外壁 塗装 臭い エアコン。 外壁塗装中はエアコンは使用できる?カバーの対処なども解説

外壁塗装中の生活に関する疑問と回答|塗替えリフォーム専門店 (株)ひかりペイント

外壁 塗装 臭い エアコン

いつもお読みいただいてありがとうございます。 府中市は紅葉丘の塗装店 三商事 さんしょうじ の 上神谷 かみかべや です。 今回は良くお客様にご質問をうける「外壁塗装の時ってエアコンは使えますか?臭いは大丈夫?」ということにお答えしていこうと思います。 エアコンは大丈夫です!使えます。 夏の暑いとき、冬の寒いとき・・やはりなければ過ごせませんからね。 そこは大丈夫なのでお任せください! 問題は室外機です・・・ 外壁塗装をする場合、関係してくるのはエアコンの室外機です。 外にある物ですから塗料がつかないようにと、養生をするのです。 「養生」とは塗料を塗らないところ、塗料がついてしまってはいけないところをビニールで覆う作業です。 室外機はほぼ「塗装の対象外」になりますのでビニールで覆うのですが、その際にはファンのところであったり側面の吸気口などまで全部ビニールでくるんでしまうことはありませんので、使用できるというわけです。 全てをくるんでしまうとそれこそ使用できませんし、作動させたら故障してしまいます。 それと「塗装時用の室外機専用のカバー」というのもあって、それをかぶせる場合もあります。 メッシュの素材ですので、全てを塞いでしまうということもなく、外壁塗装をしながら安心してエアコンを使えるというわけですね。 それと臭いについてですが、外壁塗装の時は、水性の塗料を使用すればほぼ塗料の臭いはしません。 (臭いに敏感な方は少しにおうかもしれませんが・・) エアコンから入る臭いもほぼないといえるでしょう。 ただ、溶剤(シンナーで希釈をする塗料)はエアコンから入る臭いというよりは、その他からでも「漏れ入って」くるので、多少は臭います。 しかし、大抵は「弱溶剤」という比較的臭いの弱い塗料を使うことが多いため、いつまでも臭いがこもり残るというわけではありません。 それと使う量も関係してきます。 付帯部分(外壁、屋根以外の鉄部、木部など)を塗ることが多い塗料ですから、使用量としては少ない物ですのでそういった所からも臭いはほぼ残りません。 外壁塗装の際のエアコンのホースのカバーは外して塗るのですか? 外壁塗装の際のエアコン関連として深掘りしていきたいと思います。 こんな質問もよく受けます 全てを外して塗るということはほぼありません。 塗装するとなるとそのまま塗ります。 エアコンのホースが向きだしですとホース自体が痛みやすいということと、体裁が悪いということで壁にエアコンホースのカバーを伝わせ、その中にホースをおさめる・・というのが通例ですが、部品としては壁に付く側(ホースを受ける側)とそれの蓋になる部分・・という構成になっています。 壁に付く側はビスで外壁に止まっています。 そして「カバーの傷みからくる交換」や「何らかの事情で位置をずらす」ということが無い限りそのままの位置という前提で、カバーは外さず塗っていきます。 ですから厳密に言えばその「カバーの下」は塗る前の元の外壁の色となります。 塗装を施しますから「カバーの傷みで交換」というのはほぼありませんし、現在の位置を移動するとなると「エアコンの位置を変える」というときだけではないでしょうか? それでももし、気になるようでしたら、はずしての塗装はできます。 (ですが、その分費用はかさみますのでご承知ください) もし・・ホースの位置をカバーを壁から完全にずらせば、塗られていない部分が露出するわけですが、その際はご相談いただければ、あとからそこだけを塗りに行くこともできます。 (当店の場合は・・です。 どこの業者さんも標準的にしていることではないのでご注意ください。 ) ベランダに置きがち!エアコンの室外機の時はちょっと例外で・・・ 2階のお部屋のために設置しているエアコンの室外機は、ベランダに置かれることが多いです。 この室外機は置かれているベランダの床を「防水塗装」をするときにずらしたり「浮かせたり」する場合があります。 そのときにエアコンのホースの長さに余裕が無いため、少しの移動さえできない場合もおおいです。 エアコンのホースがカバーに入っておらず、むき出しの場合はそれでもまだ移動ができることもありますが、ホースに余裕が無い上にカバーの中に入ってしまっていますと移動することはできません。 そのためカバーの蓋になる部分を外して、ホースの自由が効くようにします。 そのときは外して塗ったりしますね。 それとホースのカバーのない場合・・・ ということにも少し触れておきたいと思います。 ホースカバーが設置されていなくて、エアコンホースを「専用のテープ」を巻いているだけ・・というケースもあります。 このテープは長い間の経年劣化が進むと、ボロボロになってしまうことがほとんどです。 エアコンのホースカバーはこれを防ぐためにあるわけですね。 当店ではこれを同じ専用のテープで巻いたりすることはできます。 ほとんどの塗装業者さんはできると思いますが、中にはしない業者もあるかもしれませんので、打ち合わせのときに確認ですね・・。 テープをまいたホースを塗っておく・・というのも経年劣化を防ぐには有効です。 それとホースカバー新しく設置するというのもおすすめです。 その際は当店はしかねますが、エアコンの業者に相談という形ですね。 外壁塗装のときのエアコンホースのカバーの色は何色で塗るの? このときの色はお客様のお好みでいいです。 エアコンカバーの塗装のお色は大きく2つに意見が分かれます。 ひとつは「付帯部分と同じ色で塗る」というパターンです。 もう一つは「外壁と同じ色で塗る」パターンです。 前者は主に雨樋などと同じ色でぬるときが多いです。 雨樋と外壁が同じ色なら話は別ですが大抵は違う色になりますので、そのときは外壁とは違う色で塗ることになります。 これはお客様によって意見がわかれますが、中にはこのパターンですと「なんだか・・浮いてしまっている」という印象をもたれる方もいます。 そういう場合は「外壁と一緒のお色にする」ということになります。 それによってホースカバーと外壁が「一体」となります。 こうすることによって「カバーがない」という印象にもなります。 ちなみにこれは「何も塗らない」パターンです・・。 外壁はきれいになっているのに、エアコンのホースカバーだけ「白っちゃけて」しまっています。 当店でしたら前の2パターンのいづれかで塗装は施しますが、中には お客様の予算もあるのかもしれませんが 省く業者もいます・・以外と手間なんですね、ここを塗装するのは・・。 それでもここだけ「やっていない感が出て浮いてしまう」のはちょっと物足りない・・・。 なおかつ刷毛で塗装すれば一番最初の写真のように「辺りが写り込むほどつややか」に仕上がります。 ローラーで仕上げてもつややかですが、ここまでの艶には少し足りないかな・・。 塗り替えの時ってエアコンは使えるの?臭いは大丈夫?のまとめ ・外壁塗装の際のエアコンの使用はOKです。 室外機を使用できるように養生をしますので大丈夫なのです。 ・臭いも水性の塗料でしたら、ほぼ気になりません。 溶剤の塗料にしても少し臭うだけになります。 付帯部に使用しますので量的に少ないからです。 外壁に溶剤を使用となると臭いはかなりきます・・ ・エアコンのホースのカバーも塗装します。 基本的には取り付けたまま塗装。 ただしベランダは室外機を移動させる都合があるのでカバーをはずす場合があります。 ・塗り方も「外壁とは別の色で」「外壁と同じ色で」とできます。 できれば塗らないより塗っておいた方がカバーも持ちますし「やった感がなく浮いた」感じもしません。 と、いうわけで今回はここまでです。 ここまでおよみいただきありがとうございます。 またどうぞよろしくお願いします。 この記事を読まれた方は、こちらの記事もお読みいただいています。

次の

外壁塗装に詳しい方よろしくおねがいします。現在、住んでいる...

外壁 塗装 臭い エアコン

外壁塗装といえば内部塗装とは違い強い溶剤などの塗料を使う事が多く、独特のシンナーのにおいを想像する方も多いのではないでしょうか。 一昔前はシンナーのにおいがひどく、においだけで体調を崩されてしまう方もいらっしゃいました。 しかし、最近の外壁塗料は昔の外壁塗料とは違い物凄く進歩してきました。 昔の様な、頭が痛くなるほどのシンナーのにおいがする外壁塗装は、ほぼ無いに等しいです。 しかし! 「無いに等しい」と言われている「シンナーなどの有機溶剤」で具合が悪くなったという方は、今も絶えません。 独特のにおいが無いのに、何故具合が悪くなる方がいらっしゃるのでしょうか? 現代の外壁塗料のシンナーのにおいがどのように人体に与えるのか、詳しくまとめてみました。 塗料のシンナーのにおいは体に悪くないの? もちろん、シンナーに含まれる有害物質を体内に取り込むと、健康を害してしまう事は間違いありません。 問題は量です。 ここ20年ほどの間に外壁塗装に使う塗料は非常に進歩し、毒性のにおいがある塗料を使う事はほぼ無くなりました。 その為、大変においも穏やかできにならなくなってきたという経緯があります。 外壁塗装といえば、以前は油性の有機溶剤の塗料を使う事が当たり前でした。 その理由は、外壁は紫外線等の外的刺激が多いので耐候性を重視しなければいけなく、より強靭な塗膜じゃなければ耐えられないからです。 しかし、VOC等の問題により外壁の塗装に対して大きく見直されました。 その為、現代の外壁塗料は、工事期間近くにずっと居てもにおいによる健康被害はまずありえないと言われています。 規定以下の有害物質の配合という事での規定ですので、幾分かのシンナーの量は配合されています。 その為、現代の外壁塗装の際にシンナーなどの有害物質の成分のにおいによって具合が悪くなる等という事は無いに等しいと言われています。 冒頭でもお伝えしましたが、では何故気分が悪くなったり、体調を崩す方がいらっしゃるのでしょうか? それは アレルギーによる影響が大きいと言われています。 塗料の有害物質で反応してしまうアレルギー健康被害 ほぼ起きる事が無いといわれている外壁塗料による健康被害ですが、近年は食生活のせいかアレルギー反応を起こしやすいお子様が沢山いる様に、それが厄介な状態を生んでいます。 起きてしまうアレルギー健康被害は、このような症状が挙げられます。 シンナーの有害物質によるアレルギー症状 部位 症状 消化器 吐き気、下痢、腹痛 目 かすむ、物が二重に見える、まぶしく感じやすくなる、目がチカチカする、目が乾きやすくなり、目がかゆくなる 口 のどが痛い、のどや口の中か乾く、声がかすれる、味覚障害、セキ、くしゃみ、呼吸困難 鼻 鼻がかゆくなる、鼻の中が痛くなる、鼻づまり、鼻水が出る、鼻血が出る 頭 頭痛、めまい、いらいら、熱が出る 皮膚 かゆくなる、汗が出るようになる、ニキビ、湿疹 その他 睡眠障害、ノイローゼ、アトピー性皮膚炎、多汗症、手足の冷え、手足の震え、食欲減退、怒りっぽい 微量のシンナーなどの有害物質であっても、アレルギーを起こしてしまう方はこれらの状態に陥ってしまう事があります。 軽度な症状から重度な症状まで、様々な症状を引き起こしてしまいます。 塗料のにおいで1度このような状態になってしまうと、なかなか体内から抜けきれなくなってしまいます。 たった微量のシンナーのような有害物質であっても、このような中毒状態を引き起こしてしまう事があるのです。 これらの方法で、シンナーなどの有害物質のシャットアウトに繋げる事が出来ます。 防塵マスクを付ける 作業服などのワークショップで扱っている防塵マスクは、余計な成分を除外してくれる働きを持っております。 1つ300円ほどで購入できます。 1回使う事で効果が消滅するので、毎日新しい物を使用するようにしましょう。 肌を露出しない シンナーなどの有害物質は、肌からも浸透します。 シンナーなどの有害物質は油脂に溶ける作用がありますので、皮膚に付着し浸透して入り込んでしまいます。 肌を露出しない事で肌からの浸透を防ぐ事が出来ますので、長袖や長ズボン、マフラーなどを活用して極力肌を出さないようにしましょう。 意外に思えるかもしれませんが、かなりの高い効果を発揮します。 外壁塗装現場に一切近づかない 1番効果的な対策は、外壁塗装工事現場に一切近づかない事です。 外壁塗装のシンナーなどの微量な有害物質が気になるのでしたら、外壁塗装工事中は外出をして遠くに行き、建物に一切近づかないようにするのが賢明です。 気になるようでしたら、外壁塗装中はご実家等住まいも遠くする事をオススメします。 赤ちゃんや妊婦さんへのシンナーのにおいの影響 シンナーなどの有害物質は、体が小さければ小さい程影響が大きくなってしまいます。 大人よりも、赤ちゃんの方が断然大きな影響を受けてしまいます。 仮に、 マニキュアを塗ったり除光液を部屋の中で扱うだけでも、赤ちゃんには物凄い負担を与えてしまう程です。 また、妊婦さんは長時間シンナーのにおいをかいでしまうと、つわりがひどくなるという事例もあります。 赤ちゃんや妊婦さんは塗装現場に近づかない様にしましょう。 赤ちゃんや妊娠中の場合は、極力外壁塗装には近づかないようにしましょう。 出来れば、外壁塗装工事の際はご実家等に避難をする事をオススメします。 意味が無い「におい対策」事例 赤ちゃんや妊婦さんがいらっしゃっても、外壁塗装を行っている自宅で過ごす為に、あらゆるにおいケアを試みる方がいらっしゃいます。 しかし、下記2つの対策はにおいやシンナー対策には全く意味が無いのでオススメしません。 換気扇などの強制換気を使う 外壁塗装工事をしているのに、外部にフードがある換気扇などの強制換気を使っても、外部のシンナーなどの有害物質が部屋の中に入ってくるだけです。 空気清浄機を使う 空気清浄機は、ほこりや粉じん、におい等に効果を発揮しますが、シンナーのような化学的原因への空気洗浄の効果は全くありません。 有害物質を一切含まない塗料を検討 シンナーのにおいに体が反応を起こしてしまうと感じていらしゃる方は、 塗料の選定から変えていかなくてはいけません。 シンナーなどの有害物質を一切含んでいない塗料がありますので、こちらの選定をオススメします。 しかし、シンナーなどの有害物質が一切含まれていないという事は、 塗膜の持ちが悪くなってしまう事を認識しておかなければいけません。 通常10年持つ塗膜が、有害物質を一切配合しない塗料を使うと5年ほどで塗膜の寿命を迎えてしまう事があります。 塗料にはシンナーのような有害物質は微塵にでも必要で、その辺を踏まえて考えて選定するようにしましょう。 また、シンナーなどの有害物質が含まれていない塗料は、一般の塗装屋さんでは手配出来ません。 シンナーなどの有害物質を含んでいない塗料の選定は、ネット等で専門に扱っているサイトでお客様ご自身でお探しいただかなければいけません。 選定した塗料を塗装屋さんに預けると、きちんと塗装工事を行ってくれます。 この場合、材料支給で塗装工事を行ってもらう形となります。 自然系塗料「亜麻仁油」とは? シンナーなどの有害物質を全く含まない塗料は、亜麻仁油を使った自然系塗料です。 アレルギーがひどい方の中でとても高い評価を得ている塗料であり、亜麻仁油が溶剤の代わりをしてくれている塗料です。 シンナーのような有害物質は一切含まれておりませんので、アレルギーをお持ちの方でも問題なく外壁塗装として使う事が出来ます。 ただしいくつかのデメリットがありますので、これらを踏まえた上で選定するようにしましょう。 価格が高い 他の外壁塗料を比べると雲泥の差で高いので、手を出しにくいと言われています。 施工性が悪い 溶剤は塗布の際の潤滑油の役目もし、溶剤が含まれている事で施工性を高めます。 溶剤を一切含んでいない亜麻仁油は、亜麻仁油の力だけで溶剤の代わりを担うのですが、非常に塗り辛く刷毛もローラーも進みにくいです。 施工にも時間がかかってしまいますので、手間(人件費)も高くついてしまいます。 仕上がりが綺麗ではない 刷毛やローラーの施工性が良くないので、残念ながら仕上がりが綺麗ではありません。 その仕上がりの悪さを模様と思うという方もいらっしゃいます。 乾燥の際にホルムアルデヒドを放出してしまう 亜麻仁油のような天然系塗料であっても、塗布後に乾燥する工程で少量ではありますがホルムアルデヒドを放出させてしまいます。 塗布から完全乾燥するまでの期間のみの放出ではありますが、アレルギー体質でホルムアルデヒドに反応する方には、敏感に反応してしまう可能性もございます。 外壁塗装は室内よりもシンナーの臭いを軽くさせる そもそも外壁塗装は屋外での塗装ですので、塗布した外壁塗料のシンナーなどの有害物質のにおいは気化して消えてしまうので、塗装中の現場でなければあまり問題はないと言えます。 これだけシンナーのアレルギー反応について解説してきましたが、実際にアレルギー反応を起こす方はほとんどいらっしゃいません。 アレルギーと敏感に思うと反応してしまいますので、なるべく神経質にならずに外壁塗装を迎えるようにしましょう。 今の外壁塗装は、ほぼシンナーのような有害物質のにおいはしません。 においがするのは、塗料独特のにおいであり、有害物質シンナーではありません。 それでも心配な方は 塗装屋さんに相談したら、 「絶対大丈夫!と言われるに決っている」と思っていらっしゃいませんか? そんな事はありません。 なぜなら、万が一、事前に複数の業者に「シンナーのアレルギー反応が心配」という相談をしていて、ある業者が問題ないと言って施工した場合、非常に大きな問題になる事は目に見えていますので、 逆にそのようなお客様のご依頼は受けたがりません。 そんな中で、適切なアドバイスをしてくれる業者をいろんな見積もりを取り寄せて確認してみる事をおすすめします。 外壁塗装の達人、全国の優良施工店しか登録出来ません。 無料ですのでお気軽に御見積を取り寄せてみて下さい。

次の

外壁塗装工事中は換気はできる?臭いや息苦しさ対策

外壁 塗装 臭い エアコン

しばらく使用していないエアコンを久しぶりにつけたとき、なんだか嫌な臭いがすると感じた経験のある人も多くいるのではないでしょうか。 試しにエアコンを使用するのを止めて、しばらく立ってからつけ直してもやはり嫌な臭いがします。 原因はエアコンであると分かってはいてもどのように対処すれば良いのか分からないという人も多くいるでしょう。 そのようなエアコンを使い続けていると、なんだか埃っぽくてくしゃみや咳などが出てくることもあります。 体に悪い影響を与えているのではないかと心配になったりするでしょう。 原因が分からないと対処もできないので原因を知りたいという人も多くいるでしょう。 こちらの記事では、そういった臭いの原因から対処法を詳しく紹介します。 全てのエアコンから嫌な匂いがするわけではありません。 また、その原因はエアコンの新古に限らず、特定の条件が揃ってしまった場合に発生します。 エアコンの臭いで一番多いのはカビによるものです。 長い間使っていないエアコンにおいて、内部がカビてしまったときにエアコンからカビの臭いがします。 そしてこのカビはエアコンのクリーニングをしなくては除去できないものであります。 その他の原因では、外部からの臭いがエアコン内部に蓄積され、そして混ざって出てくることが原因として嫌な臭いになります。 例えば、室内で飼っているペットの臭いやタバコを吸っている場合にはタバコの臭い、キッチンでから来る油や料理の臭いなどがその原因になりえます。 外部からエアコン内部に蓄積するタイプの臭いは他にもさまざまな原因が考えられるでしょう。 まずはじめにエアコンの内部汚れを吸い取るのに有効な 掃除機です。 臭い成分は内部に蓄積された汚れにも含まれているため、エアコン内部に溜まったホコリなどを吸い取ることで臭い成分を減らすことができるでしょう。 フィルター清掃などは掃除機で吸い取ればすぐにきれいになります。 次は 使い古した歯ブラシを使用してエアコン内部の細かい部分の汚れを落とすことができます。 フィルターの縁や手が入らない隙間などに溜まった汚れがニオイ成分を多く含んでいるので、そのような汚れをしっかりと落とすのに役立ちます。 最後に、 割り箸などの細い棒の先端にキッチンペーパーを巻き付けて輪ゴムなどで固定したものを使用すると、歯ブラシなどで落としにくい汚れを擦り落とすのに役立つでしょう。 エアコンのファン清掃をする前にはかならず養生するようにしましょう。 エアコンのカバーを開けるとホコリや汚れた水などが落ちてしまう可能性があります。 また、エアコン清掃後に試運転をする際にも奥から汚れた水が出てくることもあります。 そのような際に床や付近に設置してある家具などが汚れてしまうこともあるので養生が必要になります。 養生はビニールなどで簡単に済ませることができます。 エアコンから2〜3m程度養生しておけば問題ないでしょう。 新聞紙だと浸水してしまう可能性もあるので、大きめなビニール袋を使用すれば良いでしょう。 フィルター掃除のみする場合は汚水が流れ出ることがないので養生の必要は無いでしょう。 熱交換器を掃除する場合には汚水はダクトから排出されるので養生はエアコンの下だけで十分です。 一通りエアコン内部の清掃が終わったら、水気をしっかりと除去するために試運転を行い、エアコン内部を乾燥させる必要があります。 この作業を行わないと水気が残っている場合にはカビの発生などの原因にもなりますので注意が必要です。 試運転をする場合には、エアコンの送風口に汚れても良いタオルなどを詰めておくことで、試運転時にエアコン内部の汚れた水が溢れてきた場合にも床を汚さずに済みます。 コンセントなどをしっかり確認し、送風設定にし20分程度試運転すれば内部の乾燥は完了します。 このときに、洗剤や汚水の臭いなどが部屋に充満することを防ぐためにも窓を開けておくと良いでしょう。 20分程度の送風運転が終われば後は目につく汚れを拭き取って、エアコン清掃が終了となります。

次の