっとずっと知ってた。 わかってた。 でも、それでもいいと思ってた。 壱晴さんに会ってからの二か月、私すっごく幸せだった。 だけど、真織さんの話を聞いてからはずっとずっとつらかった」 「これが私と壱晴さんの最初で最後の旅行になる。 一人残された壱晴は、松江に連れてきたことで桜子のことを深く傷つけてしまったと今さらのように反省します。 そして、桜子を失いたくないと思いながら、それでも真織のことを忘れられないと思うのでした。 少なくとも桜子の椅子が出来上がるまでは、僕は自分から桜子に連絡をとらないつもりでいた。 椅子が出来上がらなければ、僕には桜子に会う資格がない。 そう思っていた。 けれど会えない時間が積み重なれば積み重なるほど、思いは募った。 そうして月日は流れ……。 4月に開催される個展にギリギリ間に合うように、『桜子の椅子』は完成しました。 ようやく壱晴は桜子に連絡します。 「椅子ができたんだ。 桜子の椅子が。 やっと。 いい場面なんですよ……。 「大好きです」 壱晴さんからは初めて会った時と同じ木の香りがする。 壱晴さんの腕が私を抱く。 その腕の力強さだけで十分だと思った。 壱晴さんが今、生きているということ。 私が壱晴さんを抱きしめ、抱きしめられているということ。 私は非力かもしれないけれど、須藤壱晴という人間、一年のある時期になると声が出なくなるこの人を、背負う心構えはできていた。 「結婚してください」 気がつけば工房の床に土下座しながら私は叫んでいた。 「お願いします。 結婚してください」 壱晴さんがしゃがみ、私の腕をとって立たせる。 私の額に何かついていたのか笑いながらそれを手で払った。 「先に言わないでください。 結婚していただけますか?」 返事をする前に私の唇は塞がれていた。 打算からではなく、今度は心の求めるままに。 結末 桜子の希望で、まずは一年間同棲することになった2人。 酔っ払い父へのあいさつでちょっとトラブルが起きたりしたものの、なんだかんだうまいことまとまります。 そして、季節は巡って再び12月。 壱晴の声が毎年出なくなる、真織の命日。 工房での仕事を終えた壱晴は、家に帰りながら夜の闇へと語りかけます。 「ありがとう。 さようなら」 ゆっくりと唱えるように僕は言う。 そして、ラストはこんな感じ。 僕を待っている人があそこにいる。 窓辺に動く影が映る。 その影をなぜだかなつかしく思う。 「ただいま。 桜子」 そうつぶやく自分の声を僕ははっきりと聞いた。 じんわりと心が温かくなるような、素敵なハッピーエンドでした。 感想 わたしがいちばん好きだったのは、 桜子が壱晴に「結婚してください」と土下座するシーンです。 字面としては情けないような印象を受けるかもしれませんが、決してそんなことはありません。 桜子は最初• 家から逃げるための手段• モテないという卑屈さをなくしたい• 早々に結婚・出産した妹への劣等感をなくしたい という自分の都合で壱晴との結婚を決意しました。 だから、壱晴の過去を知ったときは「私の手には負えない」と逃げ出したくなっています。 桜子としては「助けてもらいたい」という気持ちだったので、自分が相手の重荷を背負うことになるとは考えていなかったんですね。 ここで尻尾を撒いて逃げていれば話は終わりだったのですが、桜子は逃げませんでした。 頭で考えた打算ではない「壱晴のことが好き」という気持ちが芽生えていたからです。 その気持ちは時間がたつほどに、壱晴のことを考えるほどに大きくなっていって、ついには『桜子の椅子』に座ったときに爆発します。 「お願いします。 結婚してください」 女性としての恥も見栄もかなぐりすてた土下座逆プロポーズ (すごい言葉だ……)に、わたしは感動しました。 一方、壱晴への土下座は元カレへの土下座とは180度意味合いが違います。 「あなたの抱えているものを私にも背負わせてください」と桜子は言っているのです。 これはもう、純愛以外の何物でもありません。 「私を幸せにしてください」から 「あなたと一緒に生きていきたいです」へ 32歳という年齢。 きれいごとだけじゃない打算から始まった関係だからこそ、打算ゼロな土下座逆プロポーズに心打たれました。 身もふたもなくいえば「うらやましいな」と思ったのです。 わたしもアラサー世代ですが、土下座逆プロポーズしてしまうほどの激しい衝動に突き動かされたことはありません。 だから、それほど誰かを純粋に好きになることができた桜子が尊く、美しく思えました。 額を床にこすりつけるように、みっともなく懇願するように「結婚してください」と土下座する桜子は、どんなキラキラしたラブストーリーのヒロインよりも素敵だと思いました。

次の

やめすこ(やめるときも、すこやかなるときも)のロケ地はどこ?撮影場所は島根県松江市?

やめる とき も すこやか なる とき も ネタバレ

本ドラマは、家具職人の壱晴(藤ヶ谷 太輔)と、広告会社で働く桜子(奈緒)のラブストーリーとなっております! さて、ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」第9話ですが、日テレにて2020年3月16日 月 深夜24:59に放送となります! しかし、中には、• うっかり見逃してしまった• また、他にもhuluでは話題のドラマ・アニメや人気映画なども視聴することができます! 登録も数分で終わるので是非気軽に登録してみて下さい! 目次• huluの無料会員登録方法 huluの無料会員登録ですが数分かからずにできちゃいます! 入力するのは• E-mailアドレス• パスワード• 名前、生年月日• お支払方法 だけです。 たったのこれだけで会員登録が完了します。 をクリックすると下記のような画面が表示されるので、 「今すぐ無料でおためし」をクリックします。 するとメールアドレス、パスワード、生年月日、名前、お支払方法を入力する画面に遷移しますので、ここで必要な情報を入力してください! 入力後、「2週間の無料トライアルを開始」をクリックすれば無料会員登録完了です! とても簡単ですよね! 契約の解除もかなり簡単にできます。 huluの無料会員登録は下記からどうぞ! やめるときも、すこやかなるときも ドラマ 第9話のあらすじは? これからは自分を認められるようになりたいと、目の前の仕事に全力で取り組む桜子(奈緒)。 そんな矢先、壱晴(藤ヶ谷太輔)から、新しい椅子の作成をやめると連絡がありショックを受ける。 壱晴は、哲先生(火野正平)が再び倒れたと聞き、病院に駆けつける。 そこで「ここにはもう来るな。 早く桜子さんの椅子を作れ」と息を切らしながら訴える哲先生の姿を見た壱晴は…。 一方、風邪を引いて寝込んでいる桜子。 看病する幸枝(手塚理美)は桜子に「これからは自由に生きて欲しい」と伝える。 思わず当たってしまう桜子だが、「守ってあげられなくて、ごめんなさい」と頭を下げる母の姿に何も言えない。 再び病院を訪れる壱晴。 そこで「桜子の椅子」はもう作れないと諦めていた壱晴は哲先生の最高傑作「oubli」に込められた想いを知る。 壱晴は、桜子へ想いを馳せ、再び椅子作りに取り掛かる…。 8か月後。 「桜子の椅子」を完成させ、ようやく師匠にも認められた壱晴は、個展の開催を決意する。 一人暮らしを始めた桜子は、妹の桃子(浅見姫香)から実家に届いた郵便物を受け取る。 そこには壱晴の個展の案内状が…。 12月10日、個展最終日。 桜子への想いをスピーチする壱晴の声は…。 やめるときも、すこやかなるときも ドラマ 第9話のネタバレは? 壱晴が桜子への気持ちに気付いた今、桜子がそれに応えれば、何の障害も無いような気がします。 桜子はすぐに個展会場へ行き、壱晴がいないことに気付き、彼を探しに行きました。 きっと桜子は壱晴を見つけることが出来るでしょうし、二人の気持ちは通じ合うことが出来ると思います。 桜子はもう真織の代わりではないと思いますし、壱晴にとってかけがえのない人になっていると思います。 桜子に再会することで、壱晴の声が出るようになったら、すべてがハッピーエンドで終えられるような気がします。 やめるときも、すこやかなるときも ドラマ 第9話をhuluで無料視聴しよう! 今回は「やめるときも、すこやかなるときも」第9話の無料動画・見逃し配信やネタバレ・感想について調べてみました! 「やめるときも、すこやかなるときも」はテレビ放送後、huluでの見逃し配信されておりますので、ドラマを視聴したい方はhuluに登録しましょう! そして、huluであれば2週間の無料会員期間があり、期間内に解約すれば料金は一切かかりません! 他にもhuluでは人気ドラマやアニメ・映画なども視聴できるのは嬉しいですね! 是非この機会にhuluに登録して、「やめるときも、すこやかなるときも」を無料で楽しんでください!•

次の