ブレソル まとめ。 【BLEACHブレソル】十刃オリジナル形態まとめ【小説CFYOW】

【ブレソル】初心者がやるべきこと・知っておきたいこと攻略まとめ【BLEACH Brave Souls】

ブレソル まとめ

このページの目次 OPEN• 1.ブレソルが持つヤバイ特徴 ブリーチのスマートフォン用ゲームアプリ「ブレソル」は、2018年現在で 3000万ダウンロードを突破しており、日本のみならず全世界で圧倒的な人気を誇ります。 その特徴は「原作に忠実」であるという点に尽き、ブリーチでの名場面が綺麗なグラフィックにより再現されているのです。 名シーンがスマホの画面に映し出される事で、よりゲームの世界にのめり込むことができるため、ファンにとってはこれほど嬉しいことはありません。 また劇中に出てきたキャラクターが放つ「必殺技」も、各キャラごとに用意されています。 主人公だけでなく、劇中で大活躍したあのキャラや、そこまで活躍を見せませんでしたがコアなファンが多いあの人物も登場。 様々な角度からファンの心を刺激する仕様になっており、子供から大人まで幅広い世代に支持されているのです。 2.ブレソルに見られる圧倒的な魅力 3000万ダウンロードを突破した、人気のあるスマホゲーム「ブレソル」ですが、どうしてここまで人気があるのでしょうか? ブリーチの原作は既に連載を終了しており、最終回も迎えて完結。 それでも根強いファンが多く、原作が終了してもこうしてゲームアプリが登場する訳ですから、何かしらの魅力があると分かります。 その魅力としてファンが考える所によると、「 簡単な操作でゲームを進められる」という点が挙げられているんですね。 パーティの制限などは特に無いので、自分がお気に入りのキャラクターを自由自在にパーティに入れることができます。 スポンサーリンク 迫力ある必殺技を簡単な操作で放つことができるので、好きなキャラクターが活躍する場面を見ると 胸がアツくなるに違いありません。 最大4人で共闘プレイも可能ですから、1人ではどのように攻略したら良いのか分からない相手に対しても、力を合わせて攻略できる点も魅力です。 スマートフォンゲームアプリは、アクションゲームとなれば難しい操作が要求されることも多いですが、ブレソルに関してそうした煩わしさはありません。 直感的に操作ができるので、誰でもすぐにゲームの世界に没頭できるのもプレーヤーを獲得している理由でしょう。 3.ブレソルのリセマラ方法やオススメキャラクター ブリーチのスマホゲームアプリ「ブレソル」には、多くのキャラクターが登場しますが能力は皆バラバラ。 お気に入りのキャラを使いたいだけなら特に能力は度外視しても良いでしょうが、多くの人は楽に攻略するため最初から強いキャラクターを使ってプレイしたいですよね? その時にオススメなのが、 リセマラ(リセットマラソン)をして、オススメキャラクターが出るまでガチャを回し続けるという方法です。 ブリーチではガチャを引くには「霊玉」と呼ばれる、課金アイテムを手に入れる必要がありますが、ゲームを始めたばかりの頃にいくつか特典として手に入れることができます。 そこでガチャを回して、強いキャラクターが出なければアンインストールし、再びインストールするという作業を繰り返し強いキャラを手に入れます。 リセマラの方法を以下に掲載しますので、参考にしてください。 まず、 にアクセスしてからゲームをダウンロードします(特別に霊玉25個がもらえます)• アイテムボックスから霊玉を受け取って70個ほどにする• 残り180個をクエスト報酬からゲット。 250個の霊玉が溜まったら10連ガチャを引きます• 10連ガチャでオススメキャラクターが出なければアンインストールし、1にもどってください• 1〜6を繰り返す では、最初のガチャでどのキャラクターが出たら、いわゆる「当たり」でリセマラを終了させたら良いのでしょうか? ガチャには期間限定キャラなども登場するので、その時に開催されているイベント等でオススメキャラは大きく変動する可能性があります。 また以下に紹介するオススメキャラクターは暫定的なものであり、個々のプレイヤーの好みなどで変わるのであくまでも参考程度の情報に留めてくださいね。 〜かなりオススメ(リセマラ即終了)〜• 四楓院夜一• 涅マユリ• 天鎖斬月• 毒ヶ峰リ• スンスン• 朽木響河• ザエルアポロ• スポンサーリンク 上記のキャラクターが出たら大当たりなので、リセマラを考える必要はないぐらいです。 上記以外のキャラクターであっても、攻略サイトなどで能力を吟味しながら続けられると判断した段階でリセマラを終了できます。 どのキャラクターが良いのかは、その人の判断基準によって異なるので必ず上記のキャラクターだけが当たりという訳ではありません。 4.ブレソルの序盤攻略方法 リセマラが終了した後、どのようにゲームを進めるのが 効率的なのか分からない人も少なくありません。 自分が気に入ったキャラを手に入れたら、さっそくキャラを強化することが大切です。 クエストを攻略することでもレベル上げを行うことができますが、かなり効率が悪いので強化石・強化晶によるキャラ育成がオススメ。 続いてアクセサリを装備すると、何も装備していないよりはマシなのでイベント等でもらえるガチャチケットを手に入れてください。 ここまで終わったら、次はストーリーを進めます。 ストーリーは基本的に原作通りに進んでいくので、内容を忘れてしまった方や原作を読み返している方は、時間が経つのを忘れてしまうほど興奮するに違いありません。 ブレソルの基本はバトルをしてストーリーを進め、キャラクターを強化していくことにあります。 バトルをしてスコアを稼ぎますが、攻略が難しいなら「共闘」で他のプレイヤーと一緒に攻略してどんどん先に進めましょう! 5.ブレゾルでバックアップやデータ引き継ぎをするやり方 同じスマートフォンを使い続けたい所ですが、壊れたりした時は新しい機種に変更する必要があります。 また誤ってアプリを消去した場合などは、今までの努力が全て水の泡になり絶望を感じることにもなりかねません。 データを バックアップしておけば、万が一の時に復旧できるので保険としてバックアップをし、データ引き継ぎがいつでもできる状態にしておくことをオススメします。 ではデータのバックアップと引き継ぎ方法を、以下から紹介しますがバージョンが変わることでやり方が変更されるかもしれませんのでご注意を。 ブレゾルのアプリを起動させ「歯車」アイコンをタップし、「 データ連携」を選択してください。 するとデータ連携するサービスを選択する項目が出てくるので、自分が連携したいサービスを選んで「 ログインして連携」をタップ。 新しい機種でアプリをダウンロードしたら、タイトル画面の右下にある「 データ連携」をタップ。 そして先ほど連携したサービスで「 ログインして連携」をタップすれば、バックアップしたデータを引き継ぐことができます。 最後にプレイデータが表示されるので、間違いがないかを確認したら「OK」をタップすれば完了です。 念のためプレイしてみて、自分が引き継いだデータであることを確かめておきましょう。 バックアップや引き継ぎと聞くと、面倒な作業をしなければいけないと感じるかもしれませんが、実際はとても簡単。 定期的にバックアップを作成しておけば、万が一に備えることができますよ。 まとめ ここでは、 ブレソルの特徴やリセマラで狙うべきキャラクターなどについて紹介していきました。 ブレソルは多くのキャラクターが登場し、簡単操作で迫力ある必殺技を出すことができる爽快感が人気の秘密です。 効率よくストーリーを進めるには、初期のガチャで手に入るキャラクターが大きなカギを握るのは間違いないため、リセマラを繰り返すことになります。 バックアップを定期的に行うなどして、万が一の時に備えるクセを身に着けておくことも忘れないようにしましょう!.

次の

【ブリーチ】ブレソルのオススメキャラや攻略、リセマラ方法まとめ

ブレソル まとめ

SSSランク バトルにおいて最強クラスのキャラクター 対策ができない強さこそがSSSランクたる所以なり 卯ノ花八千流 千年血戦ver バトルで最強の名をほしいままにしているキャラ。 ソウル特性「被ダメージDOWN16%」に加え、通常攻撃ヒット数UP・スーパーアーマーというバトル必須アビリティを持つうえに、強攻撃2で味方全員を回復でき、必殺技は回復と即死をもつ。 まさに隙のない布陣である。 通常攻撃特化のパーティーだけでなく、強攻撃パの最後の掃除役としても採用されるのでバトルでの採用率は圧倒的トップ。 】 最近登場したバトル強キャラ。 所属が人間でキラーが刺さりにくく、隊長キラー持ちなので他のTier上位キャラに刺さりやすい。 属性相性の悪い山爺に勝てることも 強2のブーストもありバトルにおいてはほぼ速八の上位互換といってもいい。 】 さすがボスといったキャラクター。 自身の所属は無所属でキラーが刺さりにくく、隊長キラー持ち。 バリアと被ダメで耐えながら麻痺で時間を稼ぎ、弱体化の必殺技で一気に逆転ができる。 青攻撃なのでボムを取りやすいのも地味に強い。 一発逆転力ではトップクラスだが運ゲー感はある。 属性やキラーによっては相性がある。 ウルキオラ【3周年記念ver. 】 力属性でソウル特性強攻撃ダメUP25%、アビリティで強攻撃ヒット数UP・スーパーアーマーを持ち、強2でバフ・バリアを付与できる。 通常、強攻撃1. 2、必殺に弱体付与がある。 地味に弱体がうざい。 強攻撃パ 日番谷冬獅郎【千年血戦ver. 】 共闘で圧倒的SSSキャラはバトルでも強い。 スパアマないので殴り合いには弱い。 強攻撃パ ハリベル【ハロウィンver. 】 全攻撃に麻痺と、被ダメとスーパーアーマーを持つ。 ヒット数UPがないのが惜しいが十分な強さ。 山本元柳斎重國【隻腕ver. 】 片腕になった技の山爺。 文句なしに強い。 最後にひとりで敵を殲滅してくれることも。 通常パ 更木剣八【速】 通称速八。 チャドが出るまではバトル必須級のキャラだった。 通常ヒットUPスーパーアーマーもちで、強2のブーストで味方を強化できることが主な採用理由。 通常パ 狛村左陣【千年血戦ver. 】 相手にすると弱いが自分で使うと強い。 スパアマ通常で格下の卯ノ花さんを狩れるので採用されている。 更木剣八【千年血戦ver. 】 強攻撃パでよく見かける。 チャドのブーストで全員の攻撃防御会心が33%上昇する。 チャドは麻痺、山爺は火傷の状態異常があり、卯ノ花には回復と即死もある。 全員に金チャピ・チャッピー・羽織 エンラク の攻撃30%UP 強い 確信 卯ノ花 ユーハバッハ チャド 山爺の代わりにユーハバッハをいれたパーティー。 バッハの必殺技が強すぎるので、体力も上げて必殺技勝負でもいい。 卯ノ花 ユーハバッハ ウルキオラ 最近よく見かけるパーティー。 フル継承での強さは言わずもがな。 ウルキオラ枠が技愛染とか他の強攻撃キャラのパターンもある。 ブーストがやっぱり強い ここまでは三席以上を前提としたおすすめパーティーです。 三席までのリーグなら安定して格下に勝つことが大切なので、強攻撃パで敵を瞬殺する戦い方が安定します。 日番谷 更木 愛染 霊圧を高めて強攻撃で敵を瞬殺!強攻撃の優秀なキャラならなんでもいいので、強攻撃の範囲と出の速さ、属性などを手持ちと相談して自分のパーティーを作りましょう。

次の

【ブレソル】最新リセマラガチャ最強キャラランキングまとめ|BLEACH Brave Souls

ブレソル まとめ

その中で、アツいのが オリジナル形態の十刃(エスパーダ) 原作にはない帰刃(レスレクシオン)のオリジナル形態が登場しています。 キャッチコピーは 「帰刃のその先へ」 その11人のキャラクターについてまとめてみました。 オリジナル形態の十刃の特徴 原作では、第4十刃 ウルキオラ・シファーのみ 『 刀剣解放第二階層 』(レスレクシオン・セグンダ・エターパ) という形態が存在しています。 しかし、今回のブレソルでの形態は、あくまで オリジナル形態であり 『 刀剣解放第二階層 』がすべての十刃についた。 という訳ではないようです。 オリジナル形態の十刃の特徴 ・ 主に身体の孔のなかに崩玉がデザインされている(例外あり) ・帰刃の名前になぞらえた、ゲーム内での必殺技名を持っている ・ 元の能力を強力にしたデザインになっている この特徴が、元のキャラクターを知っているとワクワクできる要素ですね! 帰刃名になぞれえた必殺技は、スペイン語が元ネタです。 僕はスペイン語に詳しいわけではありませんが、直訳をできる限り調べてみました。 第4十刃 ウルキオラ・シファー その力は、目に映るものすべてを無に還す程の威力を持つ。 必殺技…トルメンタ・デ・ムルシエラゴ 元々の帰刃名…『黒翼大魔』(ムルシエラゴ) この3つ目の姿となったウルキオラが、ゲーム内でも1番先に登場しています。 ブレソル3周年を記念して作られたそうで、このウルキオラをきっかけにオリジナル形態の帰刃を作り始めたのかもしれませんね。 トルメンタ・デ・ムルシエラゴは直訳すると『コウモリの嵐』 コウモリが出てくるわけではないので、黒い羽が舞い散る様をコウモリにみたてたのかもしれません。 黒い羽と緑色のオーラを放つ攻撃をします。 ウルキオラの特徴といえば再生能力。 ゲーム内では緑色のバリアを貼る攻撃があり、攻撃を受けてもダメージ0になります。 再生とは違う気もするけど、寄せているのかも。 元第3十刃 ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク 護るべきもののために力を示す。 必殺技… ランサ・デ・ルソ・ガミューサ 元々の帰刃名…『羚騎士』(ガミューサ) このネリエルとグリムジョーが次に実装されたオリジナル十刃。 ブレソルのイベント、小説Can't Fear Your Own World(CFYOW)コラボを記念して作られたそうです。 小説コラボということで、同時に産絹彦禰も実装しています。 ランサ・デ・ルソ・ガミューサは直訳すると『カモシカの光の槍』 大きなピンク色の槍が特徴的です。 この槍から、ピンク色の光の弾を飛ばすような攻撃をします。 崩玉が槍の持ちてにデザインされています。 元々、孔がどこにあるか原作でも不明なキャラクターなので納得です。 ところで僕は、このガミューサの意味を調べるまでネリエルのモチーフは 『ヤギ』 だと思っていました。 カモシカってあんまり普段でてこない動物なので意外な発見でした。 第6十刃 グリムジョー・ジャガージャック 本能に従い破壊の限りを尽くす。 必殺技…パンテラ・デストロクシオン 元々の帰刃名…『豹王』(パンテラ) パンテラ・デストロクシオンは直訳すると『破壊豹』 飛び回って、尻尾と爪で連続攻撃する技です。 原作ではデスガロンという大技があったり、爪がポイントになっているグリムジョー。 しかし、この絵でもわかるとおり、2つの長い尻尾が大きなポイントになっています。 一枚絵としての構図がとてもオサレ。 伸びた髪の毛の先にまで、ヒョウ柄がデザインされているところが凄く好きです。 第5十刃 ノイトラ・ジルガ 全身を鋭い刃のように研ぎ澄まし、容赦なく斬り刻む。 必殺技…サンタテレサ・グアダーニャ 元々の帰刃名…『聖哭螳蜋』(サンタテレサ) サンタテレサ・グアダーニャは直訳すると『カマキリ鎌』 必殺技自体には、鎌の要素はあまり見られないものの、常に黄色い刃が周りを飛んでいます。 原作のサンタテレサの4本の腕と4本の鎌をおもいだしますね。 後半6本に増えて、一時ですが更木剣八を圧倒したノイトラの強さはハンパではありません。 絵の構図がグリムジョーと似ていて、対になっているかのよう。 見えていませんが、左目の孔に崩玉があります。 ノイトラといえば、十刃のなかで最も硬い鋼皮(イエロ)が特徴です。 ゲーム内では、バトル開始から10回分敵の攻撃が0ダメージになるバリアを張ります。 ウルキオラもバリアを張れるキャラですが、好きなタイミングで3回分。 ノイトラは開始直後だけだが、10回分。 最も強い再生能力と、最も硬い鋼皮をこのバリアの違いで表現している。 と考えるとアツい! 第10十刃 ヤミー・リヤルゴ 圧倒的なパワーに目覚めた怒りの化身。 必殺技…エル・ギガンテ・デ・ラ・イーラ 元々の帰刃名…『憤獣』(イーラ) エル・ギガンテ・デ・ラ・イーラは直訳すると『巨人の怒り』 ただ、地面を打ち鳴らし、噴火したかのような演出の必殺技。 ヤミーは第0十刃でもあるのですが、そちらはムカデの様に足が連なります。 このヤミーは二本足ですので、どちらかというと第10十刃に似た形態にしたと思われます。 この見た目のインパクトが強烈すぎて、 『ポケモンにいそう』 『ゴジラみたい』 『遊戯王に似たやつがいる』 と、様々な言われ方をしています。 原作では帰刃したにも関わらず、ほとんど描写なしで倒されてしまったヤミー。 こういった形で、不遇なキャラクターがド派手になってまた見れるというのは嬉しいことです。 ちなみに、ネリエルと同じく崩玉が孔の中ではなく体外にあります。 背中に浮いた形でデザインされていますが、ヤミーは胸に孔があるのに何故でしょうか… 第7十刃 ゾマリ・ルルー 深化した「愛」で支配する。 必殺技…ブルヘリア・ゴーベルナンテ 元々の帰刃名…『呪眼僧伽』(ブルヘリア) ブルヘリア・ゴーベルナンテは直訳すると『魔術支配』 黄色い目玉がゾマリの身体と、ゾマリの周囲に大量に現れます。 元のブルヘリアのカボチャの様な部分が花開いたような形状。 地面から似たような植物を出したりもしています。 随分とイカツイ姿になりましたが、「愛」の力で相手を支配するというコンセプトはそのままのようです。 ゾマリといえば、十刃のなかで最も速い響転(ソニード)が特徴。 分身こそしないものの、ゲーム内では全キャラクター中トップクラスのスピードで動くことができます。 座禅を組んだ状態でかけまわるゾマリ。 ソニードは地面に足をつけなくても、ゾマリには容易いのでしょう。 第8十刃 ザエルアポロ・グランツ 「完璧な生命」を求め死と再生を繰り返す。 必殺技… ラ・ビーダ・フォルニカラス 元々の帰刃名…『邪淫妃』(フォルニカラス) ラ・ビーダ・フォルニカラスは直訳すると『淫行人生』 必殺技のムービーでは、尻尾のようなものを自分の胸に突き刺しています。 そして、この尻尾のようなものには崩玉がデザインされています。 本来ザエルアポロに空いていた孔の位置は公式の設定で亀頭だということらしいので、これは尻尾とは呼べないかもしれません…笑 「完璧な生命」と呼び、蘇る事が特徴のザエルアポロ。 ゲーム内では、一度死んでも蘇る効果を使うことができます。 そしてデザイン面。 元々が変人だったザエルアポロですが、ついに身にまとうものすら脱ぎ捨てました。 足も細く、ゲーム内では宙に浮いています。 必殺技… グロトネリア・フェルテ 元々の帰刃名…『喰虚』(グロトネリア) グロトネリア・フェルテは直訳すると『肥沃な暴食』 アーロニーロは、コミックス内では殆ど「志波海燕」の姿をしていました。 グロトネリアを発現してからも頭の部分は志波海燕。 もしかして海燕殿のグロテスクな姿がオリジナル化する可能性も…と思っていましたが杞憂でした。 グロトネリアの脚と元々のアーロニーロの顔が、どちらとも描かれている良いデザインをしています。 水槽のような物に入っていた二つの顔は、出てきて平行に並んでいます。 元々のグロトネリアよりもタコの脚みたいな部分が少ないので、本来の脚がよく分かります。 しっかり大腿に崩玉が入っているのも、孔の位置の設定通りです。 蛍光色の液体がドロドロしているところなどなど、オリジナル十刃の中で最も禍々しい改良がされているキャラクターだと思います。 第1十刃 コヨーテ・スターク ふたつの魂が混ざり合い、弾丸となって敵を撃ち抜く。 必殺技… レボルベル・ロス・ロボス 元々の帰刃名…『群狼』(ロス・ロボス) レボルベル・ロス・ロボスは直訳すると『狼達の拳銃』 スタークは、「リリネット・ジンジャーバック」という相棒がいます。 魂を二つに分けた相棒、いわば一心同体。 青と黄緑の配色であったり、銃口の数であったりと、要所要所にこだわりを感じるとてもカッコいいオリジナルのスターク。 本来の孔の位置である胸に加えて、リリネットと同じ位置の腹部にも崩玉がデザインされているのが非常に趣深いイラストです。 ちなみに、上記のザエルアポロとアーロニーロと共に実装された当初はかなり強キャラだったとか。 この一枚絵には狼の要素はありませんが、ゲーム内では必殺技などのエフェクトにところどころ狼っぽさが取り入れられています。 必殺技… デスティーノ・アロガンテ 元々の帰刃名…『髑髏大帝』( アロガンテ) デスティーノ・アロガンテは直訳すると『傲慢な死』 必殺技のムービーでは、斧を地面に叩きつけて地割れを起こしています。 「死の息吹(レスピラ)」など「老い」に関する強力が強いイメージを持っていましたがこの斧と腕力も相当あるんですね。 コミックスでは、藍染に王座を奪われたうえ十刃として使役され不満に感じていたバラガン。 それを感じさせないほど、虚圏の王の偉大さを遺憾なく見せつけています。 大きく膨らみのある体型のせいで、結構中身がスカスカにみえますね。 そしてその中身がネリエルと同じようなピンク色。 この色は何か意図があるのか、それともイメージカラーなのか… ちなみに先述したスタークの逆で、バラガンは実装当初あまりにも弱いという声が大きかったようです。 第3十刃 ティア・ハリベル 安寧を求め、研ぎ澄まされた刃を手に進む。 必殺技… ディエンテス・デ・ティブロン 元々の帰刃名…『皇鮫后』( ティブロン) ディエンテス・デ・ティブロンは直訳すると『鮫の歯』 必殺技のムービーでは、鮫の歯のような形の、黄色い光が集まったムチのようなもので攻撃しています。 その後地面から水が噴出しているので、やはりティブロンらしい水の能力のようです。 イラストは、尻尾や脚のヒレのようなもの等、いかにも水生生物といった感じ。 孔の位置は、ザエルアポロと同じく普段見えることのない場所。 ハリベルの孔は「子宮」です。 しかし崩玉をしっかり見せるデザインのためなのか、ザエルアポロ同様かなり露出度が高くなっています。 ブレソル・十刃オリジナル形態 まとめ これら、十刃達のオリジナル形態11キャラクターがブレソルに実装されています。 ブレソルをやっている人、いない人を問わず、キャラの新情報はファンには嬉しいですよね! 今後、これら11キャラ以外に、まだ出ていない十刃が出ることに期待しています。 ネリエルが入っている事から、元十刃であっても可能性があるのなら… ・ルピ ・ドルドーニ ・チルッチ ・ガンデンバイン この辺りはどうなるのでしょうか。 ルピはありそうですが、あとの3人は微妙かな(笑) 最後に、個人的にはスマホゲームだけではなく、家庭用ゲーム機のソフトに登場させたりしてほしいです。 久保帯人先生の監修で作られたせっかくのオリジナル形態を、他の場所でも見てみたいですからね。 ご覧いただきありがとうございました。 inociel.

次の